ツアーのポイント

ポイント 知られざる東南アフリカ5ヶ国を巡る

世界遺産マラウィ湖からインド洋に面したモザンビーク島、さらに南部アフリカの中で未だ訪れる観光客の少ないモザンビーク、エスワティニ(旧スワジランド)、レソトを縦断。南アフリカとレソトの国境では「龍の山」とも呼ばれ、緑の谷と峻険な奇峰群が連なるドラケンスバーグ山脈の大自然をご覧いただきます。

ポイント レソト王国、エスワティニ王国にも滞在

アフリカ南部の内陸に位置するこの2ヶ国は治安がよく、現在でも安定した王制が敷かれています。レソトに広がる美しい緑の渓谷の景観のほか、エスワティニではカルチャービレッジ訪問や博物館見学で独特な文化を残す人々の生活にもふれることができます。

ポイント 隠れた見どころへもご案内

マラウィでは石器時代から描かれ続けてきた世界遺産チョンゴニの岩絵、エスワティニでは王立公園でのサファリドライブ、レソトではソト族がイギリス人やズールー族と抗戦した独立の象徴タバ・ボシウ要塞跡など各地で隠れた見どころの数々へとご案内します。

訪問する
世界遺産

チョンゴニの岩絵地域(マラウィ)/マラウイ湖国立公園(マラウィ)/モザンビーク島(モザンビーク)/マロティ=ドラケンスバーグ公園(南アフリカ/レソト)

COLUMN 昔日の面影残す 世界遺産モザンビーク島

モザンビーク島は、かつてアラブ、ペルシャ、さらにインド洋諸国との象牙や綿花貿易の中継地として繁栄しました。そして、1498年にヴァスコ・ダ・ガマが喜望峰回りの航路を開拓した後、ポルトガル人が定住するようになりました。当時の要塞、宮殿跡が昔日の面影を残します。島で獲れたエビなどの新鮮なシーフードもご賞味ください。

ヴァスコ・ダ・ガマ像とサン・パウロ宮殿
新鮮なシーフード料理も満喫
伝統的な帆船・ダウ船

COLUMN 天空の国レソトとドラケンスバーグ

南アフリカで最も高い山脈ドラケンスバーグ。その急峻な岩山群や丘陵が連なる美しい景観が世界遺産に指定されています。ドラケンスバーグから連なるレソトの山並みは“天空の国”と呼ばれるにふさわしい景色。全土の標高が1,500mを越え、「アフリカのスイス」とも呼ばれています。南アフリカとレソトの国境サニ・パス(峠、2,873m)を越えると息を呑むほどの美しい山岳風景が広がり、絶景の中でのドライブをお楽しみいただけます。伝統衣装の毛布ウーボや麦わら帽子ンクロを被り、羊を放牧させているソト族との出会いも楽しみのひとつです。

世界遺産ドラケンスバーグの渓谷
サニ・パス(峠)

COLUMN 湖のガラパゴス マラウィ湖

かつてニヤサ湖と呼ばれ、19世紀のイギリスの探検家リビングストンが西洋人で初めてこの地を踏み、世界に紹介したマラウィ湖。多くの固有種を含む800種を超える魚が生息し、独自の生物進化を遂げたことで知られます。大地溝帯の南端に位置し、タンガニーカ湖に次いでアフリカ第2の深さを誇るマラウィ湖は、リビングストンから「きらめく星の湖」と讃えられました。ツアーではボートクルーズやマラウィ湖で獲れた魚料理をお楽しみいただきます。

アフリカ唯一の湖上国立公園
マラウィ湖のほとり

出発日と料金

2019年~2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
11月11日(月) ~
11月22日(金)
12日間 758,000円
03月02日(月) ~
03月13日(金)
12日間 758,000円
発着地 東京発着 最少催行人員 8名(13名様限定) ・添乗員同行
燃油サーチャージ 40,100円(6月28日現在の見込み)
一人部屋追加代金 80,000円
ビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京 21:25発 空路、東京よりソウル経由でアディスアベバへ。
機中泊
2 アディスアベバ
アディスアベバ
リロングウェ
(チョンゴニの岩絵地域)
マラウィ湖畔

07:05着
09:50発
12:50着


夕方着

アディスアベバ着後、航空機を乗り換えて、マラウィの首都リロングウェへ。着後、マラウィ湖畔へ。途中、世界遺産のチョンゴニの岩絵を見学。夕食は湖で獲れた魚料理と国民食シマをご賞味ください。
マラウィ湖畔泊
3 マラウィ湖畔
(マラウィ湖ミニクルーズ)
(国境)
テテ

