「砂に消えた謎の王国 西夏と幻の黒水城(カラホト)」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 中国・チベット・日本方面 > 砂に消えた謎の王国 西夏と幻の黒水城(カラホト)

砂に消えた謎の王国
西夏と幻の黒水城(カラホト)

河西回廊から内モンゴルへ、数多の騎馬民族が駆け抜けた中国第3の規模を誇るバダインジャラン砂漠を走る

  • 遺跡・史跡
  • 鉄道の旅
  • 紅葉・黄葉
  • 一部出発日のみ
  • 砂漠に聳える城壁と仏塔(黒水城)
  • 西夏文字と古代人の線刻画(賀蘭山岩画)
  • 西夏文字の書物(甘粛省博物館)
  • 広大な黒水城の城壁内を散策
  • 西夏王国歴代の王の墳墓(西夏王陵)
  • 明代の万里の長城の西端・嘉峪関
  • 10月は胡楊が黄金色に染まる季節
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • ツアーレポート
  • このツアーの地図を見る
  • シルクロードの旅

ツアーのポイント/ Tour Point 

●2ヶ所で連泊を設けたゆとりある旅

黒水城の見学の拠点となるエチナと西夏王国の都・銀川ではそれぞれ2連泊。

●バダインジャラン砂漠を越えて黒水城へ

シルクロード全盛時、敦煌も含む河西回廊一帯を制圧した、チベット系タングート族が築いた西夏王国。 中国第3の規模を誇るバダインジャラン砂漠を走り抜け、西夏王国の巨大な要塞遺跡・黒水城へ向かいます。

●エチナでは充実の終日観光

専用バスで砂漠に点在する遺跡を巡ります。1902年ロシアの探検隊コズロフ大佐によって発見され、スタインやヘディンも訪れた「幻の王国」のロマンにたっぷり浸る一日です。

●内蒙古・寧夏回族両自治区の歴史に迫る

西夏王国の遺跡群に加え、明代の万里の長城の西端・嘉峪関や西夏博物館などを訪問。東西交易の要衝として多彩な歴史・文化の影響をうけた内蒙古・寧夏回族両自治区の魅力に迫ります。


遺跡が語るシルクロードの興亡史

紀元前より西域では、匈奴をはじめとする幾多の遊牧騎馬民族と中国歴代王朝との間で、東西交易の要衝・オアシス都市を巡る攻防が絶え間なく繰り返されてきました。そのような中、シルクロードの主要ルートであった河西回廊に取って代わる新たな交易拠点の一つとして、黒水城近郊は次第に隆盛を誇るようになります。しかし、繁栄を極めた都市は海上交易の発達に伴い次第に歴史の舞台より消え、砂漠の中に埋もれていきました。エチナ郊外には今もなお、巨大な要塞遺跡・黒水城の他、漢と匈奴との攻防の前線基地でもあった甲渠侯官遺跡、西夏時代に残された仏塔等、異なる年代の遺跡群が残り、かつての興亡を偲ばせます。

西夏時代の寺院と言われる五塔寺

  • 唐代の城跡・大同城

  • 今も散乱する陶器の破片

  • 二塔寺

西夏王国の都城・黒水城

黒水城には、寺院、城壁、東西交易路を示す有名なチベット式の仏塔が残された仏教都市跡のほか、道なきゴビを胡楊の枯れ木が林立する中を進むとゴビの中に、匈奴との前線基地となった漢代の城址が残されています。
  • チベット式仏塔

  • 怪樹林

蘭新高速鉄道でシルクロードの大地を走る

2014年に甘粛省の省都・蘭州から新疆ウイグル自治区の区都ウルムチまで、かつてのシルクロードと重るルートを走る高速鉄道が開通しました。甘粛省、青海省、新疆ウイグル自治区の3つの省・区にまたがり、全長1,777㎞を11時間50分で結びます。今回の行程では、蘭州から嘉峪関間をこの高速鉄道で移動(約4時間)し、これまでのバスでの旅に比べ大幅に移動時間を短縮することができるようになりました。
  • 高速鉄道で蘭州へ

