ウユニ塩湖ツアー特集「ウユニ塩湖を訪ねて」今年も現地との直接取引で格安料金でご案内!

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 特集 > ウユニ塩湖ツアー特集「ウユニ塩湖を訪ねて」

ウユニ塩湖ツアー特集

BLOGFACEBOOK
パンフレット請求

ウユニ塩湖とは

ボリビア・ペルー・チリにまたがり、富士山ほどの高さに広がる高地平原アルティプラーノ。その中央に、東西約160km、南北80km、表面積は10,582k㎡にも及ぶ、見渡す限り真っ白な塩の大平原ウユニ塩湖があります。 四輪駆動車で塩湖を走ると、雪原を彷彿とさせる銀世界が360度・・・まさに絶景です。
そして、12月~3月の雨季の間には「天空の鏡」が出現します。
琵琶湖の18倍という壮大なスケールを体感してください。

ウユニ塩湖の行き方

日本からの直行便はなく、アメリカ経由で行くのが一般的です。
アメリカン航空利用で米国内都市経由→マイアミ経由→ラパスか、 
ラン航空利用でロスアンゼルス→リマ→ラパスなどがあります。
ラパスからウユニまでは空路と陸路があり、空路だと約1時間、陸路だと10時間~12時間ほどかかります。

より大きな地図で ウユニ塩湖 を表示

ウユニ塩湖の旅のシーズン

高度3,800m前後のウユニ塩湖は、一年を通して平均気温の変化は少ないですが、朝晩の寒暖の変化が大きいのが特徴です。また、乾季と雨季があり、季節によって全く違う表情をみせます。
基本的にとても乾燥した高原地帯で、4月~11月が乾季にあたり、ウユニ塩湖は一面真っ白で、雪原を彷彿とさせる銀世界が広がります。
また、12月~3月までの間は雨季となり、降雨量によっては、ウユニ塩湖に水が薄く張って、"天空の鏡"が出現します。
ウユニ塩湖の気温

乾季【4月~11月】

4月~11月は乾季にあたります。地平線まで広がる真っ白な塩の大地と突き抜けるような蒼空とのコントラストは、この時期しか見られない光景です。
ウユニ塩湖で恒例のトリック写真の撮影も遠近感が無くなる乾季のこの時期が一番適しています。
乾季のウユニ塩湖

雨季【12月~3月】

12月~3月は雨季にあたります。うっすら水が張り、見渡す限り鏡状になった塩湖はまさに”天空の鏡”です。ただし、降雨量が少なかったり、逆に多すぎたり、風が強い日もあり、雨季でもあっても必ず見れるわけではありません。様々な条件が揃って初めて雨季のみの幻想的な風景に出会えます。雨季のウユニ塩湖

塩湖に映る星空観察のタイミング

雨季のウユニ塩湖で、叶う事なら是非見たいのが湖に映りこんだ満天の星空。雲が晴れ、月のない夜"天空の鏡"には満天の星が映り込み、上も下も星空となる幻想的な光景が現われます。月の満ち欠けだけでなく、月の出や月の入の時刻まで考慮する必要があります。
比較的、風が凪ぐ確率が高い"夜明け前"がお勧めです。
星空観察のタイミング
月の出入りグラフ

ウユニ塩湖の見どころと塩のホテル

標高3,600mのアンデス高原に、見渡す限り真っ白な平原が広がっています。
雪原を彷彿とさせる銀世界ウユニ塩湖は、唯一無二の絶景です。
そんな美しいウユニ塩湖と周辺の見どころをご紹介します。
地図の上にポインタをのせてください
ウユニ見どころMAP タウア トゥヌパ山 チキニ洞窟 コケサのミイラ洞窟 列車の墓場 ウユニの町 プラヤ・ブランカ博物館 コルチャニ村 オーホス・デ・サラール モントネス・デ・サル インカ・ワシ島

タウア

ウユニ塩湖北岸の小さな村。標高5,432mの火山・トゥヌパ山の南麓に位置します。村からすぐ近くに塩のホテル「タイカ・デ・サル」があり、チキニ、コケサといったウユニ塩湖北岸の観光の拠点となります。近年、観光開発に少しずつ力を入れ始めましたが、アクセスが悪いことから、まだまだ観光客もまばらで穴場のところです。

トゥヌパ山

トゥヌパ山はウユニ塩湖北岸に聳える標高5,432mの火山。その独特な山頂付近の山体は、黄土色から赤みがかった色をしており、青空やウユニ塩湖とのコントラストが美しく、ウユニ塩湖で最も美しい風景の場所と言われています。トゥヌパ山麓周辺には、ウユニ塩湖の原風景が数多く残されています。

チキニ洞窟

ウユニ塩湖北岸にある見どころのひとつ。鍾乳洞の一種と考えられ、内部が非常に奇妙な形をした洞窟です。一説には海草が石灰化したものとも言われていますが、まだその形成過程はよく判っていません。

コケサのミイラ洞窟

トゥヌパ山麓中腹にあるミイラの眠る洞窟。アンデス高地では、人が亡くなるとそのままチュルパと呼ばれる円塔形の墓に、胎児の姿勢で埋葬する風習がありましたが、時にはチュルパの代用で洞窟が用いられることもありました。ここに眠るミイラは保全の目的で移されたもので、遠くにウユニ塩湖を眺めながら静かに眠りについています。

列車の墓場

19世紀から20世紀初頭にかけてウユニ塩湖周辺は鉱業が繁栄を極め、近くのプラカヨ鉱山からウユニの町へ、ボリビア初の鉄道が引かれました。列車の墓場にはその当時、鉱工業を支えていた蒸気機関車の残骸が多く残されており、当時の繁栄を物語っています。

