カテゴリー別アーカイブ: アジアライオン Asiatic Lion

アジアライオン(インドライオン)と出会う-2

アジアライオン親子 Asiatic Lion (8)

かわいらしい子供のいるアジアライオンの家族との出会いです。  ★アジアライオンについてはこちら

アジアライオンは昼間は寝ていることが多く、子供のいる群れを見かけると、親ライオンが寝ていて子供たちがそのまわりで遊んでいます。

アジアライオン親子 Asiatic Lion (1)

眠そうにしているお父さんライオンの後ろに子供たちが。

アジアライオン親子 Asiatic Lion (2)

お父さんライオン、寝てしまいました。

アジアライオン親子 Asiatic Lion (3)

そんなお父さんを見つめる子供たち。

アジアライオン親子 Asiatic Lion (6)

こちらも眠そうにしているお母さんライオンと甘える子供。

アジアライオン親子 Asiatic Lion (4)

こっちを向いてくれました!

アジアライオン親子 Asiatic Lion (5)

別の子供ライオンが興味しんしんに近づいてきました。

アジアライオン親子 Asiatic Lion (7)

寝転がって、なんとかわいらしいポーズを。

アジアライオン親子 Asiatic Lion (8)

もう、カメラを意識しているとしか思えません、、溶けそうな瞬間です。

アジアライオン親子 Asiatic Lion (9)

立ちあがって、お母さんライオンのところへ。

2015年には「グジャラート州のアジアライオンの個体数が523頭に増加」といううれしいニュースがありました。でも増えつづけるアジアライオンが暮らすには、ササンギルの森はキャパシティ・オーバー。

アジアライオンたちの第2の故郷となるべき森が必要です。

 

Photo & Text : Mariko SAWADA 澤田真理子

Observation : 2014  Gir Forest National Park – India

Reference : Information from Nature Guide, The Indian Express, Wikipedia(EN)

■インドの国立公園のサファリ手配をご希望の方はお問合せください。国立公園・州によりその予約規則が異なります。アジアライオンの暮らすササン・ギル国立公園にはサファリカーの入域制限台数やルート制限があり、シーズン中には予約を取る事が難しいのが現状です。個人旅行でサファリ・撮影をご検討の方は是非お早めにご相談ください。

★2018年ベストシーズン限定、西遊旅行の「インドの森サファリ」、少人数限定・こだわりのコース6ツアーラインナップ!

ベンガルタイガーを求めて タドバとバンダウガル

インド中央部の四大国立公園 ベンガルタイガーリザーブへ

インド西部3つの国立公園を訪ねて アジアライオン、ベンガルタイガーを求めて

チトワン国立公園とコルベット・コアゾーンサファリ インドサイとベンガルタイガー

コルベット・コアゾーンサファリとランタンボール国立公園

アッサム・カジランガサファリ

アジアライオン(インドライオン)と出会う -1

アジアライオン Asiatic Lion オス (2)

インドのグジャラート州、ササン・ギル国立公園 Gir Forest National Park でのアジアライオンのサイティングです。 ★ アジアライオンについてはこちら

この日のサファリは、公園の閉まる直前の時間帯にオスのライオンと出会うことが出来ました。

アジアライオン Asiatic Lion オス (1)

獲物を食べていたのか、口の周りが血で赤い、若いめのオスです。アフリカライオンに比べたてがみが短く、一瞬小さく見えます。ちょっと怖い顔さえしています。

アジアライオン Asiatic Lion オス (4)

目の前をゆうゆうと歩いていきます。お腹には、アジアライオンの特徴的な縦長の肉ひだがあります。

アジアライオン Asiatic Lion オス (3)

2015年5月2日から5日まで5年に一度のライオン個体数調査が行われました。その結果、“ギル野生動物保護区のアジア・ライオンが523頭に増加!というニュースが入ってきました。109頭のオス、201頭のメス、213頭の子供(3歳以下)の野性固体を4地域にて確認”と。

ギルの森林は1900年代初頭にはトロフィーハンティングなどによる乱獲のため15頭にまで激減していました。その後のThe Lion Breeding Progarmme(ライオン繁殖計画)と積極的な保護による結果です。

アジアライオン Asiatic Lion オス (5)

木陰に座り込み、あくび。

アジアライオン Asiatic Lion オス (7)

さすがアジアライオン、毛づくろいも豪快に。

Photo & Text : Mariko SAWADA 澤田真理子

Observation : April 2014  Gir Forest National Park – India

Reference : Information from Nature Guide, The Indian Express, Wikipedia(EN)

■インドの国立公園のサファリ手配をご希望の方はお問合せください。国立公園・州によりその予約規則が異なります。アジアライオンの暮らすササン・ギル国立公園にはサファリカーの入域制限台数やルート制限があり、シーズン中には予約を取る事が難しいのが現状です。個人旅行でサファリ・撮影をご検討の方は是非お早めにご相談ください。

★2018年ベストシーズン限定、西遊旅行の「インドの森サファリ」、少人数限定・こだわりのコース6ツアーラインナップ!

