ツアーのポイント

ポイント カサブランカからダカールへ 夢のアフリカ縦断ルートを走る

ヨーロッパに近いイスラム教国モロッコから西アフリカの玄関口セネガルへ。ベルベル、アラブ文化、西サハラの歴史、大西洋岸の漁師たち、モーリタニアのサハラと遊牧世界、そして色彩溢れるセネガル。文化、自然、民族、服装、食…アフリカの文化の変化を体感できます。また、かつてのダカールラリーのコースも含む、ロマンあふれる魅惑の縦断ルートです。

ポイント 知られざる「西サハラ」

日本ではまだあまり知られていない西サハラですが、今ではヨーロッパからの観光客が訪れはじめ、その様相は少しずつ変わりつつあります。いまだ昔ながらの漁師の暮らしやサハラと大西洋が交わる海岸線など、この地ならではの景色を楽しむことができます。

ポイント 世界遺産の植民都市サンルイに2連泊

セネガルの旧フランス植民地で首都の置かれたサンルイに2連泊。馬車でゆったり世界遺産の街並みを散策したり、浜辺では到着した漁船から直接魚を買い込む女性達など、活気溢れる様子をご覧いただけます。またアフリカンアートのお土産屋をのぞいたり、カフェから原色溢れる衣装を着た道行く人々を眺めるひとときなど、セネガルらしい1日をお楽しみいただきます。

訪問する
世界遺産

マラケシュ旧市街(モロッコ)/サンルイ(セネガル)/ゴレ島(セネガル)

COLUMN アフリカ大西洋岸を縦断 西サハラを走る

北にモロッコ、東にアルジェリアとモーリタニアが接し、サハラ砂漠の西の端に位置する「西サハラ」。主に「サハラウィ」と呼ばれる遊牧民が暮らしています。大西洋にまでサハラ砂漠が広がっているため、面積のほとんどが砂漠に覆われています。帰属については議論があり、アルジェリアが支援する亡命政権であるサハラ・アラブ民主共和国と、モロッコ王国が領有を主張しています。モロッコによる領有権の主張はアフリカ連合含む多数の国から認められておらず、複雑な状況下に置かれています。ツアーでは左手に広がるサハラと、豊かな漁場の広がる大西洋の創り出す海岸線を走り抜け、この国を縦断します。

ダクラの海岸(西サハラ)
海岸沿いの漁村
漁民で賑わうサンルイの船着き場(セネガル)
化粧品にも使われるアルガンの木
バオバブの木(セネガル)
奴隷交易の歴史を物語るゴレ島
ダカールにて(セネガル)

COLUMN 変化する「食」も満喫

モロッコ、モーリタニア、セネガルと各地で地元の名物料理を体験。大西洋岸ルートのためシーフードも多く、モロッコのタジン鍋やセネガルの魚とご飯の煮込みチェプジェン、移動中のピクニックなどその地ならではの食をお楽しみください。

タジン鍋
タコ料理の一例
チェプジェン

出発日と料金

2019年~2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
11月12日(火) ~
11月24日(日)
13日間 508,000円
12月24日(火) ~
01月05日(日)年末年始コース
13日間 598,000円
02月04日(火) ~
02月16日(日)
13日間 508,000円
02月18日(火) ~
03月01日(日)
13日間 508,000円
発着地 東京発着 最少催行人員 7名(13名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 34,000円(6月28日現在の見込み)
一人部屋追加代金 72,000円
ビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京 21:25発 空路、東京よりトルコ最大の都市イスタンブールへ。
機中泊
2 イスタンブール
イスタンブール
カサブランカ
カサブランカ
マラケシュ
03:25着
11:00発
13:05着
14:00発
17:00着
イスタンブール着後、航空機を乗り換えて、モロッコ最大の都市カサブランカへ。着後、古都マラケシュへ向かいます。ご希望の方は夜のジャマ・エル・フナ広場へご案内いたします。
マラケシュ泊
3 マラケシュ
アガディ−ル
14:00発
18:30着
午前中、古都マラケシュのメディナを観光(マラケシュのシンボル・クトゥビアスーク等)。午後、専用車にて一路大西洋岸のリゾート地アガディールへ。
アガディール泊
4 アガディール
ライユーン
08:00発
19:00着
専用車にて、アガディールより南下して旧スペイン領西サハラの首都だったライユーンへ。途中、貴重なアルガン樹が多く生育するアンチアトラス山脈を越えます。
ライユーン泊
5 ライユーン
ダクラ
08:00発
18:00着
専用車にて、ライユーンより南下し、サハラと大西洋のコントラストが美しいダクラ半島へ。途中、大西洋の美しい景観をお楽しみください。
ダクラ泊
6 ダクラ
(国境)
ヌアディブ

