「花のロータン・パスとダラムサラ」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 南アジア(インド・ブータン等)方面 > 花のロータン・パスとダラムサラ

花のロータン・パスとダラムサラ

幻の花・ブルーポピーを求めてハイキング

インドの隠れた花の名所、ロータン・パス
高山植物が咲き乱れるベストシーズン限定

  • 伝統料理
  • 大自然
  • 祭り見学
  • ロータン・パス周辺に咲くブルーポピー
  • ロータン・パスを彩る高山植物
  • 花の中をハイキング
  • ヒマラヤ杉に囲まれたハディンバ寺院
  • オールドマナリの民家群
  • ロータン・パス付近より眺めるインドヒマラヤ
  • タシ・ジョン僧院にて
  • バザールを散策(ダラムサラ)
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • 個人旅行・フリープラン
  • ツアーレポート
  • このツアーの地図を見る
  • インドの旅

ツアーのポイント/ Tour Point 

●花咲くベストシーズン限定企画

7月はブルーポピーやエーデルワイスなど、多種多様な高山植物が咲く美しい季節です。インドヒマラヤを背景に、色とりどりの花々の観察を存分にお楽しみください。

●トレッキングせずに花々を観察

ロータン・パス付近では、花々を観察しながらゆっくりと散策します。勾配のきつい箇所はありません。散策は3〜4時間程度です。

●インドの中のチベット・ダラムサラを訪問

ダライ・ラマ14世の亡命地であり、チベット亡命政権の中心地として知られるダラムサラを終日かけてゆっくり観光。チベット料理やヒマーチャル料理もご賞味いただきます。

●連泊地では安心のホテル指定

2連泊するダラムサラでは、賑わうバザールに近い「スーリヤリゾート」に宿泊します。3連泊するマナリでは、景観の良い「バノンリゾート」を確約しています。

チベット亡命政権ダラムサラ

1959年、ダライ・ラマ14世がインドへ亡命し、1960年4月に亡命政権がダラムサラに置かれました。チベット亡命政権の各省庁の他、チベット仏教論理大学、チベット子供村、チベット舞台芸術研究所、チベット文献図書館、ノルブリンカ芸術文化研究所などがあり、チベット文化の拠点となっています。今はラダックなどのチベット文化圏に暮らす人々が言葉や文化を学びに来る場にもなっています。

チベット子供村(TCV)

1960年にチベット難民労働者の乳児院として開設され、現在は乳児から18歳までの約2000人の子供が暮らしています。なかには4,000mを超える雪山を歩いて越えてきた子供たちもいます。世界中からの支援によって運営されチベットの子供たちに貴重な教育の場を提供しています。

ノルブリンカ芸術文化研究所

チベット仏教の精神的・文化的遺産、伝統芸術・技術を保存し発展させるための取り組みが行われています。チベット人が異国の地で経済的に自立することも目指しており、20歳代前半までの青年を対象にタンカ絵師や仏像の彫師を養成するコースや裁縫・刺繍の職業訓練の教室なども設けられています。
  • チベット子供村

    チベット子供村

  • タンカ絵師を目指す青年(ノルブリンカ)

    タンカ絵師を目指す青年(ノルブリンカ)

  • どの僧院も本堂中央にダライ・ラマの玉座が据えられている

  • チベットから持ち込まれた仏具などが売られる露店商

    チベットから持ち込まれた仏具などが売られる露店商

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
デリー
11:30発
16:50着
空路、東京より直行便で、大阪より香港経由の便で、それぞれインドの首都デリーへ。着後、ホテルへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往路)、デリーにて合流します。
デリー(グルガオン)泊
大阪
デリー
13:25発
21:35着
2 デリー
チャンディーガル
チャンディーガル
ダラムサラ
朝発
(約4時間)
約6時間
朝、列車にてチャンディーガルへ。着後、専用車にてダライ・ラマ14世亡命の地ダラムサラ(1,800m)へ。夕食はヒマーチャル料理をご賞味ください。
ダラムサラ:スーリヤリゾート泊
3 ダラムサラ   終日、ダラムサラ観光ノルブリンカ芸術文化研究所ナムギャル僧院セチュリン僧院チベット子供村等)。さらに、マクロードガンジのバザール散策もお楽しみください。昼食はチベット料理をご賞味ください。
ダラムサラ:スーリヤリゾート泊
4 ダラムサラ
パランプール
マナリ
08:00発

