タグ別アーカイブ: marine

ガラパゴス諸島-3 モスケラ島上陸

ハラパゴス諸島 ガラパゴスアシカ galapagos sea Lion モスケラ島 Mosquera Island (5)

ノースセイモア島とバルトロメ島の間にある白砂のに覆われた小さな平らな島がモスケラ島。空港のあるバルトロメ島に近いためクルーズの最初か最後に訪問する船が多いようです。

ハラパゴス諸島 モスケラ島 Mosquera Island (7)

この島はガラパゴス諸島の島の中でもある程度自由に歩くことができる島。朝一番に上陸した時は誰もいませんでしたがすぐに島は訪問客であふれました。ここはガラパゴスアシカが多く、たっぷり観察できます。

ハラパゴス諸島 モスケラ島 Mosquera Island ガラパゴスアシカ galapagos sea Lion (2)

ガラパゴスの固有種、ガラパゴスアシカ Galapagos Sea Lion。北米西海岸のカリフォルニアアシカの近縁種で大昔に北半球から移動してきたものと考えられています。ちなみに同じ近縁種に絶滅したニホンアシカがいました。保護されることなく地球から永久に失われたアシカが日本にいたことは、このアシカたちを見るたびに思い出されました。

ハラパゴス諸島 ガラパゴスアシカ galapagos sea Lionモスケラ島 Mosquera Island (3)

授乳中のガラパゴスアシカ。1年に1頭の子供を産み、授乳は1年以上続きます。そのため、「兄弟」でお乳をねだる光景も見られるそうです。

ハラパゴス諸島 カッショクペリカン Brown pelican モスケラ島 Mosquera Island (4)

羽繕いするカッショクペリカン Brown Pelicanの若鳥。本当に褐色です。

ハラパゴス諸島 カッショクペリカンとクロアジサシ Brown Noddy モスケラ島 Mosquera Island (10)

海岸からはカッショクペリカンが海に突っ込んでいく光景を何度も見ましたが、クロアジサシ Brown Noddyとペアでいる姿もよく見かけます。おこぼれに期待して頭に乗るクロアジサシ、1ペリカンに1クロアジアシが基本でした。

ハラパゴス諸島 モスケラ島 Mosquera Island ウミイグアナ Mrine Iguana(1)

ウミイグアナ Marin Iguana。

ハラパゴス諸島 ヨウガントカゲ Lava Lizard モスケラ島 Mosquera Island (8)

ヨウガントカゲ lava Lizard。小さいリクイグアナの仲間でガラパゴスには7亜種いますがそのうちの1種が複数の島に生息するT. albemarlesnsis。メスはのどの部分が鮮やかなオレンジ色です。

ハラパゴス諸島 ヨウガントカゲ Lava Lizard モスケラ島 Mosquera Island (6)

雄のヨウガントカゲ。背中に棘状突起があり雌に比べると大きな体をしています。そして「腕立て伏せ」行動を見せてくれました。この行動は敵に対する威嚇説、求愛説などがあります。

ハラパゴス諸島 ガラパゴスサソリ Galapagos Scorpion モスケラ島 Mosquera Island (9)

島に打ち上げらたサンゴをひっくり返すとガラパゴスサソリ Galapagos Scorpion がいました。ガラパゴス諸島には2種おり、いずれも固有種です。

ハラパゴス諸島 アオアシカツオドリ Blue-footed Booby モスケラ島 Mosquera Island (11)

アオアシカツオドリ Blue-footed Boobyです。ようやく「青い足」を見ることができました!

ハラパゴス諸島 モスケラ島 Mosquera Island

気持ちの良い、白砂のビーチが続く朝のモスケラ島の上陸でした。

Photo & Text  :Mariko SAWADA

Observation : April 2019, Mosquera Island, Galapagos Islands, Ecuador

Reference : Angelito Ⅱ & Maja Homberger,  Tomo Akiyama 秋山知伸

★次回催行時期についてはお問い合わせください。 ガラパゴス諸島 完全一周クルーズ
14泊15日のチャータークルーズで行く、進化論の島ガラパゴスへの旅

ガラパゴス諸島-2 サンタクルス島ラス・バーチャス上陸

ガラパゴス諸島 ウミイグアナ Marine Iguana サンタクルス島ラス・バーチャス (2)

