ツアーのポイント

ポイントコスタリカの野鳥撮影特化ツアーの第二弾

約930種もの野鳥が生息するまさに野鳥の楽園と呼ぶにふさわしいコスタリカ。季節を変え、第一弾コースでは訪れていない地域を中心に野鳥撮影にトライ。当コースではヒゲの様に見える3本の肉垂がトレードマークのヒゲドリ、12種類以上の鳴き声を持つと言われるオナガセアオマイコドリを狙います。

ポイント やっぱり見たい・撮りたい幻の鳥ケツァール

コスタリカに来るのが二度目の方にとってもケツァールとの出会いは特別なもの。サン・ラモンの森やモンテベルデで遭遇のチャンスがあります。

ポイント4名様より催行、最大6名様まで少人数限定

貴重な野鳥たちの撮影をじっくりとお楽しみいただける様、4名様より最大6名様までの少人数限定コースとしております。

COLUMN ヒゲドリとオナガセアオマイコドリ

ヒゲドリ
今回のツアーのハイライトとなるヒゲドリはカザリドリの仲間。ヒゲの様に見えるオスの肉垂が特徴的で顔を振った時や飛んだ時にこの立派なヒゲがなびくのが面白い鳥です。サンラモンで2回に渡って早朝に観察・撮影のチャンスを設けています。牧草地と森の境界あたりで、気に入った止まり枝を見つけるとしばらく同じ場所を行ったり来たりします。
オナガセアオマイコドリ
亜熱帯か熱帯の乾燥林や熱帯の湿った低地にある林などに分布。オスは求愛の際、師弟関係の2羽が息を合わせて踊り、成功しても師匠の立場にある1羽だけがカップルとなる不思議な習性があります。 今回はモンテベルデ近郊で撮影を狙います。


COLUMN 今回のツアーで観察・撮影を狙う野鳥たち

チャガシラフウキンチョウ
名前からは想像もつかないカラフルなフウキンチョウ。
アカエリクマタカ
黒い冠羽と色彩豊かな羽毛が特徴の猛禽。サン・ラモン近郊で観察のチャンス。
ベニヘラサギ
鮮やかなピンク色の羽毛が美しい水鳥で、カニョ・ネグロ野生動物保護区のボートクルーズで観察します。
ドウボウシハチドリ
コスタリカ本土にしか生息していない3種類の固有種のひとつ。小さいが、コスタリカを代表する鳥らしくエメラルドグリーンの美しいハチドリ。
ジャノメドリ
羽根を広げた時の色彩と模様が特徴的な水鳥。自然豊かな渓流沿いに生息し、サン・ラモン近郊で観察のチャンス。
アカエリクマタカ
ベニヘラサギ
ジャノメドリ

出発日と料金

2022年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
03月09日(水) ~
03月17日(木)
9日間 578,000円
04月06日(水) ~
04月14日(木)
9日間 578,000円
発着地 東京発着 最少催行人員 4名(6名様限定)
※日本からの添乗員は同行しませんが、コスタリカ国内では野鳥に精通した日本人ガイドがご案内します。
燃油サーチャージ 15,400円(2021年8月30日現在の見込み)
一人部屋追加代金 45,000円
国際線のビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 少人数限定コースのため再利用割引・特別割引はありません。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。



ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール
1 東京
アメリカ内都市
サンホセ
午前又は午後発

