美しき日本のたび案内【夏の北海道 道北編】

さいはての道北 利尻島礼文島と宗谷サロベツ地方

北の大地、北海道は日本とは思えない野生の自然や景観にあふれています。雪解けが終わり、一気に春が訪れます。そして短い夏。お盆が過ぎると一気に秋模様で冬支度。冬が長い分、北海道は一年も短くあっという間に思えます。

北海道の日本海沿岸に浮かぶ二つの島、利尻島と礼文島。6月のレブンウスユキソウからシーズンがスタート。楽しみなウニも食べることができるようになります。利尻島は島そのものが1721mの利尻山。標高ほぼゼロから登る登山は登りがいある名峰です。一方、花の浮島といわれる礼文島は南北に長く平たい島。最高峰の礼文岳は標高490m。6月から8月まで次々にさまざまな花が咲き乱れる島。日本離れした景観を歩くことができます。

北海道の地図を見るとその利尻島の南にはさらに小さな小島が二つあります。その島が天売島と焼尻島。ふたつの島が並んで浮かんでいます。この島はそれぞれ周囲10kmほどの小さな島。この小さな島に、大きな魅力がぎっちり詰まってます。

道北地方の中心地は稚内。さらにその先に行くと、日本最北端の宗谷岬があります。宗谷岬は一度は立ってみたい日本最北端です。その宗谷岬周辺は「宗谷丘陵」といわれる丘陵地帯が続いてます。その光景はスコットランドかニュージーランドかというような、牧歌的で日本離れした光景がつづきます。近年は「フットパス」も整備され、楽しくあることができます。

道北地方北部の西側にはサロベツ原野が広がり、入植以前の北海道の光景が残されています。そして湿原も広がり、さまざまな植物や野鳥観察などで知られている場所です。ここからの利尻島の展望は格別です。

海に浮かび上がる利尻島、島がそのまま利尻山だ。稚内からのフェリーから見る利尻島は格別、気持ちも高まります。
世界でもここでしか見られないレブンアツモリソウ。激減していた数も熱心な保護活動で近年では比較的見られるようになってきた。
美しい礼文島の澄海岬。礼文島の西海岸には道路も人家もなく、自然の景観がそのまま残る。この海岸沿いに歩く「愛とロマンの8時間コース」は日本随一のトレッキングコース。

6/23発 花の礼文島と海鳥の聖域・天売島

このツアーでは春の花満載の礼文島を歩き、さらに南に浮かぶ海鳥で知られる天売島を訪ねるツアー。天売島は周囲10kmほどの小さな島。この島に住む著名な写真家、寺沢孝毅氏とともにボートに乗り海から海鳥の繁殖を観察するというもの。ちょっとなかなかできない貴重な体験です。

真っ青な海が広がる天売島。この海に生きる海鳥の観察を楽しみましょう!

6/6 初夏の北海道大自然をぐるっとめぐる旅

12日間で初夏の北海道をめぐるこのツアー、ツアー前半に天売島のバードウォッチングから礼文島ハイキング、さらに利尻山登頂もするというツアー。道北から舞台は道東、大雪山とぐるりとめぐるツアーです。北海道をじっくりめぐりたい方にはおすすめのプランです。

憧れの利尻山。海に囲まれ360度見渡せる山頂は爽快そのもの。標高差1500mの登山では大きな達成感を得られます。

7/188/20 礼文島愛とロマンの8時間コースと利尻サロベツ宗谷丘陵ネイチャーハイキング

このツアーでは礼文島を南北に歩くロングトレイルコース。「愛とロマンの8時間コース」とも言われ、海あり断崖あり丘陵あり。海を見ながらのトレイルです。他にも利尻島を一周してハイキングを楽しみ、宗谷丘陵のトレイルも歩きます。

めざす礼文島最北限のスコトン岬。爽快なトレイルが続きます。

8/14発 北海道 天売島と焼尻島一周と美瑛の丘サイクリング

天売島と焼尻島。それぞれ一周10kmくらいの小さな島。この島をのんびりとママチャリで回ります。ほとんど車の通らない、のどかで爽快なサイクリング。また夏の北海道らしい丘陵の続く美瑛でもサイクリングを楽しみます。日本各地、自転車だからこそ味わえる旅もあります。

海をみながら、のんびりと天売島と焼尻島を走ってみよう。気持ちいい!!