ガラパゴス諸島14泊15日クルーズの最初の上陸はサンタクルス島 Santa Cruz Island のラス・バーチャス Las Bachas。サンタクルス島はガラパゴス諸島で2番目に大きく港町プエルトアヨーラがある島。今日は島の北海岸にある白砂のビーチのあるラス・バーチャス Las Bachasに上陸です。

ガラパゴス諸島 カッショクペリカン Brown pelican サンタクルス島ラス・バーチャス (1)

海岸のカッショクペリカン Brown Pelican。ダイナミックに海に突っ込んでいきます。

ガラパゴス諸島 ガラパゴスベニイワガニ Sally Lightfoot Crab サンタクルス島ラス・バーチャス (3)

このあと15日間のクルーズで欠かさす見ることになるガラパゴスベニイワガニ Sally Lightfoot Crab。

ガラパゴス諸島 ガラパゴスササゴイ 幼鳥 lava Heron Juvenile サンタクルス島ラス・バーチャス (8)

ガラパゴス固有種、ガラパゴスササゴイ Lava Heron の幼鳥です。

ガラパゴス諸島 オオアオサギ Great Blue Heron サンタクルス島ラス・バーチャス (4)

海岸を少し歩くとラグーンがあります。そこにいたのがオオアオサギ Great Blue Heron。

ガラパゴス諸島 ヒレアシトウネン Samipalmated Sandpiper サンタクルス島ラス・バーチャス (5)

ラグーンの岸辺にいたヒレアシトウネン Semipalmated Sandpiper。今回のクルーズでは合計2羽しか見ませんでした。

ガラパゴス諸島 アメリカミヤコドリ American Oystercatcher サンタクルス島ラス・バーチャス (6)

アメリカミヤコドリ American Oystercatcher。

ガラパゴス諸島 ウミイグアナ Maine Iguana サンタクルス島ラス・バーチャス (7)

ラグーンを泳ぐウミイグアナ Marine Iguana。

あいにくの曇り&雨模様の天気で「白砂のビーチ」は残念な感じでしたが、海岸とラグーンの訪問の後、「ガラパゴス初泳ぎ」!

ガラパゴス諸島

夜は船のクルーを交えてカクテルで祝杯です。これから始まる15日間のクルーズの安全と成功、野生動物たちとの出会いに乾杯!

Photo & Text  :Mariko SAWADA

Observation : April 2019, Las Bachas – Santa Cruz Island, Galapagos Islands, Ecuador

Reference : Angelito Ⅱ & Maja Homberger,  Tomo Akiyama 秋山知伸

★次回催行時期についてはお問い合わせください。 ガラパゴス諸島 完全一周クルーズ
14泊15日のチャータークルーズで行く、進化論の島ガラパゴスへの旅

ガラパゴス諸島-1 バルトラ島から始まる船旅

ガラパゴス諸島船の旅 バルトラ島 (13)

4月20日~5月5日に訪れた、14泊15日のガラパゴス諸島の船旅日記&観察記録です。エクアドル本土から1000キロの洋上にあるガラパゴス諸島へは首都のキトからグアヤキル経由の国内線で空港のあるバルトラ島へ飛びます。

ガラパゴス諸島船の旅 機内からダフネ島 (3)

到着前の機内から見えた、大ダフネ島 Daphne Major です。上陸して訪問する島ではありませんが、グラント夫妻のフィンチの嘴の進化の研究で有名な島です。

ガラパゴス諸島船の旅 機内からノースセイモア島 (4)

そしてノースセイモア島 North Seymour Island。この平らな小さな島はアメリカグンカンドリ、オオグンカンドリ、アオアシカツオドリ、アカメカモメが繁殖する島。訪問が楽しみです。

ガラパゴス諸島船の旅 バルトラ島 (1)

バルトラ島に到着です。標高2,850mのキトから到着すると暑くて湿度が高くてびっくりします。歩いてターミナルへ行き入島管理カードを提出、保護と維持費に使われる入島税100ドルを支払います。そして15日間お世話になるガイドのマヤの出迎えを受けました。

