内陸部の古代集落(ワダン、シンゲッティ)・バンダルガン国立公園等を訪れる旅 「モーリタニア 砂に埋もれ行く隊商都市を訪ねて 」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > アフリカ方面 > モーリタニア 砂に埋もれ行く隊商都市を訪ねて

モーリタニア 砂に埋もれ行く隊商都市を訪ねて

いにしえのサハラ交易路 ~砂丘・オアシス・大西洋 変化に富んだモーリタニアをゆく~

  • 世界遺産
  • 遺跡・史跡
  • 大自然
  • 世界遺産ワダンの隊商都市遺跡
  • ゲルブ・アル・リッシャでキャンプ
  • シンゲッティ旧市街の「図書館」
  • ナツメヤシ茂るトゥンガット村
  • 4WDで砂漠地帯を行く
  • 砂漠でのキャンプ泊
  • 放牧の様子
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • ツアーレポート
  • このツアーの地図を見る
  • サハラの旅
  • アフリカの旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

内陸部の古代集落(ワダン、シンゲッティ)/バンダルガン国立公園

7名様から催行・13名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●世界遺産に指定される2つの隊商都市を訪問

かつて北アフリカと西アフリカを往来したサハラ交易の中継地ワダンとシンゲッティ。砂に埋もれつつある旧市街を散策します。

●変化に富んだダイナミックな景観を楽しむ

国土の4分の3がサハラ砂漠に覆われたモーリタニア。オアシス、砂丘、サヘル、そして旅の最後は広大なサハラが大西洋と出会う景観へ。移り行く景色をお楽しみください。

●「サハラの目」ゲルブ・アル・リッシャへ

リシャット構造体と呼ばれるゲルブ・アル・リッシャにてキャンプ。宇宙から見ると巨大な目のように見える壮大な地球の創造物を体感していただけます。

砂漠の底に眠る水脈 オアシスと隊商都市

モーリタニアに残るかつての隊商都市ワダンとシンゲッティ。いずれも11世紀頃からサハラ交易の中継都市として栄えました。13世紀頃には最盛期を迎え、3万頭にも及ぶラクダのアザライ(キャラバン)を迎えることができたオアシスでした。現在、旧市街は砂漠化のため砂に埋もれつつありますが、モーリタニア各地には、いまだ昔ながらのオアシスが点在しています。豊富な水脈のもと、ナツメヤシの林に囲まれ、豊かな生活が営まれています。ツアーでは、モーリタニアに点在するオアシスを訪ね、昔ながらの砂漠の中での生活を垣間見ます。
  • 世界遺産シンゲッティのモスク

  • オアシスの村を訪ねる

  • オアシス広がるワダンの隊商都市遺跡

砂漠の真ん中で、大西洋岸の砂丘で モーリタニアのキャンプ泊

各キャンプ地ではテントの設営や撤収は現地スタッフが行います。また、専属コックが同行し毎日の食事を準備。朝食はパンにコーヒー、紅茶のコンチネンタルスタイル、お昼はサラダなど野菜中心のメニュー、夕食はお肉のグリルやパスタ、煮込み料理などバリエーションも豊かです。まだまだ観光開発の進んでいないモーリタニアですが、現地スタッフはみんなとても親切で、皆様の旅をサポートしてくれます。
  • 朝食の一例

  • 夕食の一例

  • 大西洋岸にて

サハラの目 ゲルブ・アル・リッシャ

モーリタニアのサハラ砂漠の中に存在する同心円状の地形ゲルブ・アル・リッシャ。その直径は50kmになり、人口衛星から見たその形状から「サハラの目」や「アフリカの目」とも呼ばれています。この地形はリシャット構造体と呼ばれ、隕石の衝突でできたと思われていましたが、実際は大地の風化や浸食によって形成されました。ドーム状に隆起した大地が、柔らかい地質の部分だけ削られてできた地球の創造物です。ツアーではこのサハラの目の内部に入り、地球が作り上げた大地の中でキャンプをします。
  • サハラの目(空撮イメージ)

  • 地上からサハラの目を望む

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京 22:25発 空路、東京よりトルコ最大の都市イスタンブールへ。
機中泊
2 イスタンブール
イスタンブール
ヌアクショット
05:00着
14:25発
19:00着
イスタンブール着後、航空機を乗り換えて、モーリタニアの首都ヌアクショットへ向かいます。着後、ホテルへ。
ヌアクショット泊
3 ヌアクショット
アクジュジット
アオウジャ
08:00発

17:00着
四輪駆動車に分乗し、アクジュジットを経てアマトリッチ砂丘に入ります。途中、ナツメヤシの生い茂るオアシスを通過し、モーリタニア最大の砂丘地帯アオウジャにてキャンプ泊。
キャンプ泊
4 アオウジャ
トゥンガット村
ザルガ
08:00発

