カテゴリー別アーカイブ: ■海の生き物

セイウチ Walrus -1 (スピッツベルゲン)

セイウチ Walrus スピッツベルゲン-1 (4)

ノルウェーのスヴァールバル諸島、スピッツベルゲンで観察したセイウチです。

北極圏に暮らすセイウチ。セイウチは太平洋種Pacificと大西洋種Atlanticの2亜種に分かれています。太平洋種はベーリング海などに暮らしその数20万ほど。スヴァールバル諸島やグリーンランド周辺に暮らす大西洋種は2~3万ほどと推定され、およそ2000頭がスヴァールバル諸島に生息すると考えられています。

その昔、ヨーロッパ各国がこの海域で「捕鯨」を行っていた頃、セイウチも狩の対象でした。皮は機械のベルトに利用され、その牙も重宝されました。そして何よりもホールアウトHaul out(えさを捕る合間に、集団で過ごす氷や海岸など)しているセイウチは狙いやすい対象でした。およそ3世紀半でスヴァールバル諸島のセイウチは激減し、残り数百頭ほどになったとき、初めて「保護」の対象となったのです。1952年のことです。

セイウチはメスが成熟して子どもが産めるようになるのが10歳、オスは15歳くらいと考えられています。そして授乳にはおよそ2年以上の時間が費やされます。ゆるやかな回復の過程ですが、夏に「ホールアウト」する場所に来る個体が増えてきていることはその数の増加を示しています。

セイウチ Walrus スピッツベルゲン-1 (2)

スピッツベルゲン島北部のマグダレンフィヨルド Maggdalenfjorden のGravnesetという場所は、1600年代初期から1700年代の「捕鯨時代」の人々のお墓がある場所。現在は史跡として保護のためにフェンスに囲まれたお墓とクジラの脂を炊いた釜の跡が残されています。

そしてその海岸で数十頭のセイウチがホールアウトしていました。

セイウチ Walrus スピッツベルゲン-1 (5)

セイウチは繁殖期以外はオスとメス+子どもの群れが分かれてグループを作り暮らしています。スピッツベルゲン島のこの付近で見られるセイウチはほとんどがオス。

セイウチのメスは体長2.5m、体重900Kgほどですが、オスは体長3-3.5m、体重は1,500Kgほどにもなります。牙はオス・メスの両方にあります。

セイウチ Walrus スピッツベルゲン-1 (3)

立派な牙のオス。オスは首回りのこぶが顕著で、首周りの皮の暑さは10センチにもなるといいます。そしてその下にsらに10センチにもなる脂肪が・・・

セイウチ Walrus 船から

ラウドフィヨルド Raudfjord 航行中に流氷の上で寝ているセイウチを発見!

セイウチ Walrus スピッツベルゲン-1 (7)

こってりと寝ています。陸上に上がり太陽を浴び血液循環がよくなってきているので肌はピンク色です。(水の中に長くいると灰色になります)

セイウチ Walrus スピッツベルゲン-1 (8)

立派な牙。剛毛のヒゲは海底で貝を探すときのセンサーになります。そして見えませんが、口の中には貝を砕く歯があります。なんでも中身だけ吸って、貝は海底に吐き出すのだそうです。

セイウチ Walrus スピッツベルゲン-1 (9)

背中には他のセイウチの牙のせい?と考えられる傷が。

Photo & Text :Mariko SAWADA 澤田真理子

Observation : Jun 2017, Magdalenfjors, Raudfjord, Spitsbergen, Svalbard, Norway

Reference : Birds and Mammals of Svalbard (Norwegian Polar Institute Handbook), Lecture from Agnès Brenière

Special Thanks to Samuel Blanc, Agnès Brenière and team of Polaris Ⅰ

※2017年6月21日から出発したツアーでは、乗員12名のチャーター船で移動し、ゾディアック2台に分乗しスピッツベルゲンの 自然とワイルドライフをたっぷり観察。観察&写真撮影を目的としたワイルドライフクルーズ、12名様限定で次回は2019年6月半ば出発予定です。

↓↓↓ 2017年6月21日催行のツアー情報(船のキャビンはお一人部屋利用!)↓↓↓

初夏のスピッツベルゲン
ホッキョクグマ、クジラ、北極圏の野鳥、野生動物の観察・撮影をチャーター船で心ゆくまで楽しむ、究極のワイルドライフクルーズ

アゴヒゲアザラシ Bearded Seal-3 「求愛の歌」(スピッツベルゲン)

