キ・ゴンパ、タボ・ゴンパ、ダンカル・ゴンパ、ラルーン村、ピン渓谷、カザ、キッバル村・ゲテ村等、スピティ谷の見どころをご紹介

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > インドの旅 > インドみどころ(観光)MAP > スピティ谷

スピティ谷

無数の仏像と壁画で堂内が埋め尽くされたタボ・ゴンパ。崖の上に築かれた、まるで訪れる人を拒んでいるかのようなダンカル・ゴンパ。
悠々と流れるスピティ川の流れと、広大なインド亜大陸で一番といっても過言ではない雄大な景色。 スピティ谷に一歩足を踏み入れた旅行者はその美しさと雄大さに心奪われてしまうでしょう。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

タボ・ゴンパ

996年にリンチェンサンポによって築かれた壮大なゴンパ。「ヒマラヤのアジャンタ」と形容されるそのタボ僧院を中心としてタボの街が広がっています。
西チベット・グゲ王国から当時の仏教の中心地であったカシミールに派遣されたリンチェンサンポは、グゲ王国に帰国する時に絵師や工芸師など、多くの技術者を連れて帰りました。リンチェンサンポの指揮の下、その彼らによって建てられたゴンパ。入口を入ると目の前に土の固まりが飛び込んできますが、一歩お堂の中に入ってみると、そこには当時の最先端であったカシミール様式の仏教芸術が、素晴らしい保存状態で残されています。
特に惹きつけらるのは大日堂のご本尊、四方向に向かって静かな微笑をたたえる大日如来と、そのご本尊を取り巻くように造られた数多くの尊格の像は必見です。
ダライ・ラマ14世は1996年にこの僧院を訪れカーラチャクラ大灌頂を行ないました。その後、ダライ・ラマ14世はご自身のダライ・ラマとしての最後の瞬間を、この僧院のこのお堂で迎えたいとおっしゃられたと言われています。
幹線道路沿いの山の斜面に造られた小さな洞窟寺院。フー・ゴンパから、タボの街を一望する事が出来ます。
  • タボ・ゴンパ
  • タボの街並み

ダンカル・ゴンパ

切り立った崖の上に建つこのゴンパは圧倒的な迫力で訪れる人々を迎えてくれます。12世紀に建てられたゲルク派のこのゴンパでは旧堂の2つのお堂を見学する事が可能。このゴンパの屋上からは悠々と流れるスピティ川とその周囲の渓谷の景色を見ることが出来ます。
  • ダンカル・ゴンパ
  • ダンカル・ゴンパからの眺望

ラルーン村

ダンカル・ゴンパからさらに奥へ。車で走ること約1時間でスピティ谷の奥にある小さな村・ラルーンの集落に到着します。この村の一番上には、やはりリンチェンサンポによって創建されたとされるラルーン・ゴンパが建っています。 タボ僧院の大日堂を凝縮したようなこの小さな僧院。内部に祀られた所狭しと並ぶ夥しい数の仏像には驚かされます。
  • ラルーン村
  • ゴンパには夥しい数の仏像が祀られています

ピン渓谷

スピティ川に架かる橋を渡り南へと向かうと、インドの国立公園にもなっているピン渓谷に出ます。穏やかな景色が広がるこのピン渓谷にはクンリ・ゴンパという僧院が建っています。
渓谷内にある僧院は全てニンマ派に属しており、その全ての僧院を統括するのがこのクンリ・ゴンパ。5年ほど前に再建された新しい新堂と、その脇にある小さな旧堂から成る僧院です。グル・リンポチェによって建てられたといわれているこの僧院。旧堂内に残る小さいながらも素晴らしい保存状態の壁画を見なければ、スピティ谷に来た意味は無いと言っても過言ではないでしょう。
  • クンリ・ゴンパ旧堂
  • 旧堂内

カザ

スピティ谷の中心地であるカザの街は、街の中心を流れる川によって旧市街と新市街に分けられています。このカザの周辺にも壮大なゴンパや穏やかな風が流れる集落など数多くの見所があります。
  • カザの旧市街

キ・ゴンパ

スピティ谷で最大・最古の僧院です。カザからスピティ川沿いを走り西へと向かい、北へ入ると目の前にこの僧院の雄姿が見えてきます。 荒涼とした岩山と青い空を背景に聳えるこの僧院。本堂を一番上に、周囲に多くの僧房を従えるその姿はまさに圧巻です。
  • 断崖上に築かれたキ・ゴンパ
  • キ・ゴンパ

キッバル村・ゲテ村

キ・ゴンパから先。山道をどんどん入っていくと、「世界で一番標高の高い村」と呼ばれているキッバル村やゲテ村に到着します。 ゲテ村の手前からしばらく歩くと標高差300m以上はあろうかという絶壁に出ます。タルチョはためくこの場所はキ・ゴンパを真上から臨むことが出来るポイント。ここは美しいスピティ川や荒れ果てた岩肌、頂上に残る雪などの光景を臨むことが出来る絶景ポイントでもあります。
  • キッバル村
  • ゲテ村付近にて

カザ~キーロン

カザ~キーロン間は約190km。クンザン・ラという4,551mの峠越えのルートです。道路状況はあまり良くありませんが、この世の物とは思えない程美しい景色が広がっています。クンザン・ラを越え、チョッタ・ダーラという小さな集落を超えると周囲には徐々に緑が増えて行きます。 乾いたスピティ谷を過ぎ、ラホール谷に入って行きます。

クンザン・ラ

峠に立ち並ぶチョルテンと風にたなびく色とりどりのタルチョ。この道を走る車は必ずこの峠のチョルテンで立ちどまり、旅の安全を願い、祈りを捧げて行きます。 ここを通ったら地元の方と一緒に「キ・キ・ソ・ソ・ラーギャロー」と叫んでお祈りしましょう。
  • 峠を越えてキーロンへ
  • ラホール谷へ

キーロン

深い緑に包まれたキーロンはラホール谷の中心地。夏の間だけ通る事が出来るマナリ~レーロードのレーまでの、最後の大きな街になります。
  • クンザン・ラ
  • キーロンの街並

シャシュル・ゴンパ

ブータンの国教でもあるドゥク派に属する僧院。毎年、ヘミス僧院のヘッドラマであるドゥクチェン・リンポチェはこの僧院に来て瞑想をしているそうです。 小さなお堂ですが、キーロン西側の山の斜面に建っており、ここから緑深いキーロン周辺の景色を臨むことが出来ます。
  • シャシュル・ゴンパ
  • ラホール谷の中ほど