ジャイプル ブロックプリント編

インドの三大観光都市デリー・アグラ・ジャイプルはゴールデントライアングルと呼ばれ、インドで人気の周遊コースです。この3都市には世界遺産も7か所もあり、各都市間を車両でも移動できるため、短期間で効率よく観光ができるルートとして、世界中からたくさんの観光客が訪れます。

 

ジャイプル郊外・サンガネール村の工房にて

 

そのうちジャイプルは、ブロックプリント(木版染め)をはじめとするファブリック製品、ブルーポッタリー(陶器)、宝石(ジャイプールはインドで一番宝石が安く手に入る街です)などの手工芸品が有名で、お買い物目的で訪れる人も少なくありません。今回は、ジャイプルとその周辺の街にたくさんの工房がある、ブロックプリントの魅力についてご紹介いたします。

 

≪デリーからジャイプルへのアクセス≫
車:片道5時間
飛行機:片道1時間
特急列車:片道4時間半

 

 

■ブロックプリントとは

インドの伝統的な染色技術で、木版捺染とも呼ばれます。シンプルな技法で、手のひらサイズの木片に模様の彫り、インクを塗ってスタンプのように布を染めます。この技法の起源は中国で、世界最古の印刷物である、「金剛般若経(Diamond Sutra)868年」は中国で出土されています。しかし、綿の貿易はインドからイラクのあたりでゴータマ・ブッダが生きた時代から行われていたため、この技法で布を染める伝統については紀元前から存在していたと言われています。そして、15世紀に大航海時代が訪れると同時に、インドネシア、タイ、ヨーロッパ、そして日本など世界中に広まりました。

 

 

■ジャイプル/ジャイプル近郊 のブロックプリント産地

 

・バグルー村
ジャイプールから30キロほど離れた村で、天然の染料を使った草木染め・泥防染の産地として有名です。3つの家族から始まった染色業は、400年ほどの歴史を誇り、今では250世帯が染色業を営んでいます。

 

・サンガネール村
テキスタイルの一大産地として知られる、ジャイプル郊外の村。ジャイプルの中心地からは車で約1時間のアクセスです。茜の花柄のデザインが、サンガネールのプリントとして有名です。

 

 

■ブロックプリントの製作工程

①チャパイを彫る

木版工房で、チャパイと呼ばれる木版が作られます。堅く、伸縮率が低く、水に強い種類の木材である、チークやローズウッドという木を使い、たがねを木の棒で叩きながら手際よく彫っていきます。

 

チャパイ

デザインによっては、1つのブロックを彫るのにプロでも10日以上かかることもあるとのことです。

 

 

②コットンに捺染をする

プリント工房にて、チーパーと呼ばれる職人が布にブロックを押して捺染していきます。柄や色が複数あるデザインの場合は、乾かした後に上から別の木版を重ねてプリントしていきます。利用する染料は、一般的な化学染料を用いたものと、天然由来の染料を用いたものがあり、天然の染料を利用したバグルー村の生地は「バグループリント」と呼ばれます。天然由来の染料は、藍やターメリックといった草木が原料です。

 

 

③生地を洗い、乾かす

プリントが完成すると、次の工程は洗い場での水洗いです。色落ちしない程度まで洗ったら、太陽の下に干して乾かします。地面の上に広げ、太陽の日に当てて生地を乾かすことで、染料がしっかりと布に安定するそうです。

 

 

ジャイプルへは、デリーから週末に日帰りもしくは1泊旅行で気軽にご旅行いただけます。通常の観光内容を変更して、ブロックプリント工房訪問やショッピングを楽しむ等のアレンジも承ります。

 

<▼西遊インディアの現地ツアー>

■デリーから行くジャイプール日帰り観光:日本語ガイド同行
■デリーから行くジャイプール1泊2日:日本語ガイド同行

 

カテゴリ:ラージャスターン州 , ジャイプル , ■インド北部
タグ: , , , ,