アゴヒゲアザラシの子ども スピッツベルゲン Bearded Seal (2)

スピッツベルゲンのアゴヒゲアザラシの「求愛の歌」の話です。

アゴヒゲアザラシは5月初めに赤ちゃんが誕生。子どもは生まれて数時間で氷の海で泳ぐ初め、その後およそ3週間を母親が子育て。1日に乳脂肪50%の8リットルのミルクを飲み、1日3.3キロづつ体重を増やし、3週間後には母親を離れ自分でえさを探すようになります。

アゴヒゲアザラシの子ども スピッツベルゲン Bearded Seal (1)

アゴヒゲアザラシの子ども。赤ちゃんにはくっきりした黒いマスクのような模様があります。

そして離乳が終わると、繁殖シーズンです。6~7月はアゴヒゲアザラシのオスが、メスをひきつけるために水中で歌を歌いこど。

ツアー中の夜、スメーレンバーグフィヨルドで停泊している時に船の発電を止め、波の音、氷の音だけが聞こえる時間を作りました。

白夜の夜、聞こえてきました・・・不思議な、海の妖精の声かと思うような「歌」。

とっさにiphoneで録音しました。精度は悪いですが、下記のビデオクリップの後半に入れてますので聞いてみてください。雑音がひどいですが、よく聞いていただくと「アゴヒゲアザラシの歌」が聞こえるはずです。

アゴヒゲアザラシ -1   アゴヒゲアザラシ-2 はこちら

Photo & Text :Mariko SAWADA 澤田真理子

Observation : Jun 2017, Hamilton Bay, Smeerenburgfjorden, Spitsbergen, Svalbard, Norway

Reference : Birds and Mammals of Svalbard (Norwegian Polar Institute Handbook), Lecture from Agnès Brenière

Special Thanks to Samuel Blanc, Agnès Brenière and team of Polaris Ⅰ

※2017年6月21日から出発したツアーでは、乗員12名のチャーター船で移動し、ゾディアック2台に分乗しスピッツベルゲンの 自然とワイルドライフをたっぷり観察。観察&写真撮影を目的としたワイルドライフクルーズ、12名様限定で次回は2019年6月半ば出発予定です。

↓↓↓ 2017年6月21日催行のツアー情報(船のキャビンはお一人部屋利用!)↓↓↓

初夏のスピッツベルゲン
ホッキョクグマ、クジラ、北極圏の野鳥、野生動物の観察・撮影をチャーター船で心ゆくまで楽しむ、究極のワイルドライフクルーズ

アゴヒゲアザラシ Bearded Seal-2 (スピッツベルゲン)

アゴヒゲアザラシ Beaded Seal スピッツベルゲン (18)

赤い顔のアゴヒゲアザラシです。スピッツベルゲンで見られるアゴヒゲアザラシには、赤茶色の顔の個体がいます。 アゴヒゲアザラシ Bearded Seal -1 はこちら

アゴヒゲアザラシは海底で、貝類やカニ、イカなどを捕ります。このヒゲを触角として使い、海底の泥の中で探しているときに、海底の堆積物の鉄分が顔の毛に付着。陸上で乾くとこの鉄分が酸化してこのような「赤い顔」のアゴヒゲアザラシが誕生します。

アゴヒゲアザラシ Beaded Seal スピッツベルゲン (25)

コングス氷河の崩落した氷の上でくつろぐ2頭のアゴヒゲアザラシ。

アゴヒゲアザラシ Beaded Seal スピッツベルゲン (3)

協力的なアザラシで、近くまで行って観察することができました。

アゴヒゲアザラシ Beaded Seal スピッツベルゲン (14)

アゴヒゲアザラシは、1歳くらいまでは450mほどの深い海にもぐりえさを探しますが、大人は比較的狭い海域に暮らし、200mくらいの深さの海底でえさを探します。平均10分潜水することができますが、25分という記録もあるそうです。

アゴヒゲアザラシ Beaded Seal スピッツベルゲン (19)

乾いてカールするひげ、四角い前ヒレと立派な爪、そして赤い顔。ザ・アゴヒゲアザラシ。

アゴヒゲアザラシ Beaded Seal スピッツベルゲン (17)

