ツアーのポイント

ポイント 春のベストシーズンに九州の大自然を撮る

20万本のつつじが織り成す、絨毯を敷き詰めたかのような絶景が見られる御船山楽園をはじめ、阿蘇では菊池渓谷や鍋ヶ滝、高千穂では真名井の滝など名瀑をめぐり、心地よい春の季節に九州の大自然を撮影する、ゴールデンウィーク限定のコースです。

ポイント夕刻の美しい時間帯を狙って2つの棚田で撮影

大小283枚の田んぼが幾重にも連なる佐賀県の浜野浦棚田と、棚田百選の中でも一際美しい棚田との呼び声も高い長崎県の土谷棚田を、それぞれ夕刻に訪問。田植えの時期に水田が夕陽に照らされて輝き出す様子を狙って撮影します。

ポイント 唐津、阿蘇でそれぞれ2連泊し、じっくり撮影を楽しむ

唐津では日本三大松原の一つ「虹の松原」に隣接し、玄界灘を望むホテル&リゾーツ佐賀唐津に、また阿蘇では根子岳や高岳を望める展望温泉を備える阿蘇の司ビラパークホテルにそれぞれ2連泊。じっくり撮影を楽しむことができます。

ロビー
大浴場
客室の一例
※写真はすべて「ホテル&リゾーツ佐賀唐津」

PROFILE 同行ガイド 上鶴篤史(かみづる・あつし)

日本登山ガイド協会認定ガイドおよび写真講師。国内外の山や自然を案内し、自然の豊かさや美しさを伝える。日本三百名山完登、アコンカグアやデナリ遠征など、豊富なキャリアを活かし登山・写真撮影に関する講習・ワークショップ多数。西遊旅行の添乗員としても活躍中。
>> 上鶴篤史さんブログ「美しき日本の旅」はこちら

COLUMN 九州が誇る美しい大自然を撮る

【1】 浜野浦棚田

佐賀県東松浦郡玄海町の一角、小さな入り江に面した浜野浦地区にある棚田で、海岸から駆け上がる階段のように斜面を幾重にも連なっています。

夕刻の浜野浦棚田
【2】 土谷棚田

長崎県松浦市福島町にある約400枚の棚田。海岸まで延び、海と合わさり1つの鏡となり、夕陽が沈む時刻には幻想的な風景を見せます。

400枚の水田が夕陽に照らされる土谷棚田

【3】 御船山楽園

「久留米」「平戸」など約20万本の色とりどりのつつじで織られた絨毯を敷き詰めたような絶景をご覧いただけるほか、推定樹齢170年の大藤も見どころです。

御船山楽園のつつじ
【4】 武雄の大楠

樹齢3000年以上、幹回り20mにもなる武雄市内最古の神社、武雄神社の神木。広さおよそ12畳の内部には、天神が祀られています。

武雄の大楠

【5】 川古の大楠

武雄の大楠と並び樹齢3000年以上、幹回り21mの巨木。国の天然記念物に指定されており、本幹は空洞化し、稲荷の石碑が祀られています。

川古の大楠
【6】 菊池渓谷

熊本県菊池市に位置する天然生広葉樹で覆われた、大小さまざまな瀬と渕、滝がある渓谷。変化に富む渓流と美しい森林が織り成す景色をお楽しみください。

菊池渓谷の様々な表情を切り取る

【7】 鍋ヶ滝

熊本県阿蘇郡小国町にある滝で、落差は10mと小規模ながらも滝を裏側から眺めることができるという珍しい特徴があります。


「裏見の滝」とも呼ばれる鍋ヶ滝
【8】 阿蘇山中岳火口

阿蘇五岳の中で、現在も活発な活動を続けている中岳。2020年9月1日より阿蘇中岳火口の見学が再開されました。大観峰、草千里ヶ浜、米塚など、阿蘇の大自然をご堪能ください。

噴煙を上げる阿蘇中岳火口

【9】 真名井の滝

断崖がそそり立つ峡谷、高千穂峡にある日本の滝百選にも選ばれた名瀑。約17mの高さから水面に落ちる様は高千穂峡を象徴する風景です。

高千穂峡 真名井の滝
【10】 通潤橋

布田保之助によって造られた日本最大のアーチ式水道橋。一昼夜で15,000平方メートルの水を送り、水田を潤す力を備えています。

日本最大のアーチ式水道橋 通潤橋

出発日と料金

2021年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
05月04日(火) ~
05月08日(土)ゴールデンウィークコース
5日間 188,000円
発着地 現地発着(博多駅集合/熊本空港、熊本駅解散) 最少催行人員 6名(10名様限定)・添乗員同行
一人部屋追加代金 25,000円
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問等はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • 現地集合解散となります。現地までの交通機関はご自身でお手配ください。

