シルクロード(彬県大仏寺石窟、麦積山石窟、炳霊寺石窟)等を訪れる旅 「黄土高原十大石窟 仏教美術の旅」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 中国・日本・極東ロシア方面 > 黄土高原十大石窟 仏教美術の旅

黄土高原十大石窟 仏教美術の旅

もうひとつのシルクロードを辿る、黄土高原に華開いた仏教芸術を訪ねて

  • 史跡・遺跡
  • 炳霊寺石窟 黄河沿いに立つ高さ27mの磨崖仏
  • 「東方の塑像館」と呼ばれる麦積山石窟
  • 絶壁に高さ40mの三尊仏のレリーフが残る拉梢寺石窟
  • 阿弥陀如来座像(大仏寺石窟)
  • 絶壁に塑像が残る麦積山石窟
  • 黄河を遡り炳霊寺石窟へ
  • 炳霊寺石窟 16窟 涅槃像
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
  • シルクロードの旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

シルクロード(彬県大仏寺石窟、麦積山石窟、炳霊寺石窟)

遺跡・史跡

ツアーのポイント/ Tour Point 

●黄土高原に点在する石窟群を訪問

甘粛省を中心とした黄河沿いの地方は、かつての長安に至るシルクロードの東端にあたりました。東西文化の交流とともに古来より仏教が栄えた黄土高原に点在する数々の石窟群を訪れます。

●麦積山石窟、炳霊寺石窟では特別拝観窟を見学

「東方の塑像館」と言われる天水郊外の麦積山石窟と、黄河のほとりに位置する炳霊寺では、普段開放されている一般開放窟だけではなく、特別拝観窟(有料窟)を厳選してご案内いたします。

黄土高原に残された十大石窟を見学

中原と西域を結ぶシルクロードの交易路として栄えた黄土高原は、知られざる石窟が点在する仏教芸術の宝庫です。壁画や塑像など今なお残された仏教芸術をじっくりと堪能していただきます。
  • 1.大仏寺石窟

    初唐時代に唐の太宗によって造られ、主洞窟の大仏像は盛唐時代の精巧で美しい石刻の芸術と造形の風格を示しています。

    阿弥陀如来座像(大仏寺石窟)

  • 2.北石窟寺

    寺溝石窟とも呼ばれ、北魏から造られました。2000体以上の仏像が彫られています。窟外の両側には、天王像が構えます。

    北石窟寺石窟外観

  • 3.南石窟寺

    東方洞とも呼ばれ北魏から造られました。保存状態の良い菩薩や如来像が残ります。

    南石窟寺

  • 4.王母宮石窟

    西王母生誕の地といわれ、200体以上の塑像が祀られています。

    王母宮石窟横の霊廟

  • 5.須弥山石窟

    北魏から唐代まで造られ約20窟が完全な形で現存しています。

    須弥山石窟の大仏像

  • 6.麦積山石窟

    後秦から清代まで造られ、中国三大石窟に次ぐ貴重な石窟です。194の洞窟に7800体以上の塑像が残り"東方の塑像館"と呼ばれています。

    麦積山石窟の塑像(左より観音菩薩、阿弥陀仏、勢至菩薩)

  • 7.大像山石窟

    北朝以降、甘谷の文旗山の頂上に造られた石窟で、高さ24mの大仏像が残る、石窟と古代建築物を一体化させた重要な文化遺跡の一つです。

    高さ24mの大仏(大像山石窟)

  • 8.水簾洞石窟

    楼閣や岩肌に描かれた壁画が残ります。


    北周時代の壁画(水簾洞石窟)

  • 9.拉梢寺石窟

    北周代に造られたとされる高さ40mの巨大な三尊仏のレリーフが残ります。

    釈迦坐像の下に立つ阿弥陀三尊像

  • 10.炳霊寺石窟

    黄河北岸に造られた高さ27mの大仏像のほか、多くの塑像や壁画が残ります。

    岩壁に残る仏龕

黄河の北岸にたたずむ 炳霊寺を訪問

かつてのシルクロードの渡し場近くに造営された石窟寺院。切り立った奇岩・奇峰の美しい景観の中、黄河をボートで遡ります。「炳霊」とはチベット語で「十万仏」を意味し、石窟が約200窟、仏像が約700体岸壁沿いに残されています。高さ27mの大仏の横から梯子を上り向かう特別拝観窟の169、172窟では、西秦から北魏の時代につくられた保存状況の良い塑像や壁画を見ることができます。
  • 黄河を遡り炳霊寺石窟へ

