ツアーのポイント

ポイント 北東北の縄文遺跡を訪ねる

「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成遺産17箇所の内、4箇所を厳選。特別史跡に指定されている三内丸山遺跡と大湯環状列石、国宝の合掌土偶を所蔵する是川(これかわ)縄文館、鼻曲り土面も所蔵する御所野縄文博物館を併設した縄文の大規模集落・御所野(ごしょの)遺跡を見学します。

ポイント 岩手・秋田・青森三県の自然を満喫

豊かな縄文文化を育んだ北東北の自然のうち、三陸海岸、奥入瀬渓谷、八甲田ゴードラインを歩いて体感して頂きます。三陸海岸の種差海岸~蕪島を巡るみちのく潮風トレイルのコースは2時間半程度、奥入瀬渓谷は2時間半程度、八甲田ゴードラインは1時間程度の散策と軽めのハイキング。散策や観光には多めに時間を取り、健康な方であれば気軽に参加できる内容です。

ポイント 青森の貴重な史跡を見学

弥生時代の稲作の北限だった垂柳遺跡を見学。東北地方北部に弥生文化はなかったと言われていた中、水田跡の発見は考古学史を書き換えるほどの大発見でした。また、是川遺跡出土の合掌土偶以外にも櫛引八幡宮の二点の鎧を見学し、青森県内にある3つの国宝の全て見学します。

ポイント 町の中心に位置するホテルに宿泊

各地で町の中心に位置するホテルに宿泊。夕食は各自で地元の食を自由に味わうことが出来ます。八戸のダイワロイネットホテルは、有名な八戸横丁に近いので夜の散策にも最適です。3日目は巨大市場・八食センターで、5日目は青森魚菜センターやアウガ新鮮市場で買物をして、お部屋で食べる事も可能です。また湯瀬ホテルと青森センターホテルには、温泉施設が付属しています。

樹皮葺堅穴建物(三内丸山遺跡センター)
弥生時代の出土品(田舎館村埋蔵文化センター)

COLUMN 北東北の縄文遺跡

約1万年続いた縄文時代は、これまで未開で不安定な狩猟・採集生活を送っていたと考えられてきました。しかし近年の考古学的な発掘により、一部では集団で暮らし、世界最古の土器とも言わる縄文土器や土偶を作り、豊かで文化的な狩猟・採集生活が営まれていたと解釈が変わってきました。ツアーで訪れる4か所の縄文遺跡を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」は、世界遺産への登録を申請中で、2020年のユネスコ諮問機関による現地調査が実施され、2021年6~7月の世界遺産委員会で世界文化遺産への登録可否が審議される見通しです。

【御所野遺跡】
縄文時代中期後半の拠点集落跡で、800年間にわたって人々が定住した集落跡ですが、年月とともに集落から祭祀センターとしての色合いが強くなってゆきました。遺跡に隣接する御所野縄文博物館には、蒔前遺跡で出土した「鼻曲り土面」が展示されています。
【是川遺跡】
是川遺跡は、縄文時代晩期中心の中居遺跡、前期・中期の一王寺遺跡、中期の堀田遺跡の総称で呼ばれています。是川縄文館には、新井田川を挟んで是川遺跡の対岸にある八戸市風張遺跡から出土し、平成21年に国宝に指定された「合掌土偶」がされています。
【大湯環状列石】
縄文時代後期前葉から中葉の環状列石を中心とした遺跡で国指定の特別史跡。 環状列石の遺構とともに、土偶・動物形土製品、石棒等といった祭祀に使う道具が多く出土している他、太陽の運行や四季を意識して造られたことがわかっています。
【三内丸山遺跡】
国指定の特別史跡に登録された縄文時代前期から中期にかけての大規模な集落跡で、竪穴住居、土抗墓、掘立柱建物道路などが計画的に配置され、地域を代表する拠点集落だったと考えられてます。遺跡からは土器や石器のほかに、日本最多の2,000点を超える土偶や岩偶、また栽培が始まっていたことを物語る栽培植物の種子、さらにヒスイやコハク、黒曜石など他地域との間の交易や交流を示す遺物が出土しています。

COLUMN 三陸復興国立公園とみちのく潮風トレイル

「三陸復興国立公園」は、東日本大震災により被災した三陸地域の復興に貢献するために、2013年5月に創設された国立公園です。南北の延長は約250km、北部は「海のアルプス」とも称される豪壮な大断崖が続きます。ツアーでは、その代表的な景色・北山崎を見学します。 「みちのく潮風トレイル」は、青森県八戸市から福島県相馬市までの太平洋沿岸をつなぐ、長さ約1,000kmのロングトレイルです。その中でも、絶景の宝庫といわれる種差海岸~蕪島を巡るトレイルコースを歩きます。総距離は5km、所要時間は2時間半。なだらかな遊歩道が整っている一部を選んでいます。バスも併走しますので、疲れたらバスにご乗車ください。

種差(たねさし)天然芝生地
天然の芝生が広がる種差天然芝生地。かつては馬も放牧されていた広大な芝生地で、多くの文人墨客が愛した風景です。
葦毛崎(あしげざき)展望台
太平洋戦争末期には旧日本軍が軍事施設として使用し、現在は展望台として一般開放されています。360度のパノラマから種差海岸の風景を一望できます。
中須賀(なかすか)
岩礁の入り江に整備された遊歩道沿いは、「花の渚」とも呼ばれる種差海岸を代表する景観の一つ。海のそばながら、海浜植物と高山植物の両方が咲き誇り、その種類は600〜650種類におよぶほどです。すぐ脇の道は、東山魁夷の代表作「道」の題材になった景色です(現在は舗装されています)。
蕪島(かぶしま)
2月下旬~8月上旬にかけてウミネコが数多く飛来。国内で唯一、人が立ち入れる環境でウミネコの繁殖が間近に見られ、島全体が天然記念物に指定されています。蕪島に立つ蕪島神社は、2015年に焼失。2020年に再建されました。

