「グジャラート テキスタイル紀行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 南アジア(インド・ブータン等)方面 > グジャラート テキスタイル紀行

グジャラート テキスタイル紀行

インド西部の地に息づく伝統と技、本物の手仕事に出会う旅

  • 染織・テキスタイル
  • 民族
  • 文化体験
  • 刺繍のブラウスが美しいメグワル族
  • 刺繍をするメグワル族の女性
  • 天然染料を用いた木版更紗アジュラク
  • ヒマ油の顔料で描くローガンペイント
  • 世界遺産の階段井戸ラーニキヴァーヴ(パタン郊外)
  • 極小の鏡を使うムトワ刺繍
  • 縦緯絣のパトラ織り
  • ツアーレポート
  • 西遊フォトギャラリー
  • このツアーの地図を見る
  • インドの旅
ココに注目!

13名様限定

ワークショップや村・工房見学をゆったりとお楽しみいただけます

ツアーのポイント/ Tour Point 

●インド・染織文化の中心地ブジを拠点に村や工房を巡る旅

高度な染織技術が世界的に有名なグジャラート州のカッチ地方。中心地のブジを拠点に村や工房を訪問します。染め(アジュラク染め、絞り染めなど)、織り(縦緯絣のパトラ織り、ウール織りなど)、刺繍(ミラー刺繍など)。作業工程やできたての新作、アンティークのコレクションもご覧いただきます。

●写真やスケッチ目的の方にもオススメ

テキスタイル以外の目的で参加される方も意外と多い西遊旅行の「テキスタイル紀行」。通常の観光ツアーで訪れないような村や工房で長時間滞在するため、写真撮影やスケッチ、人々の交流がお好きな方にもオススメのコースです。

●作品数が最も増える10月限定のツアー

8月~9月は雨が多く農閑期にあたり、多くの作品が作られます。そのため10月以降は最も作品数が多い時期。世界中からバイヤーが訪れる、冬のベストシーズン直前の10月に出発日を限定してツアーを設定しています。
  • ラクダに家財道具を積んで移動するラバリ族

  • グジャラートターリー

村訪問やワークショップで世界の手仕事を体験・体感!

5ミリに満たない鏡を使ったミラー刺繍で有名なムトワ族、ヒマ油で一筆に繊細な模様を描き出すローガンペイント、一反織るのに半年以上かかる縦緯絣の職人など、個人的なコネクションと専用車がなければ訪れることが難しい村や工房を訪ね、高度な伝統技術を見学。通常の観光ツアーよりも十分に滞在時間をとり、絞り染めやミラー刺繍などのワークショップも各地で開催します。
  • インドの人間国宝ギータさん宅でのワークショップ(ダネティ村)

  • 原色を巧みに使った刺繍が美しいメグワル族の作品

インド最西端・手工芸の里カッチ地方へ

一見のどかな田舎町に見えるグジャラート州のカッチ地方。実はこの地方の刺繍や染めなどの手工芸技術は海外でもトップクラスに入ります。ラクダに家財道具を積み遊牧生活をするラバリ族は、衣服だけでなくラクダの背飾りや布団なども刺繍やパッチワークで飾っています。村を歩くと、軒下でおしゃべりをしながら刺繍をする女性たちの姿が。その技術は母から娘へと伝えられ、今や世界中のテキスタイルファンを魅了しています。
  • 絞り染め

    グジャラートでは布をくくって染める絞り染めのことを「バンダニ」と呼びます。バンダニは吉祥の意味があり、晴れ着として女性に好まれてきました。

     

  • パトラ織

    経糸と緯糸をそれぞれ染め分けて織る経緯絣。縦と横双方の柄を合わせるには高度な技術が必要です。インド、バリ島、日本などで織られています。

     

  • ローガンペイント

    色を付けたヒマ油を練り、針の先端につけて、布の上に下書きなしで描きます。半分描いたあとで布を二つに折ることで染料が移り、シンメトリーのデザインが完成します。

     

  • アジュラク染め

    イスラム建築等で用いられる幾何学模様をもとに発展したブロックプリント。藍や茜など天然染料による染色技術は産業革命により一旦廃れましたが、近年復活・発展しています。

     