  • 梯子を上って特別拝観窟へ

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
西安
午前又は午後発 空路、東京・大阪より北京又は上海で航空機を乗り換えて、それぞれ陝西省の省都・西安へ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、北京又は上海又は西安にて合流します。
西安泊
大阪
西安
午前又は午後発
2 西安
淋県
大仏寺石窟
北石窟寺
涇川
08:00発



19:00着
専用バスにて淋県へ。着後、高さ24mの大仏と造像を安置する千仏洞があり、陝西省で最も保存状態が良いといわれる淋県大仏寺石窟を見学。その後、専用バスにて甘粛省の涇川へ。途中、北魏に開削された北石窟寺を見学します。
涇川泊
3 (南石窟寺)
(王母宮石窟)
涇川
固原
(須弥山石窟)


08:00発
13:00着
朝、北魏に開削された南石窟寺王母宮石窟を見学します。その後、専用バスにて、寧夏回族自治区の固原へ。着後、六盤山の北端に位置する北魏に開削された須弥山石窟を見学。20余りの石窟や高さ20mの弥勒造像をご覧いただきます。
固原泊
4 固原
天水
08:00発
15:00着
朝、秦代の万里の長城跡を見学。その後、専用バスにて、甘粛省の天水へ。着後、天水市内観光(杜甫ゆかりの南郭寺等)。
天水泊
5 天水
麦積山石窟
大像山石窟
甘谷
08:00発


17:00着
午前、「東方の塑像館」と称される麦積山石窟へ。一般開放窟のほか、44窟、121窟、133窟等の特別拝観窟を見学します。その後、専用バスにて甘谷へ。着後、大像山石窟を見学します。
甘谷泊
6 甘谷
水簾洞石窟
拉梢寺石窟
蘭州
08:00発


17:00着
専用バスにて蘭州へ。途中、武山県にある仏壁画の残る水簾洞石窟、高さ40mの三尊仏のレリーフが残る拉梢寺石窟、十六国時代や北朝時代の壁画や塑像が残る千仏洞を見学します。夕食は蘭州名物・牛肉麺をお召し上がりください。
蘭州泊
7 蘭州
(炳霊寺石窟)
  専用バスにて、黄河をせきとめた劉家峡ダムへ。着後、ボートにて黄河を遡り、炳霊寺石窟を見学。高さ27mの大磨崖仏を中心に183の石窟が並んでいます。一般開放窟のほか、169窟、172窟の特別拝観窟を見学します。
蘭州泊
8 蘭州
東京
午後発 空路、東京・大阪それぞれ北京又は上海で航空機を乗り換えて、帰国の途につきます。着後、解散。
蘭州
大阪
午後発
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝7/昼6/夜6:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:中国東方航空、中国国際航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2018年~2019年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
11月14日(水) ~ 11月21日(水) 8日間 238,000円
12月27日(木) ~ 01月03日(木)
年末年始コース
8日間 278,000円
02月20日(水) ~ 02月27日(水) 8日間 238,000円
03月07日(木) ~ 03月14日(木) 8日間 238,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は5,000円です(6月28日現在の見込み)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 10名 <添乗員同行>
お一人部屋使用料 32,000円
特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間は6ヶ月以上必要です。
気候・服装 冬服が基本となります。曇天の日や朝晩の冷え込みに備えて、ダウンジャケットなど十分な防寒具をお持ちください。靴は歩きやすい靴が最適です。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
観光について 日程表に明記している石窟は、修復などの理由により突然閉鎖されることがあります。その場合は他の石窟見学に変更させていただきます。また、石窟の多くは川沿いや岸壁に造営されているため、階段の上り下りや道の悪いところを歩いて見学します。ほとんどの石窟内部の写真撮影は禁止されています。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行