ジャハンギール・マハル、ラジ・マハル等、オルチャの見どころをご紹介

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > インドの旅 > インドみどころ(観光)MAP > オルチャ

オルチャ

カジュラホとジャンシーの間、ベトワ川沿いの小さな村オルチャ。ここには16世紀から18世紀まで、ヒンドゥー教であるラージプート族の都バンデラ王国が布かれていました。イスラムのムガル王朝と友好関係を築き繁栄したオルチャの建築物は、ヒンドゥーとイスラム両方の影響を受けています。緑の中に堂々と佇む宮殿址はヨーロッパの古城のようにも見え、建物内は繊細なイスラム式の透かし彫りやアーチ、ヒンドゥーの神々や当時のマハラジャの蒙奢な生活を物語る壁画が残ります。一般的な北インドのツアーではなかなか訪れる機会のない静かなお勧めスポットです。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ジャハンギール・マハル

16~17世紀に栄えたバンデラ王国の都址。昔と変わらぬ外観を留めており、「まるで絵本の中に入り込んだ様」と形容される程素晴らしい雰囲気に包まれています。宮殿からは、のどかなオルチャの雰囲気を一望する事ができます。
  • ジャハンギール・マハル
  • ジャハンギール・マハルからの眺望

ラジ・マハル

王国初期に建造されたラジ・マハル。内部には数々の美しい壁画が残され、かつて隆盛を極めた当時の都の面影を見ることが出来ます。
  • ラージ・マハル
  • ラージ・マハルに残る美しい壁画