ラジャスタンの丘陵城砦群(チットルガール城、ジャイサルメール城)等を訪れる旅 「ラジャスタン プシュカル祭りと世界最大のラクダ市見学」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 南アジア(インド・ブータン等)方面 > ラジャスタン プシュカル祭りと世界最大のラクダ市見学

ラジャスタン
プシュカル祭りと世界最大のラクダ市見学

3ヶ所で2連泊、ベストシーズンにゆったり巡るラジャスタンの旅

  • 遺跡・史跡
  • フォトジェニック
  • 祭り見学
  • ハヴェーリーより見下ろすジャイサルメールの旧市街
  • インド中のラクダが一斉に取引されるラクダ市
  • 乾いた大地に原色が映える
  • 壁画が美しい”おとぎの国”マンダワ
  • “ホワイト・シティ”ウダイプルの中心に広がるピチョラー湖
  • ”ブルーシティ”ジョードプル
  • このツアーの地図を見る
  • インドの旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

ラジャスタンの丘陵城砦群(チットルガール城、ジャイサルメール城)

4名様から催行・15名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●プシュカル祭りラクダ市を見学

インド北西部に位置するラジャスタン州。数ある年中行事の中でも最も賑やかなプシュカルの祭りとラクダ市を見学します。地元の方と一緒に、熱気あふれるお祭りをお楽しみください。

●個性的なラジャスタンの町を巡る

「ゴールデンシティ」ジャイサルメール、「ブルーシティ」ジョードプル、「ホワイトシティ」ウダイプルや「おとぎの国」シェカワティ地方など、インドの中でも最も色鮮やかな州として知られるラジャスタンの旅。かつての栄華に思いをはせながら、個性溢れるラジャスタンの街を巡ります。

●ベストシーズンに訪れるラジャスタンの旅

11月は暑さも和らぎ、乾季のベストシーズンです。各地のお祭りや町歩きをゆっくり楽しめるようプシュカル、ウダイプル、ジャイサルメールではそれぞれ2連泊するゆとりある日程です。各地こだわりのホテルににご宿泊いただきます。

ラジャスタン最大の祭典と世界最大のラクダ市  プシュカル祭りを楽しむ

ラジャスタン最大の祭典プシュカル祭り。聖なるプシュカル湖は巡礼者で溢れ、郊外ではインド中のラクダが一斉に取り引きされる世界最大のラクダ市が開催されます。カラフルに装飾されたラクダのコンテスト、大道芸やラクダレースなど、ラジャスタンならではの催しが満載です。
  • コンテストに出場するラクダ

  • 仮装パレードにて

  • インド中のラクダが一斉に取引されるラクダ市

HOTEL 安心の全ホテル指定、ホテル滞在も楽しむラジャスタンの旅
プシュカル、ウダイプル、ジャイサルメールではそれぞれ2連泊

各地ロケーションや雰囲気にこだわったホテルを指定。3ヶ所で2連泊し、ゆったりと旅をお楽しみいただけます。マハラジャやラージプート族によって独自の文化を築いてきたラジャスタンならではのホテル滞在をお楽しみください。

ファテガール[ウダイプル/2連泊]

「ホワイト・シティ」ウダイプルでは5ッ星ホテルの「ファテガール」に2連泊。高台にありウダイプルの街を一望できるホテルでは、市内の喧騒から離れてゆっくりとお過ごしいただけます。

ヘリテージイン[ジャイサルメール/2連泊]

かつての貴族の邸宅ハヴェーリーを改装したような趣のあるホテルです。

コテージテント[プシュカル/2連泊]

旅のハイライト・プシュカルでは、祭り会場近くの特設コテージテントに2連泊。テント内にベッド、洗面なども備え付けられ、快適に過ごせます。

 

  • ウダイプルの街を見下ろすホテル・ファテガール

  • ホテル外観

  • コテージテントの一例

世界遺産・ラジャスタンの丘陵城砦群

昔からインド、ペルシャ、トルコを始め様々な民族が行きかう要衝であったラジャスタン。8~13世紀にかけて時代を築いたラージプート族は、この地域を治め、丘陵地帯に堅個な城塞を築いて独自の文化を築いてきました。2013年「ラジャスタンの丘陵城砦群」として世界文化遺産に登録された6つの城砦のうち、ジャイサルメール城とチットルガール城を見学します。

