タグ別アーカイブ: ニルガイ

ヴェラヴァダール・ブラックバック国立公園(グジャラート、インド)

ブラックバック ヴェラヴァダール・ブラックバック国立公園 velavadar blackbuck national park (1)

グジャラートの大都市アーメダバードからわずか2時間ほどの場所にあるヴェラヴァダール・ブラックバック国立公園の紹介です。グジャラートのワイルドライフと言うと、やはり「インドライオン Asiatic Lion」、ササン・ギル国立公園が出てきますが、ヴェラヴァダールのブラックバック国立公園では他のサファリでは出会うことの難しい、インドオオカミ Indian Wolf、シマハイエナ Striped Hyenaと出会うチャンスがあり、何よりも美しいブラックバック Blackbuckの群れがいます。

国立公園はブラックバックを保護するため1976年に設立されました。最初は18平方キロメートルから始まった公園は1980年に16平方キロメートルが加わり、現在34平方キロメートル。小さな国立公園ですが、草原 Grassland part、湿地 Wetland partがあり、南はカンバート湾へとつながり大潮の満潮時には海水が入ってくる湿地があります。

3月上旬に訪問したときのサファリで出会った野生動物たちです。

ブラックバック ヴェラヴァダール・ブラックバック国立公園 velavadar blackbuck national park (3)

ブラックバック Blackbuck オスの成獣は繁殖期にLekking Ground(メスにアピールするためのディスプレイを行う集団求愛場所・・・というのでしょうか)に集まり、角をぶつけあって争います。オスは年をとるほど毛の色がこげ茶~黒色になります。

ブラックバック ヴェラヴァダール・ブラックバック国立公園 velavadar blackbuck national park (4)

こちらはブラックバックのメスの群れ。ブラックバックはかつて、地元のマハラジャにより狩猟対象となっていました。しかも、訓練したアジアチーターを使って狩猟をしていたことで知られます。このアジアチーター、16世紀のインド、ムガール帝国時代から狩猟で飼育されインドの独立まで藩主や貴族の間で使われましたが、1948年に最後の野生のアジアチーターが射殺され、インドから絶滅しています。

ブラックバック ヴェラヴァダール・ブラックバック国立公園 velavadar blackbuck national park

これはメスと若いオスの群れを率いるオス、アルファメイル(優位オス)。あごを上げて「アルファメイル・ウォーク」しています。

ニルガイ ヴェラヴァダール・ブラックバック国立公園 velavadar blackbuck national park

こちらはニルガイ NIlgai。最大の羚羊でインド亜大陸の固有種です。Nilgaiという言葉自体が「青い牛」を意味し、「牛」とついたからにはヒンドゥ教徒は食べることができず、狩猟対象となりにくかった野生動物です。

ニルガイメスの群れ ヴェラヴァダール・ブラックバック国立公園 velavadar blackbuck national park

こちらはニルガイのメスのグループ。この時期、オスがメスを追いかけまわしているのを見かけます。

インドオオカミ Indian Wolf ヴェラヴァダール・ブラックバック国立公園 velavadar blackbuck national park

インドオオカミ Indian Wolf。ヴェラヴァダール・ブラックバック国立公園では増加傾向にあります。

シナハイエナ Striped hyena ヴェラヴァダール・ブラックバック国立公園 velavadar blackbuck national park

シマハイエナ Striped Hyenaくんです。夜行性なので早朝か夕方のサファリの一番最後に見れるチャンスがあります。

ジャングルキャット Jungle Cat ヴェラヴァダール・ブラックバック国立公園 velavadar blackbuck national park

こちらはジャングルキャット Jungle Cat。公園内に何箇所か人口の水場があり、そこに水を飲みにきていました。

Painted Stork インドトキコウ ヴェラヴァダール・ブラックバック国立公園 velavadar blackbuck national park

湿地エリアにいくとインドトキコウ Painted Storkが。

Eurasian spoonbill ヘラサギ ヴェラヴァダール・ブラックバック国立公園 velavadar blackbuck national park

ヘラサギ Eurasian Spoonbillです。

シマシャコ Grey francolin ヴェラヴァダール・ブラックバック国立公園 velavadar blackbuck national park

草原エリアのあちこちで見かけるシマシャコ Grey Francolin。

Indian stone-curlew 

こちらはインドイシチドリ Indian Think-kneeのご夫婦。

ブラックバック ヴェラヴァダール・ブラックバック国立公園 velavadar blackbuck national park (2)

他にもイノシシWild Boarやたくさんの野鳥を観察することができました。決して派手な「サファリ」ではありませんが、草原を歩くブラックバックの群れ、インドオオカミ、シマハイエナはやはりこの国立公園のハイライトです。

そしてこの公園を訪問するときに楽しみにしているのが、ブラックバックロッジ Blackbuck Lodgeでの滞在。自然の中に配置された部屋からブラックバックの群れの姿、敷地内の池に集まる水辺の鳥など楽しむことができます。そして、サファリ風の内装が素敵な建物。

