ツアーのポイント

ポイント九州本土の名峰6座に登頂。高千穂や桜島も訪れる

九州が誇る5つの百名山と二百名山の高千穂峰に登ります。大分の紅葉の名峰・九重連山ではたっぷり1泊2日の登山。どっしり九州の中心に聳える阿蘇山では阿蘇5岳の内の2座を縦走、大分との県境にある宮崎県最高峰の祖母山には名所・高千穂峡を訪問後に登ります。鹿児島の霧島連山では麓の宿に2連泊し、高千穂峰と最高峰の韓国岳、火山湖の大浪池を巡ります。薩摩半島最南端、薩摩富士と称される開聞岳登頂後、最後に桜島を眺めて旅を締めくくります。

ポイント九州4県を縦断。温泉、料理も楽しむ

旅の楽しみは登山だけではありません。九重山・法華院温泉山荘は九州最高所の温泉が楽しめる秘湯の山小屋です。阿蘇から桜島までは快適な温泉地で1日の終わりと始まりを名湯に浸かりお過ごしください。「火山国」九州を縦断し、火山が生み出す雄大な山々の景色を眺めつつ温泉を巡る旅、もちろん各地での心のこもった九州郷土料理も存分にお楽しみください。

COLUMN九州の名峰6座を登頂

■九重山(くじゅうさん) 1,791m

九重山または九重連山(くじゅうれんざん)は、大分県玖珠郡九重町から竹田市久住町北部にかけて広がる火山群の総称です。10数個の火山体が東西13km、南北10kmの範囲に集まっていて、最高峰は九州本土最高峰でもある中岳 (1,791m) 。一帯は阿蘇くじゅう国立公園に指定されています。名前の由来は800年頃、この地に九重山白水寺と久住山猪鹿寺の2つの寺院が開かれたことにさかのぼります。現在では、火山群や周辺地域全体を指す場合に「九重山」や「九重連山」を用い、その主峰である単独の山を指す場合に「久住山」を用いるのが一般的です。混乱を避けるため、国立公園名は「阿蘇くじゅう国立公園」となっています。

九重山、北千里ヶ浜にて
九重方面から見渡す阿蘇五岳
■ 阿蘇山(あそさん) 1,592m

九州中央部、「火の国」熊本県のシンボル的な火山。南北約25km、東西約18km、周囲約128kmに及ぶカルデラを伴う複成火山であり活火山で、世界最大級の火山と言えます。高岳、中岳、根子岳、烏帽子岳、杵島岳が阿蘇五岳と呼ばれていて最高峰は高岳(1,592m)です。一帯は巨大噴火の歴史と生きた火口を体感できる「阿蘇ジオパーク」として日本ジオパーク、世界ジオパークにも認定されています。

噴煙上がる中岳火口と、奥に最高峰の高岳
■ 祖母山(そぼさん) 1,756m

大分県と宮崎県の県境にある宮崎県の最高峰です。祖母連山の主峰で、山腹では熊本県、大分県及び宮崎県の3県にまたがり、一帯が「祖母傾国定公園」に指定されています。祖母山自体の成因は隆起ですが、その元となる山地が火山活動によって形成されたため、巨大な花崗岩が随所に見られ、低山部では渓谷、中高山部では断崖が多い地形が広がります。その名の由来は、山頂に祀られている豊玉姫が、初代天皇・神武天皇の祖母にあたるところから来ています。

祖母山全景
■ 霧島山(きりしまやま)
・韓国岳(からくにだけ・1,700m)
・高千穂峰(たかちほのみね・1,574m)

宮崎県と鹿児島県の県境付近に広がる火山群の総称で、霧島連山、霧島連峰、霧島山地あるいは霧島火山群とも呼ばれます。最高峰の韓国岳(1,700m)や大浪池の北西部と、新燃岳や霊峰・高千穂峰(1,574m)の南東部に分けられ、その間や周辺に山々が連なって山塊を形成しています。霧島山という固有の山はなく、個々の山岳はそれぞれ個別の名称で呼ばれます。中心部は霧島錦江湾国立公園(霧島地域)に指定されています。

韓国岳山頂から望む大浪池
■ 開聞岳(かいもんだけ) 924m

鹿児島県は薩摩半島の南端、指宿市に位置する火山で山麓の北東半分は陸地に、南西半分は海に面しており、見事な円錐形の山容から、別名「薩摩富士」とも呼ばれる指宿のシンボルです。噴火で形成された下部の成層火山の上にマグマが盛り上がった二重火山です。大隅半島と薩摩半島によって錦江湾(鹿児島湾)が形成されていますが、その薩摩半島の最南端にあるため、海上交通における大事な目印とされ、海門にあることから、かいもんだけ、と名付けられました。


