タキシラ仏教遺跡等を訪れる旅 「桃源郷フンザを歩く」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 登山・トレッキング・ハイキング方面 > 桃源郷フンザを歩く

桃源郷フンザを歩く

カラコルムに抱かれた桃源郷を「歩いて」体感!

コンパクトな日程で憧れの桃源郷フンザへ
写真撮影がお好きな方や、ゆったりと山の展望を楽しみたい再訪の方にもおすすめな9日間の旅

  • 世界遺産
  • トレッキング
  • ハイキング
  • 厳選ホテル
  • 伝統料理
  • 花の季節
  • バルチット城の裏手から望むディラン(左・7,257m)とスマイヤー・ピーク(右・5,598m)
  • レディフィンガー(5,985m)とフンザピーク(6,270m)
  • カラコルムの大パノラマが広がるトレッキングルートを歩く
  • カラコルム・ハイウェイから望む世界第9位の高峰ナンガパルバット(8,126m)
  • ラカポシ(7,788m)を背景に走るデコトラ(カラコルム・ハイウェイ)
  • フンザの谷とウルタル峰
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • 個人旅行・フリープラン
  • このツアーの地図を見る
  • フンザ旅行徹底ガイド
  • パキスタンの旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

タキシラ仏教遺跡

旅がより楽しくなるオリジナルグッズをご参加の方全員にプレゼント!

フンザの歴史や基本情報、お散歩マップ、ブルシャスキー語会話帳を掲載した「フンザハンドブック」、美しいパキスタンの景色を切り取った「絵葉書3枚(日本までの切手付き)」、「パキスタン北部地図」をご参加の皆様にプレゼント。
いずれも西遊旅行の「パキスタンの旅」をよりお楽しみいただくために作成したオリジナルグッズです。
※フンザハンドブックはご出発前に、絵葉書、パキスタン北部地図は現地でお渡しいたします。

ツアーのポイント/ Tour Point 

●旅のハイライト・フンザでは3連泊

お仕事をされている方でもご参加いただきやすい土曜日発・日曜日帰りの9日間コース。旅のハイライト・フンザでは好立地のホテルに3連泊。7,000m級の高峰群を眺めながらゆったりと桃源郷フンザを満喫していただきます。

●カラコルム山群の大パノラマ広がるドゥイカルに宿泊

ウルタル・メドゥから、山の展望が広がるルートを歩き、ドゥイカルへ。通常、朝・夕だけに訪れる事が多いドゥイカルの丘に建つ「イーグルズネスト」に宿泊。夕焼け、朝焼け最も美しい時間帯にカラコルム山群の展望を存分にお楽しみいただきます。

フンザでは山の展望にこだわったホテルに宿泊

3連泊するカリマバードでは「フンザ・エンバシー」又は「バルチット・イン」、ドゥイカルでは「イーグルズネスト」といった、山の展望には絶好のロケーションにあるこだわりのホテルに宿泊。三脚を立てて撮影を楽しむも良し、のんびりと椅子にもたれて本を読むも良し、時間が許す限りおくつろぎいただきます。朝夕に輝く山群を心ゆくまでご堪能ください。

 

登山家・長谷川恒男氏とウルタル・メドゥ

世界初となるヨーロッパアルプス三大北壁の冬期単独登攀や、南米大陸最高峰アコンカグア南壁の冬期単独初登攀など輝かしい功績を残した長谷川恒男氏。世界の登山史に名を刻むとともに、山岳教育にも尽力していた登山家です。しかし 1991年に挑んだウルタルⅡ峰で悲劇が起こりました。10月10日、キャンプ(5,300m)を出てすぐに雪崩の直撃を受け、パートナーの星野清隆氏とともに標高差1,300m以上を流されて、43歳という若さで亡くなられました。副隊長だった奥様により、ウルタルを望むウルタル・メドゥ(牧草地)に埋葬され墓標が建てられました。そして遺志は引き継がれ、フンザの村にはハセガワ・メモリアルスクールが設立されました。
墓標が立つウルタル・メドゥへは絶壁のそそり立つ谷間を歩くトレッキングで訪問します。眼前に聳えるウルタルが、より一層迫力を増し、隣に聳えるレディフィンガーやフンザ・ピークも違う角度から望むことができる展望地です。復路では、フンザの谷を見下ろしながら山の展望を楽しめる絶景ルートに入り、前方にラカポシ、ディラン、スパンティーク(ゴールデンピーク)を望みながらゆったりとした登りをドゥイカルまで歩きます。
  • 牧草地ウルタル・メドゥ