ガラパゴス諸島船の旅 バルトラ島 (2)

空港と港を往復するシャトルバスで港へ。ここからディンギーで船へ。私たちが乗船するのはAngelito号。総勢16名で貸し切りです。

ガラパゴス諸島船の旅 バルトラ島 Lava Heron ガラパゴス溶岩ササゴイ(5)

バルトラ島の海岸で待っている間にも、さっそくガラパゴスらしい生き物の姿が!ガラパゴスササゴイ Lava Heronです。ガラパゴスの固有種でその名のLava(溶岩)通り、溶岩色をしています。

ガラパゴス諸島船の旅 バルトラ島 (6)

そしてガラパゴス固有種のウミイグアナ Marine Iguanaとガラパゴスベニイワガニ Sally lightfoot crab。

ガラパゴス諸島船の旅 バルトラ島 (8)

ボートで休憩しているガラパゴスアシカ Galapagos Sea Lionとその周りのクロアジサシBrown Noddy。

ガラパゴス諸島船の旅 バルトラ島 (9)

乗船して部屋の中の荷物を整えブリーフィング。午後のプログラムの説明です。チャーターなので観察時間もたっぷりとれるとのこと、楽しみです。

ガラパゴス諸島船の旅 バルトラ島 アメリカグンカンドリ Magnificent Frigatebird (11)

船が動き始めるとさっそくグンカンドリたちが付きました。

ガラパゴス諸島船の旅 バルトラ島  アメリカグンカンドリ 雌 agnificent Frigatebird(10)

目の周りが青いふちどりなのでアメリカグンカンドリ Magnificent Frigatebird の雌です。

ガラパゴス諸島船の旅 バルトラ島 グンカンドリ(12)

ガラパゴス諸島には2種のグンカンドリがいますが雄の見分けは大変です。こちらは背中が紫がかっているのでアメリカグンカンドリ Magnificent Frigatebirdでしょうか、移動中の船旅も忙しくなりそうです。

Photo & Text  :Mariko SAWADA   *空撮写真提供:Takayo KOYANAGI 様

Observation : April 2019, Bartolome Island, Galapagos Islands, Ecuador

Reference : Angelito Ⅱ & Maja Homberger,  Tomo Akiyama 秋山知伸

★次回催行時期についてはお問い合わせください。 ガラパゴス諸島 完全一周クルーズ
14泊15日のチャータークルーズで行く、進化論の島ガラパゴスへの旅

メードヌイ島のキタオットセイ Northern fur seal(コマンダー諸島、ロシア)

キタオットセイ Northern fur seal (7) コマンダー諸島 コマンドルスキー諸島 メ-ドヌイ島 Commander Island Medny Island

コマンダー諸島(コマンドルスキー諸島)のメードヌイ島にあるキタオットセイ南東繁殖地(South-East Rookery)のレポートです。この繁殖地はメードヌイ島の南東にありベーリング海側から太平洋側までの岬でキタオットセイが繁殖しています。

キタオットセイ Northern fur seal (1) コマンダー諸島 コマンドルスキー諸島 メ-ドヌイ島 Commander Island Medny Island

メードヌイ島のキタオットセイ南東繁殖地の海岸と研究者の施設。海岸から建物へは底が抜けた恐ろしい階段が付いていました。

キタオットセイ Northern fur seal (3) コマンダー諸島 コマンドルスキー諸島 メ-ドヌイ島 Commander Island Medny Island

海岸のキタオットセイ。キタオットセイはコマンダー諸島(コマンドルスキー諸島)やプリビロフ諸島で繁殖しています。かつては毛皮のために大規模な狩猟が行われそ、さらに漁業との競合で生息数が激減し、1985年から商業目的の狩猟が禁止されています。

キタオットセイ Northern fur seal (9) コマンダー諸島 コマンドルスキー諸島 メ-ドヌイ島 Commander Island Medny Island

ゾディアックボートで上陸します。キタオットセイたちと人との微妙な距離。

キタオットセイ Northern fur seal (4) コマンダー諸島 コマンドルスキー諸島 メ-ドヌイ島 Commander Island Medny Island

