ツアーのポイント

ポイント53kmにおよぶ天城分水嶺トレイルを一度に踏破

伊豆半島中央部にU字型に連なる天城分水嶺トレイル。登山口と下山口が毎日変わる為、個人山行では一度に踏破する事が難しいルートです。

ポイントトレイル前半は駿河湾や富士山のパノラマ展望が続く開放的な稜線歩き

伊豆山稜線歩道を辿るトレイル前半は、横山大観が日本一と称した富士山の展望で知られる達磨山など、展望の良いササ原の稜線や開放的な高原のルートが続きます。

ポイントトレイル後半は落葉広葉樹の原生林を歩き、百名山・天城連山を縦走

天城縦走路を辿るトレイル後半は、30kmに及ぶブナを主とした落葉広葉樹の原生林を歩きます。最終日は天城峠を越え、天空の瞳と称される八丁池を通り、天城山の最高地点・万三郎岳に登頂します。

ポイント荷物を預け身軽に歩く

トレッキングに不要な荷物はホテル又は専用車に預けておく事が出来る為、毎日日帰りの荷物のみを背負って身軽に歩くことができます。

ポイント伊豆の温泉宿に宿泊

西伊豆最古の温泉地といわれる土肥温泉に2泊、七つの滝が有名な河津七滝温泉に1泊します。毎日温泉宿に宿泊し登山の疲れを癒していただけます。伊豆の海の幸の料理も楽しみの一つです。

COLUMN企画者の声

2021年の忘年山行として12月でも縦走を楽しめる天城分水嶺トレイルを企画しました。冬型の気圧配置になると西風が強く吹く日がありますが、例年トレランの大会が行われる晴天率の高い時期です。駿河湾と富士山の展望が素晴らしい開けた稜線歩きから始まり、ブナの原生林や歴史ある天城峠を歩き、百名山の万三郎岳に登頂する変化の楽しいトレイルです。現地ガイドは南伊豆ロングトレイルツアーでジオガイドとしてもお世話になっている倉原卓也(愛称クララ)さんが同行します。2021年もコロナ感染症が猛威をふるった1年となりましたが、2022年は国内・海外の山にもっとお出かけいただけるよう願って、年忘れ登山を楽しみましょう。
企画者:東京本社 堤智顯(つつみ ともあき)

猫越岳周辺から1日目、2日目に歩いた山々と富士山を遠望する
達磨山から駿河湾越しに富士山を望む
古稀山より望む富士山
天城縦走路で見られるブナの巨木

出発日と料金

2021年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
12月13日(月)~12月16日(木)
堤智顯(東京本社)同行
4日間 138,000円
発着地 現地発着(三島駅集合/伊東駅解散) 最少催行人員 6名(10名様限定)・添乗員同行
一人部屋追加代金 14,000円
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • 【東京、大阪からの参考アクセス】
    【東京方面】
    往路 : 東京駅08:27発 - 東海道新幹線こだま709号(名古屋行) - 三島駅09:20着
    復路 : 伊東駅18:12発 - JR伊東線(熱海行) - 熱海駅18:35着
       熱海駅19:05発 - 東海道新幹線ひかり516号(東京行) - 東京駅19:42着

    【大阪方面】
    往路 : 新大阪駅06:51発 - 東海道新幹線のぞみ84号(東京行) - 名古屋駅07:39着
       名古屋駅07:43発 - 東海道新幹線ひかり636号(東京行) - 静岡駅08:37着
        静岡駅08:57発 - 東海道新幹線こだま702号(東京行) - 三島永輝09:19着
    復路 : 伊東駅18:12発 - JR伊東線(熱海行) - 熱海駅18:35着
        熱海駅18:40発 - 東海道新幹線ひかり655号(新大阪行) - 新大阪21:09着

コース難易度

体力 特別な登山技術は不要ですがアップダウンのあるトレイルが続きますので、普段から長距離を歩くことができる体力が必要です。
高度 高山病の心配はありません。
宿泊 温泉旅館泊
荷物 トレッキングに不要な荷物はホテル又は専用車に置いておく事が出来るので、毎日日帰り分の荷物で歩いていただけます。