ウユニの町

ウユニ塩湖観光の拠点となる町。2011年には空港が改修されジェット機が離発着できるようになり、ラパスから定期便が就航しました。近年の観光ブームと先住民バブルで、年々、町は拡大の一途を辿っています。町には空港のほか、ボリビア南部に向かう鉄道駅や、病院、市場、土産物屋、旅行会社、ホテル、簡易宿などがあります。

プラヤ・ブランカ"博物館"

ウユニ塩湖の観光業黎明期の90年代後半に建てられた最初の塩のホテルのひとつです。2004年に環境問題の観点からウユニ塩湖内のホテル営業を全面禁止する法律が施行されて以降は、"博物館"として営業しています。

コルチャニ村

ウユニ塩湖東岸の村。塩の工場があり、塩湖の塩を乾燥させたうえで、ヨードを混ぜて国内出荷している。かつては海軍が運営する大規模塩工場がありましたが、塩の価格低下もあり閉鎖され、今では家内制手工業で数家族が手作業で塩を出荷しています。

オーホス・デ・サラール

「塩湖の目」という意味。塩湖の下から水がガスと共にポコポコと湧き上がっているのを見ることが出来ます。ウユニ塩湖の下に、周りの6,000m級の山々からミネラル分を多く含んだ地下水が流れ込んできていることがよく判ります。ウユニ塩湖の構造を知るうえで非常に重要な場所です。

モントネス・デ・サル

モントネス・デ・サルと呼ばれるこの場所は、「大量の塩」と言う意味の塩の一次集積場です。古のインカ時代から人々はここで塩を採取していました。その営みは今も脈々と続いています。水分を多く含む塩を乾燥させるため円錐状に積み上げ2~3日放置し、ある程度乾燥した塩の山は、人力によってトラックの荷台に積まれコルチャニ村の精製工場へと運ばれます。

インカ・ワシ島

塩湖の中心にある小さな島。島には1年に1㎝しか成長しないと言われるハシラサボテンが林立しており、その景観は独特です。ハイキングで頂上まで行くと、360度真っ白な世界が広がる展望を楽しむことができます。また、インカ・ワシは「皇帝の館」という意味で、かつてインカ時代にはこの島が塩の貿易の中継地点として、皇帝をはじめ塩のキャラバンがここで休息をとったと言われています。

ウユニ塩湖 4軒の塩のホテル



ウユニ塩湖の旅の大きな魅力の一つが塩のホテルの滞在です。
塩のホテルとはその名の通り、建物自体から、椅子、テーブル、ベッドにいたるまでウユニ塩湖の塩でできています。

 塩のホテル その1
パラシオ・デ・サル

塩の宮殿という意味のホテル。テーブルやベッド、こだわりの装飾品など、全て塩でできています。さらに、ウユニに数件ある塩のホテルの中で、唯一天井まで塩で作られているのは、ここパラシオ・デ・サルだけです。


 塩のホテル その2
ルナ・サラダ

塩湖から少し離れた高台に位置する塩のホテル。晴れていれば遠目に沈んでいく夕日なども見ることができます。ラウンジなどの装飾品もボリビアらしく、カラフルでかわいらしいものでまとまっています。


 塩のホテル その3
クリスタル・サマーニャ

コカの葉をロゴマークにした塩のホテル。ホテル内部にもところどころにコカの葉をモチーフにした彫刻が見られます。コルチャニにある三軒のホテルの中では最も新しいホテルです。

 塩のホテル その4
タイカ・デ・サル

塩湖の北側にあるトゥヌパ山麓の麓タウア村にあるホテル。塩湖北側にある唯一のホテルです。山の裾野にあり遠くに塩湖を臨むことができるほか、塩湖の中で最も美しい山トゥヌパ山を眼前に眺めることができます。

西遊旅行のウユニ塩湖での高山病対策

西遊旅行が、ウユニ塩湖ツアーで最も重視していることが高山病対策です。
登山ツアーも手掛ける西遊旅行の安心の高山病対策をご紹介します。


高度の目安

1高山病に配慮した宿泊地の選定

9~11日間の日程で、どれだけウユニ塩湖をお楽しみいただけるかは、いかにすばやく、しっかりと高度順応できるかにかかっています。その為、弊社ツアーではラパスの最初の2泊で利便性のある中心部ではなく、あえて500m低い3,300m(富士山8合目に相当する標高)の南部地区にあるホテルに2連泊。医療機関の整ったラパスでしっかりと高度順応を図ります。登山・トレッキングツアーも手掛ける西遊旅行ならではの高山病に配慮した日程です。
※一部コースではラパスではなく、別の都市で高度順応を図ります。

パルスオキシメーター

2パルスオキシメーター

指先をはさむだけで脈拍数と動脈中の酸素飽和度(SpO2)を測定することができます。特に酸素飽和度を知ることで高度順応の度合いを客観的に数字で判断する目安となります。添乗員がパルスオキシメーターを持参し、毎日の健康チェックに努めます。

酸素ボンベ

3酸素ボンベ

携帯用の酸素ボンベは飛行機には持ち込めませんが、現地のホテルやバス等に皆様にご利用いただける酸素ボンベを用意しております。
健康手帳

4 健康手帳

毎日、脈拍数、呼吸数、高度障害の自覚症状等を申告していただき、「健康手帳」に記録して身体の変調を客観的に判断していきます。パルスオキシメーターを毎日測定していただいた上、合わせて健康手帳に記録していただきます。
高地での飲み水サービス

5高地での飲み水サービス

高山病対策にで最も重要な対策の一つは水分を摂取することです。空気が乾燥している高所においては、普段の2倍の水分を取るように心掛けて下さい。そのために西遊旅行では現地で添乗員よりペットボトルのお水を無制限でお配りしております。