開聞岳山頂より吹上浜の海岸

COLUMN 春から初夏へ。花咲く爽やかなシーズン

その時期の花が咲くシーズンで設定。4月下旬~5月上旬の九重連山ではシャクナゲ、祖母山のミツバツツジ、アケボノツツジはこのシーズンです。5月中旬からは阿蘇の仙酔峡付近でミヤマキリシマが咲き始め、6月に高岳付近がピンク色に染まるまで長く楽しめます。九重連山では、5月に入るとムシカリやガマズミなどが咲きはじめ、5月下旬から6月にかけて、ミヤマキリシマが楽しめます。その他、時季によってミヤマザクラ、コケモモ、ショウジョウバカマ、イワカガミ、マイヅルソウなどを見ることができます。

山肌を染める阿蘇のミヤマキリシマ(5/28発コース)
ミヤマキリシマと遠くに見える九重連山(5/28発コース)

シャクナゲ(4/24発、5/2発コース)
ガマズミ
ハルリンドウ
タンナサワフタギ
フデリンドウ
ミツバツツジ(4/24発、5/2発コース)
ショウジョウバカマ
ムシカリ
アケボノツツジ(4/24発、5/2発コース)

出発日と料金

2021年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
04月24日(土)~05月01日(土)
ゴールデンウィークコース
シャクナゲ、アケボノツツジのシーズン
8日間 258,000円
05月02日(日)~05月09日(日)
ゴールデンウィークコース
シャクナゲ、アケボノツツジのシーズン
8日間 268,000円
05月28日(金)~06月04日(金)
ミヤマキリシマのシーズン
8日間 258,000円
発着地 現地発着(大分空港集合/鹿児島空港解散) 最少催行人員 6名(12名様限定)・添乗員同行
一人部屋追加代金 40,000円
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • 現地集合解散となります。現地までの交通機関はご自身でお手配ください。
    [東京・大阪からの参考アクセス]※航空券手配をご希望の方はご相談ください。

    【東京方面】
    往路:JAL661 羽田 08:00発 - 大分 09:35着
       又は ANA791 羽田 07:45発 - 大分 09:20着
    復路:JAL648 鹿児島 14:35発 - 羽田 16:20着
       又は ANA626鹿児島 14:50発 - 羽田 16:35着

    【大阪方面】
    往路:JAL2361 伊丹 08:00発 - 大分 08:55着
       又は ANA3141 伊丹 07:30発 - 大分 08:30着
    復路:JAL2410 鹿児島 14:35発 - 伊丹 15:45着
       又は ANA548 鹿児島 13:50発 - 伊丹 15:10着

コース難易度

体力 1日の歩行時間は最大で6時間程です。普段から山歩きに慣れている事がご参加の条件です。
宿泊 法華院温泉山荘では男女別2~4名様程で1部屋を使用いたします。ご夫婦、ご友人などの場合はご参加人数により可能な場合、考慮いたしますが、お1人部屋はお取り出来ません。ホテルのお部屋は2名様1室が基本となります。
荷物 登山に不要な荷物は専用車内に置いておくことができます。バスでの移動となりますので、大型のスーツケースなどでもご参加いただけます。九重登山の際は1泊2日分の荷物をご自身のザックに入れてお持ちいただきます。

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール 地図を見る
1

大分空港
大曲
すがもり越
三俣山
法華院温泉山荘

10:00発
12:00発


16:30着

大分空港集合後、専用車にてやまなみハイウェイを通り、九重連山の登山口となる大曲(おおまがり・1300m)へ。
●九重連山トレッキング(約4時間)
すがもり越を越えて、三俣山(みまたやま・1,745m)を登ります。その後、九州最高所の温泉でもある法華院温泉山荘(1,303m)へ。

法華院温泉山荘泊|食事:朝× 昼× 夜○
2

法華院温泉
中岳
久住山
牧ノ戸峠
阿蘇

07:30発


14:30着
16:00着

●九重山登山(約6時間)
法華院温泉から北千里ヶ浜~久住分かれを経由し、九重山最高峰の中岳(1,791m)を登頂します。久住山の分岐まで下山し、久住山(1,787m)山頂へ。沓掛山を経由し、牧ノ戸峠(1,330m)へ下山。専用車で熊本に入り、阿蘇山の麓のホテルへ。