■ツアーレポート 幻想のアイスバブルとジュエリーアイス 層雲峡から白銀の富良野・美瑛へ

二本に連続でツアー催行された冬の美しい北海道をめぐる旅も無事終了しました。このツアーは帯広を起点としたジュエリーアイスやアイスバブル、アイスコタンなど氷の世界をめぐる前半と富良野や美瑛、層雲峡をめぐる後半に分かれていました。

波に翻弄されながらも撮影にトライしたジュエリーアイス。十勝川の凍った氷が海に流出して、そして波で海岸に打ち上げられたもの。自然の神秘を感じます。

冬の北海道には居るだけで気持ちよく、車中からは純白の世界が広がり、被写体もきりがなく現れます。カメラを持つからこそ楽しめる世界も存分にありました。

今回は森や木々の撮影も多く行ないました。見事な白樺やダケカンバ、アオモリトドマツなど原始の自然が広大に広がっています。なかなか撮影すると難しい森の写真ですが、主役の木と対峙して構図を考えながら、撮影に臨みました。
晴れ間が出ると、雪面に映る木々の影が美しい。

波と氷のスローシャッターや吹雪の中の花火、ライトアップされた青い池など、なかなか写真のテクニックを必要とする場面も多かったですが、三脚を使い、頭をつかってトライすることもできました。

幻想的で美しい青い池ライトアップ。大雪の中、夢中で撮り続けました。

そして二本目のツアーでは最終日は雲ひとつない晴天の中、噴煙をあげる十勝岳や美瑛の丘も堪能することができました。

積雪の翌朝。見事な晴天と山々、そして木々に雪がつもり純白の世界が広がっていました。こんな景色は生涯でも何度も見れるものではありません。
見上げるとこんな木々。ダケカンバです。

今回はキタキツネやエゾリス、エゾシカなどにも出会うことができ、望遠レンズを持ってきた甲斐があったなぁーとも思える出会いもあり、嬉しい限りでした。

北の大地の冬の川も印象的でした。
美しい冬の北海道。日本が誇る、毎年、訪ねたい北の大地でした。

タグ: ,

冬の北の大地 エゾリス、キタキツネ、エゾシカに出会う

北海道にはここでしか見られない動植物がたくさんです。とくに道東に流氷とともにやってくるオジロワシやオオワシ、シマフクロウなどは世界的にも羨望の場所だといえます。

今回のツアー「アイスバブルとジュエリーアイス 層雲峡から富良野美瑛へ」の旅では道東を訪ねませんので流氷を見ることができませんが、北海道らしいエゾリスやキタキツネ、エゾシカに出会い撮影することもできました。

最終日、念願のキタキツネがひょっこり顔をだしてくれました!
エゾリスもカメラ目線。かわいいい!!
層雲峡の近くではエゾシカも出てきてくれました。エゾシカはかなり警戒していました。
いまだに人気の高い旭山動物園、冬の名物ペンギンパレード。美しい。
よちよち雪上の散歩

タグ:

美しき氷の世界を堪能!!

西遊旅行での今回のツアーでは夕日に合わせて暗くなるまでの撮影。そして日の出前から朝の撮影。二度のチャンスを作りました。行くたびに様子が全く変わる厳冬の海岸なので、とても楽しい。参加者みんなで夢中になって撮影しました!

撮影はなかなか難しく、三脚を使いスローシャッターで、フィルターも使います。何より難しく面白いのは波を読んで、波が描く模様を想像予想して撮影します。そして、波で氷や三脚がブレてしまう!しかし朝夕は海や波際に色がついてとても美しい!

この二、三年で急速に認知されたジュエリーアイス。たくさんの観光客の方々も楽しんでました。

タグ:

北海道へ 美しいジュエリーアイスに出会う旅

15日から冬の北海道を巡る旅が始まります。

ジュエリーアイスやアイスバブル、そして富良野美瑛や層雲峡などをめぐるツアーです。冬の情景は刻々と変わりどんな光景に出会えるか臨機応変に対応する必要があります。

幻想的で美しいジュエリーアイス。撮影はなかなか難しく面白い。写真だからこそ見られる景色があります。

昨日北海道入りしてロケハンです。夕刻、さっそくジュエリーアイスの海岸へ。以前訪ねた吹雪の海岸とは違い、暖かい。そして夕日と幻想的な氷を撮影できました。ツアー本番では、夕刻と早朝の二度の撮影チャンスを作っています。ぜひ本番でも美しい一枚を切り取っていただければと願います!

タグ: