「原インドを撮る ソンプール・メーラと聖地バラナシ」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 南アジア(インド・ブータン等)方面 > 原インドを撮る ソンプール・メーラと聖地バラナシ

原インドを撮る ソンプール・メーラと聖地バラナシ

聖俗が混在する昔ながらの世界に、インドの祈りの風景が広がります

  • 祭り見学
  • フォトジェニック
  • 収穫の時期を迎えるビハール州の農村風景
  • 各地から巡礼者が訪れるソンプール・メーラ
  • 軒下で作業をする女性
  • 沐浴をする人々でひしめくガンダック川
  • 朝のガンジス川をボートで遊覧
  • ビハールの農村風景
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
  • インドの旅
ココに注目!

6名様から催行・12名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●【12名限定】少人数で撮影時間にも配慮した日程

写真撮影やスケッチがお好きな方に配慮した日程です。小回りがきき、自由度が高くなるよう、12名様限定としています。

●インドの原風景を撮る厳選の撮影スポットへご案内

ヒンドゥー教徒が大挙する祭りの様子や秋の収穫に精を出す農村の風景、迷路のように入り組んだバラナシの路地裏など、いわゆる「観光地」とは異なるフォトジェニックな場所へとご案内いたします。通常ツアーでは訪れにくいマドゥバニも訪問。民家の壁がミティラー画で飾られた村々を訪ねます。マドゥバニへの道中は、収穫の時期を迎えるビハール州の素朴で美しい風景が広がります。

年に一度の特別な期間 ソンプール・メーラ

ヒンドゥー暦カールティカの満月の日から2週間にわたって盛大に開かれるソンプール・メーラ。インド全土から家畜が集められアジア最大級の家畜市が開かれます。ヒンドゥー教徒にとってこの満月の日は縁起の良い特別な日でもあり、ソンプールには多くの巡礼者が訪れます。まだ日も明けきらぬ早朝からガンダック川のガートに人々や象が集まります。人々や象でひしめくガートの壮観な光景、ヒンドゥー教徒の信仰の篤さ、家畜市の賑わい・・・。一年で最も盛り上がるソンプールを訪れ、存分にその雰囲気を満喫していただきます。
  • アジア最大の家畜市を見学

  • 聖なるガンダック川に祈りを捧げる

  • 沐浴をする人々でひしめくガンダック川

ミティラー画の里・マドゥバニを訪問

3000年もの間、母から娘へと伝承されてきたミティラー画。豊作祈願や家内安全をモチーフに描かれ、世界中で高く評価されています。通常ツアーでは訪れにくい場所にある、民家の壁がミティラー画で飾られた村々を訪れます。
  • ミティラー画を描く女性

  • 構図と色彩が特徴的なミティラー画

  • 学問・富の神ガネーシャが描かれた民家

聖地バラナシ 祈りと混沌の世界

母なる大河ガンジスの畔の町バラナシ。ヒンドゥー教最大の聖地であり、最もインドらしい町と言われます。日の出とともに人々が沐浴をし、水遊びに興じる子供のかたわらでは死者が火葬され…そこでは生と死が隣り合う日常風景が広がります。迷路のように入り組んだ路地裏では登下校中の子供たちや牛が行きかい、日没後にはプジャ(礼拝)がガンジス川に向かって行われます。
  • 迷路のように入り組んだ路地裏

  • ヒンドゥーの礼拝儀式プジャ

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
デリー
17:15発
24:05着
空路、東京より直行便でインドの首都デリーへ。着後、ホテルへ。
デリー:プレミアムプラザ泊
2 デリー
パトナ
パトナ
マドゥバニ