    [東京・大阪からの参考フライト]※航空券手配をご希望の方はご相談ください。

    【東京方面】
    往路:JAL313 羽田 10:05発 - 福岡 12:00着
       福岡空港駅 12:35発(福岡地下鉄空港線) - 博多駅 12:41着
    復路:JAL634 熊本 17:20発 - 羽田 19:00着

    【大阪方面】
    往路(新幹線):新大阪駅 10:02発(のぞみ11号・博多行き) - 博多駅 12:30着
    往路(航空機):ANA3155 伊丹 10:25発 - 福岡 11:40着
            福岡空港駅 12:07発(福岡地下鉄空港線) - 博多駅 12:13着
    復路(新幹線):熊本駅 17:34発(みずほ610号・新大阪行き) - 新大阪駅 20:39着
    復路(航空機):ANA526  熊本 17:25発 - 伊丹 18:30着



ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール
1

博多駅
呼子
唐津
(浜野浦棚田)

13:00発


夕方着

博多駅にて集合し、専用車にて唐津へ。道中、七ツ釜を撮影します。呼子での夕食は名物のイカ料理をご賞味ください。早めの夕食後、夕刻の浜野浦棚田の撮影に向かいます。
※日本三大松原の一つ虹の松原に隣接し、玄界灘を望むホテル&リゾーツ佐賀唐津に2連泊します。

唐津:ホテル&リゾーツ佐賀唐津泊
|食事:朝× 昼× 夜○
2

唐津
(御船山楽園)
(武雄神社)
(土谷棚田)

専用車にて御船山楽園へ。20万本のつつじが織り成す絨毯を敷き詰めたかのような絶景の撮影を楽しみます。また、樹齢3,000年の武雄の大楠がある武雄神社や国の天然記念物に指定されている川古の大楠を訪問。夕方頃、土谷棚田の撮影。約400枚の水田が夕陽に照らされ輝き出す瞬間を狙います。

唐津:ホテル&リゾーツ佐賀唐津泊
|食事:朝× 昼× 夜○
3

唐津
菊池渓谷
鍋ヶ滝
阿蘇

午前発


午後着

専用車にて、唐津から阿蘇へ向かいます。着後、菊池渓谷にて連続する様々な滝や苔むした渓谷をじっくり撮影します。また、カーテンのように幅広く落ちる鍋ヶ滝にも立ち寄ります。天候が良ければ夕刻の阿蘇外輪山での景観を撮影します。
※阿蘇の根子岳や高岳を望める展望温泉を備える阿蘇の司ビラパークホテルに2連泊します。

阿蘇:阿蘇の司ビラパークホテル泊
|食事:朝○ 昼× 夜○
4

阿蘇
(大観峰)
(中岳火口)
(草千里ヶ浜)
(米塚)

早朝、専用車にて大観峰展望台へ。日の出とともに浮かび上がる周囲の山々の景色をご覧ください。ホテルに戻り朝食後、阿蘇山公園道路を通り、音とともに噴煙を上げる中岳火口、大草原が広がる草千里ヶ浜、約3300年前の噴火で形成されたといわれる米塚など、阿蘇の大自然の撮影を楽しみます。
※火口周辺の自主規制、又は噴火警戒レベルが2以上となった場合、阿蘇山公園道路は立入規制となり、中岳火口見学は中止となります。

阿蘇:阿蘇の司ビラパークホテル泊
|食事:朝○ 昼× 夜○
5

阿蘇
高千穂峡
通潤橋
熊本空港
熊本駅

午前発


16:00着
17:00着

専用車にて阿蘇から高森峠を越えて、天孫降臨の地高千穂へ。神々の里、高千穂峡では名瀑・真名井の滝などを撮影します。また、国見ヶ丘展望台や日本最大のアーチ式水道橋、通潤橋にも立ち寄ります。その後、飛行機利用の方は熊本空港(16:00頃)、鉄道の方はJR熊本駅(17:00頃)にて解散。

食事:朝○ 昼× 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝3/昼0/夜4

ご案内とご注意

気候・服装

5月上旬の九州北部の平均気温は最高20℃前後、最低13℃前後で過ごしやすく、日中は長袖1枚で過ごすことができますが、海岸線や阿蘇では早朝や夕方冷え込むことがあるので、フリースなどの上着もお持ちください。

利用予定ホテル 日程をご覧ください。
荷物について 撮影に不要な荷物は車やホテルに置いておくことができます。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。