夜又は深夜着
空路、アメリカ内都市乗り換えてでコスタリカの首都サンホセへ。
サンホセ:ホテルアエロプエルト泊
2 サンホセ
サンラモン
10:00発
午後着
専用車にてサン・ラモンへと向かいます。道中はハチドリやフウキンチョウの撮影(コスタリカ固有種のドウボウシハチドリ、ムラサキケンバネハチドリ、チャガシラフウキンチョウ、ギンノドフウキンチョウ等)。
サンラモン:エル・ボスケロッジ泊
3 サンラモン 早朝、サン・ラモンでヒゲドリの撮影に出かけます。その後、ホテルへと戻り、朝食の後、引き続き野鳥の撮影。オオツリスドリ、クビワキヌバネドリ、キバシミドリチュウハシ、アオボウシミドリフウキンチョウなどの他、ケツァール、アカエリクマタカ、ジャノメドリが見られるチャンスもあります。
サンラモン:エル・ボスケロッジ泊
4 サン・ラモン
カニョ・ネグロ野生動物保護区
約3時間半 朝、再びヒゲドリの撮影チャンス。その後、専用車にてカニョ・ネグロ野生動物保護区へ。着後、ボートサファリでベニヘラサギやヤマセミ、アカハシリュウキュウガモ、アメリカレンカクなどの水鳥の撮影
カニョ・ネグロ野生動物保護区:カニョ・ネグロ泊
5 カニョ・ネグロ野生動物保護区
モンテベルデ
早朝発

夕方着
早朝、再びボートサファリで野鳥の撮影。シロオビミドリツバメ、クビワヤマセミ、ミドリヤマセミ、コンゴウクイナ、ミサゴノスリなど。野鳥以外にも水面を走るグリーンバシリスクも観察できるチャンスがあります。その後、専用車にてモンテベルデへと向かいます。
モンテベルデ:ベルクルス泊
6 モンテベルデ   終日、モンテベルデ近郊での野鳥撮影。ここではオナガセアオマイコドリ、ケツァールの撮影を狙います。その他にも多数のハチドリなどの撮影をお楽しみください。 また、この日にPCR検査を受けます。
モンテベルデ:ベルクルス泊
7 モンテベルデ
サンホセ
サンホセ
昼発
夕方着
深夜発
午前、前日に引き続き、モンテベルデ周辺にてオナガセアオマイコドリ、ケツァールの撮影を狙います。その後、PCR検査の結果を受け取り、専用車にてサンホセへと戻ります。ホテルにて休養と夕食の後、空港へ。深夜の航空機にてアメリカ内都市へ。
サンホセ:クラウンプラザコロビシ仮泊/機中泊
8 アメリカ内都市
アメリカ内都市
早朝着
午前又は午後発
アメリカ内都市着後、航空機を乗り換えて帰国の途に就きます。
機中泊
9 東京 午後着 着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝6/昼6/夜6:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:アメリカン航空
  • 往復共にアメリカ内都市で2回乗り換える場合があります。

ご案内とご注意

査証(ビザ) 旅券の残存有効期間は帰国時まで有効なもの、査証覧の余白が1ページ以上必要です。アメリカ電子渡航認証システムによる渡航認証(ESTA)が必要です。実費(1,900円)、代行手数料(4,400円)。アメリカ渡航認証ESTAの取得にはIC旅券が必要です。また、2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメン、北朝鮮に渡航または滞在したことがある方は、ESTAの取得ができず、既にESTAを取得している場合でも無効となるため、別途、アメリカ査証の取得が必要になります。査証取得には面接が必要で時間もかかるため、該当される方はお早めにお問い合わせください。
アメリカ・コスタリカ入国に際して ワクチン接種証明書及び日本出発の72時間前以降に受検したPCR検査の英文陰性証明書が必要です。
コスタリカ出国に際して 出発前にモンテベルデでPCR検査を受検していただきます。検査代(約70ドル)は現地にてお支払いください。
日本の出入国条件に関して 日本の出入国条件に関しては「海外渡航に際して日本出国前、帰国後に必要な手続き」をご覧ください。
気候・服装 カニョ・ネグロ野生動物保護区は熱帯気候で蒸し暑く、夏服で過ごせます。その他の地域は山間部に位置するため朝晩は冷え込みますので、上着もお持ちください。雨が降ることもありますので上下セパレート式の雨合羽は必ずお持ちください。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
観光について 写真や日程表中の動物や鳥は野生動物ですので、必ずしも観察できるとは限りません。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。