午前発

11:00発
17:00着

航空機にて、ビハール州の州都パトナへ。着後、専用バスにてガンジス川にかかる全長5,850mのマハトマ・ガンジー橋を渡り、ミティラー地方のマドゥバニへ。道中、家畜や農作業の様子など、素朴で美しい農村風景を撮影することができます。
マドゥバニ:ホテルDG泊
3 マドゥバニ
ムサファルプール
08:00発
18:00着
専用バスにて、マドゥバニ周辺の村々を訪問。民家の壁や床を飾るミティラー画と共に暮らす人々を撮影します。その後、ムサファルプールへ。
ムサファルプール:ミナクシインターナショナル泊
4 ムサファルプール
ソンプール
09:00発
16:00着
専用バスにてソンプールへ。道中、点在する原インドの生活が残る村々を訪問します。ソンプール着後、祭り会場を散策祭りの準備に集まる人々を撮影します。
ソンプール:ソンプールコテージ泊
5 ソンプール
(ソンプール・メーラ)
  終日、アジア最大とされる家畜市ソンプール・メーラを撮影します。早朝、聖なるガンダック川に押し寄せるヒンドゥー教徒の人々の沐浴風景をボートに乗って撮影。そのほか人々で賑わう露店の散策やインド全土から集まる家畜の売買などの様子を撮影します。
ソンプール:ソンプールコテージ泊
6 ソンプール
パトナ
13:00発
16:00着
午前中、引き続きソンプール・メーラを撮影。午後、専用バスにて、パトナへ。
パトナ泊
7 パトナ
バラナシ
07:00発
16:00着
専用バスにてヒンドゥー教の聖地バラナシへ。着後、ガンジス川の畔で行われるプジャを見学します。
バラナシ泊
8 バラナシ
デリー
デリー

午後発

25:25発

早朝、ガンジス川をボートで遊覧し、ヒンドゥー教徒が沐浴する風景や洗濯場などを撮影。その後、入り組んだ路地やガートを散策し、巡礼者や牛が行き交う町並みを撮影します。午後、航空機にてデリーへ。着後、航空機を乗り換えて帰国の途につきます。
機中泊
9 東京 12:45着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝7/昼7/夜7:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:全日空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2017年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
10月31日(火) ~ 11月08日(水) 9日間 328,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は8,000円です(5月10日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 6名(12名様限定)<添乗員同行>
お一人部屋使用料 46,000円
燃油サーチャージ額は原油価格の変動により変更することがあります。
日本の国内線割引:大阪・名古屋/東京間の国内線は無料、その他の地方からの国内線割引は片道5,000円(宮古島、石垣島は片道10,000円)です(大阪・名古屋からの国内線を含め、全日空の指定便に限ります)。ご希望の方はお早めにお申し込みください。
再利用割引は5,000円、特別割引は10,000円とさせていただきます。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) インド(1,400円)、代行手数料(4,320円)、写真1枚。旅券の残存有効期間は6ヶ月以上、査証欄余白は2ページ以上必要です。
気候・服装 乾季のベストシーズンにあたります。日中は半袖又は長袖シャツで過ごせます。航空機の冷房対策に薄手の上着をご用意ください。
利用予定ホテル 日程及び下記をご覧ください。
【パトナ】マウルヤパトナ、ホテルチャナキャ、ホテルパナシュ、クラークスイン、パトリプトラエクソティカ
【バラナシ】ラマダ、ラディソン、クラークス
パンフレットのご請求はこちら
宿泊について ビハール州内のホテルは非常に簡素な設備です。稀ですが宿泊施設に限りがあるため、お一人部屋をお取りできないことがあります。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
日程について 渋滞の多い地域です。交通規制などにより予定以上に移動時間がかかることがあります。
ソンプールコテージについて 祭りの期間にのみ設置・営業する簡易宿泊施設です。トイレ・シャワーは各部屋にありますが、お湯は出ません。電気は自家発電機を使います。
写真撮影について 全行程添乗員がご案内します。講師などの同行はありません。
その他のご注意 各地の農作物の色付きや収穫状況はその年の気候によりずれることがあります。写真や日程表中の風景は必ずしも見られるとは限りません。また、2016年4月以降ビハール州は禁酒州となりました。酒類の持ち込み、飲酒は禁止されております。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行