ラージプートの悲劇の舞台となった城塞チットルガール城

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
デリー
17:15発
24:15着
空路、直行便にてインドの首都デリーへ。着後、ホテルへ。
デリー:ITCドゥワルカ泊
2 デリー
ジャイプール
プシュカル
(プシュカル祭り)
午前発
13:00発
16:00着
国内線にて「ピンクシティ」ジャイプールへ。着後、専用バスにてプシュカルへ。着後、ラクダ市を見学。夕日とラクダのシルエットの美しい情景が広がります。
プシュカル:コテージテント泊
3 プシュカル
(プシュカル祭り)
  終日、プシュカル祭りを見学します。ラジャスタンならはの催しや郊外で行われるラクダ市など、活気溢れるお祭りをお楽しみください。
プシュカル:コテージテント泊
4 プシュカル
ウダイプル
08:00発
17:00着
専用バスにて、「ホワイト・シティ」ウダイプルへ。途中、ラージプートの悲劇の舞台となった世界遺産の城塞チットルガール城を見学します。
ウダイプル:ファテガール泊
5 ウダイプル   午前中、ウダイプル市内観光シティ・パレス、噴水が美しい侍女たちの庭園ローク・カラー・マンダル民俗博物館、湖上の宮殿ジャグマンディールジャグディーシュ寺院等)。夕方、ピチョーラ湖のボート遊覧をお楽しみください。
ウダイプル:ファテガール泊
6 ウダイプル
ラナクプル
ジョードプル

08:00発


18:00着

専用バスにて、「ブルーシティ」ジョードプルへ。途中、ラナクプルへ立ち寄り1,444本の繊細な彫刻の柱が並ぶジャイナ教寺院を見学します。
ジョードプル:ビジョライパレス泊
7 ジョードプル
ジャイサルメール
12:00発
18:00着
午前中、ジョードプル市内観光(白亜の墓廟ジャスワン・タダ、壮大なメヘランガール要塞等)。「ブルーシティ」の町並みも展望します。その後専用バスにて、「ゴールデンシティ」ジャイサルメールへ。
ジャイサルメール:ヘリテージイン泊
8 ジャイサルメール   午前中、昔日の雰囲気が色濃く残る旧市街の観光(世界遺産ジャイサルメール城、かつての貴族の邸宅ハヴェーリー等)。午後は砂漠の中のクーリー村を訪問。村の散策や、砂丘にてラクダに乗って砂漠を行くキャメル・サファリをお楽しみください。
ジャイサルメール:ヘリテージイン泊
9 ジャイサルメール
ビカネール
08:00発
15:00着
専用バスにて、砂漠のオアシス都市ビカネールへ。着後、ビカネールの細い路地に並ぶハヴェーリーや15世紀に建てられたバンダサールジャイン寺院を見学。
ビカネール:ヘリテージリゾート泊
10 ビカネール
マンダワ
(シェカワティ)
08:00発
13:00着
専用バスにて、「おとぎの国」シェカワティ地方のマンダワへ。着後、シェカワティの町巡り。贅を尽くした彫刻や壁画が素晴らしいかつての豪族の邸宅ハヴェーリーが立ち並ぶマンダワの町の散策をお楽しみください。
マンダワ:ウダイヴィラス泊
11 マンダワ
デリー
デリー
08:00発
17:00着
25:25発
専用バスにてデリーへ戻ります。着後、空港へ。航空機にて帰国の途につきます。
機中泊
12 東京 12:45着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝10/昼10/夜10:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:全日空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2016年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
11月08日(火) ~ 11月19日(土) 12日間 328,000円
  • ※ 海外での空港税は全て旅費に含まれます。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は不要です(5月11日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 4名(15名様限定) <8名様より添乗員同行>
※日本より添乗員が同行しない場合、現地日本語ガイドがご案内します。
お一人部屋使用料 82,000円
日本の国内線割引:大阪・名古屋/東京間の国内線は無料、その他の地方からの国内線割引は片道5,000円(宮古島、石垣島は片道10,000円)です(大阪・名古屋からの国内線を含め、全日空の指定便に限ります)。ご希望の方はお早めにお申し込みください。
特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) インド(2,620円)、代行手数料(4,320円)、写真1枚。旅券の残存有効期間は6ヶ月、査証欄余白は2ページ以上必要です。
気候・服装 11月は乾季のベストシーズンにあたります。日中は半袖又は長袖シャツで過ごせますが、朝晩は冷え込みますので上着もお持ちください。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行