西遊旅行のウユニ塩湖ツアーのこだわりポイント

ウユニ塩湖ツアーのパイオニア、西遊旅行が長年の経験を元に作り上げたこだわりの詰まったツアーです。
ツアーグランプリも受賞し、テレビでも紹介された西遊旅行のツアーの魅力をご紹介いたします。
ウユニ塩湖ツアーの特長1
塩のホテル宿泊を確約
ウユニ塩湖では、湖のほとりにあるユニークな「塩のホテル」に連泊。壁、ベット、テーブル、椅子にいたるまで、すべて塩で作られたホテルの滞在は、きっと忘れられない思い出の一つとなることでしょう。



ウユニ塩湖ツアーの特長2
高山病に配慮した日程
雲が晴れ、月のない夜"天空の鏡"には満天の星が映り込み、上も下も星空となる幻想的な光景が現われます。 この光景を少しでも多くのお客様に見ていただけるよう、月の満ち欠けだけでなく、月の出や月の入の時刻まで考慮して出発日を設定しました。
※一部の出発日を除く

ウユニ塩湖ツアーの特長3
星空観察のために月の満ち欠けと出入り時刻を考慮した出発日設定
車のトラブルも多く発生する雨季のウユニ塩湖では、安全性も考慮し1台につきお客様3名様をお約束。窓側席で思う存分、見渡す限り広がる鏡の世界をお楽しみいただけます。
※星空観賞時を除く


ウユニ塩湖ツアーの特長4
ウユニ塩湖ドライブは全員窓側席を確約
ウユニ塩湖を知り尽くす西遊旅行が独自に作成する「ウユニ塩湖ハンドブック」をご参加の方全員にプレゼントいたします。ウユニ塩湖のみどころ・楽しみ方・歴史・・・など。ウユニ塩湖のすべてがわかる完全ガイドです。
【目次】
・ボリビアの基本情報 ・気候と観光シーズン
・ボリビアの歴史 ・ウユニ塩湖のみどころ
・乾季と雨季どっちがいいの? ・ボリビアのおみやげ
・トリック写真を撮ろう ・はじめての星空撮影
・憧れの「塩のホテル」に泊まろう!
・コラム「知られざる・塩のホテル創業秘話」
・高山病について 予防方法 ・持ち物について
・スペイン語&ケチュア語 ひとこと会話帳
ウユニ塩湖ツアーの特長5
ウユニ塩湖ドライブは全員窓側席を確約
2010年2月に初めて雨季のウユニ塩湖のツアーを発表して以来、お客様の声をもとに、様々なこだわりの詰まったツアーを作ってきました。今ではごく当たり前に行われるようになった、夜の星空観賞やピクニックランチ、1台3名様で窓側席確約といったツアーのポイントも、すべて西遊旅行が最初にツアーに取り入れたこだわりのポイントです。この実績が認められ、2012年には日本旅行業協会主催のJATA旅博にて「ツアーグランプリ2012」デスティネーション開発部門グランプリを受賞。さらに2016年1月には、テレビ東京系列の人気経済番組『未来世紀ジパング~沸騰現場の経済学~』の密着取材を受け、ウユニ塩湖の雨季のツアーの火付け役として紹介されました。
ウユニ塩湖ツアーの特長6
ウユニ塩湖ドライブは全員窓側席を確約
天候が良ければ、ウユニ塩湖の真ん中でピクニックランチをお楽しみいただきます。ドライバーさんたちが日除けのテント、テーブル、椅子を組み立て、ウユニ塩湖の上での食事をセッテイングしてくれます。見渡す限り真っ白な世界でのピクニックランチは格別です。忘れられない思い出になることでしょう。

西遊旅行のウユニ塩湖ツアー一覧

ウユニ塩湖ツアー(添乗員同行)

雨季のウユニ塩湖を訪ねて 10日間

雨季のウユニ塩湖を訪ねて 10日間

ツアーグランプリ2012 デスティネーション開発部門グランプリ受賞コース!雨季に現れる"天空の鏡"ウユニ塩湖畔に3連泊。高度順応に配慮した日程。
日数10日間 料金598,000円~658,000円
  古都スクレ滞在とウユニ塩湖

古都スクレ滞在とウユニ塩湖

<新企画>ウユニ塩湖は塩のホテルに3連泊し、世界遺産の2つの古都 "白い都"スクレと"銀の都"ポトシも訪問。3回の星空見学にもご案内。
日数10日間 料金598,000円~638,000円

雨季のウユニ塩湖を訪ねて 9日間

雨季のウユニ塩湖を訪ねて 9日間

お仕事をしている方でもご参加しやすい土曜発・日曜帰着の9日間コース!"天空の鏡"ウユニ塩湖畔の塩のホテルに2連泊。ラパス-ウユニ間は往復航空機を利用し、効率的な日程。
日数9日間 料金578,000円~628,000円

  トゥヌパ山麓滞在とウユニ塩湖

トゥヌパ山麓滞在とウユニ塩湖

雨季のウユニ塩湖を専用バスで横断するもうひとつのウユニ塩湖の旅。観光客の少ない北部沿岸の塩のホテルに3連泊 し、大自然が生み出した奇跡の鏡を心ゆくまで堪能します。
日数11日間 料金598,000円~698,000円
ペルー・ボリビア アンデス縦断の旅

ペルー・ボリビア アンデス縦断の旅

ナスカの地上絵、マチュピチュ、チチカカ湖、そして"天空の鏡" 雨季のウユニ塩湖・・・ペルーとボリビアに点在する人気の観光地を14日間で周遊。各地で名物料理もお楽しみください。
日数14日間 料金798,000円~858,000円
  パタゴニアの蒼き氷河と天空の鏡ウユニ塩湖

パタゴニアの蒼き氷河と天空の鏡ウユニ塩湖

12月~3月のベストシーズン限定!この時季だけに現れる2つの南米の奇跡を訪ねる。ウユニ塩湖畔では塩のホテルに2連泊。パタゴニアではアルゼンチン側とチリ側の両方を見学。
日数14日間 料金998,000円~1,028,000円
アタカマ高地からウユニ塩湖へ アンデス最奥を巡る旅

