ツアーのポイント

ポイント 「豊の国」大分へ

大分県は古くから豊の国と呼ばれており、豊かな自然、豊かな食べ物に恵まれた地域です。何万年もの年月をかけた溶岩台地の浸食が奇岩を形成した耶馬渓や、標高1,000mに高原が続く九州屈指のドライブルートであるくじゅう。そして周防灘に浮かぶ火山活動の名残・姫島などの大自然のほか、海外に向けて開いた貿易港・臼杵や、1300年の歴史がある富貴寺を始め、日本仏教初期の文化が残る国東半島など、大地と自然、文化の豊かさに溢れた大分の魅力を再発見します。

COLUMN 伝承の宝庫 豊後の地へ
禅海和尚と源為朝ゆかりの景勝地を訪問

小説「恩讐の彼方へ」で知られる青の洞門が、禅海和尚の手彫りであるという事はいうまでもなく実話です。洞門には、現在でも深く打ち込んだノミの跡が残っています。キリシタン大名・大友宗麟が攻め行ったときに仏力によりそれを跳ね返した名刹・羅漢寺は、奇怪な表情が立ち並ぶ五百羅漢像で有名です。樹木鬱蒼とした山頂まで登り、天然の要害として知られた耶馬渓の威容を展望します。また、源平最強の武者として豊後を中心に活躍した源為朝ゆかりの地である塚原温泉や森八幡社も訪れます。

禅海和尚のノミとタガネ
羅漢寺
五百羅漢
源為朝が創建した森八幡社

COLUMN 伝説に彩られた火山島 姫島

キツネ踊りで有名な姫島は、国東半島の北5km、周防灘に浮かぶ離島です。火山活動が生み出した独特の地形や地質は日本ジオパークにも認定されており、全国的にも貴重な乳白色の露天黒曜石の断崖が120mも続く観音崎を訪れます。伝説の島ともいわれ、お姫様にまつわる数々の言い伝えがあります。日本書紀によると、現在の朝鮮半島南部にあった意富加羅国から日本に渡り、摂津及び姫島に至った比売語曽(ひめこそ)といわれており、姫島七不思議として語り継がれています。

姫島フェリー
観音崎

COLUMN 鬼会の里 くにさき

ヤマトタケルの父・景行天皇が、熊襲征伐のために周防灘を渡った時に見つけた国東半島は、遠く大和からやってきた人々にとってはまさに「最果ての地」「異界との境界」でした。幾重にも連なる山塊には、霧や瘴気がたちこめ、どこか不気味で、「鬼」でも出そうな雰囲気を醸し出しています。「くにさき」には、腕力で大岩を割り、割った石を積んで一夜で石段を造ったという言い伝えなど、鬼にまつわる伝説が多く残され、円形の半島に放射線状に広がる岩峰にはぽっかりとあいた洞穴があり、そこは恐ろしい鬼が棲む異界「大魔所」であったとされています。

熊野摩崖仏
「大魔所」と呼ばれた夷地域の岩峰

COLUMN 豊穣の海 豊後水道の恵みを食す

愛媛と大分との間を流れる豊後水道に面した地域は、リアス式海岸でプランクトンの宝庫。脂がのった関アジや関サバなど、絶品の魚が育ちます。魚が豊富な土地柄、切り身を味付けした「りゅうきゅう丼」や、頭や骨、内臓も利用する「頭料理」など、独特な魚料理も多く舌を唸らせます。姫島では、特産の姫島車海老のしゃぶしゃぶもご賞味ください。

頭料理
姫島車海老のしゃぶしゃぶ

出発日と料金

2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
09月14日(月) ~
09月19日(土)
6日間 238,000円
11月09日(月) ~
11月14日(土)大友康一(大阪支社)同行・紅葉が美しい季節
6日間 248,000円
発着地 現地発着 (大分空港集合/解散) 最少催行人員 5名(8名様限定)・添乗員同行
一人部屋追加代金 10,000円(姫島泊除く)
  • 国内旅行企画のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問等はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • 現地集合解散となります。現地までの交通機関はご自身でお手配ください。
    [東京からの参考フライト] 航空券手配をご希望の方はご相談ください。
    【往路】JAL661 羽田 08:00発 ‒ 大分 09:35着
    【復路】JAL672 大分 17:10発 ‒ 羽田 18:45着


ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール
1 大分空港
大分市内
10:00発
12:00着
10時に大分空港集合。専用車にて大分市内へ。着後、南蛮大名大友宗麟の立像と、巨人・百合若大臣にまつわる史跡(大臣塚萬寿寺菰が池)を訪れます。また、豊後国一宮として知られる柞原八幡宮では樹齢3000年の大楠もご覧頂きます。
※昼食は関アジのみを使った名物のりゅうきゅう丼とクロメ汁をお召し上がりください。
大分市:ホテルルートイン大分駅前又は同等クラス泊
|食事:朝× 昼○ 夜○
2 大分市内
臼杵
竹田
09:00発

14:00着
午前中、専用車にて南蛮文化薫る臼杵へ。大友宗麟の下ポルトガルやスペインと交易した歴史を持つ城下町を散策します。国宝で表情豊かな臼杵石仏もご覧頂きます。その後、竹田へ。着後、キリシタン洞窟洗礼堂や、大蛇伝説の伝わる穴森神社、鎮西八郎として有名な源為朝が建立したと伝えられる森八幡社も訪れます。
※夕食では内陸・竹田地区の名物である頭料理をご賞味いただきます。
竹田:御宿 割烹一竹泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
3 竹田
阿蘇くじゅう国立公園
塚原温泉
宇佐
08:30発


17:00着
朝、日本百名城のひとつ岡城と、日本の滝100選の豪快な原尻の滝を見学します。その後、絶景が続く阿蘇くじゅう国立公園を抜けて宇佐へ。途中、長さ390mの日本一の吊り橋くじゅう夢大吊橋にて迫力満点のパノラマをご覧頂きます。また、源為朝が発見した塚原温泉火口乃泉にも立ち寄り、現在も噴煙を上げる火口をご覧いただきます(往復徒歩約20分)。別府すべての温泉源になっているといわれる塚原温泉の日帰り入浴もお楽しみください。
宇佐:宇佐ホテルリバーサイド又は同等クラス泊
|食事:朝○ 昼○ 夜○
4 宇佐
(耶馬渓)
終日、日帰りで耶馬渓観光。リフトにて日本三大五百羅漢のひとつ、羅漢寺を見学。奇景・競秀峰も遠望します。小説・恩讐の彼方で有名な青の洞門では禅海和尚が約30年かけて手彫りしたというトンネルを見学します。禅海堂では和尚が使ったという鑿や鎚などの遺品なども見ることができます。また、鬼のミイラが伝わる十宝山大乗院にも訪れます。
※11月は深耶馬渓の中心地である一目八景から周囲の岩峰群と錦もみじの美しい紅葉が一望できます。 
宇佐:宇佐ホテルリバーサイド又は同等クラス泊
|食事:朝○ 昼○ 夜○
5 宇佐
国東半島
姫島
09:00発

16:00着
朝、33の寺院が集まる霊験あらたかな国東半島へ。九州最古の木造建築として国宝に指定される富貴寺や、鬼が一夜で築いたといわれる百段の石段を登って訪れる熊野磨崖仏、豪壮な9体の仏像が往時の栄華を伝える真木大堂、鬼が異界からくにさきへ舟で渡る壁画が残る鬼塚古墳を訪れます。また天念寺にある鬼などくにさきの風習に関する資料館も見学します。その後、国東半島の東の離島、伊予灘と周防灘を分ける姫島へバスと別れてフェリーで渡ります。着後、徒歩で宿へ。
※夕食は姫島車海老のしゃぶしゃぶや特産の鯛を使ったたいめんをご賞味いただきます。
姫島泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
6 姫島
大分空港
13:00発
15:00着
朝、火山活動が生み出した地形が体感できる島随一の景勝地である観音崎や、不思議な拍子水阿弥陀牡蠣浮田など古事記にも女島として登場する歴史ある島に古くから伝わる七不思議の地を巡ります。午後、フェリーで国東半島に戻り、専用車にて大分空港へ。着後、解散。
食事:朝○ 昼○ 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝5/昼6/夜5

ご案内とご注意

気候・服装 9月の最高気温は30℃前後となります。11月の最高気温は15~20℃です。ジャンパーなど上着をご準備ください。また雨具もご用意ください。観光時は歩きなれた運動靴が便利です。
利用予定ホテル 姫島:八千代旅館、だるま旅館、村さ来、安西旅館
宿泊について 姫島では参加人数によっては分宿となり、朝食はそれぞれの民宿でお取りいただく場合もあります。姫島での御一人部屋の確保は難しいですが、最終的なご参加の人数や空室状況によってはお一人部屋が確保できることもありますので、その場合は有料にてお申込み順でご案内致します。
観光・見学地について 各地の神社仏閣での拝観・参拝、見学については、新型コロナウイルスの状況等により左右されますので、場合によってはご案内できないこともございます。また、禅海堂や十宝山大乗院内部では写真撮影が禁止されている場所もございます。予めご了承ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。