ツアーのポイント

ポイント コンゴ川(旧ザイール川)によって隔てられた2つのコンゴの見どころを巡る

国境をなすコンゴ川の両側に広がるコンゴ民主共和国とコンゴ共和国。それぞれの首都となるキンシャサ、ブラザビルに滞在し両コンゴの文化と自然をお楽しみいただきます。治安の改善により2つのコンゴを一度に訪れるツアーが可能になりました。

ポイント 人間に最も近い霊長類ボノボとニシローランドゴリラ

コンゴ民主共和国ではチンパンジーよりも小さく、世界で唯一コンゴにのみ生息するボノボの保護区ロラヤ・ボノボ・サンクチュアリー、コンゴ共和国ではニシローランドゴリラの保護区であるレジオ・ルーナゴリラ保護区を訪問。希少な霊長類の観察をお楽しみください。

ポイント アフリカ最大の流域面積を誇るコンゴ川でのボートクルーズ

アフリカ最大の流域面積を誇るコンゴ川。活気あふれる港を出発し、約2時間半のクルーズをお楽しみください。コンゴ川と共に生きる人々の暮らしを垣間見ることができます。

COLUMN コンゴ民主共和国とコンゴ共和国
2つのコンゴを訪ねる旅

アフリカ大陸の心臓部にあたるコンゴ盆地、そしてそこに流れるアフリカ最大の流域面積を誇るコンゴ川。この大河を挟むように広がるのがコンゴ民主共和国とコンゴ共和国です。15世紀頃まではコンゴ王国として現在のアンゴラを含む地域がひとつの国として存在しましたが、16世紀のポルトガルによる征服の後、19世紀にベルギー領(現在のコンゴ民主共和国)とフランス領(現在のコンゴ共和国)とポルトガル領に分けられました。アルジェリアに次いでアフリカで2番目の国土を誇り、キンシャサを首都とするのがコンゴ民主共和国です。一方、コンゴ共和国の首都はブラザビル。1880年、フランス人の探検家ピエール・ブラザが発見し、自分の名を取って名付けました。

人々で賑わうコンゴ川沿いのマーケット
キンシャサの大統領府に建つローランカビラ廟

 

ツアーでは、コンゴ民主共和国の首都キンシャサに滞在し、ボノボが観察できるロラヤ・ボノボ・サンクチュアリーやコンゴ川のボートクルーズ、民族舞踊の鑑賞をお楽しみいただきます。その後コンゴ川をボートで渡り、コンゴ共和国へ、首都ブラザビルに滞在しニシローランドゴリラの保護区であるレジオ・ルーナゴリラ保護区や、青の湖と呼ばれるラック・ブルーを訪問します。日本ではまだまだ馴染みの少ない2つのコンゴ。両国の歴史、文化、自然を8日間のコンパクトな日程で巡ります。

探検家ピエール・ブラザの偉業を記念して建てられたブラザメモリアル
キンシャサの市場にて
サプール(お洒落で優雅な紳士協会)の男性たち

COLUMN 2つの霊長類の保護区を訪問
ボノボとニシローランドゴリラ

ロラヤ・ボノボ・サンクチュアリー(コンゴ民主共和国)

キンシャサ近郊にある「ロラヤ・ボノボ・サンクチュアリー」。ロラヤとは「ボノボの楽園」を意味し、ここでは密猟などから救出されたボノボが保護されています。ボノボはコンゴ川の左岸にのみ生息し、かつてはピグミー・チンパンジーと呼ばれました。多様な性行動でも知られ、愛と平和を好むボノボの観察を存分にお楽しみください。

ボノボの親子
保護されたボノボの赤ちゃんと飼育員
レジオ・ルーナゴリラ保護区(コンゴ共和国)

ブラザビルの北約140kmに位置するニシローランドゴリラの保護区「レジオ・ルーナゴリラ保護区」を訪問。ここではマウンテンゴリラとは異なるローランドゴリラが保護されています。この保護区は熱帯雨林の森の中にあり、ニシローランドゴリラの姿を自然な状態で観察できるのが魅力です。現生では最大の霊長類であるニシローランドゴリラは森林破壊や密猟によって、野生個体は数千頭しか確認されていません。

