ツアーのポイント

ポイント ナガ丘陵を縦断し、失われつつあるナガの部族の村々を訪問

険峻な山奥という地理的要因と、首狩りの風習のある蛮族として恐れられ、隔絶されてきたナガランド。近代にはキリスト教が広まったため、インドの他地域とは全く異なる独自の文化・風習が残ります。ナガ丘陵を縦断し村々を訪問しながら、時代の波によって失われつつあるナガランドの文化にふれる旅です。

ポイント 祭りを通して「ナガランド」の各民族を網羅

ナガランド最大の祭り、ホーンビル・フェスティバル。各地からコヒマの会場に集い、それぞれの民族衣装を身にまとって伝統舞踊を披露します。ナガランドの多様な民族文化に一度にふれることができる貴重な祭典をお楽しみください。

ポイント 10名様限定少人数の旅 小型車に分乗し、一台にお客様3人乗り

全員窓側で、長い移動も山岳景色を楽しみながら、少しでも快適にお過ごしいただけるようにしています。

COLUMN ナガ族の祭り ホーンビル・フェスティバル

毎年12月に開催されるホーンビル・フェスティバル。失われゆく伝統や風習、文化の保存を目的に始まったこの祭りは、ナガランド各地から16の民族が州都コヒマに集い、それぞれの衣装を身にまとって昔から伝わる踊りを披露します。祭りの会場となる広場の裏手には、各民族の伝統建築を再現した民家や青年宿モロンが建てられ、それぞれ輪になって歌と踊りに興じます。

盾を持って進むアオ・ナガ族
イムチュングリ・ナガ族の人々
女性も民族衣装を着て参加
モロンに残るドラム
戦いの衣装を身に着けた男性たち

COLUMN ナガの手工芸品

首狩りの風習もあったナガ。大戦後、キリスト教宣教師の渡来を契機とし、1980年代を最後に首狩りの習慣はなくなりました。しかし、現在でも胸に人の頭をモチーフにした真鍮の首飾りをつけている人がいます。一つ首を狩る度に一つ頭を増やしたそうです。その他、動物の骨で作ったアヘン吸引器や男性の必須アイテムの牛の角を使った刀ケースなど手工芸品からナガの文化を垣間見ることができます。

人の頭をモチーフにした真鍮の首飾り

COLUMN 北東インドの秘境・ナガランド

インド北東部のナガランド州。ここにはかつて「首狩り族」として恐れられた民族も暮らしています。「ナガ」という呼称はイギリス植民地時代にこの周辺の山岳少数民族の総称として使われ始め、現在は16の主要民族が昔ながらの風習を守って生活をしています。キケと呼ばれる角型の屋根飾りや、富の象徴としてミトン牛などの家畜の頭蓋骨が並べられた民家、色鮮やかな布や装飾品と鳥の羽や動物の骨で着飾る独特の民族衣装、山間に刻まれた棚田や美しい農村風景、イモ虫やタニシなどの食材が並ぶ市場。頑なに外部の侵入を拒んできましたが、最終的にキリスト教に教化され、独特の文化を生み出したインドの秘境・ナガランドにふれる旅です。

谷間に広がる棚田(コノマ村)
ホンプイ村の集会所にて
イモ虫などの食材が並ぶ市場

出発日と料金

2019年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
11月25日(月) ~
12月04日(水)ご好評につき追加設定
10日間 398,000円
11月29日(金) ~
12月08日(日)
10日間 398,000円
発着地 11/25発:東京発着
11/29発:東京・大阪発着
最少催行人員 7名(10名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 11/25発:17,000円(7月5日現在の見込み)
11/29発:12,900円~26,000円(7月5日現在の見込み)
一人部屋追加代金 45,000円
国際線のビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
デリー
デリー
コルカタ

11:15発
17:00着
20:15発
22:20着

空路、東京より直行便でデリーへ。着後、航空機を乗り換えて、コルカタへ。着後、ホテルへ。
コルカタ泊
2 コルカタ
ディブルガール
シブサガール
午後発 国内線にてディブルガールへ。着後、専用車にてシブサガールへ。
シブサガール泊
3 シブサガール
モン
08:00発
17:00着
専用車にて、州境を越え、コニャック族が暮らすモンへ。
モン泊
4 モン   終日、ミャンマーとインドの国境をまたぐロンワ村などコニャック族の村々を巡ります。勇者の証として顔や胸に刺青をした男性や、首狩りが行われていた時代に使われていた刀、首置台、アクセサリーなどがご覧いただけます。
モン泊
5 モン
モコクチュン
12:00発
19:00着
専用車にて、茶畑が広がるアッサム州経由してモコクチュンへ。途中、コニャック族のホンプイ村モン村などを訪問します。
モコクチュン泊
6 モコクチュン
コヒマ
08:00発
17:00着
朝、専用車にてナガランド州の州都コヒマへ。途中、ロタ族の暮らすロンサ村、アオ族が暮らす竹を巧みに利用した家屋が並ぶウンマ村に立ち寄ります。
コヒマ泊
7 コヒマ   終日、ナガランドの民族の祭りホーンビル・フェスティバルを見学。ナガの各部族が集い、伝統的な歌や踊りを繰り広げます。そのほか、市内の博物館、街を見下ろすカテドラルなどを見学します。珍しい ナガランドの食習慣がよくわかるマーケットも散策します。
コヒマ泊
8 コヒマ   専用車にて、コヒマ周辺の村々を訪問。山の斜面一面に棚田が広がるコノマ村や、インパールへと続く道を南下して、アンガミ族の暮らすキグウェマ村を訪問します。
コヒマ泊
9 コヒマ
ディマプール
ディマプール
デリー

午後発

21:15発
朝、専用車にてディマプールへ。着後、国内線にて、デリーへ。着後、航空機を乗り換えて成田へ。
機中泊
10
東京
08:45着 着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝8/昼8/夜8:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:エア・インディア
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) インド(1,550円)、代行手数料(4,000円+消費税)、写真1枚。旅券の残存有効期間は申請時6ヶ月以上、査証欄余白は2ページ以上必要です。
気候・服装 乾季のベストシーズンです。晴れていれば日中は合服で過ごせますが、ナガランドは標高1,000m~2,000mの山岳地帯ですので朝晩や曇天の日は冷え込みます。フリースや薄手のダウンジャケットなどの防寒具もお持ちください。
利用予定ホテル 巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
日程について ナガランド州の道路は未舗装の箇所が多く、天候や道路状況により予定の所要時間を上回ることがあります。日程表に記載している村は観光地ではないため、宗教行事などの理由により訪問できないことがあります。その場合は代替の村にご案内します。
宿泊について ナガランド州内の宿泊設備は十分とは言えず、バスタブが無くシャワーのみで、お湯の出が悪かったり、停電することがあります。また、宿泊施設に限りのある地域ですので、御一人部屋をお取りできなかったり、分宿になることも考えられます。そのような場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
祭りについて ホーンビル・フェスティバルは、天候や現地事情により中止になったり、プログラムが変更になることがあります。
その他のご注意 ナガランド州は禁酒州のため、レストランや公共の場ではアルコールを飲むことができません。お飲みになる方はお部屋でお飲みください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。