「ワイルド・プーナエクスプローラー」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 北米・中米・南米方面 > ワイルド・プーナエクスプローラー

ワイルド・プーナエクスプローラー

絶景広がるアルゼンチン最北の高原砂漠プーナを行く

  • 大自然
  • 鉄道の旅
  • フォトジェニック
  • カンポ・デ・ピエドラ・ポメズ
  • 大塩湖サリナス・グランデ
  • アンデス最深部を走る「雲の列車」に乗車
  • アリザロ塩原とコノ・デ・アリタ
  • 高原砂漠に暮らすビクーニャ
  • 白の大砂丘
  • ラビリンス砂漠
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
  • 中南米の旅
ココに注目!

7名様から催行・11名様限定

「雲の列車」に乗車

四輪駆動車は窓側席確約

ツアーのポイント/ Tour Point 

●サルタから四輪駆動車にて高原砂漠プーナへ

アルゼンチン北西部サルタ州、フフイ州、カタマルカ州に広がる高原砂漠プーナ。サルタから四輪駆動車にてアルティプラーノの絶景を眺めながら、プーナ地域へ。ハイライトとなるエルペノン、トラル・グランデにそれぞれ2連泊し、軽石の大地が広がるカンポ・デ・ピエドラ・ポメズ、アリザロ塩原や紺碧の泉オホス・デル・マールなど日本ではほとんど知られていない絶景地にご案内します。

●標高4,220mを走る「雲の列車」に乗車

旅の後半はサルタ州を走る「雲の列車」に乗車し、標高4,220mのポルボリージャ鉄橋へ。車窓から刻々と移り変わるアンデスの風景を存分にお楽しみください。

●四輪駆動車は1台につきお客様3人乗りまで

高所での未舗装の移動が続くため、少しでも快適にお過ごし頂けるよう四輪駆動車は1台につきお客様3人乗りまでとしております。次々に現れるプーナの絶景を車窓からも存分にお楽しみください。

アンデス山脈最深部に広がる 高原砂漠プーナ

「標高の高い場所」という意味を持つプーナは、アルゼンチン北西部のアンデス山脈に広がる高原地帯。標高約3,000m~5,000mに位置し、サルタ州、フフイ州、カタマルカ州の3州に跨って広がっています。軽石の大地カンポ・デ・ピエドラ・ポメズや雄大な白の大砂丘、1,600㎢もの大きさを持つアリザロ塩原、その中に聳えるピラミッド型の山コノ・デ・アリタ、紺碧の泉オホス・デル・マール、絶景広がるラビリンス砂漠など、日本でほとんど紹介されることがなかったアンデスの絶景が広がっています。宿泊施設も限られているため、まだまだ訪れる観光客も少なく、広大な大自然を存分にお楽しみいただけます。
  • 白の大砂丘

  • オホス・デル・マール

  • 高原砂漠に暮らすビクーニャ

  • ラビリンス砂漠

大自然の造形美 カファジャテ渓谷

サルタから南へ約180km、コンチャス川による浸食で形成されたカファジャテ渓谷は、ブドウの産地としても知られます。アルゼンチンのグランドキャニオンとも呼ばれ、岩山が織りなす迫力ある大自然の造形美がお楽しみいただけます。「悪魔の喉ぼとけ(ガルガンタ・デル・ディアブロ)」や、狭まった岩々の先に空間がひろがる「円形劇場(エル・アンフィテアトロ)」と呼ばれる見ごたえのある奇岩群が並びます。

カファジャテ渓谷の絶壁

日程表/ Schedule 地図を見る

  • 通常の日程
  • 11/6発:ウマワカ渓谷も訪れる特別企画
  • 4/26発:GW特別企画

【 通常の日程 】

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
米国内都市
米国内都市
夕方発
午後着
夜発
空路、東京より日付変更線を越えて米国内都市へ。着後、航空機を乗り換えて、アルゼンチンのブエノスアイレスへ。
機中泊
2 ブエノスアイレス
ブエノスアイレス
サルタ
朝着
昼又は午後発
午後又は夕方着
ブエノスアイレス着後、乗合バスにて、国内線空港へ移動し、航空機にてサルタ州の州都サルタへ。着後、ホテルへ。
サルタ泊
3 サルタ
カファジャテ渓谷
カファジャテ
08:30発

16:00着
四輪駆動車にてワイナリーの町として知られるカファジャテ(1,620m)へ。途中、カファジャテ渓谷を訪れ「悪魔の喉ぼとけ」「円形劇場」とよばれる絶壁や奇岩群を見学します。
カファジャテ泊
4 カファジャテ
キルメス遺跡
エルペノン
08:30発