手(前ヒレ)をこちらに伸ばし、眠っています。

Photo & Text :Mariko SAWADA 澤田真理子

Observation : Jun 2017, Kongsvegen Glacier, Kongsfjorden, Spitsbergen, Svalbard, Norway

Reference : Birds and Mammals of Svalbard (Norwegian Polar Institute Handbook) Lecture from Agnès Brenière

Special Thanks to Samuel Blanc, Agnès Brenière and team of Polaris Ⅰ

※2017年6月21日から出発したツアーでは、乗員12名のチャーター船で移動し、ゾディアック2台に分乗しスピッツベルゲンの 自然とワイルドライフをたっぷり観察。観察&写真撮影を目的としたワイルドライフクルーズ、12名様限定で次回は2019年6月半ば出発予定です。

↓↓↓ 2017年6月21日催行のツアー情報(船のキャビンはお一人部屋利用!)↓↓↓

初夏のスピッツベルゲン
ホッキョクグマ、クジラ、北極圏の野鳥、野生動物の観察・撮影をチャーター船で心ゆくまで楽しむ、究極のワイルドライフクルーズ

アゴヒゲアザラシ Bearded Seal -1 (スピッツベルゲン)

アゴヒゲアザラシ Beaded Seal スピッツベルゲン (21)

スピッツベルゲン島のコングスフィヨルド Kongsfjorden の コングス氷河 Kongsvegen Glacierで観察したアゴヒゲアザラシ Bearded Sealです。アゴヒゲアザラシには太平洋亜種Pacificと大西洋亜種Atranticの2亜種おり、スピッツベルゲンで見られるのは大西洋亜種Atrantic です。

アゴヒゲアザラシは北極圏で1番大きなアザラシで、体重は250キロ~300キロ、大きさは2.5mほどで、オスよりメスのほうが少し大きめです。春の出産前のメスは400キロを越えます。

アゴヒゲアザラシ Beaded Seal スピッツベルゲン (29)

一見セイウチと間違いやすい外見ですが、大きなソーセージのような体に比較的小さい頭が特徴です。いつも氷に乗っていて、めったに陸地にいることはありません。そのため海氷のない地域では氷河の前で崩落した氷の上で観察することができます。

アゴヒゲアザラシ Beaded Seal スピッツベルゲン (8)

この四角い形をした前ヒレと立派な爪。この爪でしっかりと氷をつかみます。

アゴヒゲアザラシ Beaded Seal スピッツベルゲン (7)

氷の上で寝そべるアゴヒゲアザラシ。外見ではオスとメスの見分けがつきにくい動物です。体にある傷は、ホッキョクグマに襲われたあとか、オス同士の争いのあとか・・・

アゴヒゲアザラシ Beaded Seal スピッツベルゲン (10)

アゴヒゲアザラシの一番の特徴は、もちろんこのヒゲ、Whiskers。アゴヒゲアザラシは海底でヒゲを触角のように使い、貝類、カニ、イカ、魚など海底で見つかる色んなものを食べます。

そして、このヒゲ、陸上で乾くと、くるくるカールになるのです!

アゴヒゲアザラシ Beaded Seal スピッツベルゲン (11)

ゆっくり観察していましたが、動き始めました。

アゴヒゲアザラシ Beaded Seal スピッツベルゲン (12)

そして氷の海へ・・・

Photo & Text :Mariko SAWADA 澤田真理子

Observation : Jun 2017, Kongsvegen Glacier, Kongsfjorden, Spitsbergen, Svalbard, Norway

Reference : Birds and Mammals of Svalbard (Norwegian Polar Institute Handbook)、Lecture from Agnès Brenière

Special Thanks to Samuel Blanc, Agnès Brenière and team of Polaris Ⅰ

※2017年6月21日から出発したツアーでは、乗員12名のチャーター船で移動し、ゾディアック2台に分乗しスピッツベルゲンの 自然とワイルドライフをたっぷり観察。観察&写真撮影を目的としたワイルドライフクルーズ、12名様限定で次回は2019年6月半ば出発予定です。

↓↓↓ 2017年6月21日催行のツアー情報(船のキャビンはお一人部屋利用!)↓↓↓

初夏のスピッツベルゲン
ホッキョクグマ、クジラ、北極圏の野鳥、野生動物の観察・撮影をチャーター船で心ゆくまで楽しむ、究極のワイルドライフクルーズ

 