阿蘇:阿蘇の司ビラパークホテル泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
3

阿蘇
仙酔峡駐車場
高岳
中岳
砂千里ヶ浜
阿蘇山上駐車場
高千穂峡
高千穂町

08:00発
08:30着



13:30着
15:00着
16:00着

●阿蘇山登山(約4時間)
専用車で登山口の仙酔峡駐車場(900m)へ。仙酔尾根の急登を行き、最高峰の高岳(1,592m)と中岳(1,506m)を縦走。砂千里ヶ浜を経由し、阿蘇山上駐車場(1,025m)に下山します。
※火山ガスによる立ち入り規制の場合には、阿蘇山上駐車場往復ルートに変更、または阿蘇五岳の別の1座、根子岳(1,433m)登山に変更します。

専用車で宮崎県の高千穂町へ。高千穂随一の景勝地、高千穂峡を見学します。

高千穂町:グレイトフル高千穂泊|食事:朝○ 昼× 夜○
4

高千穂町
北谷登山口
祖母山
北谷登山口
霧島温泉

07:30発
08:30発

15:30着
18:00着

●祖母山登山(約6時間)
専用車で北谷登山口(1,212m)へ。ブナ林から尾根に出ると、阿蘇山や九重連山を望むことができます。宮崎県と大分県、熊本県にまたがる三県境を経由し、祖母山(1,756m)へ。来た道を下山し、専用車で高速道路を走り、鹿児島の霧島温泉ヘ。

霧島温泉:霧島観光ホテル泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
5

霧島温泉
高千穂河原ビジターセンター
高千穂峰
高千穂河原ビジターセンター
霧島温泉

08:00発
08:30着


14:00着

14:30着

●霧島山・高千穂峰登山(約4時間半)
専用車で登山口の高千穂河原ビジターセンター(970m)へ。天孫降臨の際にニニギノミコトが天逆鉾を突き立てたと言われる伝説の山・高千穂峰(1,573m)に登ります。山頂からは霧島山最高峰の韓国岳(からくにだけ)が望めます。来た道を下山し、専用車で連泊の霧島温泉へ。温泉浴などでごゆっくりおくつろぎください。

霧島温泉:霧島観光ホテル泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
6

霧島温泉
えびの高原
韓国岳
韓国岳避難小屋
大浪池
大浪池登山口
指宿温泉

08:00発
08:30着



14:00着
17:00着

●霧島山・韓国岳登山(約4時間半)
専用車でえびの高原(1,200m)へ。樹林帯を歩き5合目から展望が広がり、霧島山最高峰の韓国岳(1,700m)山頂へ。高千穂峰と噴煙たなびく新燃岳が望めます。避難小屋方面へ下り、標高日本一の火口湖である大浪池へ。火口の縁(1,411m)まで登ると、水をたたえた大浪池を望むことができます。大浪池登山口(1,070m)へ下山し、専用車で高速道路を走り、指宿温泉へ。

指宿温泉:指宿こころの宿泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
7

指宿温泉
登山口
開聞岳
登山口
鹿児島港
桜島

08:00発
09:00発

15:00着

17:00着

●開聞岳登山(約5時間)
専用車で登山口のかいもん山麓ふれあい公園(180m)へ。円錐形の美しい開聞岳(924m)は「薩摩富士」と称されます。樹林帯の合間から種子島や屋久島を望みつつ、徐々に岩場の急登となり山頂へ。展望を楽しんで来た道を下山。専用車とフェリーにて鹿児島のシンボル・桜島のホテルへ。

桜島:レインボー桜島泊|食事:朝○ 昼× 夜○
8

桜島
桜島ビジターセンター
鹿児島空港

08:45発
09:00着
13:00着

●桜島ハイキング(約1.5時間)
専用車で桜島ビジターセンターへ。「溶岩なぎさ遊歩道」のハイキングをお楽しみいただきます。その後、専用車で桜島を眺めながら、鹿児島空港へ。到着後、解散。

食事:朝○ 昼× 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝7/昼4/夕7

ご案内とご注意

気候・服装 登山中は天気が良ければ、長袖で過ごすことができますが、悪天時や強風が吹くと体感気温は下がります。九重連山・久住山(標高1787m)の5月の平均気温は、11.5度(最高14度、最低9度)です。厚手のフリースや薄手のダウンジャケット等の防寒着をお持ちください。また、悪天時や強風に備え、上下セパレート式の雨具をお持ち下さい。登山時の靴は防水の効いたトレッキングシューズや軽登山靴が最適です。
利用予定ホテル

日程をご覧ください。

お食事について 毎日の昼食はお弁当となり、おにぎり2個など簡素なものが基本となります。ご自身でも行動食などをご用意ください。また、3日目と7日目の昼食は付いておりませんので添乗員より現地にて購入場所をご案内いたします。1日目の昼食は事前にご用意いただくか、大分空港にてお買い求めください。
その他のご注意

花の時期はその年の気候により多少ずれることがあります。また、写真の花々は必ずしも観察できるとは限りません。予めご了承下さい。

旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。