18:00着
午前、プレ・インカのキルメス遺跡を見学。その後、アルゼンチン北西部に広がる高原砂漠プーナへと入り、エルペノン(3,400m)へ。
エルペノン泊
5 エルペノン
(カンポ・デ・ピエドラ・ポメズ)
(ラグーナ・グランデ)
  終日、絶景広がるエルペノン近郊の見所を巡ります(風化浸食によって生み出された軽石の大地カンポ・デ・ピエドラ・ポメズ、絶景広がる白の大砂丘、カタマルカ州最大のフラミンゴの飛来地であるラグーナ・グランデ等)。
※道路状況により、ラグーナ・グランデを訪れることができない場合があります。その場合は真っ黒な溶岩台地とラグーンが広がるカラチパンパを訪れます。
エルペノン泊
6 エルペノン
アントフォガスタ・デ・シエラ
トラル・グランデ
08:30発

18:00着
四輪駆動車にて砂漠のオアシスアントファガスタ・デ・シエラアントフォラの塩原アリザロ塩原に聳える火山コノ・デ・アリタ等の絶景地を走り、トラル・グランデ(3,550m)へ。
トラル・グランデ泊
7 トラル・グランデ   終日、四輪駆動車にてトラル・グランデの絶景地を巡ります(塩の大地に忽然と現れる真っ青な泉オホス・デル・マール、360度砂漠と岩山のパノラマが広がるヒドゥンドゥーン、かつて鉱山列車の駅があったカイペ等)。夕方、夕日に染まるトラル・グランデの風景をお楽しみください。
トラル・グランデ泊
8 トラル・グランデ
ラビリンス砂漠
サリナス・グランデ
サン・アントニオ・デ・ロス・コブレス
08:00発


18:00着
四輪駆動車にて迷路の様な岩山が連なる絶景のラビリンス砂漠を走り、サン・アントニオ・デ・ロス・コブレス(3,750m)へ。途中、大塩湖サリナス・グランデを見学します。
サン・アントニオ・デ・ロス・コブレス泊
9 (雲の列車)
サン・アントニオ・デ・ロス・コブレス
サルタ

15:00発
18:00着
アンデス最深部を走る高原列車「雲の列車」に乗車し、雄大なアンデスの眺めながら、標高4,220mに位置するラ・ポルボリージャ鉄橋を目指します(往復)。その後、サルタ(1,200m)へ。
サルタ泊
10 サルタ
ブエノスアイレス
ブエノスアイレス
午前又は昼発
昼又は午後着
夜発
午前の国内線にてブエノスアイレスへ。着後、乗合バスにて国際線空港へ移動し、夜の国際線にて米国内都市へ。
機中泊
11 米国内都市
米国内都市
早朝着
午前発
着後、航空機を乗り換えて帰国の途に就きます。
機中泊
12 東京 午後着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝8/昼7/夜8:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:アメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空、アルゼンチン航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

【 11/6発:ウマワカ渓谷も訪れる特別企画 】

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
米国内都市
米国内都市
夕方発
午後着
夜発
空路、東京より日付変更線を越えて米国内都市へ。着後、航空機を乗り換えて、アルゼンチンのブエノスアイレスへ。
機中泊
2 ブエノスアイレス
ブエノスアイレス
サルタ
朝着
昼又は午後発
午後又は夕方着
ブエノスアイレス着後、乗合バスにて、国内線空港へ移動し、航空機にてサルタ州の州都サルタへ。着後、ホテルへ。
サルタ
3 サルタ
カファジャテ渓谷
カファジャテ
08:30発

16:00着
四輪駆動車にてワイナリーの町として知られるカファジャテ(1,620m)へ。途中、カファジャテ渓谷を訪れ「悪魔の喉ぼとけ」「円形劇場」とよばれる絶壁や奇岩群を見学します。
カファジャテ
4 カファジャテ
キルメス遺跡
エルペノン
08:30発

18:00着
午前、プレ・インカのキルメス遺跡を見学。その後、アルゼンチン北西部に広がる高原砂漠プーナへと入り、エルペノン(3,400 m)へ。
エルペノン
5 エルペノン
(カンポ・デ・ピエドラ・ポメズ)
(ラグーナ・グランデ)
 

終日、絶景広がるエルペノン近郊の見所を巡ります(風化浸食によって生み出された軽石の大地カンポ・デ・ピエドラ・ポメズ、絶景広がる白の大砂丘、サルタ州最大のフラミンゴの飛来地であるラグーナ・グランデ等)。

エルペノン

6 エルペノン
アントフォガスタ・デ・シエラ
トラル・グランデ

08:30発


18:00着

四輪駆動車にて砂漠のオアシスアントファガスタ・デ・シエラ、アントフォラ塩原、アリザロ塩原に聳える火山コノ・デ・アリタ等の絶景地を走り、トラル・グランデ(3,550m)へ。 着後、夕日に染まるトラル・グランデの風景をお楽しみください。
トラル・グランデ


7 トラル・グランデ
ラビリンス砂漠
サン・アントニオ・デ・ロス・コブレス
08:00発

18:00着
朝、塩の大地に忽然と現れる真っ青な泉オホス・デル・マールや360度砂漠と岩山のパノラマが広がるヒドゥンドゥーンを見学。その後、 四輪駆動車にて迷路のような岩山が連なる絶景のラビリンス砂漠を走り、サン・アントニオ・デ・ロス・コブレス(3,750m)へ。
サン・アントニオ・デ・ロス・コブレス
8 (雲の列車)
サン・アントニオ・デ・ロス・コブレス
サリナス・グランデ
プルママルカ
08:00発


18:00着
アンデス最深部を走る高原列車「雲の列車」に乗車。雄大なアンデスの眺めながら、標高4,220mに位置するラ・ポルボリージャ鉄橋を目指します(往復)。その後、プルママルカ(2,192m)へ。途中、大塩湖サリナス・グランデに立ち寄ります。
プルママルカ泊
9 プルママルカ
(ウマワカ渓谷)
サルタ
  四輪駆動車にて、世界遺産ウマワカ渓谷へ訪れます。様々な鉱物の色彩が織りなす不思議な山肌を有することから"七色の丘"とも呼ばれる奇観を見学。その他、プレインカ時代の遺跡の残るティルカラ、石畳の道にアドベ(日干し煉瓦)作りの建築物の並ぶ美しい村ウマワカを訪れます。その後、サルタ(1,200m)へ。
サルタ泊
10 サルタ
ブエノスアイレス
ブエノスアイレス
午前又は昼発
昼又は午後着
夜発
午前の国内線にてブエノスアイレスへ。着後、乗合バスにて国際線空港へ移動し、夜の国際線にて米国内都市へ。
機中泊
11 米国内都市
米国内都市
早朝着
午前発
着後、航空機を乗り換えて帰国の途に就きます。
機中泊
12 東京 午後着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝8/昼7/夜8:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:アメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空、アルゼンチン航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

【 4/26発:ゴールデンウィーク特別企画 】

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
米国内都市
米国内都市
夕方発
午後着
夜発
空路、東京より日付変更線を越えて米国内都市へ。着後、航空機を乗り換えて、アルゼンチンのブエノスアイレスへ。
機中泊
2 ブエノスアイレス
ブエノスアイレス
サルタ
朝着
昼又は午後発
午後又は夕方着
ブエノスアイレス着後、乗合バスにて、国内線空港へ移動し、航空機にてサルタ州の州都サルタへ。着後、ホテルへ。
サルタ
3 サルタ
(ウマワカ渓谷)
プルママルカ
08:30発

17:00着
四輪駆動車にて、世界遺産ウマワカ渓谷へ。様々な鉱物の色彩が織りなす不思議な山肌を有することから"七色の丘"とも呼ばれる奇観を見学。その他、プレインカ時代の遺跡の残るティルカラ、石畳の道にアドベ(日干し煉瓦)作りの建築物の並ぶ美しい村ウマワカを訪れます。 その後、プルママルカ(2,192m)へ。
プルママルカ泊
4 プルママルカ
サリナス・グランデ
ラビリンス砂漠
トラル・グランデ
08:30発

18:00着
四輪駆動車にて、大塩湖サリナス・グランデへ訪れます。その後、迷路のような岩山が連なる絶景のラビリンス砂漠を走り、トラル・グランデ(3,550m)へ。
トラル・グランデ
5 トラル・グランデ  

終日、四輪駆動車にてトラル・グランデの絶景地を巡ります(塩の大地に忽然と現れる真っ青な泉オホス・デル・マール、360度砂漠と岩山のパノラマが広がるヒドゥンドゥーン、かつて鉱山列車の駅があったカイペ等)。夕方、夕日に染まるトラル・グランデの風景をお楽しみください。