ベンガルタイガーを求めて タドバとバンダウガル

インド中央部の四大国立公園 ベンガルタイガーリザーブへ

インド西部3つの国立公園を訪ねて アジアライオン、ベンガルタイガーを求めて

チトワン国立公園とコルベット・コアゾーンサファリ インドサイとベンガルタイガー

コルベット・コアゾーンサファリとランタンボール国立公園

アッサム・カジランガサファリ

アジアライオン(インドライオン)について

アジアライオン Asiatic Lion (6)

2015年5月、アジア・ライオン(インドライオン)の個体数が増えたと言ううれしいニュースがありました。

Gujarat’s Gir sanctuary now has 523 Asiatic lions

According to 2015 census, there are 109 male, 201 female and 213 sub-adult lions in the wilderness of these four districts.

“ギル野生動物保護区のアジア・ライオンが523頭に増加!

2015年の個体数調査によると、109頭のオス、201頭のメス、213頭の子供(3歳以下)の野性固体を4地域にて確認”

(The Indian Expressより)

アジアライオン Asiatic Lion (4)

学術名Panthera leo percicaと呼ばれるアジアライオンは、古くはメソポタミア、古代ペルシャ文明のレリーフにも登場し、現在のイラン・イラク・パキスタン・インドの南部地方に広く生息していましたが、現在はこのギル野生動物保護区にのみに残る貴重な存在となってしまいました。

ギルの森林は1900年代初頭にジュナーガルの王族が保護区とされ、そのころにはトロフィーハンティングによる乱獲のためアジアライオンの数は15頭にまで激減していました。

アジアライオン Asiatic Lion (5)

アジア・ライオンを救ったのはThe Lion Breeding Progarmme(ライオン繁殖計画)でした。このプログラムは繁殖センターを作り、アジアライオンの行動を研究し人工授精を実施しました。ジュナンガールのサッカーバーグ動物園Sakkarbaug Zooの繁殖センターでは180匹の子供を誕生させ、126匹の子供たちはインド内外の動物園へと送られました。ライオンの個体数調査は5年ごとに行われています。この努力により、多様性ある落葉樹の森でアジアライオンはその数を増やし、2010年の調査では411頭(雄200頭、雌180頭、子供100頭)が確認されていました。

<アフリカライオンとアジアライオンの違いは?>

◆オスのたてがみがアフリカライオンより短い

◆しっぽの房が大きい

◆お腹の付近に縦の肉ひだがある

◆小型

アジアライオン Asiatic Lion (2)

アフリカライオンに比べ、貧弱なたてがみ

アジアライオン Asiatic Lion (7)

お腹の付近にある縦の肉ひだ。オスもメスも同様です。

アジアライオン Asiatic Lion (9)

アクシスジカ Spotted Deer のハンティングへ向かうメスのアジアライオン

現在、繁殖しているアジアライオンたちはすべてこの1900年代初頭に残っていた15頭のライオンたちの子孫。そのため近親交配による生殖能力の低下が心配されていましたが、現在はその数を増やし、ギル国立公園からはみ出して付近の森にも姿を現すようになりました。2013年、インドの最高裁判所は、この世界で唯一のアジア・ライオンの群れが一箇所にいることで森林火災や病気で絶滅する危険をさけるため、マディヤ・プラディッシュ州のクノ・パルプル野生動物保護区にライオンが移住させる決定を下しました。しかし、「アジアライオンの暮らす唯一の森を持つ州」のステータスに固執したグジャラート州が反対し、現在まで対策は取られていません。

アジアライオンたちの第2の故郷の森が必要なのは確実なのに。

Photo & Text : Mariko SAWADA 澤田真理子

Observation : May 2013,  April 2014  Gir Forest National Park – India

Reference : Information from Nature Guide, The Indian Express, Wikipedia(EN)

■インドの国立公園のサファリ手配をご希望の方はお問合せください。国立公園・州によりその予約規則が異なります。アジアライオンの暮らすササン・ギル国立公園にはサファリカーの入域制限台数やルート制限があり、シーズン中には予約を取る事が難しいのが現状です。個人旅行でサファリ・撮影をご検討の方は是非お早めにご相談ください。

★2018年ベストシーズン限定、西遊旅行の「インドの森サファリ」、少人数限定・こだわりのコース6ツアーラインナップ!

ベンガルタイガーを求めて タドバとバンダウガル

インド中央部の四大国立公園 ベンガルタイガーリザーブへ

インド西部3つの国立公園を訪ねて アジアライオン、ベンガルタイガーを求めて

チトワン国立公園とコルベット・コアゾーンサファリ インドサイとベンガルタイガー

コルベット・コアゾーンサファリとランタンボール国立公園

アッサム・カジランガサファリ