ツアーのポイント

ポイント ケニア中央部 マサイマラなどの南部では見られない野生動物を観察

ケニア中央部は乾燥地帯のため、有名なケニア南部の国立公園では見られない動物が観察できます。サンブル国立保護区では、アミメキリン、ベイサオリックス、ゲレヌク、グレービーシマウマ、ソマリダチョウなど貴重な動物の観察ができます。

ポイント 森林とサバンナ、万年雪 変化するケニアの自然風景を楽しむ

氷河を抱くアフリカ第2の高峰であるケニア山(5,199m)の頂、海抜2,000mを超す高原にあるアバーディア国立公園の森林地帯、ケニアの保護区では珍しく北半球に位置するサンブル国立保護区の半砂漠地帯など、アフリカ大地溝帯の地殻変動で生み出されたケニア特有の景観の変化をお楽しみいただけます。

ポイント サファリは全員窓側のオープントップ・カーを利用

動物観察のチャンスを見逃さないよう、全員窓側保証のオープントップ・カーを利用します。ダイナミックなゲームドライブをお楽しみください。

COLUMN 希少な動物と出会える保護区「サンブル国立保護区」

万年雪をいただくケニア山の北方に広がるサンブル国立保護区。ここではビッグ5(ライオン、サイ、ヒョウ、バッファロー、ゾウ)に加えて、「サンブル5」とも呼べる珍しい動物が生息します。ヒョウにも勝てるほど強く鋭い角を持つベイサ・オリックス、縞が細く腹部が白いグレービーシマウマ、はっきりとした濃い赤褐色の斑紋を持つアミメキリン(ソマリアキリン)、細い四肢の後ろ足で立って食事をするゲレヌク、首と足が青いソマリダチョウなどが観察できます。

アミメキリン
グレービーシマウマ
ソマリダチョウ
後ろ足で立って食事をするゲレヌク
ベイサオリックスの群れ

COLUMN 樹上ロッジ「ジ・アーク」でロッジから動物観察

アバーディア国立公園の中心に「ノアの箱舟(Noah's Ark)」をイメージして建てられたロッジ。ロッジの前の水場にはバッファローやクロサイ、ときにヒョウも水を飲みに現れます。また、ゾウの群れは大地の塩を舐めるためにやってきます。3階部分にある大きなテラスは24時間オープンされており、深夜の夜行性動物の観察もできます。また、地上階にはバンカーと呼ばれる観察・撮影スペースがあり、迫力のシーンもご覧いただけます。天気がよければアフリカ第2の高峰ケニア山も望めます。

テラスからの眺め
アフリカ第2の高峰 ケニア山

出発日と料金

2019年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
01月23日(水) ~
01月30日(水)
8日間 388,000円
02月22日(金) ~
03月01日(金)
8日間 388,000円
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京 21:25発 空路、ソウル経由でエチオピアのアディスアベバへ。
機中泊
2 アディスアベバ
アディスアベバ
ナイロビ
ナイロビ
オルペジェタ自然保護区
07:10着
08:15発
10:25着
11:30発
16:00着
アディスアベバ着後、航空機を乗り換えてケニアのナイロビへ。着後、専用車で半砂漠地帯のケニア国立公園内にあるオルペジェタ自然保護区へ。着後、サファリドライブをお楽しみいただきながらロッジへ。途中、スイートウォーターズチンバンジー保護区に立ち寄ります。
スイートウォーターズ動物保護区:スイートウォーターズ・セレナキャンプ泊
3 オルペジェタ自然保護区
サンブル国立保護区
10:00発
15:00着
朝、再びビッグ5が生息するオルペジェタ自然保護区でのサファリドライブ。その後、ケニア山の北にあるサンブル国立保護区へ。途中、半遊牧生活を営むサンブル族が暮らす村を訪れます。
サンブル国立保護区:サンブル・ゲームロッジ泊
4 サンブル国立保護区   朝と夕方、2回のサファリドライブで野生動物の観察をお楽しみください。サンブル国立保護区にはベイサオリックス、ゲレヌク、グレービーシマウマ、青い肌を持つソマリダチョウ、アミメキリンなど、ケニア中央部ならではの貴重な野生動物が生息しています。
サンブル国立保護区:サンブル・ゲームロッジ泊
5 サンブル国立保護区   前日に引き続き、朝と夕方、2回のサファリドライブで野生動物の観察をお楽しみください。日中はロッジでゆっくりとお過ごしください。
サンブル国立保護区:サンブル・ゲームロッジ泊
6 サンブル国立保護区
アバーディア国立公園
09:00発
13:00着
専用車でアバーディア国立公園へ。標高2,000mを超える高原地帯で、これまでとは植生や生態系が変わり、森林が広がります。午後、高床のロッジの外に集まる野生動物をテラスから観察します。テラスは常時オープンしており、時間を気にせず動物観察をすることができます。深夜に夜行性の肉食獣が現れることもあります。
アバーディア国立公園:ジ・アーク泊
7 アバーディア国立公園
ナイロビ
ナイロビ
アディスアベバ
アディスアベバ
10:00発
13:00着
19:15発
21:05着
23:35発
朝、再びロッジ上階のテラスから、また地上階のバンカーと呼ばれる観察・撮影スペースから野生動物観察をお楽しみください。その後、専用車にてナイロビへ。空路、アディスアベバへ。着後、航空機を乗り換えて、ソウル経由で帰国の途につきます。
機中泊
8 東京 20:25着 着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝5/昼 6/夜 5:機内食は除く
  • 利用予定航空会社: エチオピア航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) ケニアは電子ビザを取得します(6,000円)、代行手数料(4,320円)、写真1枚。旅券の残存有効期間はケニア入国時6ヶ月以上、査証欄余白は3ページ以上必要です。
気候・服装 乾季にあたります。日中は夏服で過ごせますが、朝晩はフリースなどの上着が必要です。アバーディアは高原地帯のため、15℃程度まで気温が下がります。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
観光について アバーディア国立公園ではサファリドライブではなく、ロッジのテラスから近くにある水場に集まる野性動物を眺めるスタイルのサファリとなります。自然観察ですので、写真や日程表中の動物が必ずしも見られるとは限りません。ケニア山は天候によってはご覧いただけない場合があります。予めご了承ください。
荷物について 荷物を積み込むスペースに限りがありますので、スーツケースは中型サイズ以下のもの(キャスター含めて高さ66cm以内)をご用意ください。アバーディアの樹上ホテルはスーツケースは持ち込めませんので公園入り口のホテルに預けていきます。1泊分の手荷物を入れるカバンをご用意ください。
予防接種について 黄熱病の予防接種は義務付けられてはおりませんが、受けられることをおすすめします。マラリアに対する注意が必要な地域です。予防薬が販売されていますので、詳しくは担当までお問い合わせください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。