アタカマ高地からウユニ塩湖へ アンデス最奥を巡る旅

アンデス最奥地にひろがる絶景を求めて四輪駆動車で駆ける冒険行。美しい青い湖水を湛えるミスカンティ湖、色鮮やかな朱色に染まるコロラダ湖、刻一刻と大地の色が変化する月の谷など、アンデス奥地をめぐります。
日数11日間 料金648,000円~738,000円
     


ウユニ塩湖ツアー(個人旅行・フリープラン)

遥かなるアンデスの国 ペルー・ボリビア 13日間

遥かなるアンデスの国 ペルー・ボリビア 13日間

天空都市マチュピチュ、白銀のウユニ塩湖など2カ国の見所をたっぷり訪れる旅。 1名様から毎日出発!全行程安心の送迎付き、各都市でオプショナルツアーもご用意。
日数13日間 料金588,000円~678,000円
  ルー・ボリビア ハイライト10日間

ペルー・ボリビア ハイライト10日間

マチュピチュ村に2連泊!天空都市マチュピチュ、ウユニ塩湖など2ヶ国の見所を訪れるハイライトの旅。 1名様から毎日出発!全行程安心の送迎付き。
日数10日間 料金538,000円~698,000円
ペルー・ボリビア コンパクト9日間

ペルー・ボリビア コンパクト9日間

効率的な日程で、天空都市マチュピチュ、ウユニ塩湖など2ヶ国の見所を訪れるコンパクトな旅。 1名様から毎日出発!全行程安心の送迎付き。
日数9日間 料金528,000円~688,000円
  大瀑布イグアスとペルー・ボリビア 15日間

大瀑布イグアスとペルー・ボリビア 15日間

南米で最も人気のある観光地のマチュピチュと、今注目度No.1のウユニ塩湖、 そして世界三大瀑布のイグアスの滝を一度に訪れる事のできる人気コース。
日数15日間 料金588,000円~698,000円
憧れの塩のホテルに2連泊 往復空路で行く ウユニ塩湖とラパス 8日間

憧れの塩のホテルに2連泊 
往復空路で行く ウユニ塩湖とラパス 8日間

ラパス-ウユニ塩湖間は、国内線で効率よく移動。1名様から出発可能! ウユニでは塩のホテルに滞在!満天の星空を眺めるナイト・ドライブにもご案内します! 
日数8日間 料金448,000円~538,000円
  【ラパス現地発着】往復空路で行く、午後まで滞在 ウユニ塩湖とラパス5日間

【ラパス現地発着】往復空路で行く、午後まで滞在
ウユニ塩湖とラパス5日間

ラパス-ウユニ塩湖間は、国内線で効率よく移動。1名様から出発可能! 塩のホテルもリクエスト可能!満天の星空を眺めるナイト・ドライブにもご案内します!世界遺産ティワナク遺跡や月の谷も訪問。
日数5日間 料金358,000円
【ラパス現地発着】往復空路で行く、午後まで滞在 ウユニ塩湖3日間

【ラパス現地発着】往復空路で行く、午後まで滞在
ウユニ塩湖3日間

ラパス-ウユニ塩湖間は、国内線で効率よく移動。1名様から出発可能! 塩のホテルもリクエスト可能!満天の星空を眺めるナイト・ドライブにもご案内します!
日数3日間 料金248,000円
  【ラパス現地発着】往復空路で行く、午後まで滞在 ウユニ塩湖4日間

【ラパス現地発着】往復空路で行く、午後まで滞在
ウユニ塩湖4日間

ラパス-ウユニ塩湖間は、国内線で効率よく移動。1名様から出発可能! 塩のホテルもリクエスト可能!満天の星空を眺めるナイト・ドライブにもご案内します!
日数4日間 料金295,000円
アンデス最奥の絶景 アタカマ高地とウユニ塩湖11日間

アンデス最奥の絶景 アタカマ高地とウユニ塩湖11日間

チリ北部のアタカマ高地からボリビアのウユニ塩湖まで、ここでしか見れない絶景の中を四輪駆動車で駆ける冒険旅行。 2名様より催行!チリ・ボリビア国境を陸路で越える!
日数11日間 料金628,000円~718,000円
     

西遊旅行のウユニ塩湖ツアー よくある質問

ベストシーズン・気候・服装

ウユニ塩湖のベストシーズンはいつ?
ウユニ塩湖の気候は、5~10月の乾季と12~3月の雨季に分かれます。
通常、観光地のベストシーズンは乾季ですが、ウユニ塩湖では雨季と乾季の両方にベストシーズンがあります。
乾季のウユニ塩湖
■乾季のベストシーズンついて
5~10月の乾季には、ウユニ塩湖のあるアルティプラーノ(高地平原)では雨は全く降らず、乾燥化が進みます。空は青空をとおりこして宇宙を感じさせるほどの紺に近い色となり、空気も澄み渡ります。ウユニ塩湖も真っ白に乾燥して多角形の文様が姿を現し、濃い青空と純白の塩湖とのコントラストが美しい季節です。また大地の草木は枯れて黄土色となり、荒涼とした光景があたり一面に広がります。まるで別の星を訪れたかのようなピンク色のコロラダ湖や緑色のベルデ湖などがあるアンデス最奥の地を観光するのに最も適した季節です。
このような光景は7~10月上旬の間であれば、ほぼ確実にお楽しみいただけます。弊社のおススメは航空券代が安くなる10月上旬です。
雨季のウユニ塩湖
■雨季のベストシーズンについて
ウユニ塩湖では11月下旬から徐々に雨が降り始めます。しかし降ると言ってもスコール性の雨で短時間でやんでしまいます。数日間にわたって断続的に雨が降ったとしても、その後晴天が続けば2週間ほどで、カラカラに大地は乾いてしまいます。
雨季が進むにつれ徐々に雨が降る時間帯が増え、早い年で12月下旬から、遅い年でも2月上旬にはウユニ塩湖にうっすらと水が張るようになります。そのため、2月には塩湖に水が張っている可能性は非常に高いのですが、逆に塩湖の水位が高いため観光客を乗せた4WDが入域を制限されることもしばしばあります。また、水が張るという事はすなわち雨が良く降るという事なので、曇天の日が続いたり雨雲が広がって美しい夕焼けや朝陽をご覧いただけなかったりすることがあります。
2月下旬~3月上旬になると、徐々に雨の降る頻度が減り晴天率が上がってきます。それまでに振った雨で水鏡がまだ残っていて晴天の日も増えるため、360°広がる鏡面状の絶景や水鏡に映った美しい夕焼けなどをご覧いただける可能性が最も高くなります。