ボートからニシローランドゴリラを観察
ニシローランドゴリラ

出発日と料金

2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
04月29日(水) ~
05月06日(水)ゴールデンウィークコース
8日間 648,000円
06月14日(日) ~
06月21日(日)
8日間 548,000円
09月20日(日) ~
09月27日(日)シルバーウィークコース
8日間 598,000円
発着地 東京発着 最少催行人員 8名(15名様限定) ・添乗員同行
燃油サーチャージ 21,300円(12月5日現在の見込み)
一人部屋追加代金 48,000円
国際線のビジネスクラス 東京/キンシャサ及びブラザビル/東京間のビジネスクラスは別途手配が可能です。ご予約の時期によって、料金が変わることがありますのでご希望の方はお早めにお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 特別企画コースのため再利用割引・特別割引はありません。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京 21:25発 空路、東京よりソウル経由でエチオピアのアディスアベバへ。
機中泊
2 アディスアベバ
アディスアベバ
キンシャサ
07:10着
10:00発
12:10着
アディスアベバ着後、航空機を乗り換えてコンゴ民主共和国のキンシャサへ。着後、キンシャサ市内観光国立博物館等)。
キンシャサ泊
3 キンシャサ
(ロラヤ・ボノボ・サンクチュアリー)
  午前、密猟などから保護されたボノボが暮らすロラヤ・ボノボ・サンクチュアリーを訪れます。かつてはピグミーチンパンジーとも呼ばれ、霊長類の中で人間に最も近いと言われるボノボの観察をお楽しみください。その後、キンシャサに戻り市内観光ハンドクラフトマーケット、ベルギーの支配時代に使用された蒸気機関車ローラン・カビラ廟「キンシャサの奇跡」の舞台となったスタジアム(外観))。
キンシャサ泊
4 キンシャサ
(コンゴ川クルーズ)
  午前、コンゴ民主共和国とコンゴ共和国を隔てる国境をなすコンゴ川のボートクルーズへ。漁をする漁師や川岸に暮らす人々の生活の様子をお楽しみください。その後、コンゴに伝わるペンデ族の伝統舞踊の鑑賞、キンシャサ旧市街のカビラマーケットの散策をお楽しみください。
キンシャサ泊
5 キンシャサ
(国境)
ブラザビル

09:00発

 

11:00着

ボートでコンゴ川を渡り国境を越えてコンゴ共和国のブラザビルへ。着後、市内観光自由広場中央駅聖アン教会ブラザメモリアル等)。また、高級なスーツを纏うサプールと呼ばれる男性たちとの交流もお楽しみください。
ブラザビル泊
6 ブラザビル
(レジオ・ルーナゴリラ保護区)
(ラック・ブルー)
  終日かけて、ニシローランドゴリラを保護するレジオ・ルーナゴリラ保護区を訪れます。途中、ジャングルの中に忽然と現れる青の湖ラック・ブルーの展望台にも立ち寄ります
ブラザビル泊
7 ブラザビル
アディスアベバ
アディスアベバ
12:10発
20:50着
23:15発
昼の航空機にてポワントノワール経由でアディスアベバへ。着後、航空機を乗り換え、ソウル経由で東京へ帰国の途に就きます。
機中泊
8 東京 20:25着 着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝5/昼4/夜5:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:エチオピア航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ)

コンゴ共和国(14,000円)、コンゴ民主共和国(11,000円)、代行手数料(4,400円X2カ国=8,800円)、写真2枚。旅券の残存期間はコンゴ民主共和国入国時6カ月以上、査証欄の余白は2ページ以上必要です。また、査証申請時に黄熱病予防接種証明書が必要です。査証取得には非常に時間がかかりますので、パスポート(原本)、写真は出発約45日前にお預かりします。グループと別に、個別の申請をすることはできません。

気候・服装 熱帯性の気候で日中は30℃以上にまで暑くなります。最低気温も20℃前後です。しっかりとした日除け対策が必要です。4月末、9月は季節の変わり目にあたり雨が降ることもありますので、上下セパレート式の雨合羽など雨具は必ずお持ちください。6月は乾季にあたります。靴は運動靴が最適です。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
ご注意 両国共にマラリアが発生しています。長袖シャツに長ズボンなど、肌を露出しない服装が最適です。蚊取り線香も必携です。予防薬も販売されていますので、詳しくは担当までお問い合わせください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。