ツアーのポイント

ポイント 名峰ナンガパルバット(8,126m)の展望にこだわり尽したツアー

「魔の山」と登山家の間で畏怖される、孤高の名峰ナンガパルバット(8,126m)。
圧倒的な存在感を放つこの世界第9位の高峰の展望にこだわったツアー内容です。

ポイント 北面・南面の絶景地にそれぞれ2連泊

北面の好展望地フェアリー・メドウでは山小屋にて2連泊、南面のベースキャンプ「ヘルリヒコッファーB.C.」ではキャンプにて2連泊。
ゆとりある日程で、存分に展望をお楽しみいただけます。

ポイント "ヒマラヤ最大の氷壁"ルパル壁を大展望

ヘルリヒコッファーB.C.からは、"ヒマラヤ最大の氷壁"と呼ばれる、高度差4,500mの南面のルパル壁を大展望。
ラトボまで足をのばすと、さらに迫り来る圧巻の氷壁を仰ぎ見ることができます。

ポイント ハイキング時間は1日5時間程度までに抑えたゆとりの山旅

歩くことが好きな方でしたらどなたでもご参加いただけます。
また、歩かずに一部ホースハイキングも可能です。初めての海外の山旅としてもおすすめのコースです。

ポイント 迫力のマウンテンフライト

イスラマバード/ギルギットの国内線は、右手にナンガパルバットを望む大迫力のマウンテンフライトです。
(山岳フライトは、天候条件などの諸事情によりフライトキャンセルとなる場合があります。その際は陸路での移動となります。予めご了承ください。)

ポイント パキスタンへの旅は西遊旅行にお任せください!
イスラマバード、カリマバードに連絡事務所があるのでいざという時も安心。

モデルコース以外にも、パキスタン全域に渡り手配が可能。長期旅行や取材、知人訪問、近隣諸国との組み合わせなど、ご希望に応じてアレンジいたします。どうぞお気軽にご相談下さい。>> SAIYAH紹介ページ

ポイント 参加者全員にプレゼント!

切手付き特製パキスタンポストカード3枚 + 地図
※現地にてお受け取りください

COLUMN フェアリー・メドウではナンガパルバットを目の前に望むライコットサライに2連泊

フェアリー・メドウでは、一番の展望を誇るロッジ&テント「ライコットサライ」に宿泊。前庭からは、ナンガパルバットをはじめ、6,000m~7,000mの支峰群が連なり、ピークから流れ出るライコット氷河の絶景が広がります。朝日に光り輝く氷壁、暮れゆく夕日に染まる山塊、夜空を覆う満天の星空、月光に浮かぶ白き峰々。移りゆくナンガパルバットの様々な表情を眺めながら、大自然の中の滞在をお楽しみください。

ライコットサライからナンガパルバットを望む ライコットサライからナンガパルバットを望む
お部屋の一例 お部屋の一例

出発日と料金

2019年 
出発日
旅行代金
05月01日(月)~06月30日(日) 376,000円
07月01日(月) ~ お問い合わせください
燃油サーチャージ 航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)は不要です。
一人部屋追加代金 43,000円
一人参加の追加料金
(一人部屋追加代金込み)
100,000円
  • 大阪発着のタイ国際航空利用プランも手配可能です。お問合せください。
  • 上記の料金は2名様で参加され、ツインルーム、テントを2名様で使用された場合の1名様の料金です。
  • 3名様以上のグループは別途お見積もりさせていただきますのでお問い合わせください。
  • 国際線のビジネスクラスをご希望の方はお問い合わせください。

コース難易度

体力 B 1日の歩行時間は最長5時間程度ですので、歩くのがお好きな方ならどなたでもご参加いただけます。
高度 B 最高宿泊高度は3,550m、最高到達地点は3,800mです。徐々に高度を上げますが、頭痛などの軽度の高山病の症状が出ることがあります。
宿泊 テント場は草地です。氷河近くの宿泊に備えて、十分な寒さ対策が必要です。
荷物 日本からはスーツケースでご参加いただき、ギルギット(チラス)にて荷物を詰め替えます。
5泊6日分のハイキング中の荷物が入るバッグをご用意ください。

