「バヌアツ 活火山ヤスールと神秘のブルーホール」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 東南アジア・オセアニア方面 > バヌアツ 活火山ヤスールと神秘のブルーホール

バヌアツ
活火山ヤスールと神秘のブルーホール

エファテ島、サント島、タンナ島 異なる特徴を持つバヌアツの3つの島々を訪問。

  • 民族
  • 大自然
  • 溶岩を噴き上げる活火山ヤスールを間近に観察(タンナ島)
  • タンナ島の子供たち
  • カヌーに乗ってリリ・ブルーホールへ(サント島)
  • 美しいバヌアツの海を望む(エファテ島)
  • ポートヴィラの市場
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
ココに注目!

15名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●南太平洋の島国バヌアツの自然、民族にふれる

80余りの島々から成るバヌアツ。首都ポートヴィラのあるエファテ島、迫力のヤスール火山を見学できるタンナ島、真っ青な水を湛えるブルーホールで知られるサント島を巡り、バヌアツの美しい自然と伝統文化、そして、そこに暮らす人々との出会いを楽しむ充実の8日間です。

●地球の息吹を感じさせるヤスール活火山を見学

夕方から夜にかけて火山を訪れ、火口の淵に立ち、真っ赤な溶岩を吹き上げる迫力の景色をお楽しみいただきます。
万が一の悪天候に備えて火山は2回の見学チャンスを設けております。

●バヌアツの文化にふれる

バヌアツの島々には今でも昔ながらの伝統文化や習慣を残した人々が暮らしています。
古くから伝わる黒魔術の実演や伝統的な砂絵の見学など、バヌアツの文化にもふれます。

"地球の息吹"ヤスール火山(タンナ島)

ヤスール火山は、"世界で最も火口に近づける場所"として知られ、近年注目を集めています。激しく活動を続けている火山で、マグマが火口の中から吹き出す様子をご覧になることができます。ドーンという噴火の音とともに、マグマが火柱になって吹き出る様子は、このヤスール火山ならではの見どころです。

  • 登山の様子

  • 火口間近で噴火を待つ


火山見学について

火山へは四輪駆動車で悪路を2時間程走って行きます。火山に到着する手前から、すでにドーンという噴火の音が聞こえてきます。地下からの煙が地面から吹き出している中を、車でほぼ頂上まで登っていきます。車を降りて15~20分程、ゆるやかな斜面を歩くと、大きな火口から轟音とともに火柱が上がり、岩が吹き飛ぶ光景が現れます。夕方からだんだんと暗くなるにつれ、火柱が鮮明になってゆき、迫力ある噴火の様子をご覧いただける様になります。短時間の登りで、迫力のある風景を見れることも、ヤスール火山の魅力です。
  • 噴煙とともに赤いマグマが飛び散る

  • 夜の噴火

  • 夕方には火口の様子も見学

真っ青な水を湛える泉 ブルーホール(サント島)

バヌアツ最大の島であるサント島。ポートヴィラの北西約250kmに位置し、島の東側には、6つのブルーホールが点在しています。その中でも屈指の美しさを誇るリリ・ブルーホールとジャッキーズ・ブルーホールを訪問。クリスタルブルーの透き通った泉での遊泳、シュノーケリングを存分にお楽しみいただきます。また、海水と湧き水が混ざり合うシャンパンビーチも訪問。南太平洋随一の美しさを誇るビーチとして知られています。ヤスール火山を楽しむタンナ島とは全く異なり、サント島ではバヌアツの神秘的な水中世界をお楽しみいただきます。
  • 青く澄んだ水を湛えるジャッキーズ・ブルーホール

  • リリ・ブルーホール

  • シュノーケルで澄みきった泉の中へ

微笑みの島バヌアツ

オーストラリアの北東1800km、南太平洋に浮かぶ83の島々から成り立つバヌアツ。まだまだ日本人には馴染みの薄い国ですが、真っ白な砂浜、美しい珊瑚礁の海や熱帯雨林、今も活発な火山活動を見せるヤスール火山など手つかずの大自然が残っています。また、伝統文化を今に伝えながら、自然とともに暮らす人々とのふれあいもバヌアツの魅力のひとつです。
ツアーでは、今なお昔ながらの伝統文化を守るタンナ島の村を訪ね、独特の文化にふれるほか、世界無形文化遺産に登録されている砂絵の実演の見学など、バヌアツならではの伝統を体感していただきます。

世界無形文化遺産の砂絵

1本の指で入り組んだ形の連続線を作るバヌアツの砂絵。火山灰や砂地が多いため、芸術の域まで発展したと言えます。絵画としてだけではなく、文字のかわりの通信手段となったり、儀式に用いられたりしてきました。

