001

アルペンローゼ(Rhododendron ferrugineum)

 本日より定期的に高山植物をメインとして、世界各国の花々を紹介させていただきます大阪支社 高橋と申します。
 長らく添乗を続けていく中で、お客様とともに日本各地や世界各国で高山植物を観察していると、心癒されることも多く、いつしか私自身も高山植物に興味を持ち始めるようになりました。

 先日自宅から通勤ルートを歩いていると、近所でツツジが観察でき、またツツジの名所の開花が始まったとのニュースで発表されていたこともあり、同じツツジ科の花にしようと決め、ブログ「世界の花だより」の第一回目はアルプス三大名花の1つである「アルペンローゼ(Rhododendron ferrugineum)」というツツジ科の花を紹介させていただきます。

アルペンローゼ(Rhododendron ferrugineum)

学名:Rhododendron ferrugineum  被子植物 双子葉類
: ツツジ科 Ericaceae  属 : ツツジ属 Rhododendron

「アルペンローゼ(Alpenrose)」とは、ドイツ語の呼び名であり「アルプスのバラ」という意味です。アルペンローゼという名称ですが、実際はバラではなく、ツツジ科ツツジ属に属する植物です。

主に、ヨーロッパ・アルプスやピレネー山脈、ジュラ山脈(アルプス山脈の西端)、アペニン山脈(イタリア半島を縦貫する山脈)に分布します。
高原の森やその周辺、石灰岩の隙間に生育し、5~7月にかけて細長い花を咲かせ花の大きさは日本のツツジに比べると小さく、小花の長さは1018mmの筒状で5つほどの小花に分かれます。
英語では「rusty-leaved alpenrose(錆びた葉のアルペンローゼ)」などとも呼ばれており、葉の裏の色の特徴からそう呼ばれています。英語ではその他に「Snow-rose(雪のバラ)」とも呼ばれることがあり、これは霜に敏感なアルペンローゼが冬の期間は分厚い雪の下で寒さをしのいで過ごすためと言われています。
実はアルペンローゼは有毒で、放牧地には好まれていない植物で、餌が少なくなる冬に、シカやカモシカがこの有毒な植物を食べてしまうこともあるそうです。

同じアルペンローゼでも、比較的珍しいヒルスツム種(Rhododendron hirsutum)があります。この2つはよく似ているので、見分けるのは難しいですが、ヒルスツム種の葉はたくさんの繊毛に覆われており、葉の裏は緑色のため、その違いで判別できます。

ヨーロッパの名峰を眺めながら、このアルペンローゼの群生に出会うと、山頂に真っ白な雪を冠した雄大なアルプスの山々に、アルペンローゼの可愛いピンク色の花が良いアクセントを与えてくれ、ヨーロッパらしい美しい景色を楽しむことができます。

モンテ・ビアンコ(モンブラン)の麓に群生するアルペンローゼ

<アルペンローゼに出会えるツアー>
アルプス三大名峰展望 花のアオスタ山麓ハイキング(イタリア)
花のドロミテハイキング(イタリア)
ドロミテ周遊トレッキング(イタリア)
花のモンブラン山麓ハイキング(フランス、イタリア)
ツール・ド・モンブラン Tour du Mont Blanc(フランス、イタリア、スイス)