星空見学について

星空がきれいに見えるのはいつ?
乾季、雨季を問わず、星空が美しく見えるためには、まず第一に月が無いことが重要です。夜空に月が無い条件は、新月の時もしくは月が地球の反対側にある時ということになります。なお、星空の見学を考える場合は、空気が乾燥して澄む乾季がおすすめです。チリ側のアンデス最奥地のアタカマ高地には日本の国立天文台の望遠鏡ALMAもあり、この地域一帯は世界的に見ても天体観測に適した地という事ができます。
雨季の塩湖に星空がきれいに映りこむのはいつ?
雨季のウユニ塩湖の水鏡に、きれいに星空が映りこんだ光景をご覧いただくためには、上記の「無月」のほかに、「無風」と「無雲」という3つの「無」の条件が必要です。雲があると星空が見えないのはもちろんですが、風があるだけでも水鏡にさざ波が立ってしまいうまく映りません。なお、弊社の多くの経験則で、やはり明け方のほうが日没後よりも天候が安定する傾向があります。
星空見学はいつでもいけるの?
弊社で利用する塩のホテルは塩湖のほとりにありますが、塩湖の外になります。塩湖の入り口までは1.6kmほどあります。雨季はホテル周辺はぬかるんでいるところもあり、徒歩で塩湖に行くのは大変なので、昼夜を問わず塩湖へは原則、専用車で向かいます。
夜間、明かりの全くない塩湖に車を出すのは危険です。道を熟知した経験豊富なドライバーでなければ、雨季のぬかるみに車がはまることもあり得るためです。スタックすると車が故障するだけではなく、立往生を余儀なくされることもあります。その為、弊社の星空見学では、原則複数台の車で塩湖に入るようにしています。また、皆様の安全を守るドライバーの体調と休息を考えると、一晩中待機させるわけにはいきません。以上の理由により、弊社のツアーでは夕食後の夜20時位からと、日の出前2時間前位の夜明け前に限定して星空見学にご案内しています。
 

塩のホテルについて

塩のホテルで充電はできますか?
原則として24時間電気があるので、充電は問題ありません。しかし稀にウユニの街全体が停電に見舞われることがあります。念のため、デジタルカメラは予備のバッテリーをお持ちになる方が良いと思います。
塩のホテルにwifiはありますか?
どの塩のホテルにも基本的にwifiがございます。ただしホテルによって有料/無料の違いがあったり、回線スピードに差があったりします。どこのホテルもインターネットの接続環境は決して良いとは言えないため、テキストメッセージやメールの送信は比較的問題ありませんが、写真のアップロードは難しい場合があります。
部屋は寒くないですか?
暖房はありますか?
部屋は乾燥していますか?
塩のホテルによってばらつきがありますが、どのホテルにも暖房設備はあります。電気毛布が完備されているホテルもあるので、さほど寒さは感じないと思います。壁などが塩のブロックでできており部屋は乾燥しやすいため、高山病予防のためにもマスクなどをつけて就寝いただいても良いでしょう。

トイレ事情について

ウユニ塩湖観光中のトイレはどうするの?
見渡す限り何もない真っ白な大平原のウユニ塩湖。そのトイレ事情は一番気になるところですね。
ウユニ塩湖の中に入ると、トイレがある場所は2カ所だけです。一つ目が塩湖中央にあるインカ・ワシ島。もう一つが、博物館として営業を続けている「プラヤ・ブランカ」です。インカ・ワシ島のトイレの利用料は、上陸時に支払う入場料に含まれており、設備も比較的きれいです。他方、プラヤ・ブランカのトイレはあまり衛生的ではないにもかかわらずUS1ドル近い利用料がかかるので、あまりお勧めできません。
また、弊社のツアーでは、観光中の緊急用として携帯用トイレとトイレテントを現地でご用意しています。
塩湖のほとりでは、コルチャニ村やコケサ村などに公衆トイレがあり立ち寄ることがあります。
ウユニ塩湖以外のトイレについて
トゥヌパ山麓滞在とウユニ塩湖のツアーなど陸路で長距離の移動をする場合は、途中青空トイレにご案内する事もあります。各地の公衆トイレは、有料(1~2Bs程度)であるにもかかわらず、決して衛生的とは呼べず悪臭のするトイレもしばしば。トイレの便座が無いことがほとんどです。備え付けの紙が無いことも多く、あったとしても紙質が悪いため、トイレットペーパーなどはお持ちいただいた方が良いでしょう。また、使用済みの紙は流さず備え付けのごみ箱に捨てるようにご協力をお願いします。

