ツアーのポイント

ポイント 観察・撮影特化

連日サファリカーでの長時間の待機などを含む、観察・撮影に特化したコースです。

ポイント ヌーの川渡りを撮る!終日徹底サファリにご案内

7月~9月、タンザニアのセレンゲティ国立公園からケニアのマサイマラ国立保護区へオグロヌーやグラントシマウマの群れが大移動をし、マラ川を命がけで渡る姿の観察が期待できる季節です。ヌーは川の水温や水量、周辺の様子のわずかな違いも敏感に感じとります。そのため、ヌーの大群が目の前にいてもすぐに川を渡るわけではないため、日程4日目~6日目は朝から夕方(7時半頃から16時頃)まで終日サファリをします。

ポイント サファリカーは1台につき、お客様5名様まで
季節・人数限定の特別企画

野生動物の観察や写真撮影がしやすいように、サファリカー1台につきお客様5名様まで(添乗員は除く)。全員に窓側を確約。快適な観察、写真撮影をしていただけるよう最大10名様までの少人数限定コースとしています。

ポイント マラ川に近いアシュニル・マラ・キャンプに4連泊

ヌーの川渡りに遭遇できるチャンスを増やすため、マラ川沿いに建つアシュニル・マラ・キャンプに宿泊。サファリだけでなく、大自然の中での快適な滞在をお楽しみいただけるラグジュアリーテントロッジです。

COLUMN ヌー、シマウマの大移動、壮大なドラマが繰り広げられる
マサイマラ国立保護区

タンザニアのセレンゲティ国立公園、ケニアのマサイマラ自然保護区を舞台に150万頭以上のオグロヌー、さらには20万頭以上のグラントシマウマが季節の移り変わりと共に群をなして移動していきます。4月~6月までの大雨季をセレンゲティ南東部の大平原で過ごした200万頭の草食動物たちは、7月頃になるとケニアのマサイマラ国立保護区へと移動してゆきます。このオグロヌーや、グラントシマウマが最も多い季節限定の出発で、マサイマラ国立保護区に4連泊。ヌー以外にも、ビッグ5(ライオンとヒョウ、ゾウ、サイ、バッファロー)やチーターやエランド、アフリカゾウやマサイキリンなど様々な野生動物も探します。

川から這い上がるヌー
マラ川の近くに4連泊し、ヌーの川渡りを狙う
チーターの親子
シマウマも川を渡る

COLUMN 肉食動物の活動も活発な季節

マラ川を渡ってくるヌーを待ち構えるライオンの親子。命からがら川を渡り終え、疲労困憊で崖を登ってくるヌーに襲い掛かります。疲れ切ったヌーはメスライオンが子にハンティングを教えるのには格好の標的です。また、そのおこぼれに預かろうと周りをうろつくハイエナ、木の上から狙う猛禽類。この時期は様々な動物のアクティブな姿に出会えます。

ヌーを捕らえたオスライオン
ブチハイエナ
死骸をつつくアフリカハゲコウ

COLUMN HOTEL アシュニル・マラ・キャンプに4連泊

アシュニル・マラ・キャンプ[マサイマラ/4連泊]

マサイマラ保護区の中にある限られた宿泊施設の中のひとつです。マラ川沿いで、ヌーの川渡りポイントまでは20分ほどという最高の立地です。ロッジの裏を流れるマラ川からはカバや野鳥の鳴き声が聞こえたりと大自然を体感できるロッジで、サービスの良さにも定評があります。

客室の一例
ホテルのプール

出発日と料金

2022年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
08月27日(土) ~
09月04日(日)村田知香(大阪支社)同行
9日間 638,000円
09月01日(木) ~
09月09日(金)
9日間 638,000円
発着地 東京・大阪発/東京着 最少催行人員 6名(10名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 81,600円(6月15日現在の見込み)
一人部屋追加代金 170,000円
国際線のビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 相部屋をご希望の場合でもご出発時点で相部屋の方がいらっしゃらない場合は、一人部屋追加代金が必要となります。予めご了承ください。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール地図を見る
1

東京・大阪

夜発

空路、東京・大阪よりそれぞれアラブ首長国連邦のドバイへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、ドバイで合流します。

機中泊
2

ドバイ
ドバイ
ナイロビ

早朝着
午前発
午後着

着後、航空機を乗り換えてケニアの首都ナイロビへ。着後、ホテルへ。

ナイロビ:オレ・セレニ泊
3

ナイロビ
マサイマラ国立保護区

08:00発
15:00着

専用車にてマサイマラ国立保護区のアシュニル・マラ・キャンプへ。夕方、マサイマラでの最初のサファリドライブをお楽しみください。
※サバンナ、マラ川を展望するアシュニル・マラ・キャンプに4連泊。

マサイマラ国立保護区:アシュニル・マラ・キャンプ泊

4


5


6

マサイマラ国立保護区

 

日程4日目~6日目はマサイマラ国立保護区に滞在し、朝から夕方まで終日サファリドライブ。オグロヌーやグラントシマウマの群れが命がけでマラ川を渡る、ヌーの川渡りとの遭遇を狙います。そのほか、ライオンやサイ、ヒョウ、アフリカゾウ、マサイキリンなど多くの野生動物の観察が期待できます。


マサイマラ国立保護区:アシュニル・マラ・キャンプ泊
7

マサイマラ国立保護区
ナイロビ

 

朝食後、サファリをしながら国立保護区ゲートへ向かい、ナイロビへ戻ります。ナイロビ着後、PCR検査を受けます。


ナイロビ:フォーポインツバイシェラトン又はオレ・セレニ泊
8

ナイロビ
ドバイ

午後発
夜着

午前、PCR検査の結果を受け取り、空港へ。午後の航空機にてドバイへ。


機中泊
9

ドバイ
東京

深夜発
夕方着

ドバイ着後、航空機を乗り換えて帰国の途につきます。着後、解散。

  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝6/昼6/夜6:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:エミレーツ航空

ご案内とご注意

査証(ビザ) ケニア(6,700円)、代行手数料(4,400円)、写真1枚。旅券の残存有効期間はケニア入国時6ヶ月以上、査証欄余白は3ページ以上必要です。
ケニアへの入国に際して ワクチン接種証明書が必要です。健康上の理由で未接種の場合は、PCR陰性証明書及び未接種の理由が明記された英文の証明書が必要です。
ケニアからの出国に際して 出発前にナイロビでPCR検査を受検していただきます。検査代(約100ドル)は現地にてお支払いください。
日本の出入国条件に関して 日本の出入国条件に関しては「海外渡航に必要な手続きと出入国の流れ」をご覧ください。
気候・服装 この時期のケニアは乾季のベストシーズンです。日中は夏服で過ごせますが、朝晩用に上着もご準備ください。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
観光について 自然観察ですので、写真や日程表中の動物、ヌーの川渡りは必ずしも見られるとは限りません。予めご了承ください。
荷物について 荷物を積み込むスペースに限りがありますので、スーツケースは中型サイズ以下(キャスターを含め高さ70cm以下)のものでご参加いただきますよう、ご協力をお願いいたします。
予防接種について 黄熱病の予防接種は義務付けられてはおりませんが、受けられることをおすすめします。マラリアに対する注意が必要な地域です。予防薬が販売されていますので、詳しくは担当までお問い合わせください。
旅行条件について 取引条件はこちらの 海外旅行 旅行条件書を、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。