6~9月は繁殖の季節。海岸には赤ちゃんたちの姿、黒い色をしています。

キタオットセイ Northern fur seal (8) コマンダー諸島 コマンドルスキー諸島 メ-ドヌイ島 Commander Island Medny Island

遊ぶキタオットセイ。

キタオットセイ Northern fur seal (2) コマンダー諸島 コマンドルスキー諸島 メ-ドヌイ島 Commander Island Medny Island

北にベーリング海、南に太平洋を望む南東繁殖地の海岸でした。

Photo & Text :Mariko SAWADA

Observation : Sep 2018, South-East Rookery of Northern fur seal,  Medny Island, Commander Islands -Russian Far East

Special Thanks to MV Afina, Nik Pavlov

★★アクセスの難しいコマンダー諸島へ!チャーター船によるコマンダー諸島の旅★★

コマンダー諸島エクスペディションクルーズ カムチャッカ半島東海岸とベーリング島&メードヌイ島 極東ロシアの離島の知られざる自然とベーリングの軌跡

アカアシミツユビカモメ Red-legged Kittiwake(ベーリング島、コマンダー諸島)

アカアシミツユビカモメ Red-legged Kittiwake ベーリング島 コマンダー諸島 Bering Island Commander Islands(3)

極東ロシア・コマンダー諸島のベーリング島沖にあるアリーカメン岩礁で観察したアカアシミツユビカモメ Red-legged Kittiwakeです。

アカアシミツユビカモメ Red-legged Kittiwake ベーリング島 コマンダー諸島 Bering Island Commander Islands(5)

ミツユビカモメ Black-legged Kittiwakeに混ざって岩礁の岩場で繁殖していました。

アカアシミツユビカモメ Red-legged Kittiwake ベーリング島 コマンダー諸島 Bering Island Commander Islands(7)

アカアシミツユビカモメはベーリング海固有種で、アリューシャン列島、コマンダー諸島の島やプリビロフ島などベーリング海に面した限られた島でしか繁殖していません。

アカアシミツユビカモメ Red-legged Kittiwake ベーリング島 コマンダー諸島 Bering Island Commander Islands(8)

営巣地のつがい。

アカアシミツユビカモメ Red-legged Kittiwake ベーリング島 コマンダー諸島 Bering Island Commander Islands(2)

怒る親鳥。

アカアシミツユビカモメ Red-legged Kittiwake ベーリング島 コマンダー諸島 Bering Island Commander Islands(6)

飛び立つミツユビカモメとアカアシミツユビカモメ。

Photo & Text : Mariko SAWADA

Observation : Sep 2018, Bering Island, Commander Islands -Russian Far East

Reference : “Birds of East Asia”  Special Thanks to MV Afina, Nik Pavlov

★★アクセスの難しいコマンダー諸島へ!チャーター船によるコマンダー諸島の旅★★

コマンダー諸島エクスペディションクルーズ カムチャッカ半島東海岸とベーリング島&メードヌイ島 極東ロシアの離島の知られざる自然とベーリングの軌跡

カムチャッカ・クロノツキー半島からコマンダー諸島で出会った海の生き物

トド クロノツキー自然保護区 Kronotskiy nature reserve (2)

カムチャッカ半島東海岸を北上し、クロノツキー半島のオルガ湾へ。夏の間はコククジラが集まり、浅いところで海底の生き物をヒゲでこして食べていました。訪れた9月上旬でも湾内には10頭はいたでしょうか・・・。しかも時折ジャンプを見せてくれました。

クロノツキー半島からコマンダー諸島の航路で出会った海の生き物のまとめ映像です。オルガ湾のコククジラ、クロノツキー半島のコズロバ岩礁のトド、ベーリング島のキタオットセイ・・・

ビデオは取れませんでしたが他にも出会いが。

コマンダー諸島 オルカ

コズロバ岬のトドのコロニー付近にいたシャチ。コマンダー諸島航路では遭遇チャンスが高い生き物です。

コマンダー諸島 ラッコ

ラッコ。昆布で満たされたベーリング島の沿岸で出会いました。その他、航行中にはザトウクジラのブローを何度も見かけることができました。

Photo & Text : Mariko SAWADA 澤田真理子

Observation : Sep 2018, Kronotskiy Nature Reserve, Bering Island, Russian Far East

Special Thanks to Afina & Nik Pavlov

★2019年の「コマンダー諸島エクスペディションクルーズ」発表しました!

