ツアーのポイント

ポイント ヒマラヤの山里・ブータンの春の花咲く季節にハイキング

この時期はシャクナゲなどの花が咲く季節。針葉樹林の森を登り、標高3,000m付近から赤、濃いピンク色の鮮やかなしゃくなげの花を見ることができます。このコースでは2ヶ所の峠付近でハイキングをお楽しみいただきます。春を迎えるブータンへぜひお越しください。

ポイント ブータンの民家を訪問

日程3日目のパロでは民家を訪問し、焼き石風呂「ドツォ」の入浴、素朴な家庭料理をご賞味いただきます。

COLUMN 花咲く峠でハイキング

ブータンの国道最高地点のチリ・ラ(峠:3,988m)とドチュ・ラ(峠:3,090m)にて春の花々をもとめてハイキング。サクラソウやモクレン、桃、シャクナゲの花が山里の春を彩ります。天候が良ければブータンヒマラヤの展望をお楽しみいただけます。

モクレン
サクラソウ
リンドウ

COLUMN ブータン最大の祭り春のパロ・ツェチュ祭
ヒマラヤに抱かれた王国ブータンに春を呼ぶ

チベット仏教をヒマラヤ一帯に流布したグル・リンポチェ(パドマサンバヴァ)にちなんだ祭り。グル・リンポチェが「月の10 日にツェチュ祭のあるところには必ず戻ってくる」という言葉を残したことから、各月の10日に法要が行われます。その中でも5日間に渡って繰り広げられる「パロ・ツェチュ祭」はブータンに春を呼ぶ特別なお祭りです。


【トンドル(大掛仏)の御開帳】

トンドルとは「見るだけで解脱ができる」ことができる大変ご利益のある大掛軸。年に一度の祭りの日、未明の暗いうちから御開帳されます。人々はトンドルの前に進み、その裾を額にあて無病息災を祈ります。完全に日が昇ると、トンドルがおろされ、翌年まで大事にしまわれます。


【仮面舞踊チャム】

ツェチュ祭には必ずチャムと呼ばれる躍動的で色鮮やかな仮面舞踊があります。娯楽を目的とした舞踊ではなく、宗教教義に基づく儀式や法要を表し、踊り手の動きは一挙手一投足まで書に記されています。難しい宗教の教えを一般の人々にもよりわかりやすく、親しみやすい形で伝えているのです。

鳥の仮面 口から覗くようになっている
道化役アツァラ

COLUMN ブータンの祭りの楽しみ方

会場では老若男女問わず信仰篤い姿、お弁当を囲む大家族、遠くの町からやってきた行商人、特産物を販売する屋台などどこか懐かしい風景が見られます。祭りは地元の人たちのためのものなので、外国人用の観覧席などはありません。敷物を持って自由に好きなところで祭りを楽しみます。ブータンの人々とのふれあい、これがブータンのお祭りの本当の魅力なのかもしれません。

