「リシケシでのヨガ体験」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 南アジア(インド・ブータン等)方面 > リシケシでのヨガ体験

リシケシでのヨガ体験

心と体を癒す旅(インド)

  • 文化体験
  • ガンジスのほとりで合掌して太陽を仰ぐ
  • 巡礼者であふれるハリドワールのガート
  • 夕日に照らされるシュリ―・トラヤンバクシュワール寺院(リシケシ)
  • ガンジス川に祈りを捧げる修行僧
  • ガンジス川に架かるラクシュマン・ジューラー吊り橋
  • ヨガ・ニケタン道場の様子
  • ツアーレポート
  • 個人旅行・フリープラン
  • このツアーの地図を見る
  • インドの旅

ツアーのポイント/ Tour Point 

●インドヒマラヤの麓 厳選したアシュラムで過ごす2日間

ガンジスを遡り、ヒマラヤの麓・聖地リシケシのアシュラムに2連泊します。滞在中は、ヨガや瞑想のプログラムに参加するもよし、町を自由に散策するもよし。それぞれのペースでヨガの聖地をお楽しみください。ヨガ初心者の方にもご参加いただきやすい内容です。

●巡礼者の町・ハリドワールも訪問

ヒンドゥー教の神様シヴァ神の聖地であるハリドワールは、聖河ガンジスの源流、神々の住む山地への入口と言われています。常に巡礼者でにぎわうハルキパイリーでは、人々の篤い信仰にふれることができます。

●ヒマラヤの麓でインド人の生き方と思想にヨガを通してふれる

ヨガとは、インド古典六派哲学のひとつで、この世の全て、真理を追求する方法として生まれた古代インド発祥の修行法です。「ヨーグ」=「繋ぐ」という言葉からきており、今も昔も「自分を磨くための方法」とされています。ヒマラヤの麓・リシケシでインド人の思想にふれ、心と体をほぐしてみませんか。ヨガレッスンは初めての方でも大丈夫。瞑想と呼吸法から始めて、慣れてきたら見よう見まねでポーズをとってみてください。

本場リシケシでアシュラムに体験入門

数あるアシュラムの中でも、静かで本格的な「ヨガ・ニケタン・アシュラム」に体験入門。併設の短期滞在者用ゲストハウスに滞在し、瞑想とヨガを体験していただきます。ゲストハウスは全部屋がガンジス川に面しています。食事は菜食で、アルコールは禁止です。心と身体をリセットする2日間をお過ごしください。

●ヨガ・ニケタン・アシュラムのスケジュール例

※全てのスケジュールは自由参加です。 ※スケジュールは季節によって変わります。

客室のバルコニーから望むガンジス

05:00−08:00 瞑想、ヨガ、朝食
08:00- 自由行動
12:00- 昼食
15:15−16:00 ヨガの講義 (不定期)
16:00- 午後のティータイム
17:00−20:00 ヨガ、瞑想、夕食
  • 朝夕2回のヨガを体験(ヨガ・ニケタン道場)

  • ニケタンの敷地内はセキュリティ対策も万全

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
デリー
11:30発
16:50着
空路、東京より直行便で、大阪より香港経由の便で、それぞれインドの首都デリーへ。着後、ホテルへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往路)、デリーにて合流します。
デリー(グルガオン)泊
大坂
デリー
13:25発
21:35着
2 デリー
ハリドワール
ハリドワール
リシケシ
早朝発
(約5時間)
15:00発
16:00着
早朝の列車にてヒンドゥー教の聖地のひとつハリドワールへ。ハリドワールでは、ガンジス川沿いの「神の足跡」を意味するハルキパイリーで沐浴をするヒンドゥー教徒の人々の姿が見られます。その後、専用車にてヒマラヤの入り口ともいわれるガンジス川のほとりの町リシケシへ。着後、ヨガの道場アシュラムのゲストハウスへ。
リシケシ:ヨガ・ニケタン・アシュラム泊
3 リシケシ   終日リシケシに滞在。早朝の瞑想とヨガの後、ガンジス川にかかる橋を渡り、聖地リシケシの町を散策。午後のティータイムの後、再び瞑想とヨガの時間を過ごします。
リシケシ:ヨガ・ニケタン・アシュラム泊
4 リシケシ
デリー
デリー
10:00発
17:00着
21:10発
早朝の瞑想とヨガの後、専用車にてデリーへ戻ります。着後、空港へ。空路、帰国の途に着きます。
機中泊
5 東京 08:45着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝3/昼3/夜2:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:エア・インディア
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2015年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発/東京着 催行状況
05月02日(土) ~ 05月06日(水) 5日間 228,000円
08月08日(土) ~ 08月12日(水) 5日間 218,000円
09月19日(土) ~ 09月23日(水) 5日間 218,000円
  • ※ 海外での空港税は全て旅費に含まれます。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は27,000円です(11月27日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 2名 <10名様より添乗員同行>※日本より添乗員が同行しない場合、現地日本語ガイドがご案内します。
お一人部屋使用料 14,000円

特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。

エア・インディアのビジネスクラス特別価格:国際線のビジネスクラスは、特別価格で往復140,000円の追加で別途手配いたします。ご希望の方はお早めにお申し込みください。

催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) インド(2,156円)、代行手数料(4,320円)、写真1枚。旅券の残存有効期間は6ヶ月以上、査証欄余白は2ページ以上必要です。
気候・服装 全行程夏服が基本となります。冷房の効いたホテルやバス車内用に上着をお持ちください。リシケシでのアシュラム滞在中は、動きやすいリラックスした服装がおすすめです。各地正装の必要はございません。履きなれた靴、動きやすい服装でご参加ください。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
ホテルについて リシケシでは簡素な設備ながらも全客室がガンジス川に面したゲストハウスに宿泊します。トイレ・シャワーはありますが、備え付けのトイレットペーパーやタオル、石鹸などはございませんので、ご自身でお持ちください。また、施設内は禁酒・禁煙です。
日程について インドの列車はスケジュールが変わりやすいため、日程変更を余儀なくされることがあります。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行