タキシラ仏教遺跡等を訪れる旅 「北部パキスタン周遊」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 中近東・中央アジア方面 > 北部パキスタン周遊

北部パキスタン周遊

パキスタン北部の山岳地帯をめぐる決定版

  • 世界遺産
  • 遺跡・史跡
  • 伝統料理
  • 祭り見学
  • 花の季節
  • ※一部出発日のみ
  • スカルドゥからシガールへ カラコルム山脈と高冷地砂漠が織りなす幻想的な光景が広がる
  • 黄葉に色づく秋のカプルー渓谷
  • カプルー近郊にて
  • 雪山を背景に砂丘が昼がるバルティスタンの高冷地砂漠
  • 初夏・高山植物の花咲くデオサイ高原
  • デオサイ高原から望むナンガパルバット
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • ツアーレポート
  • 西遊フォトギャラリー
  • このツアーの地図を見る
  • フンザ旅行徹底ガイド
  • パキスタンの旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

タキシラ仏教遺跡
 

13名様限定

旅がより楽しくなるオリジナルグッズを ご参加の方にプレゼント

フンザの歴史や基本情報、お散歩マップ、ブルシャスキー語会話集を掲載したフンザハンドブックはご出発前に、絵葉書、パキスタン北部地図は現地でお渡しいたします。

ツアーのポイント/ Tour Point 

●北部パキスタンの自然を満喫する季節限定企画

世界第9位のナンガパルバット(8,126m)、7,000m級のカラコルム高峰群など、圧巻の山岳風景をお楽しみいただける北部パキスタン。中国との国境に位置するクンジュラブ峠では、ブルーシープやマーモットに出会うチャンスがあります。初夏はデオサイ高原の花々、秋は黄金色に色づくフンザの谷などそれぞれの季節ならではの美しい景観をお楽しみいただく、各地のベストシーズンと見どころに配慮した出発日限定企画です。

●安心のホテル指定!カプルー、フンザでは2連泊

カプルーでは、古城を改築した趣のあるホテル「カプルー・パレス」に2連泊。桃源郷フンザの中心地カリマバードではテラスから高峰群を一望できる好立地の「フンザ・エンバシー」に2連泊します。バザールまでも近く、朝の散歩や散策などもゆったりとお楽しみいただけます。
  • フンザ・エンバシーから望むラカポシ

  • カシミール様式の内装が美しいカプルー・フォート

隠れ里フーシェも訪問 バルティスタンへ

インド・ラダック地方との国境近くのバルティスタン。チベット系のバルティ族やワヒ族の人々が暮らしています。ツアーでは、中心地スカルドゥの北部にある世界的にも珍しい高冷地砂漠を訪問。山間いに吹き溜まった砂が堆積して砂漠が形成されており、雪を頂くカラコルムの山並みを背に不思議な景色が広がります。砂丘歩きもお楽しみいただきます。更には、ショク川に沿って走り、カプルーへ。K1(マッシャーブルム7,821m)を望む、隠れ里フーシェまで足を延ばします。
  • 雪山を背景に砂丘が昼がるバルティスタンの高冷地砂漠

  • K1(マッシャーブルム:7,821m)の麓に広がるフーシェ谷

カラコルムとヒマラヤの名峰を望む

登頂が難しく「人喰い山」と恐れられる世界第9位の高峰「ナンガパルバット(8,126m)」。このツアーでは、様々な角度から展望できるチャンスを計4回(ラマ、デオサイ高原、タリチ(往復))設けています。またフンザからクンジュラブ峠の道中では、ラカポシ(7,788m)、ディラン(7,257m)、カテドラル(トポップダン:6,106m)などカラコルムの名峰、高峰が目白押しです。
  • バブサル峠から望むラカポシ(左)、ハラモシュ(右)

  • 上部フンザ パスーのカテドラル

初夏の花咲くデオサイ高原

標高約4,000m、ヒマラヤ山脈とカラコルム山脈に囲まれたデオサイ高原。7月上旬からはエーデルワイスなどの高山植物が咲き誇ります。天気が良ければ世界第9位の高峰ナンガパルバット(8,126m)の北面を展望することができます。また、運が良ければブラウンベアにも出会えるかもしれません。

  • 初夏のデオサイ高原 Photo by Ryohei Uchida

  • ヒマラヤンマーモット

  • エーデルワイス(7月)

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
バンコク
午前発 空路、東京・大阪よりそれぞれバンコクへ。着後、航空機を乗り換えて、パキスタンの首都イスラマバードへ。着後、ホテルへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、バンコクにて合流します。
イスラマバード:ヒルビュー泊
大阪
バンコク
午前発
バンコク
イスラマバード
19:10発
22:10着
2 イスラマバード
ナラン
09:00発
17:00着
専用バスにて、カガン渓谷の避暑地ナランへ。
ナラン:PTDC泊
3 ナラン
ラマ
09:00発
18:00着
専用バスにてバブサル峠(4,170m)を越えて、アストール渓谷の避暑地ラマへ。天気が良ければ、バブサル峠からラカポシ(7,788m)、ハラモシュ(7,397m)の展望が期待できます。
ラマ:PTDC泊
4 ラマ
デオサイ高原
スカルドゥ