 

ピジョン島のアオウミガメ Green Turtle(トリンコマリー、スリランカ)

Green Turtle アオウミガメ ピジョン島 スリランカ Pigeon Island (7)

スリランカの東海岸、トリンコマリーの沖にあるピジョン島。ここはピジョン島国立公園として保護されており、スリランカでも有数のサンゴ礁がある場所です。ピジョン島のサンゴ礁は2004年のスマトラ沖地震で壊滅的な破壊を受けましたが、その後立ち入り制限などの保護が行われ、サンゴ礁は回復してきています。

ピジョン島はサンゴ礁の海で、アオウミガメとツマグロという大人しいサメとシュノーケリングで泳げるのが魅力です。

Green Turtle アオウミガメ ピジョン島 スリランカ Pigeon Island (5)

アオウミガメとツーリスト

Green Turtle アオウミガメ ピジョン島 スリランカ Pigeon Island (8)

サンゴの海を泳ぐアオウミガメ

Green Turtle アオウミガメ ピジョン島 スリランカ Pigeon Island (6)

こちらは海底の岩の陰に入って休んでいるアオウミガメ

Green Turtle Pigeon Island トリンコマリー ピジョン島

ぷかぷか泳いでるアオウミガメ

Blacktip reef shark ツマグロ ピジョン島 スリランカ (2)

ツマグロ Blacktip reef sharkです。水深数メートルの浅い海に住むおとなしいサメだそうですが、海の中で突然会うとやはりびっくりします。

ピジョン島の南側はさんご礁でアオウミガメやツマグロと出会えますが、島の北側は浅瀬で地元スリランカ人が泳いでることが多く透明度が悪いのですが、少し深いところに行くと岩場にたくさんの魚を見ることができます。

ピジョン島 スリランカ (1)

お魚の群れ

ピジョン島 スリランカ (2)

なにやら大挙して移動していました。

ちなみにこのピジョン島、島の名前はカワラバト Rock Pigeonがいたことに由来しますが、今はカワラバトの姿はなく、カラスばかりです。

スリランカの東海岸、ピジョン島訪問のベストシーズンは、ベンガル湾の海況が良くなる3月下旬から9月いっぱい。今回の訪問では透明度は良いとは言えませんでしたが、日によってはとても透明度が良い時があります。

また、ウミガメやツマグロとの遭遇は観光客の少ない朝がおススメです。

Photo & Text :Mariko SAWADA 澤田真理子

Observation : May 2017, Pigeon Island National Park, Sri Lanka

★スリランカ東海岸トリンコマリーへのツアーや手配は西遊旅行のスリランカ事務所 “Nature Explore Lanka ” へお問い合わせください。シュノーケリング、ダイビング、ホエール&ドルフィンウォッチング手配承ります。

★西遊旅行のスリランカ・ネイチャースペシャル3コース 2018年

スリランカの森と海 ネイチャースペシャル スリランカの自然を満喫するための特別企画

ネイチャースペシャル第2弾 ヤーラ国立公園内キャンプとシンハラジャの森(秋山知伸氏同行)

スリランカの森と海 東海岸のトリンコマリーへ ミリッサとトリンコマリー 2つの海へ

羅臼・根室海峡のマッコウクジラ ホエールウォッチング

羅臼 マッコウクジラ Sperm whale ホエールウォッチング (15)

北海道と国後島の間の海峡が根室海峡。この海峡の羅臼沖は急に水深1,000mまで落ち込み、下から上に湧きあがってくる湧昇流のおかげでとても「豊かな海」。夏にはマッコウクジラがやってくるので羅臼からホエールウォッチングの船がでます。

羅臼より望む国後島

羅臼から見る北方領土の国後島。野付半島からの最短距離は16キロ、羅臼からの最短距離は25キロとのこと。シャチ・ウオッチングのクルーズで来た時には日本・ロシアの境界ギリギリの場所で観察をすることもありました。携帯電波も「国際ローミング」になりビックリ。羅臼~知床峠から晴れた日に臨む国後はとてもきれいです。

2016年の8月は北海道に3回の台風がやってくるという前代未聞の悪天候でしたが、私たちの羅臼滞在中には晴れた日もあり、なんとか予定通りにマッコウクジラ、ヒグマを観察することができました。船に乗ると、船長さんが「台風でマッコウクジラがどっかいってないか心配だけど、いつものポイントにいってみるか!」と、羅臼沖を目指しました。海には台風で流されてきた流木などが浮いていました。

先に来ていたボートからの情報が入り、9時にもぐったマッコウクジラがそろそろ上がってくる頃だと。そしてブローが上がりました。

羅臼 マッコウクジラ Sperm whale ホエールウォッチング (1)

マッコウクジラの頭が見えてます!