  • ハセガワ・メモリアルスクール

  • ウルタルⅠ峰(左・7,329m)とウルタルⅡ峰(右・7,388m)を眼前に望む

フンザの名だたる名峰群を展望

パキスタンの北部山岳エリアは、8,000m以上の山が5峰、7,000m以上の山が127峰ひしめく世界でも有数の山岳エリアです。
ツアー中訪れるフンザ、またはその道中にて、それらの高峰・名峰群の一部を望むことができます。

  • ラカポシ(7,788m)

    カリマバードの村から眺めると階段状の山ひだが美しい山。ドゥイカルの丘から見るとまず初めに朝日が当たり輝きます。

  • ディラン(7,257m)

    ラカポシの東15㎞に位置し、「白きたおやかな峰」(北 杜夫 著)の小説により日本ではよく知られた山です。

  • ウルタルⅠ峰(左・7,329m)
    ウルタルⅡ峰(右・7,388m)

    バルチット城の背景に聳える名峰。麓にはウルタル登頂に挑んだ登山家・長谷川恒夫氏の墓標があります。

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
バンコク
午前発 空路、東京・大阪よりそれぞれバンコクへ。着後、航空機を乗り換えて、パキスタンの首都イスラマバードへ。着後、ホテルへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、バンコクにて合流します。
イスラマバード:ヒルビュー泊
大阪
バンコク
午前発
バンコク
イスラマバード
19:00発
22:10着
2 イスラマバード
チラス
07:00発
21:00着
専用車にて、カラコルム・ハイウェイを北上し、チラスへ。
チラス:シャングリラ・インダスビュー泊
3 チラス
カリマバード
09:00発
18:00着
専用車にて、桃源郷フンザの中心地カリマバードへ。天気がよければ道中で世界第9位の高峰ナンガパルバット(8,126m)の展望が期待できます。途中、ヒマラヤ山脈、カラコルム山脈、ヒンドゥークシュ山脈が一点に集まる三大山脈の合流ポイント、ラカポシ(7,788m)のビューポイントにも立ち寄ります。
カリマバード:フンザ・エンバシー又はバルチット・イン泊
4 カリマバード
(ナガール)
(アルチット)
  ●ナガール、アルチット村の散策を楽しむ一日
朝、ハセガワメモリアルスクールを訪問。その後、四輪駆動車にてフンザ川の対岸ナガールへ。ウルタルⅠ峰(7,329m)Ⅱ峰(7,388m)スパンティーク(ゴールデンピーク:7,027m)を展望し、ホーパル氷河を見学します。午後、400年前に建てられた古い家屋が並ぶアルチット村を散策。また、かつての領主ミールの城、バルチット城バザールを見学、散策します。
カリマバード:フンザ・エンバシー又はバルチット・イン泊
5 カリマバード
(ウルタル・メドゥ)
ドゥイカル
  ●ウルタル・メドゥ、ドゥイカルへのトレッキング(約7時間)
登山家・長谷川恒夫氏の墓標があるウルタル・メドゥ(3,270m)へトレッキンング。ウルタルやフンザピーク(6,270m)、レディフィンガー(5,985m)など迫力あるフンザの名峰の姿をより間近にご覧いただけます。その後、フンザの谷を見下ろしながら好展望地・ドゥイカルへ。南側にフンザの名峰群ラカポシやスパンティーク(ゴールデンピーク)など夕日に染まる高峰群の展望を心ゆくまでご堪能ください。
ドゥイカル:イーグルズネスト泊
6 ドゥイカル
カリマバード
ギルギット