ツアー日程表

地名 スケジュール地図を見る
1日目 東京
イスラマバード
成田空港より、空路、北京経由でパキスタンの首都イスラマバードへ。着後、ガイドの出迎えを受け、ホテルへ。
食事 朝:- 昼:- 夜:-/イスラマバードまたはラワルピンディー泊
2日目 イスラマバード
ギルギット/チラス
山岳フライトにてギルギットへ。天候等によりフライトキャンセルの場合は、専用車にてチラスへ向かいます。
食事 朝:○ 昼:○ 夜:○/ギルギットまたはチラス泊
3日目 ギルギット/チラス
フェアリー・ポイント
フェアリー・メドウ
専用車及び四輪駆動車にて、インダス川東岸の奥地へ入りフェアリー・ポイント(2,666m)へ。
●北面ハイキング(約3時間)
ハイキング開始。樹林帯の中に広がる牧草地フェアリー・メドウ(3,300m)へ。
※フェアリー・メドウでは、ナンガパルバットの好展望が開ける「ライコットサライ」に2連泊します。
食事 朝:○ 昼:○ 夜:○/ライコットサライ:ロッジまたは常設テント泊
4日目 フェアリー・メドウ
(3,800mの尾根上)
早朝、天気が良ければ、朝日に輝くナンガパルバット北面を展望。
●北面ハイキング(往復5時間)
フェアリー・メドウからさらに奥へと歩き、展望地まで往復。標高3,800mの尾根上からは、長大なライコット氷河の展望も広がります。
食事 朝:○ 昼:○ 夜:○/ライコットサライ:ロッジまたは常設テント泊
5日目 フェアリー・メドウ
フェアリー・ポイント
タルシン
●北面ハイキング(約2時間)
往路をフェアリー・ポイントまで戻ります。 四輪駆動車にてインダス川沿いから東岸へと入り、アストール経由でタルシン村(2,900m)へ。
食事 朝:○ 昼:○ 夜:○/ロッジまたはテント泊
6日目 タルシン
ヘルリヒコッファーB.C.
●南面ハイキング(約5時間)
ゆっくりと高度を上げて、ヘルリヒコッファー・ベースキャンプ(3,550m)へ。
食事 朝:○ 昼:○ 夜:○/テント泊
7日目 ヘルリヒコッファーB.C.
(ラトボ)
早朝、朝日に輝くナンガパルバットの南壁(ルパル壁)を大展望。高度差4,500m、ヒマラヤ最大の氷壁は圧巻です。
●南面ハイキング(往復約5時間)
氷河のモレーンを登り、ラトボ(3,530m)まで往復。山容を変えるナンガパルバットの大展望をお楽しみ下さい。
食事 朝:○ 昼:○ 夜:○/テント泊
8日目 ヘルリヒコッファーB.C.
タルシン
ラマ
早朝、再び朝日に輝くナンガパルバットの南壁の展望をお楽しみ下さい。
●南面ハイキング(往復約4時間)
往路をタルシンへと下ります。 四輪駆動車にて、ラマピーク、チョング
ラピークが展望できるラマ(3,200m)へ。
食事 朝:○ 昼:○ 夜:○/ラマ泊
9日目 ラマ
ベシャム
四輪駆動車にてチラスへ。着後、専用車に乗り換えて、カラコルム・ハイウェイを走りインダス川沿いのベシャムへ。
食事 朝:○ 昼:○ 夜:○/ベシャム泊
10日目 ベシャム
イスラマバード
専用車にてイスラマバードへ戻ります。その後、航空機にて、北京経由で帰国の途につきます。
食事 朝:○ 昼:○ 夜:○/機中泊
11日目 東京 成田空港に到着。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝9/昼9/夜9:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:パキスタン航空
  • 最少催行人員:1名
  • 添乗員は同行しませんが、日程表記載のガイドがご案内いたします。

料金に含まれるもの

交通費 国際線エコノミークラス航空運賃
(パキスタン航空:東京(成田)/イスラマバード往復)
国内線エコノミークラス航空運賃
(パキスタン航空:イスラマバード/ギルギット片道)

