ガントク、ルムテク僧院、ペリン、ペマヤンツェ僧院、カリンポン、ドゥルピン僧院等、シッキムの見どころをご紹介

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > インドの旅 > インドみどころ(観光)MAP > シッキム

シッキム

中国、チベット、ネパールに囲まれるシッキム州は、かつてチベット系王家が統治する王国でした。15世紀に中央チベットでチベット仏教のゲルク派の勢いが増したため、各派の勢力紛争から逃れて、ニンマ派の高僧たちがシッキムやブータンに地盤を移すようになり、その中から1642年にプンツォク・ナムギャルが初代チョギャル(法王)となり、シッキム王国を興したのが始まりです。 しかし18世紀以降は次第にネパールやブータンに領土を侵され、19世紀にはイギリスがインドを植民地にしたのに続き、シッキム王国はイギリスの保護領となり、1947年のインド独立後、シッキム王国の支配権はインドへ引き継がれました。 その後、シッキム王国で政治的に大きな動きがあり、1975年の国民投票では、97%の有権者がインドへの併合に賛成、約3世紀続いたシッキム王国は消滅し、インドの第22番目の州「シッキム州」が誕生しました。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


三方から諸外国に挟まれるという、政治的且つ軍事的に非常に重要な位置にあるシッキム州への入域は、インドの一州となった現在も制限されており、入域許可証を取得しなければなりません。 シッキムのシンボルは、インド国内最高峰であり、世界第3位の高峰カンチェンジュンガ(8,598m)です。また、チベット仏教カルマ・カギュー派の総本山であり、ダライ・ラマに次いで重要人物とされるカルマパの本拠地であるルムテク僧院もあります。チベット人やネパール人が多く暮らすインドの中でも異国の雰囲気漂うシッキム州には、最近トレッキングのために訪れる人も増えています。

ガントク

シッキムの州都で、標高1,547m、人口約5万人。ガントクという地名は「丘の頂上」という意味の現地語から名づけられたそうです。見どころとしては、ニンマ派の僧院エンチェイ・ゴンパや、多くの仏教経典や写本の蔵書を誇り、様々な仏具やタンカなどを展示したチベット学研究所などがあります。 また、シッキムは454種の蘭が見られる蘭の宝庫として知られており、ヒマラヤにしか咲かないという珍しい蘭を展示した蘭栽培園もあります。天気がよければ、市内の至る所からカンチェンジュンガが見られるそうですが、山々が赤く染まる早朝にヒマラヤの展望台(タシ・ビューポイントなど)を訪れてみてはいかがでしょうか。
  • タシ・ビューポイントからカンチャンジュンガを望む
  • エンチェイ・ゴンパ

ルムテク僧院

ガントクから24km、ラニプル川が流れる谷間を隔てた反対側にシッキム最大のルムテク僧院があります。チベット仏教カルマ・カギュー派の総本山であるこの僧院は「ダルマ・チャクラ・センター」とも呼ばれています。 ダライ・ラマと共にチベットから亡命してきたカルマパ16世は、この僧院を建て、ルムテクを基点として布教活動に励みました。1981年に亡くなった16世の遺骨と遺灰は、宝石ちりばめられた立派な聖骨箱に保存されています(ゴールデン・ストゥーパと呼ばれています)。 インド政府はカルマパ17世をダライ・ラマに次ぐ重要人物としています。その為本拠地であるルムテク僧院への訪問を拒み続けているのです。チベットで即位し、2000年にインドに亡命してきたカルマパ17世は未だにルムテク僧院に入ることが出来ず、現在ダラムサラに本拠をおいています。 非常に重要な寺院なので、セキュリティーも厳しく、入り口ではパスポートやシッキム入域許可証などのチェックがあります。
  • ルムテク僧院
  • ルムテク僧院の小僧さん

ペリン

ネパールとの国境に迫るシッキム州西部の町ペリン。世界第3の高峰カンチェンジュンガまでわずか32㎞の距離に位置し、ヒマラヤの稜線をすぐ近くに臨むことができます。登山やトレッキングの起点としても賑わいを見せ、時折登山家やトレッカーの姿も見かけることがあります。 天気が良ければ、朝日を浴びて輝くカンチェンジュンガの雄姿を町中から眺めることができます。大きなみどころとして、荘厳な立体マンダラを擁するペリン郊外のペマヤンツェ僧院があります。
  • 朝焼けのカンチェンジュンガ

ペマヤンツェ僧院

ペマヤンツェとは「崇高なハスの花」を意味し、古さと格式を誇るニンマ派の僧院です 。3階に納められている7段式の立体マンダラは、「サンドペルリ」と呼ばれるパドマ・サンバヴァの住居の模型で、鮮やかな彩色が施され、非常に素晴らしいものです。この大きな立体マンダラは、今は亡きドゥンジン・リンポチェが一本の大木から7年かけて造りだしたと言われています。
  • ペマヤンツェ僧院にて
  • ペマヤンツェ僧院

カリンポン

旧シッキム王国の交易路上の宿場町として栄えたカリンポンは、18世紀にブータン人に征服され、後に英領インドの西ベンガル州になりました。19世紀後半、スコットランドの宣教師たち(特にイエズス会士たち)は仏教に対抗し、巧みに布教活動を行いました。その影響が現在も見られ、町中には幾つかの教会があります。
  • カリンポンの町

聖メアリー教会

建物はネパール・ヒンドゥー様式、壁画はチベット風(イエス様がチベット仏教ゲルク派の黄帽をかぶって袈裟を着ていたり、マリア様が蓮の上で説法をしていたり…)の非常にユニークなカトリック教会です。地元の人々に受け入れられやすいように、このように姿を変えて伝えられたのでしょう。宣教師グラハム博士が茶農園労働者の子供の教育を目的に1900年に建てた有名な孤児院と学校も今日にいたるまで健在です。
  • 聖メアリー教会
  • 教会の壁画

ドゥルピン僧院

カリンポン最大のこの僧院は、カリンポンを見下ろす丘の上に作られたニンマ派の僧院です。「双眼鏡」を意味する「ドゥルピン」の丘からは、晴れるとヒマラヤの山々を見渡すことができます。 「ゾン・ドグ・パリ・フォダン・ゴンパ」とも呼ばれるこの僧院は、1976年にこの地を訪れたチベット仏教最高指導者ダライ・ラマによって献堂されたものだそうです。
  • ドゥルピン僧院

カリンポン・ハット

カリンポンでは毎週水曜日と土曜日に「カリンポン・ハット」と呼ばれる定期市が行われています。様々な花、野菜、スパイス、紅茶、穀物、日用雑貨等の他、麹、納豆などの発酵食品も売られており、見ているだけで楽しくなる市場です。
  • カリンポン・ハット
  • 発酵食品を売る店