ヴェラヴァダール ブラックバックロッジ Blackbuck Lodge in Velavadar (2)

水辺に建てられたテラスから野鳥を観察。

セイケイとヨシゴイ Purple Swamphen Yellow bittern Blackbuck Lodge Velavadar

セイケイ Purple Swamphen、ヨシゴイ Yellow Bitternです!私はここで初めてYellow Bitternを見たのでかなりうれしかったです。

ヴェラヴァダール ブラックバックロッジ Blackbuck Lodge in Velavadar (1)

客室コテージは大きく、ゴージャスなバスルーム。草原が見えるテラスがあるのも素敵です。

ヴェラヴァダールのサファリは他の国立公園のサファリと違い観光客も少なく、サファリガイドも地元の人たちが「学びながらやってまーす」というのが現状ですが、身近な自然にいる珍しい野生動物と出会える国立公園です。

Photo & Text : Mariko SAWADA 澤田真理子

Observation : March 2018,  Blackbuck National Park, Velavadar– India

Reference : Information from Nature Guide at Blackbuck National Park, wikipedia(EN),

★★2019年のインド西部のサファリツアー★★インド西部 希少動物の暮らす3つの国立公園へインドライオン、ベンガルタイガーを求めて 計10回のサファリ

■ヴェラヴァダール・ブラックバック国立公園は宿泊場所・ジープの数も限られる国立公園です。シーズン中の週末はインド人フォトグラファーで混みあいます。アーメダバードからわずか2時間の国立公園、インドにお住まいの方は西遊インディアにてご旅行手配をさせていただきます。

 

ササン・ギルの森(グジャラート州、インド)

●EB3I2233

3月に訪れたササン・ギル国立公園でのサイティングレポートです。

今回、ササン・ギルでは4回のサファリをしたのですが、もちろんインドライオン以外の動物・野鳥たちとの出会いも。そして、ササン・ギルで初めてレオパードを見ることができました(遠かったですが・・・)。

●EB3I2202

ジープを走らせていると、前から雌のインドライオンが歩いてきました。

●EB3I2212

横から見た雌のインドライオン。インドライオンの特徴である、「お腹の肉ひだ」がばっちり見えています。

アフリカライオンとインドライオン(アジアライオン)の違いは、★オスのたてがみがアフリカライオンより短い、★しっぽの房が大きい、★お腹の付近に縦の肉ひだがある、★小型 であること。

レオパード インドヒョウ ササン・ギル

ササン・ギルで初めて見たレオパード。早朝から可能性のある場所をジープでまわりました。アラームコールが聞こえ、よーく目を凝らして見たら、いました、レオパード。ほんの一瞬でした。

●EB3I2772

ジャッカルの夫婦。2日にわたり、同じジャッカル夫婦を観察。いつも一緒です。

●EB3I2314

オシッコするニルガイのオス。ニルガイはオスは体が青黒く、その英名もBlue Bull。メスは茶色です。ニルガイはオシッコや糞でマーキングするのでこういった仕草をよく見かけます。

●EB3I2722

ハヌマーンラングール (グレーラングール)の親子。

●EB3I2306

ササン・ギルには気になる野鳥もいます。インドイシチドリ 夫婦。

●EB3I2261

インドの森でとても一般的な野鳥ですが、この頭もお尻も気になるシリアカヒヨドリRed-vented Bulbul。

●EB3I2795

首のスポット柄に目を奪われる、カノコバト Spotted Dove 。

●EB3I2663

ヒメコガネゲラ Lesser Goldenback / Balck-rumped Flameback のメス、額がゴマ塩柄です。インド亜大陸に広く分布しますが、グジャラート州のカーティヤーワール半島ではササン・ギル付近だけで見られるようです。

●EB3I2698

こちらもインドに広く分布する ベンガルアカゲラ Yellow-crowned Woodpecker のオス、ごちそうを見つけていました。

●EB3I2351

そしてインドの森といえば、インドコキンメフクロウ Spotted Owlet。いつも私たちを見てくれています。

Photo & Text : Mariko SAWADA 澤田真理子

Observation : March 2018,  Gir Forest National Park – India

Reference : Information from Safari Guide at Sasan Gir, “Birds of the Indian Subcontinent (Helm Field Guides)”

★★2019年、インドライオンと出会うサファリツアー発表★★インド西部 希少動物の暮らす3つの国立公園へ、インドライオン、ベンガルタイガーを求めて 計10回のサファリ

■インドの国立公園のサファリ手配をご希望の方はお問合せください。国立公園・州によりその予約規則が異なります。アジアライオンの暮らすササン・ギル国立公園にはサファリカーの入域制限台数やルート制限があり、シーズン中には予約を取る事が難しいのが現状です。個人旅行でサファリ・撮影をご検討の方は是非お早めにご相談ください。