08:00発


17:00着

専用車にて、美しい自然の広がる標高約4,000mのデオサイ高原を越えて、スカルドゥへ。天気が良ければ、道中で世界第9位の高峰ナンガパルバット(8,126m)の展望が期待できます。
スカルドゥ:マッシャーブルム泊
5 スカルドゥ
カプルー
07:00発
19:00着
専用車にて、カプルー渓谷へ。途中、雪山を背景に美しい砂丘が広がる高冷地砂漠も訪れます。
※19世紀半ばに建てられたヘリテージホテル「カプルーパレス」に2連泊します。
カプルー:カプルーパレス泊
6 カプルー
(フーシェ谷)
  フーシェ谷を訪問します。村からはK1(7,821m)の展望がお楽しみいただけます。
カプルー:カプルーパレス泊
7 カプルー
ギルギット
08:00発
17:00着
専用バスにてスカルドゥロードを走り、ギルギットへ向かいます。途中再びハラモシュ、ラカポシの展望が期待できます。
※山岳地域で随一のホテル「セレナ」に宿泊します。
ギルギット:セレナ泊
8 ギルギット
パスー
08:00発
18:00着
専用バスにてカラコルムハイウェイを北上し、上部フンザのパスーへ。ディラン(7,257 m)、カテドラルの高峰群、間近に迫るパスー氷河など上部フンザ・ゴジャール地区の美しく壮大な景観をお楽しみください。途中、ワヒ族の人々が暮らす村を訪問します。また、ラカポシ(7,788m)のビューポイントにも立ち寄ります。
パスー:アンバサダー泊
9 パスー
クンジュラブ峠
カリマバード

09:00発


16:00着

専用車にてパキスタンと中国との国境に位置するクンジュラブ峠(4,733m)へ。パキスタン最北部・パミール高原の美しく壮大な景観をお楽しみいただきます。峠のあるクンジュラブ国立公園内ではブルーシープやマーモットに出会うチャンスがあります。その後、桃源郷フンザの中心地カリマバードへ。
カリマバード:フンザ・エンバシー泊
10 カリマバード
(ドゥイカル)
  早朝、天気が良ければ専用車にてドゥイカル村へ。ラカポシ、スパンティーク(7,027 m)、フンザピークやレディフィンガーなど朝焼けの高峰群を展望します。朝食後、ハセガワメモリアルスクールを訪問。その後、地元の生活を垣間見ることのできる水路ウォークをお楽しみください。午後は、かつての領主ミールの城・バルチット城を見学。夕方、バザールを散策します。
カリマバード:フンザ・エンバシー泊
11 カリマバード
べシャム
07:00発
19:00着
専用バスにてベシャムヘ。途中、ヒマラヤ山脈、カラコルム山脈、ヒンドゥークシュ山脈が一点に集まる三大山脈の合流ポイント、インダス川岸のチラスの岩絵シャティアールの岩絵を訪問します。
ベシャム:ベシャムPTDC泊
12 べシャム
タキシラ
イスラマバード
イスラマバード

07:00発


18:00着
23:20発

専用バスにてイスラマバードへ。途中、ガンダーラ最大の仏教遺跡群タキシラを見学(都市遺跡シルカップジョウリアン僧院阯博物館等)。夕食後、空港へ。航空機にて、バンコクへ。
機中泊
13 バンコク 06:25着 バンコク着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。
バンコク
東京
午前発
バンコク
大阪
午前発
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝11/昼11/夜11:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:タイ国際航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2017年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
07月08日(土) ~ 07月20日(木)
デオサイ高原 花の季節
13日間 398,000円
10月09日(月) ~ 10月21日(土)
上部フンザ 紅葉の季節
13日間 398,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)は不要です(12月8日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(13名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 62,000円
再利用割引は5,000円、特別割引は10,000円とさせていただきます。
日本の地方発着:福岡・名古屋・札幌からの地方出発も別途手配で可能です(バンコク合流)。詳しくはお問い合わせください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

 

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) パキスタン(100円)、代行手数料(4,320円)、写真2枚。旅券の残存有効期間は入国時に6ヶ月以上必要です。中国は査証不要です。
気候・服装 夏服~合服が基本となります。フンザ地方やギルギットなど北部は昼夜の寒暖の差が大きい山岳気候です。曇天や朝晩の冷え込みにそなえて、ジャンパーやフリース等の上着もお持ちください。歩きやすい服装に履きなれた靴でご参加ください。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
日程について このコースの大部分は山岳道路を移動するため、天候や道路状況などの予測できない事態により一時的に通行不可能になることがあり、大幅に時間がかかることもあります。その場合は、宿泊地やルートの変更を余儀なくされることがあります。日程を延長せざるを得ないこともありますので、余裕を持ってご参加ください。また、このような突発的事象に対する項目が含まれる海外旅行保険へのご加入をお願いしています。
宿泊について 山岳地帯のホテルでは、お湯の時間制限があったり、停電になったりするなど設備が十分ではありません。
その他のご注意 花の開花、黄葉・紅葉の状況はその年の気候により多少ずれることがあります。山岳地帯では高低差があるため、場所によりその程度が異なります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

【パキスタンの危険情報について】

2017年9月6日現在、カラコルム・ハイウェイには「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」という外務省の危険情報が発出されています。弊社ではこれまでのツアー実績・状況を考慮した上でツアーを発表しておりますが、突然の情勢悪化等により日程変更を余儀なくされる場合があります。予めご理解の上でお申し込みください。ご不明な点は担当までお問い合わせください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行