09:00発


15:00着

早朝、朝焼けの高峰群を展望。その後、四輪駆動車にてカリマバードへ戻り、専用車にてギルギットへ。
ギルギット:セレナ泊
7 ギルギット
ベシャム
08:00発
19:00着
専用車にてベシャムへ。途中、インダス川岸のチラスの岩絵シャティアールの岩絵を訪問します。
※道中、再度ナンガパルバット展望のチャンスを設けています。
ベシャム泊
8 ベシャム
タキシラ
イスラマバード
イスラマバード

08:00発


18:00着
23:20発

専用車にてイスラマバードへ。途中、ガンダーラ最大の仏教遺跡群タキシラを見学都城址シルカップジョウリアン僧院址博物館等)。
夕食後、空港へ。航空機にて、バンコクへ。
機中泊
9 バンコク 06:25着 午前中、自由行動。午後、航空機にてバンコクへ。着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。
バンコク
東京
07:35発
15:45着
バンコク
大阪
11:00発
18:30着
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝7/昼7/夜7:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:タイ国際航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2015年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
05月02日(土) ~ 05月10日(日) 9日間 378,000円
06月13日(土) ~ 06月21日(日) 9日間 298,000円
07月04日(土) ~ 07月12日(日) 9日間 298,000円
07月18日(土) ~ 07月26日(日)
追加設定
9日間 298,000円
08月08日(土) ~ 08月16日(日) 9日間 378,000円
09月05日(土) ~ 09月13日(日) 9日間 298,000円
09月19日(土) ~ 09月27日(日) 9日間 378,000円
  • ※ 海外での空港税は全て旅費に含まれます。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は40,900円です(12月22日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名 <添乗員同行>
お一人部屋使用料 41,000円
6/13発、7/4発、9/5発コースは、特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

コース難易度/ Difficulty

体力 A B C D 歩くのが好きな方ならどなたでもご参加いただけます。5日目のウルタル・メドゥトレッキングは片道4時間の道程で一部急登がありますがゆっくりと歩きます。
高度 A B C D 最高宿泊高度は2,800m、最高到達高度は3,270mです。ウルタル・メドゥ付近では頭痛などの軽度の高度障害がでることがありますが、すぐに下ることができるルートですので心配ありません。
宿泊 ホテル泊 北部山岳地帯では停電があったり、シャワーのお湯の出が悪いことがあります。
荷物 スーツケースでご参加いただけます。フンザでの村の散策やトレッキングでは、水やカメラなどが入るデイパックをご用意ください。

 

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) パキスタン(100円)、代行手数料(4,320円)、写真2枚。旅券の残存有効期間は入国時に6ヶ月以上必要です。
気候・服装 5~6月は合服、7~9月は夏服が基本となります。フンザ地方やギルギット北部は昼夜の寒暖の差が大きい山岳気候です。曇天や朝晩の冷え込みにそなえて、ジャンパーやフリース等の上着もお持ちください。歩きやすい服装に履きなれた靴でご参加ください。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
トレッキングについて 歩くルートの勾配はゆるやかで、一部急登はありますが、ゆっくりと歩きますので健康で歩くことが好きな方でしたらどなたでもご参加いただけます。靴はトレッキングシューズをご用意ください。
日程について このコースの大部分は山岳道路を移動するため、天候や道路状況により一時的に通行不可能となることがあり、大幅に時間がかかることもあります。その場合は、日程・宿泊地の変更を余儀なくされることがあります。
宿泊について 山岳地帯のホテルでは、バスタブがなくシャワーのみであったり、お湯の時間制限があったり、停電になったりするなど設備が十分ではありません。
その他のご注意 5/2発コースは積雪の具合によって、ウルタル・メドゥまで行けないことがあります。その場合は、ドゥイカルまでのハイキングとさせていただきます。

【パキスタンの危険情報について】

2014年12月現在、フンザを含むギルギット・バルチスタン地域及びハイバル・パフトゥンハー州のチトラル郡には「渡航の延期をお勧めします」という外務省の危険情報が発出されております。弊社社員・弊社現地法人による度重なる視察と2014年までのツアー催行時の現状を考慮した上でツアーを発表しておりますが、突然の情勢悪化や政情等により日程変更を余儀なくされる場合があります。安全第一にてツアーの運営を進めてまいります。予めご理解の上でお申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行