高山病について

高山病ってなに?
標高が低いところから高いところへ移動したときに発症する高度障害です。高所は気圧が低く、空気中の酸素濃度も薄いため、低地から移動してきた場合にその環境変化に対応できずに頭痛、食欲不振、吐き気、不眠、運動失調、手足の痺れ、浮腫み等の症状が出ることがあります。詳しくはこちらをご覧ください。
高山病の予防方法は?
身体が必要とする酸素が足りなくなって発症することがほとんどなので、まずは体内に多くの酸素を取り込むようにすることが、大切です。そのために、意識的な呼吸(1回の呼吸で取り込む酸素量を増やす)、十分な水分の補給(血流を良くする、呼吸を楽にする)、無理をしない(酸素消費量を減らす)、体を冷やさない(酸素消費量を減らす)などが重要です。詳しくはこちらをご覧ください。
酸素ボンベはあったほうが良いですか?
酸素ボンベむやみやたらに酸素に頼ることは、逆に高度順応を遅らせることになるので良くありません。高度障害が出た場合は、無理をする必要はありませんが、酸素に頼らずに済むのであれば高度順応は早くなります。その為、西遊旅行ではパルスオキシメーターの値が低い時などの緊急時を除いて、酸素ボンベによる酸素吸引はお勧めしていません。また、酸素ボンベは航空機に持ち込むことができません。その為、弊社では各宿泊地と専用車に緊急時用の酸素ボンベをご用意しております。
携帯用の酸素ボンベは現地で購入できますか?
一部お取扱いするお店などもあるようですが、弊社では高度順応の観点から、むやみやたらに酸素に頼ることはお勧めしていないため、購入に関するご案内もしておりません。

ボリビアまでのアクセスについて

ウユニ塩湖へはどうやって行けますか?
まず、ボリビアへ向かう方法ですが、内陸国のボリビアへ就航している航空会社は数が限られています。さらに少なくても現地まで2回のお乗り継ぎが必要になります。

米国系の航空会社ではアメリカン航空が唯一北米から直行便を運航しています。そのほか、南米最大の航空会社のラタム航空(ワンワールド加盟)や中米やコロンビア、ペルーなどを拠点とするアビアンカ航空(スターアライアンス加盟)、アルゼンチン航空などがボリビアへの便を運航しています。

日本からは、現地まで同一航空会社でボリビアに入る場合はアメリカン航空が唯一の選択肢となります。同日乗継で米国内の宿泊無しで現地に向かうことができますが、米国内では2回のお乗り継ぎが必要になります。なお、出発の翌日の朝にボリビアに到着することができます。
それ以外の方法としては、ロスアンゼルスやニューヨークまで米系や日系の航空会社で向かい、そこからラタム航空やアビアンカ航空を利用してボリビアに向かう方法もあります。しかしロスアンゼルスからボリビアに直行で向かうことはできないため、どこかの都市で乗継が必要になります。

ボリビアのゲートウェイは、ラパスまたはサンタクルスという町になります。
これらの都市からウユニまでは、国内線またはバスなどを利用してウユニに入ることができますが、ラパスから国内線を使ってウユニに向かうのが一般的です。空路だと約1時間、陸路だと10時間~12時間ほどかかります。
ボリビアの出入国に必要な書類にはどのようなものがありますか?
入国時には、①出入国カード、②税関申告書兼外貨申告書が必要です。書類は機内で配られます。また、出国時には①出入国カードの半券、②外貨申告書、③ISAEが必要です。①の出入国カードの半券は入国審査の際に渡されるもので、帰国時に必ず必要になりますから、旅行中はパスポートと一緒に大切に保管しておきましょう。
EDカード

お金について

現地で使うお金は何を持っていけばよいですか?
日本円は使えますか?
ボリビアでは日本円から現地通貨のボリビアーノに両替できるところは限られています。更に非常に両替率が悪いことが多く、日本で米ドルを両替して持っていき、現地で米ドルからボリビアーノに両替するほうがレートが良くなることが多いです。さらに、お土産物屋など米ドルがそのまま利用できるところも多いため、1~20ドル紙幣を中心に、小額紙幣を用意すると良いでしょう。
現地通貨はどれくらい必要ですか?
弊社の団体旅行の場合、現地で使うお金は、食事の時のお飲物代とお土産物代ぐらいですから、お1人様あたり50~100ドルぐらいが一般的です。個人旅行の場合は、それにお食事代やガイドやドライバーなどのチップを考慮してご準備頂くと良いでしょう。
ガイドやドライバーのチップはいくら位必要ですか?
弊社の団体旅行の場合は、基本的に添乗員がチップを支払いますので、お客様にご準備頂く必要はありません。個人旅行の場合は、ガイド:20~25ドル/日、ドライバー:15~20ドル/日を目安にしてください。チップは義務ではありませんのでサービス内容にご納得頂けない場合は、減額したりお支払いいただかなくても結構です。
枕銭は必要ですか?
枕銭(ピローチップ)は必須ではありません。連泊の場合、心付け程度に1~2ドルを置いてあげても良いと思います。
ホテルポーターチップは必要ですか?
スーツケースを部屋まで運んでもらった場合、ホテルのポーターにチップが必要となります。ただし、弊社の団体旅行の場合は、基本的に添乗員がチップを支払いますので、お客様にご準備頂く必要はありません。個人旅行の場合は、スーツケース1つあたり1ドルが目安となりますが、宿泊費用に含まれていることもありますので、担当に別途ご確認ください。

持ち物について

どのような持ち物を持っていけばいいですか?
  全シーズン共通の必携品     雨季の必携品
洗面用具、筆記用具 レインコート(塩跳ね対策)
防寒具、手袋 ゴム製の長靴
帽子、サングラス、日焼け止め       便利グッズ
保湿クリーム、リップクリーム 粉末のスポーツドリンク
(水分補給のため)
スカーフやマスク
(防塵対策、保湿対策)
水筒(お部屋などでお茶を飲みたい時など)
懐中電灯
(星空見学用、停電対策)
サンダルもしくはスリッパ
(室内用)
ポケットティッシュ、
ウェットティッシュ
延長コード、変換プラグ、
三叉コンセント
ビニール袋(ゴミ袋用) スーツケースベルト、
目覚まし時計
医薬品
(整腸剤、風邪薬、酔い止め)
トリック写真用グッズ
(オモチャなど)