16:00着
四輪駆動車にてザルガへ。途中、パリ・ダカールラリーのルートにもなった白い渓谷を走りナツメヤシの生い茂るトゥンガット村を訪れます。
キャンプ泊
5 ザルガ
シンゲッティ
ワダン
08:00発

17:30着
四輪駆動車にて、かつてのキャラバンの隊商都市があったワダンへ。途中、砂に埋もれつつあるかつての隊商都市シンゲッティで、世界遺産の旧市街を見学します。
ワダン泊
6 ワダン
ゲルブ・アル・リッシャ
10:00発
16:00着
朝、隊商都市跡の残るワダンの旧市街を見学します。その後、四輪駆動車にて、「サハラの目」と呼ばれるゲルブ・アル・リッシャへ。
キャンプ泊
7 ゲルブ・アル・リッシャ
モン・エデルグ
09:00発
16:00着
四輪駆動車にて、モン・エデルグの砂丘地帯へ。奇岩が聳える風景の中でキャンプ泊。
キャンプ泊
8 モン・エデルグ
アタール
09:00発
17:00着
四輪駆動車にてアタールへ。
アタール泊
9 アタール
テルジット
ベニシャブ
08:00発

17:00着
朝、アタールでバザールを散策。その後、四輪駆動車にてテルジットへ。テルジット着後、清流の流れるオアシスにて昼食湧き出る温泉もご覧いただけます。その後、ベニシャブの砂丘地帯へ。
キャンプ泊
10 ベニシャブ
ティウィリット
バンダルガン国立公園南部
08:00発

16:00着
四輪駆動車にて砂丘の中を走り、ティウィリットを経て大西洋岸のバンダルガン国立公園南部へ。この日は海岸沿いの砂丘でのキャンプ泊です。
キャンプ泊
11 バンダルガン国立公園南部
バンダルガン国立公園
ヌアクショット
08:00発

17:00着
朝、バンダルガン国立公園のティメル岬にて野鳥の観察をお楽しみください。その後、四輪駆動車にて、ヌアクショットへ戻ります。
ヌアクショット泊
12 ヌアクショット
イスタンブール
06:45発
18:45着
朝、航空機にてイスタンブールへ。
機中泊
13 イスタンブール
東京
02:25発
19:55着
イスタンブール着後、航空機を乗り換えて、帰国の途につきます。着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝9/昼9/夜10:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:ターキッシュエアラインズ
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2017年~2018年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
11月04日(土) ~ 11月16日(木) 13日間 478,000円
12月23日(土) ~ 01月04日(木)
年末年始コース
13日間 498,000円
02月03日(土) ~ 02月15日(木) 13日間 478,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は27,000円です(7月7日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 7名(13名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 34,000円
日本の国内線割引は:日本各地からの国内線の割引運賃がございます。詳しくはお問い合わせください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) モーリタニア入国時に空港にて取得します。査証代実費(40ユーロ)は現地にて添乗員が集めさせていただきます。旅券の残存有効期間は6ヶ月以上有効なもの、査証欄余白は2ページ以上必要です。
気候・服装 砂漠では寒暖の差が大きく、日中は夏服で過ごせますが、朝晩は5℃以下まで下がります。長袖を基本に、朝晩の冷え込みに備えて防寒具もお持ちください。日除けの帽子やサングラス、埃除けのスカーフなども必携です。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
日程について 一部の舗装道路を除き、砂漠を四輪駆動車で走る冒険旅行です。気象状況、ルートの状況、車のコンディション、現地事情など予測不可能な事態により、日程や宿泊地の変更を余儀なくされることがあります。辺境の地であることをご理解の上でご参加ください。
キャンプについて キャンプ泊では寝袋(三季用又は冬用)が必要です。お持ちでない方には弊社より有料(5,000円)で貸し出しいたします。毎日の飲み水は十分にご用意いたしますが、水が貴重な地域ですので洗顔などの利用は量が限られます。また、キャンプ地は天候により変更する場合があります。
宿泊について ヌアクショット以外の場所ではオーベルジュ(ゲストハウス)又はキャンプ泊となります。オーベルジュでは電気はあっても時間制限があるところがほとんどで、トイレ・シャワーは共同、水シャワーのみなど設備は十分ではありません。また、オーベルジュは部屋数に限りがあるため、御一人部屋をお取りできないことがあります。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
荷物について 四輪駆動車に積み込むことのできる荷物には限りがありますので、スポーツバッグやザック、小型のソフトキャリーケースでご参加ください。スーツケースでのご参加はご遠慮ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行