羅臼 マッコウクジラ Sperm whale ホエールウォッチング (2)

最初に出会ったマッコウクジラにはあまり近づくことはできませんでしたが、大きく尾びれをあげてくれました。また40分待たなくてはならないのですが、海域には数頭のマッコウクジラがおり異なる個体が上がってくるので、あまり長く待つことなく次のマッコウクジラと遭遇。

羅臼 マッコウクジラ Sperm whale ホエールウォッチング (11)

ブローが上がりました。浮上すると10分ほどぷかぷか浮いているのでその間に船で近づきます。

羅臼 マッコウクジラ Sperm whale ホエールウォッチング (8)

近くで見るマッコウクジラ、大きいです。

羅臼 マッコウクジラ Sperm whale ホエールウォッチング (13)

やがて体を大きく曲げて、深海へダイブ。

羅臼 マッコウクジラ Sperm whale ホエールウォッチング (14)

ダイブの前に大きく尾びれが上がります。

羅臼 マッコウクジラ Sperm whale ホエールウォッチング (16)

羅臼の町をバックにフルークアップ。

羅臼 マッコウクジラ Sperm whale ホエールウォッチング (17)

船には歓声が上がります。

羅臼 マッコウクジラ Sperm whale ホエールウォッチング (19)

深海へともぐっていいました。次の浮上は40分後。クルーズ中には海鳥やイルカさんとも出会いました。

ハシボソミズナギドリ Short-tailed shearwater 羅臼

ハシボゾミズナギドリ Short-tailed shearwater 5~6月には大群で根室海峡にやってくる鳥です。

アカエリヒレアシシギ Red-necked phalarope 羅臼 (1)

アカエリヒレアシシギ Red-necked phalarope

ウトウ Rhinoceros Auklet

遠くにウトウ Rhinoceros Auklet が浮いていました。国後島に繁殖地があるのですね。

羅臼 イシイルカ Dall's Porpoise (5)

そしてイシイルカ Dall’s Porpoise Dolphin たちが、クルーズを見送ってくれました。

 

Photo & Text : Mariko SAWADA 澤田真理子

Observation : Aug 2016, 羅臼町・根室海峡 – 北海道

Reference : 羅臼観光協会、はまなす、北海道野鳥ハンディガイド(北海道新聞社)

★初秋の道東 ヒグマとマッコウクジラ撮影・観察ツアー

知床・羅臼のヒグマ観察と根室海峡のマッコウクジラに出会う 初秋の道東ワイルドライフ

★初夏の道東 ミズナギドリとシャチの撮影・観察ツアー

極北の最南端 根室の森観察と根室海峡のミズナギドリとシャチに出会う  初夏の道東ワイルドライフ

ミナミセミクジラ大接近(バルデス半島、パタゴニア)動画

ミナミセミクジラ 接近 バルデス半島

バルデス半島ヌエボ湾のミナミセミクジラの観察。波のない、静かな日。ミナミセミクジラがボートに近寄ってきてくれた様子の動画をまとめてみました。

大接近!ミナミセミクジラ(バルデス半島)|西遊旅行

そしてふたたび大接近、今度は「メイティンググループ」、オス2頭、メス1頭の交尾グループでした。メスがボートに近づいてくるのでそれをおいかけるオス2頭。3頭のクジラが近づいてくるのはすごいです。

ミナミセミクジラ(バルデス半島)|西遊旅行

Video, Photo & Text : Mariko SAWADA 澤田真理子

Observation : Sep 2016 , Valdes Peninsula, Chubut – Argentina

Reference : Hector Horacio Casin,  Luis

★ツアー情報 パタゴニアの海、バルデス半島を訪れるコースはこちら!限定6名様、クジラ大好きな方のための特別企画 >>> ミナミセミクジラの海 バルデス半島自然紀行

ミナミセミクジラの海(バルデス半島、パタゴニア)動画

ミナミセミクジラ バルデス半島 水中

バルデス半島ヌエボ湾のミナミセミクジラ動画をまとめてみました。海でのゾディアックボートからの撮影、ゆれて厳しいです、水中も少しがんばってみました。

ミナミセミクジラの海 バルデス半島ヌエボ湾|西遊旅行

後半の尾びれたたき(Tail Slup) と交尾グループとの遭遇はとても迫力がありました!