  • 快適な車内

シルクロードの「食」を楽しむ

中国の西北部は、小麦の麺料理の種類が多いことで有名です。ツアーでは、手打ちの牛肉麺をご賞味いただくほか、内蒙古では羊肉を使ったモンゴル料理や羊肉のしゃぶしゃぶなどをご用意いたします。シルクロードの旅を「味覚」でもお楽しみください。
  • 蘭州名物「牛肉麺」

  • 羊肉のしゃぶしゃぶ

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
北京又は上海
午前又は午後発 空路、東京・大阪よりそれぞれ北京又は上海へ。着後、航空機を乗り換えて、甘粛省の省都・蘭州へ。着後、ホテルへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、北京、上海又は蘭州にて合流します。
蘭州泊
大阪
北京又は上海
午前又は午後発
北京又は上海
蘭州
午後又は夜発
2 蘭州
嘉峪関
約4時間 河西回廊に沿って走る蘭新高速鉄道に乗車し嘉峪関へ。着後、明代の万里の長城の西端・嘉峪関万里の長城第一墩を見学します。
嘉峪関泊
3 嘉峪関
バダインジャラン砂漠
エチナ

08:00発


18:00着

専用バスにて中国第3の砂漠・バダインジャラン砂漠を縦断し内モンゴルのオアシス都市・エチナ(額済納旗)へ。車窓よりどこまでも続くゴビ灘の景観をお楽しみください。
エチナ泊
4 エチナ   終日、エチナ郊外の観光。西夏王国の都城・黒水城(カラホト)、ゴビに残る西夏時代の仏教寺院跡五塔寺二塔寺)、唐代の城跡・大同城、漢代の匈奴との前線基地・甲渠侯官遺跡、胡楊が林立する怪樹林などを見学します。
エチナ泊
5 エチナ
バダインジャラン砂漠
アラシャンサキ

08:00発


18:00着

専用バスにてアラシャンサキへ。車窓よりゴビ灘の景観をお楽しみください。夕食は羊肉を使ったモンゴル料理をお楽しみください。
アラシャンサキ泊
6 アラシャンサキ
銀川
08:00発
12:00着
専用バスにてかつて西夏王国の首府・興慶府が置かれた寧夏回族自治区の区都・銀川へ。途中、明代の長城と烽火台跡を見学。銀川着後、西夏時代に仏教の聖地として崇拝された承天寺塔寧夏回族自治区博物館を見学。
銀川泊
7 銀川   終日、銀川観光(西夏歴代皇帝の陵墓・西夏王陵、出土品が展示されている併設の西夏博物館、狩猟の様子や動物などが旧石器時代から西夏時代にかけて山肌に描かれた賀蘭山岩画)。夕食は、羊肉のしゃぶしゃぶをご賞味ください。
銀川泊
8 銀川
北京又は上海
朝発 航空機にて北京又は上海へ。着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。
北京又は上海
東京
午後発
北京又は上海
大阪
午後発
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝7/昼6/夜6:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:中国国際航空、中国東方航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2018年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
04月28日(土) ~ 05月05日(土)
ゴールデンウィークコース
8日間 348,000円
06月02日(土) ~ 06月09日(土) 8日間 298,000円
08月11日(土) ~ 08月18日(土) 8日間 348,000円
10月20日(土) ~ 10月27日(土)
胡楊が黄金色に染まる季節
8日間 298,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は3,000円です(12月8日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名<添乗員同行>
お一人部屋使用料 36,000円
 
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間は、入国時に6ヶ月以上必要です。
気候・服装 4月・6月・8月は夏服、10月は冬服が基本となります、砂漠気候のため寒暖の差が大きく、朝晩は冷え込みます。また、砂ぼこり対策としてサングラスやスカーフなどをお持ちになると便利です。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
その他のご注意 黄葉の時期はその年の気候により多少ずれることがあります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行