「ブムタン谷の祭りとフォブジカ谷 秋のブータンを撮る」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 南アジア(インド・ブータン等)方面 > ブムタン谷の祭りとフォブジカ谷 秋のブータンを撮る

ブムタン谷の祭りとフォブジカ谷
秋のブータンを撮る

フォトジェニック・ブータン のどかな2つの谷を撮る

  • フォトジェニック
  • 聖地巡礼
  • 伝統料理
  • 祭り見学
  • お祭りの様子をうかがう子供たち(プラカールラカン)
  • ブムタン谷の2つの秋祭りを見学
  • 民族衣装キラを着た女の子
  • フォブジカ谷に2連泊
  • ブータン最古のニンマ派寺院 ガンテゴンパ
  • チリ・ラから望む聖山チョモラリ(7,314m)
  • デリー~パロ間のフライトから望むエベレスト(8,848m)
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
  • ブータンの旅
ココに注目!

15名様限定

ボンチューご参加の方にプレゼント

小物入れにも便利なブータン製の竹細工のお弁当箱「ボンチュー」と
旅に役立つ「ブータンハンドブック」をプレゼントいたします。

ツアーのポイント/ Tour Point 

●ブータン国内線を片道利用し、中央ブータンへ

往路パロから中央ブータンへは国内線を利用。陸路で約10時間の道のりを約20分の飛行時間に短縮することができます。

●ブータンの2つ谷へ、それぞれゆとりの2連泊

中央ブータン・ブムタン谷の中心地ジャカルと豊かな自然の残るフォブジカでそれぞれ2連泊。ブムタン谷ではジャンペラカンのドゥップ祭とプラカールラカンの2つの祭りを見学します。

●晴天率の高い秋・ヒマラヤ展望を展望

乾期にあたる秋は空が澄み渡り、ヒマラヤの山々が展望できるチャンスが大きい季節。デリー~パロ間のフライトではエベレストをはじめとするヒマラヤの山々を、チリ・ラとドチュ・ラからはブータンヒマラヤを展望することができるでしょう。

ジャンペラカン、プラカールラカン
ブムタン谷の2つの秋祭りを見学

ブータンのほぼ中央に位置するブムタン谷。ブータンの中でもひときわ素朴さを感じさせる地方で、豊かな常緑の松林の谷間に木造の伝統家屋と田園が点在します。またブムタン谷はブータン仏教の故郷といわれ、パロと同じくブータンでは最も早く仏教が伝来した土地であり、ブータン・チベット仏教史上においても傑出した高僧を多く輩出してきました。現在も地元の人々の信仰心が篤く、その山あいのあちこちに幾多の古い寺院が散在しています。秋にジャンペラカンとプラカールラカンの2つの寺院にて行われる祭りを見学します。観光客の数も比較的少なく、どこかひっそりとした雰囲気の中、信仰心の篤い地元の人々に混ざり祭りを見学します。
  • 仮面舞踊「チャム」(ジャンペラカン)

  • 様々な動物の仮面が登場する

  • 墓場の守り神 チティパティの踊り(プラカールラカン)

  • 夜の祭りの様子(ジャンペラカン)

  • 祭りを見学する男性

中央ブータンの祭りに集う人々を撮る

お祭りの魅力はなんといっても様々な出し物だけでなく、そこに集まるブータンの人々にもあります。

老若男女問わず華やかな民族衣装を身に纏い、会場に集まり賑わう光景はお祭りのもうひとつの楽しみです。中央ブータン・ブムタン谷でのお祭りは終日かけて見学、ゆっくりと撮影時間を設けております。

  • アイスを片手に祭りを見学

  • お弁当を入れたカゴを持参して祭り見学

のどかな秋のフォブジカ谷の村散策

氷河によって侵食されてできたU字谷に、美しい湿原など豊かな自然が広がるフォブジカ谷。フォブジカ谷に2連泊し、のどかな村で農作業にいそしむ人々や谷の風景などの撮影をお楽しみいただきます。また、10月下旬から11月中旬にかけてはオグロヅルの飛来する時期。タイミングによってはシーズン初のオグロヅルが飛来してきます。

  • 豊かな自然が広がるフォブジカ谷

  • 農作業をする女性

ジャカルとフォブジカでゆとりの2連泊

中央ブータン・ブムタン谷の中心地ジャカルと、豊かな自然が広がるフォブジカでそれぞれ2連泊します。

デワチェン・ホテル[フォブジカ/2連泊]