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
デリー
11:15発
17:00着
空路、東京より直行便で、大阪より香港経由の便で、それぞれインドの首都デリーへ。着後、航空機を乗り換えてインド最大の都市ムンバイへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、デリーにて合流します。
ムンバイ泊
大阪
デリー
14:10発
21:20着
デリー
ムンバイ
深夜発
2 ムンバイ
ブジ
早朝発 航空機にてカッチ地方の中心地ブジへ。着後、ミラーワークとウール織りで知られるブジョディ村を訪問します。午後、グジャラートの様々な民族の刺繍を展示するアジュラクプール村の博物館を見学。その後、様々な手芸用品の並ぶブジのバザールを散策します。夜、ご希望の方は3,000点以上ものグジャラート各地のテキスタイルを収集する個人宅へご案内します。
ブジ泊
3 ブジ
(バンニエリア)
  終日、この地方の独特の染色や刺繍を発達させた、伝統芸能の盛んなカッチ地方を巡ります。ヒマ油を加工したローガンペイントや錫工芸などの技術が受け継がれるニローナ村、原色を巧みに使った刺繍が美しいメグワル族の村、まるで機械でさしたかのような精緻な刺繍をするムトワ族のドロド村など、様々な民族が暮らす村々を訪問します。
ブジ泊
4 ブジ   朝、絞り染め工房へ。絞りから染めまでの行程を体験していただきます。昼食はグジャラートターリーをお召し上がり下さい。午後、人間国宝に選ばれた刺繍の名手のいるアヒール族の村・ダネティを訪問し、ミラー刺繍体験。夕方、NGOのサルジャンに立ち寄ります。
ブジ泊
5 (ブジョディ)
ブジ
ダマルカ
バジャナ


10:00発

 

19:00着

朝、ミラーワークとウール織りで知られるブジョディ村を訪問。その後、専用バスにて、バジャナへ。途中、ダマルカ村にてアジュラク染め(ブロックプリント)の工房を訪れ、見学と体験します
バジャナ泊
6 バジャナ
パタン
アーメダバード

08:00発

18:00着

朝、専用バスにてアーメダバードへ。途中パタンに立ち寄り世界遺産のラーニキヴァーヴ(女王の階段井戸)、数家族のみが伝統を受け継ぐ経緯絣(ダブルイカット)のパトラ織り博物館を見学します。
アーメダバード泊
7 アーメダバード
デリー
早朝発 早朝、航空機にてデリーへ。デリー着後、出発のお時間まで簡単な市内観光(各州の手工芸品が集まるディリーハット、クラフトミュージアム等)。その後空港へ。東京方面の方は直行便で、大阪方面の方は香港経由の便でそれぞれ帰国の途につきます。
機中泊
デリー 21:15発
デリー 23:05発
8 東京 08:45着 着後、解散。
大阪 12:40着
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝6/昼6/夜5:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:エア・インディア
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2017年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
10月07日(土) ~ 10月14日(土) 8日間 298,000円
10月21日(土) ~ 10月28日(土) 8日間 298,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は8,000円です(5月10日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(13名様限定)<添乗員同行>
お一人部屋使用料 35,000円
国際線のビジネスクラス:特別価格で往復150,000円の追加で別途手配いたします。ご希望の方はお早めにお申し込みください。
特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) インド(1,400円)、代行手数料(4,320円)、写真1枚。旅券の残存有効期間は6ヶ月以上、査証欄余白は2ページ以上必要です。
気候・服装 全行程夏服が基本となります。ホテル、航空機の冷房に備えて上着をお持ちください。
利用予定ホテル 下記をご覧ください。
ムンバイ:コヒヌールコンチネンタル、ミラージュ、ビッツ
ブジ:イラーク、プリンス、マングラム、リージェンタリゾート
バジャナ:ロイヤルサファリ、ランライダース
アーメダバード:カントリーインアンドスイート、プライド、サ・フェーン、アロフト
パンフレットのご請求はこちら
宿泊について グジャラート州内のホテルやロッジはバスタブがなくシャワーのお湯が出にくいことがあります。
その他のご注意 グジャラート州は禁酒州のため、レストランや公共の場ではアルコールを飲むことが出来ません。お飲みになる方はお部屋でお飲みください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行