極東ロシアの離島の知られざる自然とベーリングの軌跡 コマンダー諸島エクスペディションクルーズ カムチャッカ半島東海岸とベーリング島&メードヌイ島★★2018年8月10日出発11日間

マッコリー島 ロイヤルペンギンとオウサマペンギン動画

雨の降るマッコリー島でレンズをふきふきしながら撮影したロイヤルペンギンとオウサマペンギンです。ミナミゾウアザラシとの競演もあり、あっという間に時間がたってしまったマッコリー島・サンディベイの滞在でした。

Video, Text : Mariko SAWADA 澤田真理子

Observation : Macquarie Island, Jan 2018, Australia

Reference :  Heritage Expedition

★南極海のガラパゴスへ! ニュージーランド亜南極ワイルドライフクルーズ
(スネアーズ諸島、オークランド諸島、キャンベル島、マッコーリー島)海鳥好きのためのコースです!

 

クジラたちの海、トリンコマリー(スリランカ)

スリランカ東海岸のトリンコマリー。3月半ばごろにはシロナガスクジラが、4月に入るとマッコウクジラがやってくる海域があります。観察したクジラ動画です。マッコウクジラ、シロナガスクジラ、ピグミーシロナガスクジラ、ニタリクジラ・・・

▼トリンコマリーの海

Video & Text : Mariko SAWADA 澤田真理子

Observation: Mar 2018, Apr 2017 Trincomalee, Sri Lanka

★★トリンコマリーでクジラとの遭遇を狙う、5名様限定企画

★★クジラたちの海トリンコマリー地球最大の生物シロナガスクジラ、歯を持つ最大の生物マッコウクジラが集まるベンガル湾へ

ベリーズバリアリーフでマナティーと泳ぐ

ベリーズのキーカーカーから訪れた「マナティスイム」動画です。初日は風のせいで透明度が悪くマナティに出会うことができませんでしたが、チャレンジ2日目にして遭遇。

▼マナティ

Video & Text : Mariko SAWADA 澤田真理子

Observation : Apr 2018, Caye Caulker, Belize

★★個人旅行のように楽しむベリーズバリアリーフの旅★★ベリーズバリアリーフの美しき海へ
少人数限定企画、マナティもやって来る世界第二位の珊瑚礁ベリーズバリアリーフを楽しむ旅

千島列島の船旅で出会った海のいきもの

7月と8月に訪れた千島列島。母船やゾディアックボートから観察した「海のいきもの」をまとめてみました。水中のハシボソミズナギドリ、トド、ザトウクジラ、イシイルカ、そして「クリル・マジック」にも遭遇!!

千島列島の旅で出会った海のいきもの

7月のクルーズではシャチやマッコウクジラに出会いましたが、8月のクルーズではおもにザトウクジラでした。特にパラムシル島のオホーツク海側での遭遇チャンスが良いようでした。

シャチはビデオを撮れませんでしたが、親子シャチの写真をお客様が送ってくださいました!パラムシル島沖で出会ったシャチです。

千島列島 パラムシル島沖 シャチ

そしてマッコウクジラの大きなオス。ライコケ島沖で休憩していました。

千島列島 マッコウクジラ

Video & Text : Mariko SAWADA 澤田真理子

Photography: Kyoji KANEKIYO 兼清恭二さま

Observation : Jul – Aug 2018, Kuril Islands, Russian Far East

Special Thanks to Afina & Nik Pavlov

★2019年の「千島列島エクスペディションクルーズ」発表しました!海鳥の繁殖の季節!千島列島に詳しいクルーといく人数限定企画です。

千島列島バードスペシャル 北の海鳥の大繁殖地「中千島」へ★2019年6月27日発11日間

海鳥の聖域 千島列島探検クルーズ★2019年6月15日発13日間★探検隊長として自然写真家・寺沢孝毅氏が同行。(外部リンク)

千島列島アドベンチャークルーズ シュムシュ島からウルップ島まで★2019年6月4日発13日間