タンナ島の暮らし

首都のあるエファテ島から飛行機で1時間。ヤスール火山が噴火するタンナ島でバヌアツの伝統的な生活を見学します。黒魔術の実演やダンスの見学など…。女性は腰みのを、男性はナンバスと呼ばれるペニスサックを身に着けています。
  • 世界無形文化遺産の砂絵の実演

  • 手で熾した火で煙草を吸う(タンナ島)

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京 21:15発 空路、パプアニューギニアのポートモレスビーへ。
機中泊
2 ポートモレスビー
ポートモレスビー
ポートヴィラ
05:05着
08:55発
15:05着
着後、航空機を乗り換えてバヌアツの首都エファテ島のポートヴィラへ。着後、ホテルへ。
ポートヴィラ:メラネシアン泊
3 ポートヴィラ
タンナ島
(ヤスール火山)
昼発 朝、世界無形文化遺産に登録されている砂絵の実演を見学できるカルチャーセンターを訪問。その後、国内線にてタンナ島へ。午後、四輪駆動車にてヤスール火山へ。夕方から夜にかけて火口の淵に立ち、暗闇の中で真っ赤な溶岩を吹き上げる迫力の景色をご覧いただきます。見学後、ホテルへ戻ります。
タンナ島泊
4 タンナ島
(ヤスール火山)
  午前中、引き続きタンナ島観光。昔ながらの生活習慣を今に伝える伝統的な村の訪問やバヌアツに昔から伝わる黒魔術の実演をお楽しみいただきます。午後、再びヤスール火山を訪れます。
※前日に悪天候などの影響で見学できなかった場合に備え、2回のヤスール火山見学のチャンスを設けております。
タンナ島泊
5 タンナ島
ポートヴィラ
昼発 午前中、自由行動。ホテルにてのんびりとお過ごしください。昼の航空機にてポートヴィラへ。夕方、美しいバヌアツの海でのサンセットクルーズをお楽しみください。
ポートヴィラ:メラネシアン泊
6 ポートヴィラ
サント島
(リリ・ブルーホール)
(ジャッキーズ・ブルーホール)
朝発 朝の飛行機にてサント島へ。着後、神秘的な2つのブルーホールを訪れます。カヌーに乗ってジャングルの中を流れる蒼い川を進みリリ・ブルーホールへ。底まで見える透明度の高いリリ・ブルーホールでのシュノーケリング。クリスタルブルーの泉ジャッキーズ・ブルーホールでのシュノーケリングをお楽しみください。また、南太平洋随一の美しさを誇るシャンパンビーチも訪れます。
サント島泊
7 サント島
ポートヴィラ
朝発 朝の国内線にてポートヴィラへ戻ります。着後、エファテ島観光(野菜や果物が並ぶ市場メレの滝、ウミガメが集まるタートルベイ等)。
ポートヴィラ:メラネシア泊
8 ポートヴィラ
ポートモレスビー
ポートモレスビー
東京
08:00発
12:10着
14:20発
20:05着
空路、ポートモレスビーで乗り継ぎ東京へ帰国の途に付きます。着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝6/昼5/夜6:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:ニューギニア航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2018年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
05月16日(水) ~ 05月23日(水) 8日間 528,000円
06月06日(水) ~ 06月13日(水) 8日間 528,000円
10月17日(水) ~ 10月24日(水) 8日間 548,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)は不要です(12月8日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 10名(15名様限定)<添乗員同行>
お一人部屋使用料 69,000円
国際線のビジネスクラス:東京/ポートヴィラ間のビジネスクラスは往復17万円の追加で別途手配いたします。席数に限りがありますので、ご希望の方はお早めにお申込みください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間はバヌアツ入国時に6ヶ月以上、査証欄余白は見開き2ページ以上必要です。
気候・服装 乾季のベストシーズンです。日中は夏服で過ごせますが、朝晩は涼しくなりますので上着もお持ちください。ブルーラグーンで泳がれる方、シュノーケリングをされる方は水着、サンダル、タオルをご持参ください。ヤスール火山見学時にはしっかりとした運動靴が必要です。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
ヤスール火山の見学について ヤスール火山を訪れる際は四輪駆動車で悪路を約2時間移動します。火山到着後、火口までは片道15分~20分程山道を登ります。火山の見学時間は1時間半程度です。夜の火山の撮影には三脚があると便利です。滞在中、2回の見学を設けておりますが、悪天候や火山の状況などにより稀に見学できない場合があります。予めご了承ください。また、火口からは火山ガスが噴出しているため、心臓や呼吸器系の疾患のある方はご参加をご遠慮ください。
荷物について タンナ島およびサント島へは、小型機を利用するためスーツケースはポートヴィラに預けていきます。別途、着がえなどの荷物の入るかばんをご用意ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行