18:00着
専用車にて、谷間の集落や棚田が続く絶景を眺めながら、ヒマラヤの山里マナリ(2,050m)へ。途中、パランプールにあるドゥクパ・カギュ派のタシ・ジョン僧院に立ち寄ります。
マナリ:バノンリゾート泊
5 マナリ
(ロータン・パス南面)
  午前中、ロータン・パス(3,980m)周辺へ高山植物の観察に出かけます。峠より南側のマリー村(3,450m)までゆっくり下ります(徒歩3~4時間)。道中、幻の花といわれるブルーポピーをはじめ、エーデルワイスやアネモネなど、色とりどりの花々の観察をお楽しみください。
マナリ:バノンリゾート泊
6 マナリ
(ロータン・パス峠周辺)
  前日に引き続き、ロータン・パス周辺へ高山植物の観察に出かけます。天気が良ければ、北に5,000m級のインドヒマラヤの山々が望めます。その後、マナリへ戻り市内観光(独特な建築様式の古い民家が並ぶオールドマナリ、ヒマラヤ杉に囲まれた木造寺院ハディンバ寺院バザール散策等)。
マナリ:バノンリゾート泊
7 マナリ
チャンディーガル
08:00発
18:00着
専用車にて、風光明媚な林檎の里として知られるクルを経由しチャンディーガルへ。
チャンディーガル泊
8 チャンディーガル
デリー
デリー
朝発
(約4時間)
21:10発
列車にてデリーへ戻ります。着後、予定通り到着した場合は、簡単な市内観光。その後、空港へ。空路、帰国の途につきます。
機中泊
9 東京 08:45着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝7/昼7/夜6:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:エア・インディア
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2015年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発/東京着 催行状況
07月04日(土) ~ 07月12日(日) 9日間 268,000円
07月11日(土) ~ 07月19日(日) 9日間 268,000円
07月18日(土) ~ 07月26日(日) 9日間 268,000円
  • ※ 海外での空港税は全て旅費に含まれます。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は27,000円です(11月27日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(15名様限定)<添乗員同行>
お一人部屋使用料 39,000円
特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。
エア・インディアのビジネスクラス特別価格:国際線のビジネスクラスは、特別価格で往復140,000円の追加で別途手配いたします。ご希望の方はお早めにお申し込みください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) インド(2,156円)、代行手数料(4,320円)、写真1枚。旅券の残存有効期間・査証欄余白は申請時6ヶ月以上・2ページ以上必要です。
気候・服装 全行程夏服で過ごせますが、朝晩は冷え込むことがありますのでセーター等の上着もお持ちください。雨季にあたりますので、高山植物観察の際には、防水の効いたハイキングシューズ又はトレッキングシューズ、上下セパレート式の雨合羽をお持ちください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
高山病について 花の観察は標高3,500〜3,900m付近となりますが、マナリ(2,050m)からの日帰りですので高山病の心配はそれほどありません。ただし、ご参加の方には疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険のご加入をお願いしています。
高山病についてのご注意と取り組み
日程について ロータン・パス付近への道は簡易舗装道路のため、雨が降った後はぬかるみ、道路が非常に渋滞することがあります。その場合は、ロータン・パスの峠頂上までご案内できないことがあります。また、その年の天候により、花の開花時期は多少ずれることがあります。残雪や開花状況、道路状況により散策地を変更することがあります。予めご了承ください。
観光について 寺院・僧院は観光地ではないため、現地事情により入場できないことがあります。また、写真や日程表中の植物が必ずしも見られるとは限りません。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行