秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 西遊旅行について > 西遊旅行の山旅
  • 西遊旅行について
  • 会社概要
  • 沿革「西遊旅行の軌跡」
  • 西遊旅行の「旅」のかたち
  • 西遊旅行の山旅
  • 高山病への取り組み
  • CSRへの取り組み
  • お手続きの流れ
  • お申し込み時のご注意
  • 雲の会のご案内
  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 採用情報
  • プレスリリース
  • 標識・約款・その他
西遊旅行のスタッフが、世界の「今」をお伝えします。>> ブログ一覧はこちら
「西域浪漫飛行」中近東&中央アジア担当スタッフブログ
「サラーム・パキスタン」
「行って・見て・感じチャイナ」中国担当スタッフブログ
「西遊山組」山担当スタッフブログ
「AVENTURA -アベントゥーラ」南米担当スタッフブログ
「ナマステインディア大作戦」
「エベレスト終着駅ナマステーションへようこそ」
「THIS IS BHUTAN」ブータン担当スタッフブログ
「African Dream」アフリカ担当スタッフブログ
「秘境の話をしよう」キャラバンデスク スタッフブログ

毎日がアニマル!世界の野生動物日記

ワイルドライフ Wild Life ~世界の野生動物日記~

元添乗員の映画監督による映画紹介

旅と映画

こちらも更新中!マニアックな旅人へ

金子貴一のマニアックな旅

西遊旅行の山旅

「大自然に抱かれながら、無理なくゆっくり歩き、安全な山旅をお楽しみいただく」

このことを第一に考えて、登山・トレッキング・ハイキングコースを企画しております。

きつい日程で走破や登頂だけをひたすら目指す「本格志向」の山行ではなく、途中の美しい風景をのんびり眺め、
野に咲く花々の観察などに十分な時間を割くことのできる、ゆとりある日程作りを心がけております。


山旅と秘境旅行、両方を手がけてきたノウハウを活かして

添乗員のほかに、トレッキングガイドが同行

添乗員は無理のない安全な山行を第一に考え、常にご参加の方々のペースや体調に目を配っております。
添乗員のほかに現地のガイドやスタッフが同行し、皆様のお世話をいたします。
※ 一部2名様催行のツアーでは、10名様以上で添乗員が同行いたします。

ポーター同行が基本、身軽な格好で山歩き

より快適な山旅をお楽しみいただくために、ほとんどのコースでお荷物はポーターが運搬し、
身軽な山行を実現(ただし、ポーター制度のない国もあります。ご自身でお持ちいただく場合にはその旨をパンフレットに明記しております)。

ツアー中は全食事付き

食事代はすべて旅行費用に含まれております。レストラン等がない山中は、コックやガイド食事をお作りするほか、お弁当をご用意しております。

観光やホテルも重視

旅の大切な要素である、観光やホテルなどにも十分に配慮して日程を組んでおります。近くに素晴らしい観光地があるのに見学しないのはもったいない、山歩きを終えたらゆっくりとおくつろぎいただく。そんな考えから山以外の要素も重視しております。

安全で快適な山旅をお楽しみいただくために

コース内容や環境保全を考えて、一部のツアーではご参加人数を限定。高所の山行では、高度順応を一番に考えた日程作り。
なお、高山病のご注意については「高山病への取り組み」をご覧下さい。
長期にわたる通信手段のない地域の山行では、万一の緊急事態に対応するために、添乗員が衛星携帯電話を持参します(ただし、その国の規則によります)。服装や持ち物などについての詳細は、ご出発前にお渡しする旅のしおり「西遊・記」や事前説明会でご案内をいたします。

ご自身の体力に合ったコースをお選びください

コースの特徴が一目でわかるように体力、高度それぞれ4段階の項目を設けております。個人差などもございますのであくまでも目安としてお考えいただき、詳細は各コースのページをご覧ください。

[体力] 歩くルートの難易度、必要な体力の目安を表します。

  • A ルートの勾配はゆるやかで、一日に歩く時間も長くなく、歩くことが好きな方でしたらどなたでもお楽しみいただけるハイキングコース。
  • B ルートの勾配は多少ありますが、急勾配の箇所はあまりなく、普段から山歩きをされている方ならどなたでもお楽しみいただけるコース。
  • C ルート上に急勾配の箇所があったり、日によっては長時間歩くことがあります。ややきついトレッキングコース。
  • D 急勾配のルートを長時間かけて登ったり、一日に長時間歩く日が続いたりするきついルートです。縦走登山や長期間のトレッキング経験のある健脚の方向けのコース。

[高度] 高山病の影響の有無や程度の目安を表します。

  • A 歩くルート、宿泊地ともに標高は低く、高山病の影響はまずありません。
  • B 最高宿泊高度が3,000mを超え、頭痛等の軽度の高山病の症状が出ることがあります。ただし、すぐに標高を下げることができるルートですのでそれ程問題はありません。
  • C 最高宿泊高度が3,800m以上4,500m未満、または最高到達高度が4,500mを超えるコースです。高山 病の影響が考えられますので、コースによっては出発前に健康診断書をご提出いただきます。
  • D 最高宿泊高度が4,500m以上あり、高山病の影響が十分考えられるコースです。出発前に健康診断書をご提出いただきます。高所登山やトレッキングの経験のある方向けのコースです。

[宿泊] 山行の際の宿泊施設を表します。

[荷物] 山行の際にお持ちいただく荷物の量の目安を表します。