秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 西遊新聞 > ツアーレポート > 東南アジア方面
西遊旅行のスタッフが、世界の「今」をお伝えします。>> ブログ一覧はこちら
「西域浪漫飛行」中近東&中央アジア担当スタッフブログ
「サラーム・パキスタン」
「行って・見て・感じチャイナ」中国担当スタッフブログ
「西遊山組」山担当スタッフブログ
「AVENTURA -アベントゥーラ」南米担当スタッフブログ
「ナマステインディア大作戦」
「エベレスト終着駅ナマステーションへようこそ」
「THIS IS BHUTAN」ブータン担当スタッフブログ
「African Dream」アフリカ担当スタッフブログ
「秘境の話をしよう」キャラバンデスク スタッフブログ

毎日がアニマル!世界の野生動物日記

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

元添乗員の映画監督による映画紹介

旅と映画

動物スペシャリスト・秋山知伸

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

ツアーレポート 東南アジア方面

ミャンマーの旅/ Myammer

ミャンマーを旅する
東南アジアの中でも熱心な仏教国であるミャンマー。信仰篤い人々が暮らす穏やかな印象がある一方で、政治的には長きに渡る軍事政権が続き、クーデターや民主化運動の大規模デモなどが起こるなど、安定しないイメージがつきまとう国でもありました。そんなミャンマーが今、大きな転換期を迎えています。
     

カンボジアの旅/ Cambodia

遺跡を読む
クメール遺跡が紡ぐ、悠久の物語
一旦は歴史の流れに埋没しながらも、再び光を取り戻したクメールの遺跡達。長い時を経て、遺跡は私達に往時の栄華を語りかけます。密な彫刻の細部に迫り、大規模な石造建築に感嘆する。遺跡が紡ぐ物語を紐解きに旅へ出かけませんか。
  カンボジア横断
クメール遺跡探究の旅
カンボジアと聞いてまず思いつく、アンコールワット。世界遺産にも登録され観光客も年々増え、その存在はあまりにも有名です。カンボジアを訪れると、アンコールワットをはじめとしたアンコール遺跡群、また各地に点在する多くの遺跡に更に魅了されます。

ベトナムの旅/ Vietnam

黄金の棚田と少数民族の旅
収穫の秋、黄金色に輝くベトナム北部へ。 棚田が黄金色に染まる10月のハジャン。この時期は、市場の賑やかさとともに収穫期の特別な活気に満ち溢れています。
  ベトナム大周遊
-ハロン湾からメコンデルタへ-

南北に長いベトナムを北から南へ大縦断!遺跡、文化、食事・・・全てにこだわった12日間のベトナム旅行をお届けします。

ベトナム北部・ハジャンの人々
ベトナム北部の山岳地帯、ハジャン省。作物も満足に育たない石灰質のカルスト地形、歩くのも困難な急勾配の山の斜面…この厳しい生活環境に、低地から追われてきた少数民族たちが今も暮らしています。
  ベトナム最北の地を行く ディエンビエンフーからハジャンへ
黒モン族の衣装は、黒に近い藍染めにうずまき模様の刺繍が特徴。緑色の山の中で美しく映え、目立つようにこの黒の衣装を身につけているとのこと。金色の棚田の中でもその姿は本当に美しく、今も目に焼き付いています。

ラオスの旅/ Laos

ラオス周遊
ご一緒させていただいたお客様から、再訪したいというお声をたくさん頂きます。決して派手さはありませんが、そこには訪れる人の心をぐっと惹きつける何かがあります。その何かを少しでも多くの方に味わっていただきたいと思っています。
     

その他、東南アジア・オセアニアの旅/ Others

ジャワの寺院群巡りと
インドネシア美術の旅

インドネシアはジャワ島、スマトラ島、カリマンタン島など大小17,500の島々からなる群島国家。各島々によって特徴溢れる伝統文化や遺跡、民族などが残っています。その中でもこのコースでは、ジャワ島に残る仏教遺跡、ヒンドゥー遺跡を堪能するコースです。
  天国の階段バナウェの大棚田と
山岳民族紀行(フィリピン)

ルソン島中央に聳えるコルディレラ山脈には「天国への階段」「世界8番目の不思議」との異名を持つ階段状の大棚田が広がっています。
パプア・ニューギニア
セピック民俗紀行

カヌーに乗って原始美術の宝庫・セピック川流域を巡るこのコース。伝統文化が残る今の間に是非足を運んでみて下さい。そこでは時を経て育まれてきた、そして時代と共に失われて行く「芸術」と「文化」をご覧頂くことが出来るでしょう。