「春のブータン横断の旅 13日間」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 南アジア(インド・ブータン等)方面 > 春のブータン横断の旅 13日間

春のブータン横断の旅 13日間

パロから東西縦貫道を走破し、ブータンの魅力を味わい尽くす

  • 文化体験
  • 聖地巡礼
  • 伝統料理
  • 国境越え
  • 祭り見学
  • 聖地チョルテン・コラ(タシヤンツェ)
  • 伝統舞踊「チャム」の仮面をかぶる若者
  • パロ・ツェチュ祭「大掛仏の御開帳」を見学
  • 「織りの里」東ブータンを訪問
  • 伝統の制服を着た子供たち
  • 国獣「ターキン」
  • 花咲く春のブータン
  • 古刹タクツァン僧院
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • ツアーレポート
  • このツアーの地図を見る
  • ブータンの春祭り
  • ブータンの旅
ココに注目!

ご参加の方にプレゼント

ツアーにご参加の方に、ブータン製の竹で作られたお弁当箱「ボンチュー」と、旅に役立つ西遊旅行オリジナル小冊子、「ブータンハンドブック」を差し上げます。
ボンチュー

ツアーのポイント/ Tour Point 

●ブータンに春の訪れを告げる「パロ・ツェチュ祭」を見学

春の祭典「パロ・ツェチュ祭」。祭りの最終日に催される“見るだけで解脱ができる”といわれる「大掛仏の御開帳」を見学します。

●中央ブータンから東ブータンの観光も充実

中央・聖地ブムタン地方の各史跡、名産の織物「ヤタ」の工房、巨大なトンサ・ゾンなど山間の田園風景に点在する名所・旧跡を巡ります。東部では、手つかずの大自然や素朴な村々の景色、ブータンの民族衣装としても使われる手織り布の産地訪問をお楽しみいただきます。

花咲く春のブータンへ

寒い冬を耐えてきた木々の芽がほころび、ブータンに春が訪れる3 月下旬から4 月。サクラソウ、モクレン、プラムや桃、石楠花の花があちこちで咲き乱れ、山里の春を彩ります。日本のぜんまいのような山菜・ナケやアスパラガスなど旬の野菜が食卓に並ぶと、人々はブータン最大の春祭りパロ・ツェチュ祭の準備でそわそわし始めます。
ヒマラヤの小さな王国ブータン。のどかでのんびりとした時間が流れる春に、是非訪れてみてください。

ブータン最大の祭り春のパロ・ツェチュ祭
ヒマラヤに抱かれた王国ブータンに春を呼ぶ

チベット仏教をヒマラヤ一帯に流布したグル・リンポチェ(パドマサンバヴァ)にちなんだ祭り。グル・リンポチェが「月の10 日にツェチュ祭のあるところには必ず戻ってくる」という言葉を残したことから、各月の10 日に法要が行われます。その中でも5日間に渡って繰り広げられる「パロ・ツェチュ祭」はブータンに春を呼ぶ特別なお祭りです。

【トンドル(大掛仏)の御開帳】

トンドルとは「見るだけで解脱ができる」ことができる大変ご利益のある大掛軸。年に一度の祭りの日、未明の暗いうちから御開帳されます。人々はトンドルの前に進み、その裾を額にあて無病息災を祈ります。完全に日が昇ると、トンドルがおろされ、翌年まで大事にしまわれます。
 

未明に御開帳された大掛仏トンドルに群がり無病息災を祈る人々

古刹タクツァン僧院を訪問

「虎の巣」の名をもつこの僧院。断崖絶壁にはりつくように建つその姿は見る者を圧倒します。ブータンに仏教を運んできたグル・リンポチェ(パドマサンバヴァ)はその8つの変化のうちの一つである忿怒形に姿を変え、虎の背中に乗ってこの場所へやってきたといわれています。タクツァン僧院へは山道を歩きます(往復5~6時間)。
歩くことが苦手な方は、僧院が見える第一展望台のカフェテリアでお待ちいただくことも可能です。

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
デリー
11:15発
17:00着
空路、東京よりインドの首都デリーへ。着後、ホテルへ。
デリー泊
2 デリー
バグドグラ
ジャイガオン
(国境)
プンツォリン