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール
1

三島
だるま山高原
達磨山
船原峠
土肥温泉

09:30発
10:30着

16:30着
17:00着

 

 


JR三島駅にて集合。専用車にてだるま山高原(630m)へ。
●天城分水嶺トレイル(所要約6時間)
だるま山高原レストハウスより伊豆山稜線歩道を辿るトレッキング開始。戸田峠を越え、達磨山(982m)に登頂。ササ原のトレイルからは駿河湾の向こうに富士山が聳える伊豆随一の絶景が広がります。古稀山を過ぎ、船原峠(570m)へと下ります。
着後、専用車にて土肥温泉へ。夕食は伊豆の海の幸をご賞味ください。
土肥温泉:湯茶寮マルト泊|食事:朝× 昼× 夜○
2

土肥温泉
船原峠
仁科峠
土肥温泉

 

08:30発
09:00着
14:30着
15:00着


専用車にて船原峠(570m)へと戻ります。
●天城分水嶺トレイル(所要約5.5時間)
伊豆山稜線歩道の5つの峠を越えていく1日です。前日に続き、駿河湾と富士山の展望、そして天城連山を望みながら歩きます。棚場山から吉奈峠へと下り、樹林帯のルートを南無妙峠(670m)へ。アップダウンのルートを辿り土肥峠を過ぎると魂の山(933m)へと登ります。樹林帯からササ原を下り、宇久須峠、風早峠(780m)を過ぎ、牧草地の尾根道を辿り、仁科峠(900m)に到着。
着後、専用車にて土肥温泉へ。夕食は伊豆の海の幸をご賞味ください。

土肥温泉:湯茶寮マルト泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
3

土肥温泉
仁科峠
天城峠
河津七滝温泉

08:00発
08:30着
15:30着
16:30着

 


専用車にて仁科峠(900m)へ戻ります。
●天城分水嶺トレイル(所要約7時間)
展望の開けたササ原を進み、猫越岳(1035m)へ。アセビ林を下り、三蓋山まではブナ林の中を進みます。ところどころにブナの巨木もみられます。三蓋山から急坂を下り、滑沢峠へ。江戸~明治期の旧天城峠である二本杉峠を過ぎ、樹林帯の道を天城峠(830m)へ。旧天城トンネルへと下り、 着後、専用車にて河津七滝温泉へ。夕食は伊豆の海の幸をご賞味ください。

河津七滝温泉:七滝温泉ホテル泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
4

河津七滝温泉
天城峠
八丁池
万三郎岳
天城縦走登山口
伊東

07:00発
07:30着


16:30着
17:30着

 

専用車にて旧天城トンネルへ戻ります。
●天城分水嶺トレイル(所要約8時間)
天城峠よりヒメシャラやブナの原生林、アセビのトンネルを抜け、天城の瞳と称される八丁池(1,160m)へ。起伏の少ないルートを戸塚峠へと進み、天城山の最高地点、万三郎岳(1,406m)へと登ります。その後、万二郎岳を越え、トレイルのゴール地点、天城縦走登山口(1,040m)へ。着後、専用車にてJR伊東駅へ。着後、解散。
※八丁池へは上り御幸歩道を通る予定ですが、全体の歩行ペースによっては、水生池歩道入口から下り御幸歩道を通る時間短縮ルートをとる事があります。

食事:朝○ 昼○ 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝3/昼3/夜3
  • 現地集合解散(三島駅集合/伊東駅解散)となります。現地までの交通機関はご自身でお手配ください。

ご案内とご注意

気候・服装 トレッキング中は標高が上がるにつれ気温が下がります。また、晴天率の高い季節ですが、強い西風が吹く日があります。フリースやウィンドブレーカー、インナーダウン等の十分な防寒着をお持ちください。降雨もありますので、上下セパレート式の雨具をお持ちください。靴は防水の効いたトレッキングシューズや軽登山靴が最適です。
利用予定ホテル

日程をご覧ください。

トレッキングついて 特別な登山技術は不要ですがアップダウンのあるトレイルが続きますので、普段から長距離を歩くことができる体力が必要です。
食事について 1日目の昼食は集合までに各自でお弁当などをご用意ください。2日目以降の昼食は簡単なおにぎり弁当を用意いたします。各自行動食もお持ちください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。