ブータン伝統建築様式の外観のホテル。客室から、レストランから、のどかなフォブジカ谷の景色を一望することができます。
  • 客室の一例

  • レストランからフォブジカ谷を眺める

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
デリー
11:15発
17:00着
空路、東京より直行便で、大阪より香港経由の便で、それぞれインドの首都デリーへ。着後、ホテルへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、デリーにて合流します。
デリー泊
大阪
デリー
14:10発
21:20着
2 デリー
パロ
昼発 空路、ブータンの空の玄関口パロへ。天気が良ければ、機内からヒマラヤの山並みを楽しむことができます。着後、パロ谷の観光パロの街の散策民家訪問等)。夕食は民家での伝統料理エマダツィやパクシャパ、赤米などの家庭料理をご賞味ください。
パロ泊
3 パロ
ジャカル
午前又は午後発 早朝、チリ・ラ(峠:3,988m)へ往復観光。ブータンヒマラヤを展望します。国内線にて中央ブータン・ブムタン谷の中心地ジャカルへ。着後、ジャカル市内観光(ブータン最古の寺院のひとつジャンペラカン街の散策等)。
ジャカル泊
4 ジャカル   終日、中央ブータン・ブムタン谷で開催される秋祭りジャンペラカンのドゥップ祭プラカールラカンの祭りを見学。色鮮やかな衣装や仮面を身につけた僧による舞踊や村人による民俗舞踊などをご覧いただきます。
ジャカル泊
5 ジャカル
フォブジカ
07:00発
18:00着
専用バスにてヨトン・ラ(峠:3,536m)、ペレ・ラ(峠:3,050m)を越えて湿原に自然豊かなフォブジカ谷へ。
フォブジカ:デワチェン・ホテル泊
6 フォブジカ   終日、フォブジカ谷の観光(湿原の自然歩道を歩くショートハイキング村の散策へ。自然の風景をゆっくりとお楽しみください。ブータン最大のニンマ派寺院ガンテゴンパも見学)。
フォブジカ:デワチェン・ホテル泊
7 フォブジカ
パロ
08:00発
18:00着
専用バスにて、ドチュ・ラ(峠:3,090m)を越えて、パロに戻ります。峠では、天気がよければブータンヒマラヤを展望することができます。
パロ泊
8 パロ
デリー
デリー

朝又は昼発

21:15発

航空機にて、デリーへ。着後、航空機を乗り換えて、帰国の途につきます。
機中泊
9 東京 08:45着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝7/昼5/夜6:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:エア・インディア
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2018年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発/東京着 催行状況
10月24日(水) ~ 11月01日(木) 9日間 398,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は11,450円です(12月8日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 10名(15名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 48,000円
人数限定コースのため再利用割引・特別割引はありません。
祭りの期間中はホテルが非常に混みあうため、御一人部屋をお取りできなかったり、分宿になることがあります。
エア・インディアのビジネスクラス:日本/デリー間のビジネスクラスは往復15万円の追加で別途手配いたします。席数に限りがございますため、ご希望の方はお早めにお申し込みください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) ブータン(4,600円)、インド(1,550円)、代行手数料(4,320円×2ヶ国=8,640円)、写真1枚。旅券の残存有効期間は出国時に6ヶ月以上必要です。
気候・服装 合服が基本になります。セーターやジャンパーなど十分な防寒着もお持ちください。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
日程について ブータンの玄関口パロ空港は谷間にあるため、ドゥック航空、ブータンエアラインズは天候により発着が遅れることがあります。また、祭りの期間中や開催日の前後には臨時便が運航されることがあるため、発着地・経由地・発着時間が突然変更になることがあります。
観光について ブータンのゾンや僧院は観光地ではありませんので、現地の都合により入場できないことがあります。その場合は外観のみの観光となります。入場見学の場合も内部での帽子、傘の使用、襟のないシャツ、草履、サンダルの着用は禁止されています。
宿泊について 祭りの期間中は非常にホテルが混み合うため、御一人部屋をお取りできなかったり、3人以上の大部屋泊、分宿、ゲストハウス泊になることがあります。また、宿泊地の変更を余儀なくされることも考えられます。そのような場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行