秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 西遊新聞 > 旅行説明会・イベントのご案内 > 長倉洋海 写真展 「長倉洋海の眼 -地を這い、未来へ駆ける-」
西遊旅行のスタッフが、世界の「今」をお伝えします。>> ブログ一覧はこちら
「西域浪漫飛行」中近東&中央アジア担当スタッフブログ
「サラーム・パキスタン」
「行って・見て・感じチャイナ」中国担当スタッフブログ
「西遊山組」山担当スタッフブログ
「AVENTURA -アベントゥーラ」南米担当スタッフブログ
「ナマステインディア大作戦」
「エベレスト終着駅ナマステーションへようこそ」
「THIS IS BHUTAN」ブータン担当スタッフブログ
「African Dream」アフリカ担当スタッフブログ
「秘境の話をしよう」キャラバンデスク スタッフブログ

毎日がアニマル!世界の野生動物日記

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

元添乗員の映画監督による映画紹介

旅と映画

こちらも更新中!マニアックな旅人へ

金子貴一のマニアックな旅
長倉洋海 写真展長倉洋海 写真展



長倉洋海 写真展 「長倉洋海の眼 -地を這い、未来へ駆ける-」

2017年3月25日(土)から5月14日(日)まで、東京都写真美術館にてフォトジャーナリスト長倉洋海氏の写真展が開催されます。
エルサルバドル、アフガニスタン、子どもたち、山の学校、近年の作品を含め200点近くの大型展です。

[ 東京都写真美術館 地下1階展示室 ]
開催期間 : 2017年3月25日(土)~5月14日(日) 休館日:毎週月曜日(ただし5月1日(月)は開館)
開場時間 :10時~20時 (入館は閉館時間の30分前まで) 

住所 : 東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内 電話:03-3280-0099

入場料 : 一般 800(640)円/学生 700(560)円/中高生・65歳以上 600(480)円 ※ ( )は20名以上団体、当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引(ご利用案内をご参照ください)/ 小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料
※会場へのアクセス方法は、東京都写真美術館のWEBサイトをご参照ください。

■関連イベント 特別対談「たった一人の戦場」を語る

開催日:2017年4月2日(日) 14:00~15:30 西原理恵子 × 長倉洋海(開場13:30)
会場:東京都写真美術館 1階ホール(定員190名)
お申し込み方法:観覧券(当日有効)をお持ちの方に当日10:00より、1階ホール受付にて入場整理券を配布いたします。

■関連イベント 長倉洋海によるギャラリートーク

開催日:会期中の土曜日・日曜日と5月3日(水・祝)・4日(木・祝)・5日(金・祝)  時間:全日13:00~約1時間 
会場:東京都写真美術館 地下1階展示室
観覧券(当日有効)をお持ちの方はどなたでもご参加いただけます。
※4月2日は特別対談につき、除きます。

長倉洋海

長倉洋海 (ながくら ひろみ) 氏

 

1952年、北海道釧路市生まれ。京都での大学生時代は探検部に所属し、手製筏による日本海漂流やアフガン遊牧民接触などの探検行をする。1980年、勤めていた通信社を辞め、フリーの写真家となる。以降、世界の紛争地を精力的に取材する。中でも,アフガニスタン抵抗運動の指導者マスードやエルサルバドルの難民キャンプの少女へスースを長いスパンで撮影し続ける。戦争の表層よりも、そこに生きる人間そのものを捉えようとするカメラアイは写真集「マスード 愛しの大地アフガン」「獅子よ瞑れ」や「サルバドル 救世主の国」「ヘスースとフランシスコ エルサルバドル内戦を生き抜いて」などに結実し、第12回土門拳賞、日本写真協会年度賞、講談社出版文化賞などを受賞した。

2004年、テレビ放映された「課外授業・ようこそ先輩『世界に広がれ、笑顔の力』」がカナダ・バンフのテレビ祭で青少年・ファミリー部門の最優秀賞「ロッキー賞」を受賞。2006年には、フランス・ペルピニャンの国際フォトジャーナリズム祭に招かれ、写真展「マスード敗れざる魂」を開催、大きな反響を呼んだ。

公式ホームページはこちら