ツアーのポイント

ポイント 日本建国神話の始まり、「天孫降臨」の2大有力候補地とされる、高千穂町と高千穂峰を訪問

天照大神(アマテラスオオミカミ)の孫、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が神々の住む高天原から地上(日本列島)に降り立った日本建国神話のはじまり「天孫降臨」。その2大有力候補地とされる、宮崎県の高千穂町、そして宮崎と鹿児島にまたがる霧島山脈の高千穂峰、二つの高千穂を訪れます。

ポイント 熊本、宮崎、鹿児島の日本神話ゆかりの地もあわせて訪問

アマテラスオオミカミの天岩戸隠れ神話ゆかりの天岩戸隠神社、国産み神話のイザナギ、イザナミを祭神とする上色見熊野座神社、ヤマサチヒコの神話を伝える洞窟の中に鎮まる鵜戸神宮など大自然と一体化した熊本、宮崎、鹿児島の日本神話ゆかりの地を訪問します。

ポイント 神話の舞台と大自然をじっくり体感するための7名様限定企画

霧島山脈の高千穂峰山頂へのハイキングをはじめ、各地の大自然に佇む日本神話の舞台をじっくり体感していただけるよう7名様限定の企画です。


COLUMN 天孫降臨 ~日本建国神話の始まり~

古事記・日本書紀に記された「天孫降臨」とは、天照大神(アマテラスオオミカミ)の孫にあたる瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が、神々の住む高天原から地上(日本列島)に降り立ったことを指します。この降臨の際にアマテラスオオミカミがニニギノミコトに授けたものこそ三種の神器と名高い八咫の鏡、天叢雲剣、八尺瓊勾玉であり、「天孫降臨」は日本の建国神話とその歴史の始まりとされています。天孫降臨の地がどこであったかは諸説あり、現在の宮崎県の「高千穂町」と宮崎と鹿児島にまたがる霧島山脈の「高千穂峰の山頂」が2大有力候補地とされています。ツアーでは日本の建国神話とその歴史が始まったとされるこの二つの高千穂を訪問します。

高千穂神社
ニニギノミコトが降臨の際に突き立てたと言われる天逆鉾(高千穂峰山頂)

COLUMN 天照大神(アマテラスオオミカミ)の天岩戸隠れ

天照大神(アマテラスオオミカミ)は弟の須佐之男命(スサノオノミコト)の乱暴狼藉に悲しみ、天岩戸に引き籠ってしまいました。太陽神であるアマテラスオオミカミが岩戸の中に引き籠ってしまったことで、世界は闇に覆われ、様々な厄災が発生しました。そこで八百万の神々が天安河原に集まり、対応を相談しました。踊りの神、天宇受賣命(アメノウズメ)が桶を伏せて踏み鳴らし、一心不乱に岩戸の前で踊りはじめると、その姿を見た八百万の神々は一斉に笑いはじめます。この大きな笑い声を聞いた天照大神は外の様子が気になり、岩戸を少し開きます。その後、神々は努力の末、なんとか無事アマテラスオオミカミを岩戸の外にだすことに成功しました。高千穂町ではこの天岩戸隠れ神話ゆかりの天岩戸隠神社、天安河原を訪れ、神話のを舞台をご体感いただきます。

天安河原

COLUMN 浦島太郎伝説のモデルになった
山幸彦(ヤマサチヒコ)の神話を伝える鵜戸神宮

山の猟が得意な神、山幸彦(ヤマサチヒコ)は無くしてしまった兄の釣り針を探し求め、海神の宮を訪れます。そこで海神の娘、豊玉姫命(トヨタマヒメ)と恋に落ち3年間海神の宮で暮らします。無事、釣り針を見つけたヤマサチヒコは身重になったトヨタマヒメと地上に帰ります。トヨタマヒメは地上で出産する際、姿を決して見ないようにといいますが、好奇心にかられたヤマサチヒコは禁を破ってしまいます。悲しんだトヨタマヒメは子を残し海に去っていってしまいます。この山幸彦神話の舞台となったのが現在の宮崎県、日南市の鵜戸神宮が鎮座している洞窟といわれています。山幸彦神話は後年、浦島太郎伝説をはじめとした神婚説話のモデルになったとも言われています。

鵜戸神宮

出発日と料金

2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
08月23日(日) ~
08月27日(木)
ご好評につき追加設定
5日間 168,000円
09月18日(金) ~
09月22日(火)
シルバーウィークコース
5日間 178,000円
10月11日(日) ~
10月15日(木)
5日間 168,000円
発着地 現地発着(熊本空港集合/鹿児島空港解散) 最少催行人員 5名(7名様限定)・添乗員同行
一人部屋追加代金 2,000円(宮崎市のみ)
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問等はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • [東京からの参考フライト] 航空券手配をご希望の方はご相談ください。
    ANA641 羽田  08:15発 ‒ 熊本 10:00着
    ANA624 鹿児島 11:20発 ‒ 羽田 13:00着


ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール
1 熊本空港
高千穂町
11:00発
18:00着
午前11:00熊本空港集合。専用車にて国産み神話の伊邪那岐(イザナギ)、伊邪那美(イザナミ)に加えて阿蘇大明神の化身を祭神とする上色見熊野座神社へ。神の領域と例えられる森とコケの深い緑に覆われた参道をご体感ください。その後、日本神話の舞台、宮崎県の高千穂町へ。日本の棚田百選の一つ栃又棚田、天照大神(アマテラスオオミカミ)の天岩戸隠れの神話の舞台を巡ります(天岩戸隠神社、高天原の神々が協議したとされる天安河原など)。
高千穂町泊|食事:朝× 昼× 夜○
2 高千穂町
宮崎市

09:00発
18:00着

早朝、雲海の名所「国見ケ丘」へ。秋は雲海の出現率が高く、日の出と共に浮かび上がる周囲の山々と雲海の神秘的な景色が期待できます。その後、アマテラスオオミカミの孫、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の地上降臨ゆかりの高千穂神社槵觸(くしふる)神社二上神社向山神社を訪問。午後、高千穂随一の景勝地、高千穂峡へ。高天原の清水を神々が移したとされる真名井の滝(日本滝百選の一つ)を見学します。その後、専用車にて宮崎市へ。
宮崎市泊|食事:朝○ 昼× 夜○
3 宮崎市
日南市
霧島町

09:00発

17:00着

午前中、専用車にて日南市の山幸彦(ヤマサチヒコ)神話ゆかりの鵜戸神宮へ。太平洋に突き出した鵜戸崎岬の突端にある洞窟の中の御本殿を参拝します。その後、鹿児島県の霧島町へ。西の日光といわれる霧島神宮を訪問します。
霧島町泊|食事:朝○ 昼× 夜○
4 霧島町

 

●高千穂峰山頂(1,574m)へのハイキング(往復約4時間)
早朝、「天孫降臨」のもう一つの有力候補地、高千穂峰へ。降臨の際にニニギノミコトが天逆鉾(あまのさかほこ)を突き立てたと言われる、山頂を目指します。道中、霧島山脈の雄大な大自然の中に佇む旧霧島神宮址天孫降臨神籬斎場を見学。その後、霧島市の市内観光(桜島を一望できる城山展望台等)
※ハイキングに参加されない方は午前中、ホテルにて休養。午後の市内観光から合流となります。
霧島町泊|食事:朝○ 昼× 夜○
5 霧島町
鹿児島空港


10:00着

午前、専用車にて鹿児島空港へ。着後解散。
食事:朝× 昼× 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝3/昼0/夜4:機内食は除く

ご案内とご注意

気候・服装 9月は夏服、10月は合服が基本となります。神社をはじめ史跡見学が中心ですので、動きやすい服装でご参加ください。また、日程4日目の高千穂峰山頂までのハイキングは往復4時間、足場の悪いガレ場を歩きます底のしっかりとしたハイキングシューズをご準備ください。また、ハイキング中、風が吹くと更に体感気温は下がります。降雨もありますので上下分かれた雨具と防水性のある登山ウェアなどをご準備ください。
利用予定ホテル 下記をご覧ください。
■高千穂町:旅情苑やまざと、旅館 大和屋、ホテル四季見、花旅館、岩戸屋
■宮崎市:ホテル マリク、ホテル クレイン橘、ドーミーイン、リッチモンドホテル
■霧島町:霧島国際ホテル、霧島観光ホテル、霧島湯之谷山荘、ホテル霧島キャッスル
高千穂峰山頂へのハイキングについて 往復3~4時間のルートを歩くことができる体力が必要です。登山口から高千穂峰山頂まではガレ場を歩きます。
斜面が多く、滑りやすくなっていますのでハイキングシューズをご準備ください。
また、ハイキング中雨が降ることもありますので、上下セパレートのカッパや防水性のある登山ウェアを必ずご準備ください。
※ハイキングにご参加されない方は午前中はホテルにて休養、午後の市内観光から合流となります。
ホテルについて 2日目の宮崎市は以外の宿泊は相部屋となり、お一人部屋はお取りできません。ただし、最終的なご参加人数や空室状況によっては御一人部屋が確保できることもありますので、 その場合は有料にて、お申込み順でご案内いたします。また参加人数によっては二軒に分宿となり、夕食もそれぞれの旅館でお取りいただく場合もあります。
旅行代金に含まれていないお食事について 朝食、夕食は含まれております。含まれていない部分は現地にて実費でお支払いください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。