午前発


14:00発


18:00着

航空機にて、バグドグラへ。着後、専用バスにてインド・ブータンとの国境の街ジャイガオンへ。国境を越え、ブータン側の国境の街プンツォリンへ。
プンツォリン泊
3 プンツォリン
パロ
07:00発
15:00着
専用バスにて峻険な山道を走りパロへ。着後、パロの街の散策。映画「リトルブッダ」の撮影地にもなったパロ・ゾンを訪問します。ブータン衣装ゴ(男性)キラ(女性)の着付け教室もお楽しみください。
パロ泊
4 (パロ・ツェチュ祭)
パロ
ティンプー

10:00発
11:30着
●パロ・ツェチュ祭見学
早朝、パロ・ツェチュ祭の最終日に開帳される大掛仏トンドルを見学。朝食後、専用バスにて首都ティンプーへ。着後、市内観光(ブータンの宗教と政治の中心を担うタシチョ・ゾンメモリアル・チョルテンターキン保護区街の散策等)。
ティンプー泊
5 ティンプー
プナカ
08:00発
12:00着
朝、ブータン最古の城シムトカ・ゾンを遠望。その後、ドチュ・ラ(峠)を越えてプナカへ。峠では天気が良ければブータンヒマラヤを展望することができます。着後、プナカにてプナカ・ゾンを見学。また、丘陵上に建つチミ・ラカンまでのハイキングもお楽しみください(片道約20分)。
プナカ泊
6 プナカ
トンサ
ジャカル

08:00発


19:00着

専用バスにてペレ・ラ(峠)、ヨトン・ラ(峠)を越えて中央ブータン・ブムタン谷の中心地ジャカルへ。途中、トンサ・ゾンを見学します。また、チュンデブジ・チョルテンスンゲイの織物工房兼即売所にも立ち寄ります。
ジャカル泊
7 ジャカル   終日、ジャカル市内観光(ブータン最古の寺院のひとつジャンペ・ラカンジャカル・ゾン街の散策等)。
ジャカル泊
8 ジャカル
モンガル
08:00発
19:00着
専用バスにてタムセン・ラ(峠)を越えて、東ブータンの入口・モンガルへ。途中、埋蔵法典テルマの伝説が残る湖、メンバルツォを訪問します。
モンガル泊
9 モンガル
タシヤンツェ
08:00発
17:00着
朝、モンガル・ゾンを見学。その後、専用バスにてコリ・ラ(峠)を越えて木地師の里・タシヤンツェへ。途中、パドマサンバヴァが瞑想したという聖地ゴム・コラを見学。
タシヤンツェ泊
10 タシヤンツェ
タシガン
13:00発
15:00着
午前中、タシヤンツェ観光(聖地チョルテン・コラ伝統技芸院等)。その後、専用バスにて東ブータンの中心地タシガンへ。着後、野生の絹糸で織る布「ロウシルク」で有名なラディの工房ランジュン・ラカンを見学。
タシガン泊
11 タシガン
サムドゥプジョンカル
08:00発
17:00着
専用バスにて国境の町サムドゥプジョンカルへ。途中、カンルンにて、ブータン最大の大学シェルブツェ・カレッジ外観サンドペルリ・ラカンに立ち寄ります。
サムドゥプジョンカル泊
12 サムドゥプジョンカル
(国境)
ダランガ
グワハティ
グワハティ
デリー