着飾ってお弁当を囲む家族
移動式曼荼羅を見る子ども

出発日と料金

2019年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
03月18日(月) ~
03月25日(月)パロ・ツェチュ祭見学
8日間 358,000円
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
バンコク
午前又は午後発 空路、東京・大阪よりそれぞれバンコクへ。着後、ホテルへ。
※添乗員同行の場合は、東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、バンコクにて合流します。
バンコク泊
大阪
バンコク
午前又は午後発
2 バンコク
パロ
朝又は午後発 空路、直行便又は経由便にてブータンの空の玄関口パロへ。着後、パロ谷の観光(ブータン最古の寺院のひとつキチュ・ラカン、長年のブータン農業への貢献をしたダショー西岡を記念して建てられた西岡チョルテンパロの街の散策等)。
パロ泊
3 パロ
(パロ・ツェチュ祭)
  終日、デヤンカ広場で開催される春の祭典パロ・ツェチュ祭を見学。
●パロ・ツェチュ祭見学
厳かな法要、色鮮やかな仮面舞踊など、賑やかな祭りをお楽しみください。祭りの合間に映画「リトルブッダ」の撮影地にもなったパロ・ゾンの見学をお楽しみいただきます。夕方、民家を訪問します。伝統の焼き石のお風呂ドツォの入浴ブータン衣装ゴ(男性)キラ(女性)の着付け教室ブータン家庭料理の夕食もお楽しみください。
パロ泊
4 (パロ・ツェチュ祭)
パロ
(チリ・ラ)
  ●パロ・ツェチュ祭見学
早朝、パロ・ツェチュ祭の最終日に開帳される大掛仏トンドルを見学。その後、専用バスにて、ブータンの国道最高地点チリ・ラ(峠:3,988m)へ往復観光。周辺をハイキング(約1時間)。夕食はブータンの伝統料理エマダツィパクシャパ赤米などをご賞味ください。
パロ泊
5 パロ
ティンプー
16:00発
17:30着
朝、パドマサンバヴァが瞑想したという、チベット仏教圏屈指の聖地タクツァン僧院までハイキング(往復5~6時間)。上まで登らずに、途中の展望台でお休みいただくこともできます。夕方、専用バスにてティンプーへ。夕食はジャガイモとチーズの煮込みケワダツィブータン蒸し餃子モモ川海苔チュルのスープをご賞味ください。
ティンプー泊
6 ティンプー
(ドチュ・ラ)
  午前中、専用バスにてドチュ・ラ(峠:3,090m)へ往復観光。ドチュ・ラ着後、周辺をハイキング(約1時間)。峠では、天気がよければブータンヒマラヤを展望することができます。その後、ティンプー市内観光(ブータンの政治と宗教を司るタシチョ・ゾンや町のランドマーク・時計塔広場周辺の散策等)。
ティンプー泊
7 ティンプー
パロ
パロ
バンコク

約1時間30分


午前発

専用バスにてパロへ。空路、直行便又は経由便にてバンコクへ。着後、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。
機中泊
バンコク 深夜発
バンコク 深夜発
8 東京   着後、解散。
大阪  
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝6/昼5/夜5:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:タイ国際航空、日本航空、ブータンエアラインズ、ドゥック航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) ブータン(4,600円)代行手数料(4,320円)旅券の残存有効期間は出国時に6ヶ月以上必要です。タイは査証不要です。
気候・服装 この時期は早春にあたり、桃やシャクナゲの花が咲く過ごしやすい季節です。日中は暖かく長袖シャツ程度でお過ごしいただけますが、朝晩は冷え込みますのでジャンパー等の十分な防寒具もお持ちください。日差しが強いので日除けもご用意ください。バンコクでは夏服でお過ごしいただけます。
利用予定ホテル 【パロ】:オラタン、タシナムゲ、ペルリ、ナムセ、マンダラリゾート、ガンテパレス、テンジンリン、ガリンリゾート、キチュリゾート、タイガーネスト、デチェンヒルリゾート、ホリデイホーム、カンクリゾート、タシプンツォ、サムデンノルジン、パロ、KK、ウゲンペンデリンリゾート、ドゥクチェン、ジャンカリゾート
【ティンプー】:プンツォペルリ、ペリン、ナムセリン、サンバブ、リバービュー、チョモラリ、ガキル、ドゥック、ジャンベヤンリゾート、ワンチュク、ガリンカ、イーズィン、ドゥックシェリグ、ピースフルリゾート、カムスンイン、ドルジエレメンツ
【バンコク】:アステラサトーン、ツインタワー、ナライ、マックス、イースティン、モンマニー、空港内トランジットホテル
パンフレットのご請求はこちら
日程について ブータンの玄関口・パロ空港は谷間にあるため、天候により発着が遅れることがあります。また、祭りの期間中や開催日の前後には臨時便が運航されることがあるため、発着地・経由地・発着時間が突然変更になることがあります。
観光について ブータンのゾンや僧院は観光地ではありませんので、現地の都合により入場できないことがあります。その場合は外観のみの観光となります。入場見学の場合も内部での帽子、傘の使用、襟がないシャツ、ノースリーブ、草履、サンダルの着用は禁止されています。タクツァン僧院へは、山道を歩きます(往復5~6時間)。歩くことが苦手な方は、僧院が見える第一展望台のカフェテリアでお待ちいただくことも可能です(第一展望台までは片道1時間半~2時間)。駐車場(標高2,500m)~第一展望台(標高2,800m)は約2km、第一展望台からタクツァン僧院まで(標高2,900m)は約2.5kmです。
宿泊について 祭りの期間中は非常にホテルが混み合うため、御一人部屋をお取りできなかったり、3人以上の大部屋泊、分宿、ゲストハウス泊になることがあります。また、宿泊地の変更を余儀なくされることも考えられます。そのような場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。