ツアーのポイント

ポイント 不思議に満ち溢れたゴンドワナ大陸の遺産マダガスカル島へ

海に隔たれ特異な生態系を持つマダガスカル島を巡る自然紀行。様々な種類のキツネザルをはじめ、独自の進化を遂げてきたマダガスカルの大自然を心ゆくまでお楽しみいただけるコース内容です。

ポイント マダガスカル特有の野生動物を観察

ワオキツネザルやベローシファカ、カメレオン、インドリなどを観察することができます。特にキツネザルの楽園・ベレンティ保護区では、ロッジやレストランの周辺でもたくさんのワオキツネザルをご覧いただけます。

ポイント バオバブの並木道で夕日を鑑賞 サイディ・ガーデンも訪問

ムルンタヴァでは、日が沈むにつれ徐々に色を変えてゆく、美しいバオバブの並木道をお楽しみください。また、フォールドファンでは、マダガスカル固有の植物が観察できるサイディ・ガーデンにもご案内いたします。マダガスカル原産のタビビトノキや、三角ヤシなどをご覧いただくことができます。

COLUMN ベレンティ保護区 キツネザルの楽園

サイザル麻畑のフランス人オーナーにより設立された面積約250ヘクタールの私営保護区には、6種類のキツネザルが棲息しています。日中のサファリではワオキツネザルや横跳びで有名なベローシファカを観察することができ、ナイトサファリでは掌サイズのネズミキツネザルにも出会えます。他にも83種の鳥類、2種のカメレオンを含む26種の爬虫類、ウツボカズラや三角ヤシなどのユニークな植物など、マダガスカルを代表する動植物の楽園がベレンティ保護区です。

ワオキツネザル
ベローシファカの横跳び
ネズミキツネザル(ナイトサファリにて)
カンムリシファカ
イタチキツネザル

COLUMN ペリネ自然保護区
原猿類最大のインドリを観察

インドリはマダガスカルの固有種で、現生の猿の中で最大種。2~6匹の家族単位で行動し、ぺリネ自然保護区では62のインドリの家族、約300の個体が確認されています。樹上を移動しながら生活するため、滅多に地上には降りて来ることはありません。焼畑農業によって森が激減し、今では絶滅さえ心配されるインドリ。ツアーでは専門のレンジャー達の案内のもとぺリネの森を歩き、観察をお楽しみいただきます。

インドリ

COLUMN 9、10月はキツネザルの親子の姿が見られる季節

雨季と乾季が分かれているマダガスカルでは、5月から10月が比較的涼しい乾季のベストシーズンです。なかでもキツネザル達が出産シーズンを終えたばかりの9、10月には子連れのワオキツネザルやベローシファカを観察できるチャンスがあります。

ワオキツネザルの親子

COLUMN マダガスカルのシンボル バオバブの木

マダガスカル西部の町ムルンダヴァ。ここには童話「星の王子さま」でも有名なバオバブの木が立ち並ぶ不思議な景色が広がっています。世界に9種ある内の6種がマダガスカルにのみ生息しており、ユニークな姿からマダガスカルのシンボルともなっています。巨大なバオバブの木の並木道で眺める夕日は一生の思い出となることでしょう。

熱帯スイレンとバオバブの木(5月)
愛し合うバオバブ

出発日と料金

2018年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
05月18日(金) ~
05月27日(日)熱帯スイレンの花咲く季節
10日間 498,000円
06月01日(金) ~
06月10日(日)
10日間 498,000円
09月21日(金) ~
09月30日(日)キツネザルの親子の姿が見られる季節
10日間 498,000円
10月05日(金) ~
10月14日(日)キツネザルの親子の姿が見られる季節
10日間 498,000円
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京 21:15発 空路、東京より香港経由でエチオピアのアディスアベバへ。
機中泊
2 アディスアベバ
アディスアベバ
アンタナナリボ
07:30着
08:50発
13:40着
アディスアベバ着後、航空機を乗り換えてマダガスカルの首都、アンタナナリボへ。着後、ホテルへ。
アンタナナリボ泊
3 アンタナナリボ
ムルンダヴァ
朝発 朝、航空機にてムルンダヴァへ。着後、双子のバオバブや愛し合うバオバブなど様々なバオバブの木を見学。夕方、夕日に照らされた美しいバオバブの並木道の景観もご覧いただきます。
ムルンダヴァ泊
4 ムルンタバ
アンタナナリボ
午後発 午前、ピローグと呼ばれるカヌーで伝統的な漁業で生計をたてるヴィズ族の暮らすベタニア村を訪問。午後、航空機にてアンタナナリボへ戻ります。
アンタナナリボ泊
5 アンタナナリボ
フォールドーファン
フォールドーファン
ベレンティ保護区
朝発

約5時間
航空機にてフォールドーファンへ。その後、専用バスにてキツネザルの楽園ベレンティ保護区へ。夜、ナイトサファリへ出かけます。カメレオンやイタチキツネザル、ネズミキツネザルなど夜行性動物の観察をお楽しみください。
ベレンティ保護区泊
6 ベレンティ保護区
フォールドーファン
13:00発
18:00着
午前、ベレンティ保護区を散策し、ワオキツネザルやベローシファカ、アカビタイキツネザルなど様々なキツネザルを観察。有名なベローシファカの横跳びの観察のチャンスです。その後、専用バスにてフォールドーファンへ戻ります。
フォールドーファン泊
7 フォールドーファン
アンタナナリボ
午後発 午前中、マダガスカル特有の植物が観察できるサイディ・ガーデンを見学します。その後、午後の便にてアンタナナリボへ。着後、ホテルへ。
アンタナナリボ泊
8 アンタナナリボ
(ペリネ自然保護区)
  専用バスにてペリネ自然保護区へ日帰り観光。原猿類で最大のインドリを求めてペリネの森を散策。その後、レミュールアイランドでシロクロエリマキキツネザル、チャイロキツネザルやカンムリシファカを観察。
アンタナナリボ泊
9 (レミュールパーク)
アンタナナリボ
アディスアベバ
アディスアベバ

14:30発
19:00着
22:25発
午前、マダガスカル固有のキツネザルが間近で見られるレミュールパークを訪問。その後、空路アディスアベバへ。航空機を乗り換え香港経由で帰国の途につきます。
機中泊
10 東京 20:25着 着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝7/昼 7/夜 7:機内食は除く
  • 利用予定航空会社: エチオピア航空、マダガスカル航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) マダガスカル(2,990円)、代行手数料(4,320円)、写真1枚。旅券の残存有効期間は査証申請時6ヶ月以上、査証欄余白は見開き2ページ以上必要です。
気候・服装 乾季のベストシーズンです。マダガスカルは熱帯性気候ですが、アンタナナリボなど中央高原地帯は涼しく、基本的に長袖シャツ程度で過ごせます。朝晩は冷え込みますのでセーターや軽い上着もお持ちください。南部のフォールドーファン、西部のムルンダヴァは暑く夏服で過ごせます。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
日程について マダガスカルの国内線はスケジュ−ルが変わりやすいため、日程変更を余儀なくされることがあります。
宿泊について 日程5日目ベレンティ保護区と6日目フォールドファンの宿泊順序が入れ替わる場合があります。また、ベレンティ保護区では宿泊施設がひとつしかないため、御一人部屋をお取りできない場合があります。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
その他のご注意 写真や日程表中の動物は野生動物ですので、必ずしも見られるとは限りません。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。