08:00発



11:00着

午後発

国境の街サムドゥプジョンカルでブータン出国手続きの後、専用バスにてインド・アッサム州の州都グワハティへ。着後、航空機にてデリーへ。着後、航空機を乗換えて、帰国の途につきます。
機中泊
デリー 21:15発
デリー 23:05発
13 東京 08:45着 着後、解散。
大阪 12:40着
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝12/昼11/夜12:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:エア・インディア
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2019年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
03月18日(月) ~ 03月30日(土) 13日間 458,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は17,000円です(10月3日現在の見込み)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(15名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋追加代金 52,000円
祭り期間中はホテルが非常に混み合うため、御一人部屋をお取りできなかったり、分宿になることがあります。
日本の国内線割引:日本/デリー間のビジネスクラスは往復150,000円の追加で別途手配いたします。ご希望の方はお早めにお申し込みください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) ブータン(4,600円)代行手数料(4,320円)旅券の残存有効期間は出国時に6ヶ月以上必要です。タイは査証不要です。
気候・服装 この時期は早春にあたり、桃やシャクナゲの花が咲く過ごしやすい季節です。日中は暖かく長袖シャツ程度でお過ごしいただけますが、朝晩は冷え込みますのでジャンパー等の十分な防寒具もお持ちください。日差しが強いので日除けもご用意ください。デリーでは夏服でお過ごしいただけます。
利用予定ホテル 【パロ】:オラタン、タシナムゲ、ペルリ、ナムセ、マンダラリゾート、ガンテパレス、テンジンリン、ガリンリゾート、キチュリゾート、タイガーネスト、デチェンヒルリゾート、ホリデイホーム、カンクリゾート、タシプンツォ、サムデンノルジン、パロ、KK、ウゲンペンデリンリゾート、ドゥクチェン、ジャンカリゾート【ティンプー】:プンツォペルリ、ペリン、ナムセリン、サンバブ、リバービュー、チョモラリ、ガキル、ドゥック、ジャンベヤンリゾート、ワンチュク、ガリンカ、イーズィン、ドゥックシェリグ、ピースフルリゾート、カムスンイン、ドルジエレメンツ【プンツォリン】:ドゥック、ナムゲイ、パーク、オーキッド、ペリン、ガメガ、ダムチェン、ラキ、ゲストハウス【プナカ】:サンドペルリ、メリプンスム、ジンカム、ドルブチュ、ダムチェン、ペマカルポ、ロベサ、ゲストハウス【ジャカル】:リバーロッジ、ウォンディチョリン、ミーファムゲストハウス、ペリン、ウゲンリン、ジャカルビューゲストハウス、ジャカルビレッジロッジ、サムエリゾート、ゲストハウス【モンガル】:ドゥックジョンガル、ワンチュク、ドルマ、サムリン、タシリン、ドゥクスム、ゲストハウス【タシ・ヤンツェ】:カルマ・リン、ゲストハウス【タシガン】:ドゥクデジュン、リンカールロッジ、KC、ゲストハウス【サムドゥプジョンカル】:マウンテン、メンジョン、タシガセルロッジ、TLT、ゲストハウス
【デリー】:ITCウェルカム・ドゥワルカ、プライドプラザ、シティパーク、パークランド・グランド、プライド、メイデンス、ジェイピー・シッダルタ、ハンス、レモンツリー、ラディソンブル、メイプル・エメラルド、イビス、ロイヤルプラザ、アショカ・カントリーリゾート、カントリーインアンドスイート、ラディソン、プラザプレミアムラウンジT1、プラザプレミアムラウンジT3、西遊レジデンシー
パンフレットのご請求はこちら
日程について ブータンの玄関口・パロ空港は谷間にあるため、天候により発着が遅れることがあります。また、祭りの期間中や開催日の前後には臨時便が運航されることがあるため、発着地・経由地・発着時間が突然変更になることがあります。
観光について ブータンのゾンや僧院は観光地ではありませんので、現地の都合により入場できないことがあります。その場合は外観のみの観光となります。入場見学の場合も内部での帽子、傘の使用、襟がないシャツ、ノースリーブ、草履、サンダルの着用は禁止されています。タクツァン僧院へは、山道を歩きます(往復5~6時間)。歩くことが苦手な方は、僧院が見える第一展望台のカフェテリアでお待ちいただくことも可能です(第一展望台までは片道1時間半~2時間)。駐車場(標高2,500m)~第一展望台(標高2,800m)は約2km、第一展望台からタクツァン僧院まで(標高2,900m)は約2.5kmです。
宿泊について 祭りの期間中は非常にホテルが混み合うため、御一人部屋をお取りできなかったり、3人以上の大部屋泊、分宿、ゲストハウス泊になることがあります。また、宿泊地の変更を余儀なくされることも考えられます。そのような場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
宿泊施設に限りがあるためタシガンのホテルはランジュンに(タシガン/ランジュン間は約16km、車で45分)変更することがあります。東ブータンのモンガル、タシ・ヤンツェ、タシガン、ランジュン、サムドゥプジョンカルではゲストハウス泊が基本となります。設備は整っておらず、シャワーのみでお湯の出が悪かったり、お湯が配給制になることがあります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行