タグ別アーカイブ: 中国

山河ノスタルジア

poster2(C)Bandai Visual, Bitters End, Office Kitano

中国

山河ノスタルジア

 

山河故人

監督:ジャ・ジャンクー
出演:チャオ・タオ、チャン・イーほか
日本公開:2016年

2017.2.22

諸行無常の世の中で、湧いて流れるものごころ

1999年、中国華北地方に位置する山西省の都市・汾陽から物語は始まります。小学校教師・タオは、炭鉱労働者・リャンと恋愛関係にありましたが、リャンの友人で実業家のジンシェンからプロポーズを受け、結婚します。リャンは汾陽を去り、タオとジンシェンの間にはダラーという男の子が誕生し・・・・・・

分岐していくそれぞれの運命は何十年という長い時間をかけて交差していきます。

邦題にノスタルジア(郷愁)という言葉が使われていますが、この映画は急速に変化を遂げてきた中国において、人々の心のなかにどのような情景が宿っているのかということを映し出しています。(中国語の原題は『山河故人』。故人は日本語の意味とは違い、古くからの友達という意味があります。)

ブータン・東南アジア・中国南部の農村地帯は「日本の原風景が残っている」と形容されることがありますが、懐かしくて心安らぐことというのは必ずしも自然景観だけでなく、音楽だったり、台所の音だったり、建物だったりと人それぞれです。私は今福岡に住んでいますが、時々『珈琲時光』という東京の情景がとてもよく切り取られている映画を見て、JRの発着メロディー・街並み・雑踏の音などから懐かしさに浸っています。

この映画では、明の時代に建てられた汾陽のランドマーク・文峰塔が、「変わらないもの」として物語で重要な役割を果たします。中国現存の最も高いレンガ作りの塔として有名で、特にその塔に登るわけでも、登場人物たちが塔について言及するわけでもありませんが、時代が推移しても変わらず同じ場所に建ち続ける文峰塔は、きっと登場人物たちや実際汾陽に住む人にとって大切な心の拠り所になのだろうと感じました。

中国の旅の醍醐味である電車の光景も見どころです。日本でも車窓を見ながら「この地に住む人はどういう暮らしをしているのだろうか」と思い浮かべることがありますが、中国はそう思い浮かべる以上にその広さに圧倒されます。学生の時にウルムチから上海まで2日半ほど電車に乗り続けたことがありますが、移り変わる景色に全く飽きることはありませんでした。登場人物たちのノスタルジーを引き出すのに、電車や駅のシーンが効果的に挿入されている点にぜひご注目ください。

自分の原風景に思いを馳せたい方、世界の広さを感じたい方におすすめの作品です。

山の郵便配達

中国

山の郵便配達

 

POSTMEN IN THE MOUTAINS

監督:フォ・ジェンチー
出演:リィウ・イェ
日本公開:2001年

2016.3.9

遠ざかっていく時間を引き止める
優しい眼差し

舞台は1980年代の中国・湖南省。長年郵便配達の仕事を続けてきた男が、息子とともに2泊3日の最後の郵便配達に出かけ、道中で息子に仕事を引き継いでいく姿を描いた作品です。中国語タイトルを直訳すると「あの山、あの人、あの犬」。「あの」という少し距離感を感じさせる言葉が示す通り、失われていきつつある伝統文化や原風景への憧憬が、作品全体にやさしく満ちています。それは、作中の見所でもある美しい田園風景、自然の厳しさ、少数民族であるミャオ族の村やトン族の踊りなど、伝統文化をとらえた映像が随所に入っているからでしょう。重い郵便袋は、郵便を渡すだけではなく配達した人からの郵便も受け取るので、いっこうに軽くなりません。しかし、作品の途中からまるで郵便袋が息子の身体になじんできているように見えてきて、郵便物の受け渡しが見えない心のやりとりであることに気付かされます。序盤では父に距離を感じていた息子も、そうしたやりとりを通じて心が満たされ、配達の道を歩きながら父との感情の距離を一歩一歩縮めていきます。とても素朴な作品ですが、まるで昔の旅の写真を見て懐かしい思い出を振り返るような、見た人にゆっくりとした時の流れをもたらしてくれる作品です。

ミャオ族・トン族の里めぐりと
春の恋愛祭り 姉妹飯節見学

山深い貴州省にくらす人々を訪ねて。一度で満喫!少数民族の「祭り見学」と「村訪問」をゆったり楽しむ旅。