08:00発




18:00着

朝、マラウィ湖ミニクルーズ。その後専用バスで国境を越えてモザンビークのテテへ。着後、ザンベジ川に架かる橋ポルトガル時代の要塞跡を改装した文化センターを訪れます。
テテ泊
4 テテ
ナンプラ
モザンビーク島
午前発
昼着
17:00着
午前の国内線で北部の中心地ナンプラへ。着後、専用車にてかつてインド洋貿易の中継地として栄えたモザンビーク島へ向かいます。
モザンビーク島泊
5 モザンビーク島   終日、世界遺産の島モザンビーク島観光(南半球における現存する最古のヨーロッパ建築ノサ・セニョラ・デ・バルアルテ礼拝堂サン・セバスチャン要塞、17世紀に建設されたサン・パウロ宮殿聖アントニオ教会(外観)市場等)。モザンビーク島を巡るボートクルーズもお楽しみいただきます。夕食は新鮮な海の幸をご賞味ください。
モザンビーク島泊
6 モザンビーク島
ナンプラ又はナカラ
マプト
朝発
午前発
午後着
専用バスにてナンプラ又はナカラへ。着後、航空機にてモザンビークの首都マプトへ。着後、簡単なマプト市内観光独立広場、オランダにより18世紀に建てられたノサ・セニョーラ要塞の城壁博物館等)。
マプト泊
7 マプト
(国境)
ムババネ

08:00発


17:00着

朝、専用バスにて国境を越えエスワティニ(旧スワジランド)へと入り首都のムババネへ。途中、フラネ王立公園にてサファリドライブをお楽しみください。また、スワジ族の王族が代々住んでいたロバンバの町に立ち寄り、国立博物館を見学します。またカルチャービレッジ訪問でスワジ族の暮らしに触れます。
ムババネ又はエズルウィニ泊
8 ムババネ
(国境)
ドラケンスバーグ公園近郊

07:00発



19:00着

専用バスにて国境を越え南アフリカに入り、レソトと国境を接するドラケンスバーグ公園へ向かいます。岩峰連なるドラケンスバーグの雄大な景観をお楽しみください。
ドラケンスバーグ公園近郊泊
9 ドラケンスバーグ公園近郊
(国境)
サニ・パス
オックスボー

08:00発




17:00着

専用車に分乗し、急峻なドラケンスバーグの山並みを眺めながら国境を越えレソトに入ります。サニ・パス(峠)を越え、ドラケンスバーグから連なる壮大な山々を眺めながオックスボーへ。道中、伝統衣装を纏ったソト族の姿やレソトの大自然をご覧いただきます。
オックスボー泊
10 オックスボー
マセル
08:00発
17:00着
専用車に分乗し、首都のマセルへ向かいます。着後、バソト王国難攻不落の要塞があったタバ・ボシウの丘を訪れます。
マセル泊
11 マセル
ヨハネスブルグ
ヨハネスブルグ
アディスアベバ
アディスアベバ
08:10発
09:05着
14:10発
20:25着
22:25発
朝の航空機にてヨハネスブルグへ。着後、航空機を乗り換えてアディスアベバへ。その後、ソウル経由で東京へ帰国の途に着きます。
機中泊
12 東京 19:20着 着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝9/昼8/夜9:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:エチオピア航空、モザンビーク航空、南アフリカ航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) マラウィ(11,600円)、モザンビーク(8,500円)、代行手数料(4,000円×2ヶ国=8,000円+消費税)、写真3枚、旅券の残存有効期間は6ヶ月半、査証欄余白は6ページ(連続で見開き4ページ含む)必要です。エスワティニ、南アフリカ、レソトは査証不要です。
気候・服装 この時期の南部アフリカは夏にあたり平地では夏服で過ごせますが、ドラケンスバーグやレソトは山岳地帯のため朝晩は冷え込みます。フリースやウィンドブレーカー等の十分な防寒着をお持ちください。また、ドラケンスバーグは雨の多い地域ですので、雨具は必ずお持ちください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
観光について 自然観察ですので、写真や日程表中の動物が必ずしも見られるとは限りません。予めご了承ください。
宿泊について

バスタブがなくシャワーのみだったり、お湯の出が悪かったりするなど十分な設備が整っていないことがあります。また、オックスボーは部屋数に限りがあるため、御一人部屋をお取りできないことがあります。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。日程7日目のムババネでは宿泊施設に限りがあるため、エズルウィニに宿泊することがあります(ムババネ/エズルウィニ間 約15km 約20分)。

日程について モザンビーク国内線はスケジュールが突然変わったり、悪天候や機材トラブルなどにより欠航となる場合もあります。その場合、観光の順番が入れ替わるなど、現地の行程に変更が生じる可能性があります。日程5、9、10日目は専用車を利用しますが、分乗になることがあります。
マラリアについて アフリカ南部では時々マラリアが発生しています。予防薬が発売されていますので、詳しくは担当までお問い合わせください。
予防接種について 黄熱病の予防接種の証明書が必要です。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。