タスマニア原生地帯(クレイドルマウンテン/セント・クレア湖国立公園)等を訪れる旅 「タスマニア島ハイキングと野生動物観察の旅 」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 東南アジア・オセアニア方面 > タスマニア島ハイキングと野生動物観察の旅

タスマニア島ハイキングと野生動物観察の旅

原生林が広がるタスマニア島 8名様限定、少人数で楽しむ自然紀行

  • 世界遺産
  • 大自然
  • ハイキング
  • 動物
  • タスマニアの固有種 タスマニア・デビル
  • 固有種タスマニア・ワラタ
  • ベネットワラビーの親子
  • クレイドルマウンテンを望むハイキング
  • ザ・ナットとバス海峡、スタンレーの町並み
  • 土ボタルが棲息するマラクーパ鍾乳洞
  • リッチモンドの石橋と教会
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
ココに注目!

訪問する世界遺産

タスマニア原生地帯(クレイドルマウンテン/セント・クレア湖国立公園)

6名様から催行・8名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●少人数限定で楽しむ! 世界遺産の原生林が残るタスマニアの大自然

タスマニア島に残る原生林やそこに生息する動植物のほとんどはオーストラリアの固有種。ツアー中、野生のカモノハシやウォンバット、オーストラリア・オットセイやフェアリー・ペンギンなど様々な野生動物の観察をお楽しみいただきます。野生動物との出会いはいつどこであるかわかりません。大きなバスでは急にバスを止めることもできないため、小型バスを利用し、6名様から8名様までの少人数限定のツアーとしております。

●太古の森クレイドルマウンテン/セント・クレア湖国立公園を歩く

タスマニアの魅力は動物ばかりではありません。固有植物も多種多様で、各所で様々な植物もご覧いただけます。豊かな原生林が残るクレイドルマウンテン/セント・クレア湖国立公園には2連泊し、太古の森を歩くハイキングにご案内します。また、夜には星空観賞にもご案内。南十字星をはじめ、北半球では観察できない天体の観察もお楽しみください。

太古の森ハイキング、ボートクルーズ、洞窟体験…様々なアプローチで
タスマニアの動物たちと出会う旅

タスマニアの大自然、そこに生きる動物たちと出会うネイチャースペシャル。
ボートクルーズや洞窟探検、ハイキングなど様々なアプローチで太古から続くタスマニアの生態系に迫ります。

  • タスマニア・デビル

    かつてはオーストラリア全土に生息していましたが、本土では絶滅。タスマニアでも観察できる場所は非常に限られています。日程3日目のスミストン近郊にて野生のタスマニア・デビル観察にご案内するほか、クレイドルマウテン国立公園の保護センターでもご覧いただけます。

    タスマニアデビル

    希少なタスマニア・デビル

  • ウォンバット

    和名で「オオフクロモルモット」と呼ばれる哺乳類有袋目の動物。タスマニア・デビルと並ぶ人気者です。夜行性であるウォンバットは、夕方から巣を出て行動をはじめます。ツアーではクレイドルマウンテン国立公園にて野生のウォンバット観察にご案内します。


    ウォンバット

    人気者のウォンバット

  • オーストラリア・オットセイ

    南半球に幅広く生息するミナミオットセイの中では最も大きくなることで知られ、タスマニアだけでなくオーストラリア本島の南部の海岸線にも生息しています。タスマニアと本土を隔てたバス海峡周辺がオーストラリア・オットセイの一大繁殖地になっています。


    ボートクルーズで観察

  • カモノハシ

    オーストラリア大陸東側とタスマニア島だけに生息する珍しい動物。カモのような口ばしを持ち、四肢には水かきを備えた不思議な哺乳類です。環境汚染のない美しい川にしか生息できないカモノハシ。タスマニア島は彼らにとって安住の地といえるかもしれません。

    野生のカモノハシと出会う

  • フェアリー・ペンギン

    世界で最も小さなペンギン。夜明けとともに巣穴を出て、沖合までエサを求めて泳いで行きます。夕暮れとともにペンギン達が巣穴を目指し、まとまって海岸を歩いて行く様子は"ペンギン・パレード"と呼ばれます。



    世界最小のペンギン、フェアリー・ペンギン

特異な自然とそこに暮らす固有種を観察
古代の大陸から生き延びた動植物

今から2億年前、地球上には超大陸と呼ばれたパンゲアという大陸ひとつしかありませんでした。1億8000万年前頃にパンゲアは北のローラシア大陸、南のゴンドワナ大陸に分かれ、オーストラリア大陸から分離したタスマニアはこのゴンドワナ大陸の一部でした。そのため、かつてゴンドワナ大陸にルーツを持つ動植物が、現在のタスマニア島で観察することができるのです。古い時代に大陸から分離したため、タスマニアにしか生息しない固有の動植物も多くみられます。現存する最大の肉食性有袋類、タスマニア・デビルはその代表的な存在。大陸では絶滅した原始的な単孔類や有袋類が独自の進化を続けてきたタスマニア。特異な自然とそこに生きる野生動物の観察をゆっくりとお楽しみください。

