秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > ブータンの旅 > ブータンみどころ(観光)MAP > パロ
パロ みどころマップ
パロはブータンの空の玄関口。空路で入国する観光客はまずこの街からブータンの旅が始まります。 パロの標高は2,300m程度。街の真ん中にパロ川が流れており、そのおかげで山がちなブータンの中では珍しく平地が多い場所です。 豊かな水田と一際目を引くパロ・ゾンの姿があります。
パロの空港
国立博物館
メインストリート
タクツァン僧院
パロ・ゾン
ドゥンシィ・ラカン
キチュ・ラカン
ドゥゲ・ゾン


ブータンの唯一の空港。
1999年に現在の新しいターミナルが建設されました。
空路で入国する観光客のブータンの旅はこの空港から始まります。

「リンプン・ゾン」つまり「宝石の山の城」という名前を持つこのゾンは、パロの街を見下ろす場所に建てられています。15世紀にチベットから戻ってきた僧がこの場所に建立したのが始まりといわれるこのゾンは、 後にシャブドゥン・ンガワン・ナムゲルによって拡大されました。 現在の姿は20世紀初めに火事によって焼失した後に再建された姿。
ネパールのカトマンズにあるボダナートと共に映画「リトル・ブッダ」のロケ地となったことでも知られています。
デヤンカ広場

毎年春にはパロ・ゾンのすぐそばのデヤンカ広場にてブータン最大の祭り、パロ・ツェチュが開催されます。


もともとはすぐ下のパロ・ゾンを守る望楼(タ・ゾン)であったこの建物。非常に面白いつくりで円形の建物の上部から入り、展示物を見学しながら下へ下へと下りて行きます。
ブータン唯一の国立博物館だけあり、仏像やマンダラ、タンカから農具、動植物、金属細工、切手までと非常に豊富な展示物。
見学後、外に出ると眼下に雄大なパロ・ゾンの姿と美しいパロ谷の姿を望むことが出来ます。

国立博物館


パロのメインストリートから国立博物館へ向かうと左手前方にこのお堂が見えてきます。
15世紀にチベットからブータンにやって来た高僧、タントン・ギャルポによって建てられたこのお堂。
内部拝観は許可されていませんが、チベット型のチョルテンを模したその姿はブータン内では珍しい建物。
タントン・ギャルポはブータン各地に鉄の橋を架けた事で有名です。


ここがパロの街のメインストリート。
年々立ち並ぶ商店も増え、交通量も多くなり、街の規模も大きくなってきていますが、昔ながらのブータン建築が並ぶその街並みを見ると、ブータンに来たんだなあと改めて感じさせられるはず。
道沿いにはレストランや普通の商店からおみやげ物屋までが軒を連ねます。
ふらふらとお店を冷やかしながら散策してみると何かに気付くはず… この道路沿いには電柱が一本もないのです。
これは電気が通っていないのではなくて、景観を守るために全ての電線を地中に埋めたため。 こんなところからもブータンの人たちの心が伝わってきます。


中央ブータンのブムタン地方にあるジャンペ・ラカンと共にブータン最古の寺院であるこのキチュ・ラカン。 当時チベット圏に大きな力を持っていた悪魔の力を抑えるために、7世紀に初めてチベットを統一したソンツェン・ガンポ王によって建てられたと言われています。 王はその悪魔の体の108の場所に寺院を建立し仏教の布教に努めたそうで、このキチュ・ラカンはその悪魔の左足にあたる場所。
現在は特別許可を取得すれば内部の拝観が可能になりました。お堂の内部には数多くの千手千眼十一面観音像がが納められており、ご本尊正面の床には、1000年以上の間人々が五体倒地をして祈りを捧げてきたために出来た足の形のへこみが出来ています。ブータン人の信仰心の篤さを実感させられる場所です。



険しい岩山に建てられたタクツァン僧院
「タク」=虎、「ツァン」=巣。
つまり「虎の巣」という意味のこの僧院。
断崖絶壁にはりつくように建つその姿は見る者を圧倒します。
ブータンに仏教を運んできたグル・リンポチェ(パドマサンヴァバ)はその8つの変化のうちの一つである忿怒形に姿を変え、虎の背中に乗ってこの場所へやってきました。
以前は麓から歩いて展望台まで3時間ほどかかりましたが、今は道も整備され片道約1時間半ほどの距離になりました。
山道を登り、タルチョがはためくマニ車が見えてくるとゴールの展望台はもうすぐ。
眼前にこの聖地の厳かな姿を臨むカフェテリアに到着です。
残念な事に1998年に火事で全焼しましたが、2004年に修復が完了しました。以前はカフェテリアまでしか行けませんでしたが、現在は事前に内部拝観の許可を申請しておけば僧院への参拝も可能です。カフェテリアからさらに1時間(ゆっくり歩いて1時間半ほど)。山道を登り、石の階段を下り、タルチョがはためく滝のすぐ近くを通り僧院に到着します。

[関連記事]
タクツァン僧院への道のり


パロ谷の最奥。チョモラリトレッキングのスタート地点となる場所に廃墟となったゾンがあります。「ドゥック派の勝利」という意味を持つこのゾンは、1647年に起こったブータンとチベットの戦争にブータンが勝利した記念として建てられました。  
残念なことに、ここも1951年に火災によって廃墟となり、その後、修復されず今に至ります。
ドゥゲゾンへの道はパロ谷の最奥へと続く一本道。道中の民家の壁には魔除けであり、繁栄の象徴でもある立派な「ポー」が見られます。天気に恵まれれば山の合間に女神の住む山・チョモラリ(7,314m)が見られるかも知れません。