トラル・グランデ

6 トラル・グランデ
アンド・フォガスタ・デ・シエラ
エルペノン

08:30発


18:00着

四輪駆動車にて、アリザロ塩原に聳える火山コノ・デ・アリタアントフォラの塩原、砂漠のオアシスアントファガスタ・デ・シエラ等の絶景地を走りエルペノン(3,400m)へ。
エルペノン


7 エルペノン
(ラグーナ・グランデ)
(カンポ・デ・ピエドラ・ポメズ)
08:30発

18:00着

終日、絶景広がるエルペノン近郊の見所を巡ります(風化浸食によって生み出された軽石の大地カンポ・デ・ピエドラ・ポメズ、絶景広がる白の大砂丘、サルタ州最大のフラミンゴの飛来地であるラグーナ・グランデ等)。

エルペノン
8 エルペノン
(カファジャテ渓谷)
サルタ
08:00発

18:00着
四輪駆動車にて、サルタ(1,200m)へ。途中、カファジャテ渓谷を訪れ「悪魔の喉ぼとけ」「円形劇場」と呼ばれる絶壁や奇岩群を見学します。
サルタ泊
9 サルタ
ブエノスアイレス
ブエノスアイレス
午前又は昼発
昼又は午後着
夜発
午前の国内線にてブエノスアイレスへ。着後、乗合バスにて国際線空港へ移動し、夜の国際線にて米国内都市へ。
機中泊
10 米国内都市
米国内都市
早朝着
午前発
着後、航空機を乗り換えて帰国の途に就きます。
機中泊
11 東京 午後着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝7/昼6/夜7:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:アメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空、アルゼンチン航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2018年~2019年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
10月10日(水) ~ 10月21日(日) 12日間 698,000円
11月06日(火) ~ 11月17日(土)
世界遺産ウマワカ渓谷も訪れる特別企画
12日間 728,000円
03月15日(金) ~ 03月26日(火) 12日間 718,000円
04月05日(金) ~ 04月16日(火) 12日間 718,000円
04月26日(金) ~ 05月06日(月)
ゴールデンウィーク特別企画
11日間 728,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は21,000円です(6月28日現在の見込み)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 7名(11名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 10/10発、4/26発コース:46,000円 11/6発、3/15発、4/5発コース:58,000円(エルペノン、トラル・グランデ泊除く)
少人数限定コースのため再利用割引・特別割引はありません。
日本の国内線割引:大阪・名古屋/東京間は無料、それ以外の日本主要都市からは往復10,000円の追加で別途手配いたします(国際線の航空会社の指定便に限る)。詳しくはお問い合わせください。
国際線のビジネスクラス:お名前をお預かりしてから別途お手配いたします。航空券代の差額(概ね50~70万円前後)をご案内いたしますので、詳しくはお問い合わせください。なお、お名前をお預かりさせていただく時期によって、お値段が変わることがあります。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存期間は帰国時まで有効なものが必要です。アメリカ電子渡航認証システムによる渡航認証(ESTA)が必要です。実費(1,700円)、代行手数料(4,320円)。※ESTAの取得にはIC旅券が必要です。また、2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメンに渡航または滞在したことがある方は、ESTAの取得ができず、既にESTAを取得している場合でも無効となるため、別途アメリカ査証の取得が必要になります。査証取得には面接が必要で時間もかかるため、該当される方はお早めにお問い合わせください。
気候・服装 アルゼンチンは南半球に位置するため、この時期は秋から冬にあたります。標高が高い地域が多く、日中の最高気温が5℃~10℃、朝晩は氷点下にまで冷え込みます。しっかりとした冬服をご準備ください。この時期は乾季ですが念のため雨具もお持ちください。靴は歩きやすい運動靴が最適です。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
宿泊について エルペノン、トラル・グランデは宿泊施設が非常に少なく、部屋数も限られているためお一人部屋はお取りできません。設備も十分ではなく、シャワーのみとなり、暖房設備も十分でないことがあります。場合によっては民家に分宿となることもあります。辺境の地のご旅行であることを十分ご理解いただいたうえでご参加ください。
高山病について 高山病の影響が十分予想されるコースです。ご参加の方全員に健康アンケートのご記入をお願いしております。高山病対策として、添乗員がパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)を持参し、現地で酸素ボンベを用意します。
高山病についてのご注意と取り組み
海外旅行保険について ご参加の方には疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。
エルペノンの観光について ラグーナ・グランデは10月~4月の間のみ訪れることができますが、道路状況によっては訪れることができません。その場合、溶岩大地とフラミンゴの飛来する湖のあるカラチパンパへご案内します。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行