長靴長靴は必要ですか?
現地でレンタルはないですか?
ウユニ塩湖の水は、塩分飽和濃度100%の塩水のため、素足で浸かることは肌によくない為、お勧めできません。肌の水分を奪いますし、高山病の要因の一つになりかねません。思いのほか水が冷たい場合もあります。その為、長靴は必携です。各地の塩のホテルでも長靴の貸し出しは行っておりますが、ちょうど良いサイズが無かったり状態が悪かったりすることもありますので、各自でお持ちいただくことをお勧めしております。なお、日本野鳥の会推奨の折りたたみができる長靴などもあり、インターネットなどでご購入いただけます。

お土産物について

どのようなお土産物がありますか?
ウユニ塩湖のお土産、ボリビアのお土産など色々な種類がありますが、おすすめの物をあげておきます。
定価が決まっていないものも沢山あるので、値段交渉も楽しみながら思い出の一品を探してみてください。
ウユニの天然塩
ウユニの天然塩

太古の海の成分がそのまま凝縮されているため、ミネラルが豊富で、炭水化物を含んでいるのが特徴です。袋は破れやすいので注意して持って帰りましょう。
ウユニの塩製品
ウユニの塩製品

ウユニ塩湖の塩をつかった、置物や小物入れです。年々種類が増え、クオリティも上がっています。壊れないように大事に持って帰りましょう。
サンポーニャ
サンポーニャ
アンデス地方の民族音楽フォルクローレに使われる笛です。葦でできた管を吹くと、美しいアンデスの音色が響きます。
ウユニの塩入りチョコ
ウユニの塩入りチョコ
高温・高湿度のアマゾン流域低地地帯にて栽培したボリビア産カカオを使用した高品質なチョコレートです。これにウユニ塩湖の塩をアクセントに使用した塩チョコレートは、とても上品な味で、ボリビアのお土産にとても人気です。
アンデスの織物
アンデスの織物

リャマ、アルパカ、ひつじなどの毛を紡いで作られた生地は、各地域ごとに特色があり、様々な柄の物があります。この生地を使ったセーターや帽子などは各地のおみやげ屋で手に入れる事ができるので、お気に入りをさがしましょう。
エケコ人形
エケコ人形
幸せを運ぶお守りのような存在のエケコ。アイマラ族、ケチュア族の間で「福の神」と信じられています。欲しい物を持たせると実際の物が手に入ると言われています。

写真撮影について

ウユニ塩湖に写る星空写真は簡単に撮れますか?
難易度は高いですが雨季の鏡張りの時期には湖面に写り込んだ星空を撮影することもできます。
コツと道具さえあれば、一眼レフはもちろん、コンパクトデジカメでも撮影は可能です。
【星空撮影の条件】
星空撮影に適した条件とは、「人工光が届かない暗い場所」「空気が澄んで乾燥している場所」です。ウユニ塩湖は標高が高く澄んだ空気で、夜の明かりも少ないため、星空撮影に適しています。贅沢を言えば月明かりが弱い新月や、月の出る前・沈んだ後は、さらに美しい星空が期待できます。

【必要な道具】
カメラ





三脚
暗い夜空の撮影は高感度撮影になります。高感度の性能はここ数年向上し続けているので、新しいモデルのカメラ(目安として2011年以降)だと比較的簡単に星空の撮影が可能です。一眼レフの方がイメージセンサーが大きいため良い写真が撮れますが、ミラーレス一眼やコンパクトデジカメでも撮影は可能です。

長時間露出をするため、カメラを固定する三脚は必須です。
  懐中電灯

予備バッテリー


レリーズ
カメラを設定する時や、足元を照らすときに必要です。

長時間露出をするため、バッテリーの消耗は激しいです。日中の観光で使って残量が少ない日もあると思うのであると安心です。

バルブ撮影用の道具。必須ではありませんが、星の軌道を撮影したい場合に必要です。

【必要な道具】
カメラの性能によって設定は異なりますが、ここでは一般的な設定をご紹介します。

1 撮影モードをマニュアル(M)にし、フォーカスもマニュアル(MF)に変更。
2 手振れ補正機能をOFFに変更。  ※わからない場合はそのままで撮影可能。
3 ISO感度:3200 | シャッタースピード:15秒 | 絞り値:F3.5以下 に設定。
ISO感度…数字を大きくすると明るくなります。しかし大きくしすぎるとノイズが入るため6400以下推奨。 シャッタースピード…長くすると明るくなりますが、20秒以下推奨。 絞り値…小さくすると明るくなります。
 

4 マニュアルで一番明るい星にピントを合わせる。この作業は慣れないと難しいので、うまくできない場合はピントを無限遠∞に合わせても撮影可能
5 三脚に固定し、撮影開始。ブレない様にシャッターを押す。
6 何枚も撮影しましょう。プレビューで拡大して確認するとブレている事が多いので、ピントを調整したり、ISOを上げたり、シャッタースピードを長くしたりと、色んな設定を試しましょう。



トリック写真はどのように撮れますか?
基本的な撮影のコツとしては、背景がボケないように撮る事が大事です。そのため、コンパクトデジカメの方が背景がボケにくく実は簡単。一眼レフで撮影する場合は背景がボケないように、絞りをしめ、ズームを使わないなどして背景がボケないように設定すると上手く撮れます。
巨人トリック写真背景の人+人 「巨人に踏まれる!?」
巨人役の人はカメラに対して真横に向き、水平に足を出しましょう。構図を調整する際には、遠くにいる人に動いてもらうのではなく、カメラマンが移動して良い角度を探しましょう。後は出演者の演技力次第!?