>ミナミセミクジラの水面行動

Video, Photo & Text : Mariko SAWADA 澤田真理子

Observation : Sep 2016 , Valdes Peninsula, Chubut – Argentina

Reference : Hector Horacio Casin,  Luis ※ミナミセミクジラの水中での撮影は事前にバルデス半島国立公園の許可取得が必要です。

★クジラに関するお勧めの本 「クジラ・イルカのなぞ99 」「クジラ&イルカ生態ビジュアル図鑑」水口博也著。「クジラ・イルカのなぞ99」は子供向けですが、わかりやすい解説、写真で初めてクジラの本を読む方にお勧めです。

★ツアー情報 パタゴニアの海、バルデス半島を訪れるコースはこちら!限定6名様、クジラ大好きな方のための特別企画 >>> ミナミセミクジラの海 バルデス半島自然紀行

 

オタリアと泳ぐ- 2 バルデス半島 (パタゴニア)

%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%81%a8%e6%b3%b3%e3%81%90%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%b9%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e3%80%80%e3%83%97%e3%82%a8

パタゴニアのバルデス半島のオタリアの様子です。

バルデス半島について  >オタリアについて  >オタリアと泳ぐ-1

プエルトピラミデス2日目、昨日と同じポイントに行って見ました。

%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%81%a8%e6%b3%b3%e3%81%90%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%b9%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e3%80%80%e3%83%97%e3%82%a8

先に来ているグループがいて、ちょうど帰るところ。オタリアに見送られていました。私たちと同様、シュノーケリングをしていました。連れてきてくれたルイスに「ダイビングしたい」といったのですが、あまり「おすすめしない」とのこと。どうも聞いていると、機材をオタリアに「かじられる」のがいや・・・?

%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%81%a8%e6%b3%b3%e3%81%90%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%b9%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e3%80%80%e3%83%97%e3%82%a8

海に入ると、もうこっちを見ています。

%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%81%a8%e6%b3%b3%e3%81%90%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%b9%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e3%80%80%e3%83%97%e3%82%a8

どんどん近づいてきます。

%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%81%a8%e6%b3%b3%e3%81%90%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%b9%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e3%80%80%e3%83%97%e3%82%a8

オタリアたちが乗っている岩の近く。海に飛び込んで私たちを「見に」来ます。

%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%81%a8%e6%b3%b3%e3%81%90%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%b9%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e3%80%80%e3%83%97%e3%82%a8

お客さまめがけてやってくるオタリアたち。

%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%81%a8%e6%b3%b3%e3%81%90%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%b9%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e3%80%80%e3%83%97%e3%82%a8

カメラをのぞき込んできます。

%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%81%a8%e6%b3%b3%e3%81%90%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%b9%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e3%80%80%e3%83%97%e3%82%a8

こちらは見つめ合っています。

%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%81%a8%e6%b3%b3%e3%81%90%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%b9%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e3%80%80%e3%83%97%e3%82%a8

お客さまと遊んでいますね~

%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%81%a8%e6%b3%b3%e3%81%90%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%b9%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e3%80%80%e3%83%97%e3%82%a8

あ、かみついてしまいました。小さなカメラについているヒモ、手袋にかみついてきました。もちろん遊んでいるので怪我をするようなものではありません。

%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%81%a8%e6%b3%b3%e3%81%90%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%b9%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e3%80%80%e3%83%97%e3%82%a8

周りで遊び続けるオタリア。

%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%81%a8%e6%b3%b3%e3%81%90%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%b9%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e3%80%80%e3%83%97%e3%82%a8

こちらでもお客さまと遊んでいます。これは二人とも海面に首をだして見つめ合ってる?