COLUMN 北東北の自然

縄文人は、木の実や植物以外にも、貝、魚、肉など口にできるものは何でも食べていたと推測されています。大型のイルカ、クジラ、オットセイ、アシカ、サメ等の骨の痕跡も貝塚から見つかっています。実に豊かな食生活をおくることができたのは、四季の変化がはっきりし、世界に類のない多様性を持つ自然のおかげと考えられています。そんな縄文から続く、北東北の海と山の自然を、三陸海岸、奥入瀬渓谷、八甲田で五感で感じていただきます。

奥入瀬渓流
種差海岸


出発日と料金

2021年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
05月16日(日) ~
05月21日(金) 新緑の季節・二村忍同行
6日間 218,000円
06月13日(日) ~
06月18日(金) 高山植物の季節・二村忍同行
6日間 218,000円
発着地 現地発着(JR盛岡駅集合/青森空港・JR新青森駅解散) 最少催行人員 5名(10名様限定)・添乗員同行
一人部屋追加代金 25,000円
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問等はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • 現地集合解散となります。現地までの交通機関はご自身でお手配ください。
    [東京・大阪からの参考アクセス] ※航空券の手配も承ります。お気軽にお問合せください。
    【東京】
    往路(新幹線):東京駅 9:08発(はやぶさ11号・新青森行き)- 盛岡駅 11:20着
    復路(新幹線):新青森駅 13:16発(はやぶさ26号・東京行き)- 東京駅 16:32着
    【大阪】
    往路(航空機):ANA731 伊丹 8:00発 - 仙台 9:15着
           仙台空港駅(仙台空港アクセス線) 9:48発 - 仙台駅 10:17着 
    往路(新幹線):仙台駅 10:42発(はやぶさ11号・新青森行き)- 盛岡駅 11:20着      
    復路(航空機):ANA1854 青森 13:05発 - 伊丹 15:00着

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール
1

JR盛岡駅
北山崎
久慈

12:00発

17:00着

12:00にJR盛岡駅に集合。
その後、専用車にて久慈へ。途中、三陸復興国立公園内の景勝地・北山崎琥珀博物館に立ち寄ります。

久慈:久慈グランドホテル|食事:朝× 昼× 夜×
2

久慈
(みちのく潮風トレイル)
本八戸

08:30発

17:00着

専用車にて本八戸へ。途中、小袖海女センター、小舟渡海岸の階上灯台に立ち寄ります。午後、みちのく潮風トレイルのセクションハイクをお楽しみください。種差海岸~白浜海水浴場[1時間、2km]、大須賀海岸~葦毛崎展望台[30分、1km]、鮫角灯台~蕪島神社[1時間、2km]を、太平洋を望みながらゆっくりと歩きます。 蕪島神社着後、うみねこが舞う蕪島神社を参拝します。

本八戸:ダイワロイネットホテル 八戸泊
食事:朝○ 昼× 夜×
3

本八戸
(御所野遺跡)
(是川縄文館)
(櫛引八幡宮)

 

専用車にて、縄文時代中期後半の拠点集落跡である御所野遺跡へ。着後、重要文化財の「鼻曲り土面」が展示される御所野縄文博物館御所野縄文公園を見学。午後、国宝の合掌土偶を所蔵する是川縄文館へ。また、国宝二点の鎧を所有する櫛引八幡宮も参拝します。夕方、巨大市場・八食センターも訪問します。

本八戸:ダイワロイネットホテル 八戸泊
食事:朝○ 昼○ 夜×
4

本八戸
奥入瀬渓谷
湯瀬温泉

08:00発

16:30着

専用車にて、奥入瀬渓谷へ。着後、原生林に流れる美しい清流や滝の景色を楽しみながらの奥入瀬渓流ハイキングをお楽しみください(約2時間半)。 その後、専用車にて湯瀬温泉へ。途中、発荷峠十和田湖展望台大湯環状列石遺跡大湯ストーンサークル館に立ち寄ります。

湯瀬温泉:湯瀬ホテル泊|食事:朝○ 昼× 夜○
5

湯瀬温泉
弘前
青森

08:00発

17:00着

専用車にて、青森へ。途中、弘前城に立ち寄ります。 午後、専用車にて考古学の歴史を変えた弥生時代の水田跡・垂柳遺跡田舎館(いなかだて)村埋蔵文化センター、縄文時代前期~中期に栄えた大規模集落跡の三内丸山遺跡縄文時遊館を見学します。

青森:まちなか温泉青森センターホテル泊
食事:朝○ 昼× 夜×
6

青森
八甲田ロープウェイ
青森空港
新青森駅

08:00発

12:00着

午前中、八甲田ロープウェイにて、八甲田連峰を眺めながら山頂公園へ上り、八甲田ゴードラインの散策(約1時間)をお楽しみください。その後、青森空港を経由し、新青森駅へ。新青森駅にて解散。

食事:朝○ 昼× 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝5/昼1/夜1

ご案内とご注意

気候・服装 この時期は合服が基本ですが、海岸や山の天気は急変しますので、しっかりとした雨具、防寒具をご準備ください。靴は履き慣れた運動靴が便利です。
利用予定ホテル

日程をご覧ください。

旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。