08:00発


18:30着

専用車にて、さらに南下し、国境を越えてモーリタニアへ。入国後、四輪駆動車に分乗してヌアディブへ。
着後、ブラン岬を訪れます。運が良ければ沿岸でアザラシを観察できるでしょう。
ヌアディブ泊
7 ヌアディブ
ヌアクショット
07:00発
17:00着
四輪駆動車にて、砂漠の幹線道路を南下し、モーリタニアの首都ヌアクショットへ。着後、グランマルシェ(市場)を訪れます。
ヌアクショット泊
8 ヌアクショット
(国境)
サンルイ

07:00発


20:00着

四輪駆動車にて、ヌアクショットよりさらに南下します。サハラからアフリカらしい景色に移り変わる一日です。国境周辺のディアウリング国立公園では、ペリカンなどの野生動物も観察できます。セネガル入国後、専用車にてサンルイへ。
※サンルイでは、散策に便利な旧市街のプチホテルに2連泊します。
サンルイ泊
9 サンルイ   午前中、サンルイの観光。植民地時代の街並み、活気溢れる漁民の区域を馬車と徒歩でゆっくり巡ります。午後、古都の街並みが残る旧市街の散策カフェでのひとときをお楽しみいただきます。
サンルイ泊
10 サンルイ
ダカール
(ラック・ローズ)
07:30発
12:00着
専用車にて、サンルイよりセネガルの首都ダカールへ。着後、パリ・ダカールラリーの終着点でもあり、塩が採掘されるラック・ローズを訪れます。
ダカール泊
11 (ゴレ島)
ダカール
  フェリーにて奴隷交易の歴史を物語るゴレ島を訪問します。
ダカール泊
12 ダカール
イスタンブール
08:45発
18:45着
朝の便にて、空路、イスタンブールへ。
機中泊
13 イスタンブール
東京
02:00発
19:30着
イスタンブール着後、航空機を乗り換えて帰国の途につきます。着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝10/昼9/夜10:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:ターキッシュエアラインズ
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) モーリタニア(55ユーロ)は国境にて取得します。旅券の残存有効期間はセネガル入国時に6ヶ月、査証欄余白は見開き2ページを含む3ページ以上必要です。モロッコ、セネガルは査証は不要です。
気候・服装 日中は30℃位まで気温が上がりますが、朝晩は気温が下がります。しっかりとした防寒着をお持ちください。埃除け、日除けにスカーフやサングラス、帽子も必携です。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
日程について モロッコ内を移動中に、検問を複数回受けることがあります。また日程6日目、ダクラからヌアディブ間の国境越えは非常に時間がかかることがあります。場合によってはヌアディブ泊がなくなり、モロッコ側国境付近泊になることもあります。予め現地事情をご理解の上でご参加ください。
予防接種について 黄熱病の予防接種が必要です。また、マラリアに対する注意が必要な地域です。予防薬が販売されていますので、詳しくは担当までお問い合わせください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

【西サハラの危険情報について】

2019年6月現在、モロッコの西サハラ地域には「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」という外務省の危険情報が発出されています。西サハラ地域ではかつて領有を主張するモロッコとの間に武力紛争が起こりました。この紛争は1988年に停戦が成立し、国連の監視のもと今日までその状態が維持されています。現在のところ平穏を取り戻しており、2011年よりツアーを設定しておりますが、情勢の変化などにより日程変更が生じる可能性があります。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。