%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%81%a8%e6%b3%b3%e3%81%90%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%b9%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e3%80%80%e3%83%97%e3%82%a8

底を見ると、海面でたわむれる「ヒト」と「オタリア」を見ているオタリアが。

 

Photo & Text : Mariko SAWADA 澤田真理子

Observation : Sep 2016 , Valdes Peninsula, Chubut – Argentina

Reference : Hector Horacio Casin, Luis (Boat & Equipment)

★ツアー情報 パタゴニアの海、バルデス半島を訪れるコースはこちら!限定6名様、クジラ大好きな方のための特別企画 >>> ミナミセミクジラの海 バルデス半島自然紀行

 

 

 

 

 

 

オタリアと泳ぐ-1 バルデス半島 (パタゴニア)

%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%83%97%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%94%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%87%e3%82%b9%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%b9%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e3%80%80

バルデス半島のプエルトピラミデス、プエルトマドリンではオタリアとシュノーケリングやダイビングで泳ぐことができます。
バルデス半島のワイルドライフ はこちら
バルデス半島のオタリア はこちら

バルデス半島で唯一人の暮らす町プエルトピラミデス。人口300人ほどの、町の住人のほとんどが観光にかかわる仕事についています。このプエルトピラミデスの西側にオタリアのコロニーがあります。

%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%83%97%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%94%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%87%e3%82%b9%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%b9%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e3%80%80

プエルトピラミデスのオタリアのコロニーは陸からと海から(ボートで)訪問することは可能ですが、ここはオタリアと一緒に泳ぐことは禁止されています。

干潮時には海が低くなるので、ほとんどのオタリアたちはお昼ね中。

%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%83%97%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%94%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%87%e3%82%b9%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%b9%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e3%80%80

昼寝するオタリアとその周りをうろつくマゼランカモメ Dolphin Gull 。ピンクの足とくちばしがかわいい、そしてお目めぱっちりのアイリングもあるカモメさんは、パタゴニア地方、フォークランド諸島で見られます。雑食でいろんな動物や他の鳥のコロニーを徘徊しています。

%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%83%97%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%94%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%87%e3%82%b9%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%b9%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e3%80%80

気持ちよさそうに浮かぶ、オタリアも。

%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%83%97%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%94%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%87%e3%82%b9%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%b9%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e3%80%80

オタリアのおすとメスがいました。とても違いがわかりやすいスタイルで、右がたてがみのあるオスです。

%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%83%97%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%94%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%87%e3%82%b9%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%b9%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e3%80%80

ラブラブです。

オタリアはもちろん野生動物でいつも同じ場所にいるわけではありませんが、プエルトピラミデスから東側へ向かったところにある岩礁にいることが多いというので、そこへ行って見ました。満潮時が「泳ぐ」ベストタイミングとのこと。

%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%83%97%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%94%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%87%e3%82%b9%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%b9%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e3%80%80

岩礁にいたオタリアたちは、私たちのボートを見ると次々海に飛び込んでボートの付近へやってきます。なんてかわいい・・・。

%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%83%97%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%94%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%87%e3%82%b9%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%b9%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e3%80%80

水温は12度+、アルゼンチンのダイバーは7mmのウェットスーツですが私たちはドライスーツを使用しました。いざ海へ。

%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%83%97%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%94%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%87%e3%82%b9%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%b9%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e3%80%80

水深10mほどでしょうか、砂地の海底に「座る」オタリア、「泳ぐ」オタリア・・・

%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%83%97%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%94%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%87%e3%82%b9%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%b9%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e3%80%80

近づいてきては目の前を泳ぎ去ります。

%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%83%97%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%94%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%87%e3%82%b9%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%b9%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e3%80%80

どんどん近づいてきます。

%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%83%97%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%94%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%87%e3%82%b9%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%b9%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e3%80%80

カメラを覗き込むオタリアくん。カメラを見るし、私の足ひれをかむし、いろんなものに興味深々のオタリアたちです。

Photo & Text : Mariko SAWADA 澤田真理子

Observation : Sep 2016 , Valdes Peninsula, Chubut – Argentina

Reference : Hector Horacio Casin, Luis (Boat & Equipment)

★ツアー情報 パタゴニアの海、バルデス半島を訪れるコースはこちら!限定6名様、クジラ大好きな方のための特別企画 >>> ミナミセミクジラの海 バルデス半島自然紀行