恐竜トリック写真背景の人+小物 「恐竜が襲ってくる!?」
こちらも遠くにいる人に動いてもらうのではなく、カメラや小物を動かした方が簡単に調整できます。被写体の人に合わせて、小物の位置をしましょう。また地面をあまり写さない方が遠近感がなくなります。

巨人トリック写真背景の人+小物+人 「巨人に食べられちゃう!?」
巨人役の人はカメラに対して真横に向き、水平に腕を伸ばし、奥行きがわかないようにしましょう。出演者の体制が整ったら、後はカメラマンが良い角度を探し撮影します。

ウェディングドレスを持参して写真撮影できますか?
個人旅行では問題なくお持ちいただくことは可能です。団体旅行の場合は、他のお客様との兼ね合いもありますが、いままでお持ちいただいたお客様もいらっしゃいます。なお、現地でプロの写真家による撮影をご希望の場合は、別途問い合わせが必要です。現地ガイドもカメラは素人ではありますが、写真撮影そのものはかなり慣れているので、それなりに写真をお取りすることはできると思います。




ウユニ塩湖ツアー(添乗員同行)

雨季のウユニ塩湖を訪ねて 10日間

雨季のウユニ塩湖を訪ねて 10日間

ツアーグランプリ2012 デスティネーション開発部門グランプリ受賞コース!雨季に現れる"天空の鏡"ウユニ塩湖畔に3連泊。高度順応に配慮した日程。
日数10日間 料金598,000円~658,000円
  古都スクレ滞在とウユニ塩湖

古都スクレ滞在とウユニ塩湖

<新企画>ウユニ塩湖は塩のホテルに3連泊し、世界遺産の2つの古都 "白い都"スクレと"銀の都"ポトシも訪問。3回の星空見学にもご案内。
日数10日間 料金598,000円~638,000円

雨季のウユニ塩湖を訪ねて 9日間

雨季のウユニ塩湖を訪ねて 9日間

お仕事をしている方でもご参加しやすい土曜発・日曜帰着の9日間コース!"天空の鏡"ウユニ塩湖畔の塩のホテルに2連泊。ラパス-ウユニ間は往復航空機を利用し、効率的な日程。
日数9日間 料金578,000円~628,000円

  トゥヌパ山麓滞在とウユニ塩湖

トゥヌパ山麓滞在とウユニ塩湖

雨季のウユニ塩湖を専用バスで横断するもうひとつのウユニ塩湖の旅。観光客の少ない北部沿岸の塩のホテルに3連泊 し、大自然が生み出した奇跡の鏡を心ゆくまで堪能します。
日数11日間 料金598,000円~698,000円
ペルー・ボリビア アンデス縦断の旅

ペルー・ボリビア アンデス縦断の旅

ナスカの地上絵、マチュピチュ、チチカカ湖、そして"天空の鏡" 雨季のウユニ塩湖・・・ペルーとボリビアに点在する人気の観光地を14日間で周遊。各地で名物料理もお楽しみください。
日数14日間 料金798,000円~858,000円
  パタゴニアの蒼き氷河と天空の鏡ウユニ塩湖

パタゴニアの蒼き氷河と天空の鏡ウユニ塩湖

12月~3月のベストシーズン限定!この時季だけに現れる2つの南米の奇跡を訪ねる。ウユニ塩湖畔では塩のホテルに2連泊。パタゴニアではアルゼンチン側とチリ側の両方を見学。
日数14日間 料金998,000円~1,028,000円
アタカマ高地からウユニ塩湖へ アンデス最奥を巡る旅

アタカマ高地からウユニ塩湖へ アンデス最奥を巡る旅

アンデス最奥地にひろがる絶景を求めて四輪駆動車で駆ける冒険行。美しい青い湖水を湛えるミスカンティ湖、色鮮やかな朱色に染まるコロラダ湖、刻一刻と大地の色が変化する月の谷など、アンデス奥地をめぐります。
日数11日間 料金648,000円~738,000円
     


ウユニ塩湖ツアー(個人旅行・フリープラン)

遥かなるアンデスの国 ペルー・ボリビア 13日間

遥かなるアンデスの国 ペルー・ボリビア 13日間

天空都市マチュピチュ、白銀のウユニ塩湖など2カ国の見所をたっぷり訪れる旅。 1名様から毎日出発!全行程安心の送迎付き、各都市でオプショナルツアーもご用意。
日数13日間 料金588,000円~678,000円
  ペルー・ボリビア ハイライト10日間

ペルー・ボリビア ハイライト10日間

マチュピチュ村に2連泊!天空都市マチュピチュ、ウユニ塩湖など2ヶ国の見所を訪れるハイライトの旅。 1名様から毎日出発!全行程安心の送迎付き。
日数10日間 料金508,000円~598,000円
ペルー・ボリビア コンパクト9日間

ペルー・ボリビア コンパクト9日間

効率的な日程で、天空都市マチュピチュ、ウユニ塩湖など2ヶ国の見所を訪れるコンパクトな旅。 1名様から毎日出発!全行程安心の送迎付き。
日数9日間 料金498,000円~578,000円
  大瀑布イグアスとペルー・ボリビア 15日間

大瀑布イグアスとペルー・ボリビア 15日間

南米で最も人気のある観光地のマチュピチュと、今注目度No.1のウユニ塩湖、 そして世界三大瀑布のイグアスの滝を一度に訪れる事のできる人気コース。
日数15日間 料金588,000円~698,000円
憧れの塩のホテルに2連泊 往復空路で行く ウユニ塩湖とラパス 8日間

憧れの塩のホテルに2連泊 
往復空路で行く ウユニ塩湖とラパス 8日間

ラパス-ウユニ塩湖間は、国内線で効率よく移動。1名様から出発可能! ウユニでは塩のホテルに滞在!満天の星空を眺めるナイト・ドライブにもご案内します! 
日数8日間 料金448,000円~538,000円
  アンデス最奥の絶景 アタカマ高地とウユニ塩湖11日間

アンデス最奥の絶景 アタカマ高地とウユニ塩湖11日間

チリ北部のアタカマ高地からボリビアのウユニ塩湖まで、ここでしか見れない絶景の中を四輪駆動車で駆ける冒険旅行。 2名様より催行!チリ・ボリビア国境を陸路で越える!
日数11日間 料金628,000円~718,000円