固有種パディメロン・ワラビー

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京 夜発 空路、東京よりオーストラリア内都市へ。
機中泊
2 オーストラリア内都市
オーストラリア内都市
デボンポート
朝着
午前発
夕方着
着後、メルボルン乗換えの国内線にてタスマニア州北部のデボンポートへ。着後、ホテルへ。
デボンポート:クォリティホテルゲートウェイ泊
3 デボンポート
ファーングレード保護区
スタンレー
スミストン
(タスマニアデビルウォッチング)
08:30発


17:00着

朝、ファーングレード保護区を訪れ、オーストラリアの固有動物である野生のカモノハシを探します。その後、メルヘンチックな佇まいのスタンレーへ。午後はタスマニアのエアーズロックと呼ばれる岩山ザ・ナットに歩いて登り、台地の上をハイキング(約2時間)。美しいバス海峡の展望や野生のパディメロン・ワラビーの観察をお楽しみください。その後、スミストンへ。夜は野生のタスマニアデビルの観察にご案内します。

スミストン:トールティンバー泊
4 (オットセイ観察クルーズ)
スタンレー
クレイドルマウンテン国立公園


10:30発
17:00着
午前、オーストラリア・オットセイを観察するボートクルーズをお楽しみください。その後、専用バスにて美しい原生林の残るクレイドルマウンテン/セント・クレア湖国立公園へ。途中、ロッキーマウンテン展望台に立ち寄ります。夕方、野生のウォンバットやベネット・ワラビーなどオーストラリア固有動物の観察にご案内。夜は南十字星をはじめとする南半球の星空観賞をお楽しみください。
クレイドルマウンテン国立公園:クレイドルマウンテンホテル泊
5 クレイドルマウンテン国立公園   終日、タスマニアの美しい原生林クレイドルマウンテン/セント・クレア湖国立公園を楽しむ一日です。午前はクレイドルマウンテンを望むダブ湖周遊トレイルをハイキング(約3時間)。美しい温帯雨林の森、固有植物の観察をお楽しみください。午後は原生林の残るキングビリー・トラックのハイキング(約45分)や、現生で世界最大の肉食有袋類タスマニア・デビルを観察できるデビルズアットクレイドルを訪れます。
クレイドルマウンテン国立公園:クレイドルマウンテンホテル泊
6 クレイドルマウンテン国立公園
マーシー川
マラクーパ鍾乳洞
ビシェノ
09:00発



17:30着
専用バスにてタスマニア東部のビシェノへ。途中、マーシー川にてカモノハシ・ウォッチングマラクーパ鍾乳洞にて神秘的な青い光を放つ土ボタルを鑑賞します。夜は海から海岸の巣へと戻ってくるフェアリー・ペンギンの観察にご案内します。
ビシェノ:ベストウエスタン泊
7 ビシェノ
フレシネ国立公園
ホバート
ホバート
メルボルン
08:00発

15:30着
夕方発
午前、フレシネ国立公園にて美しい海岸の広がるワイングラスベイ展望台へのハイキング(約1時間半)をお楽しみください。その後、専用バスにてホバートへ。途中、オーストラリア最古の石橋の残るリッチモンドを見学。ホバート着後、夕方の航空機にてメルボルンへ。着後、ホテルへ。
メルボルン:ベストウエスタン・エアポート泊
8 メルボルン
オーストラリア内都市
オーストラリア内都市
東京
朝発

昼発
夜着
空路、オーストラリア内都市で乗継ぎ、帰国の途につきます。着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝6/昼5/夜6:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:カンタス航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2017年~2018年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
11月22日(水) ~ 11月29日(水) 8日間 498,000円
01月17日(水) ~ 01月24日(水) 8日間 498,000円
02月07日(水) ~ 02月14日(水) 8日間 498,000円
02月21日(水) ~ 02月28日(水) 8日間 498,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)は不要です(7月7日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 6名(8名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 68,000円
少人数限定コースのため再利用割引・特別割引はありません。
日本の国内線割引:大阪・名古屋・福岡/東京間は無料で別途手配いたします(カンタス航空の指定便に限る)。その他の地方からの国内線割引についてはお問い合わせください。
国際線のビジネスクラス:東京/メルボルン往復のビジネスクラスは追加費用35万円で別途手配いたします。ご希望の方はお早めにお申し込みください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。オーストラリアのETAS渡航認証が必要です(無料)。申請の代行手数料は2,160円です。旅券の有効期限は帰国時まで有効なものが必要です。
気候・服装 初夏又は夏のベストシーズンです。晴れた日は長袖シャツ程度で過ごせますが、朝晩の冷え込みや急激な天候の変化に備え、フリースにウィンドブレーカー等もお持ちください。朝晩は10℃以下まで下がることもあります。この時期は比較的雨が少ない季節ですが、タスマニアは年間を通じて雨が多い地域ですので、防水性のハイキングシューズに上下セパレート式の雨合羽はお持ちください。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
荷物について 今回のツアーでは小型車を利用します。車内の荷物を置くスペースに限りがありますので、スーツケースは中型サイズ(キャスターを含め高さ70㎝程度)のものでご参加ください。
その他のご注意 自然観察ですので、写真や日程表中の動植物が必ず見られるとは限りません。特に野生のカモノハシ、タスマニア・デビルは稀少動物のため観察できないこともあります。予めご了承ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行