※日程2日目のイスラマバード/ギルギットの国内線がフライトキャンセルとなった場合、代替交通手段としてチラスまでの専用車を手配いたします。航空券代の払い戻しはありませんので予めご了承ください。
ガイド料金 パキスタン内のガイド料金。
※パキスタン内では日本語ガイドをリクエストしますが、繁忙期など英語ガイドのご案内となることがあります。
送迎費 日程表記載の専用車、およびドライバー料金。
見学料金 日程表記載の各見学地における入場料。
宿泊費 日程表記載の各地におけるホテル、テントの宿泊、及び税金、サービス料。
(ただし、上記料金はお二人部屋を2名様で利用した場合の料金です。ホテルについては、下記の利用予定ホテルリストをご確認ください。)
登山・トレッキング費用 山岳ガイド、ポーター、コック
※ポーターはおひとり様につき最大15キロまでの荷物をお持ちします
食事料金 日程表記載の食事代(朝9/昼9/夜9 機内食除く)

料金に含まれないもの

査証(ビザ) 査証代実費:100円
査証取得代行手数料:7,660円
※旅券の残存有効期間は入国時6ヶ月以上、パスポートの未使用査証欄は見開きを含む2ページ以上必要です。査証申請に必要な写真は2枚(縦4.5cm×横3.5cm)です。
空港施設利用料 成田空港:2,610円
国際観光旅客税 1,000円
海外空港税諸税 パキスタン国際線および国内線:9,500円
燃油特別付加運賃 航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)は不要です。
航空保険料 (パキスタン航空は2017年4月現在、徴収しておりません)
個人的費用 洗濯代、電話・電報代、医療費、酒、果物、その他個人的性質の費用
ガイド・ドライバーへのチップ 日程表記載のガイド、ドライバーへのチップは含まれておりません。
※トレッキング中のスタッフ(コック、ポーター)へのチップは全て含まれています。
海外旅行保険料 別途、ご加入することをお勧めいたします。
寝袋の貸し出し 有料レンタルも承っております(5,000円)

ご案内とご注意

利用予定ホテル ■イスラマバード/ラワルピンディー:エンボイ・コンチネンタル、ヒル・ビュー
■ギルギット:PTDC、ルーパル・イン
■チラス:シャングリラ、パノラマ、チラス・イン
■フェアリー・メドウ:ライコットサライ(ロッジまたは常設テント泊)
■タルシン:(ロッジまたはテント泊)
■ヘルリヒコッファーB.C.:(テント泊)
■ラマ:PTDC、または、テント泊
■べシャム:コンチネンタル、PTDC
ハイキングについて 6日間のハイキングと長時間の車の移動が問題ない方でしたら、どなたでもご参加いただけます。ただし、頭痛等の軽度の高山病の症状が出ることがありますのでご注意下さい。ご参加の方には、疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。
荷物について ハイキング中は、ポーターがお1人様につき15キロまでの荷物を運びます。カメラ・ポーターなど、ご自身専用にポーターが必要な場合には別途手配させていただきます。
パキスタンの国内線について イスラマバード/ギルギット間は山岳フライトとなり、この区間は天候が急変しやすく、悪天候の場合はフライトキャンセルになります。また、当日は晴れていても、前日までにフライトキャンセルとなった乗客が優先されることがあります。特殊な山岳フライトである旨を予めご理解ください。また、その場合は車での移動となり、日程・宿泊地が変更になります。なお、専用車手配の費用に代えるため、航空券代の払い戻しはありませんので予めご了承ください。
日程のご注意 このコースの大部分は山岳道路を移動するため、天候や道路状況等により一時的に通行不能になることがあります。その場合、日程・宿泊地の変更を余儀なくされることがあります。
宿泊について ハイキング中はロッジ又はテント泊となり、寝袋(冬用)が必要です。お持ちでない方には弊社より有料(5,000円)で貸し出しいたします。その他、地方のホテルはシャワーのみでお湯の出が悪い場合や、停電することがあります。
渡航情報 2017年9月6日現在、カラコルム・ハイウェイには「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」という外務省の危険情報が発出されています。また、上記以外にも更新情報や最新スポット情報などが出ている場合もございますので、出発前に必ずご一読の上ご参加ください。
外務省海外安全ホームページ
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-395 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-8384
  • 大阪

    03-3237-0638

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。